職業:シンガーソングライター, 浜田省吾さんは、1975年に愛奴というバンドのメンバーとしてプロデビューしました。, その後バンドを脱退し、翌1976年にシングル「路地裏の少年」とアルバム『生まれたところを遠く離れて』でソロデビューを果たします。, 歌手活動だけでなく、山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵などの幅広いアーティストに楽曲を提供したことでも有名です。, 私自身、昭和の楽曲については詳しくありませんが、どなたも名前を聞いたことのある昭和のトップスターたちですよね。, そんなスターたちに楽曲提供をするということは、よほど才能がおありだったんだなと思います。, サングラスがトレードマークの浜田さんですが、そんな彼に影響を受けたというのは男性アーティストが多く、あいみょんさんのような女性アーティストは珍しいようです。, あいみょんさんが好きな浜田省吾さんの曲として「I am a father」をあげています。, また、あいみょんさんは過去のインタビューの中で、好きな夏の曲として浜田省吾さんの「君と歩いた道」もあげています。, こちらは先ほどのシングル「I am a father」のカップリング曲として収録されているものです。, あの曲、始まりがすごくいいんですよ。《もし15才のあの夏に戻って》っていう。ああいう感じとか、すごい聴きたくなる。最近、夜帰る時とかに浜省聴きながら歩くのめっちゃ気持ちいいんですよ。自然と夏の曲を聴いてしまいますよね。

引用:あいみょん、今思うことの全て、そして新たな夏の名曲『マリーゴールド』を語る, アコースティックギターの伴奏が何とも切ない曲なのですが、歌詞としてはもう一度あの夏に戻れたとしても同じ人生を選ぶという想いを歌った素敵な楽曲になっています。, あいみょんさんは夏になるとより音楽を聴きたくなると同インタビューで発言していますが、私もわかる気がします。, 夏特融の切ない儚い雰囲気ってとても好きですし、夏をテーマにした歌って本当に多く存在していますよね。, あいみょんさんのお父さんは音響の仕事を手掛けており、そんなお父さんの部屋にこっそり入った際に浜田省吾さんを始め、小沢健二さんなどのアーティストを知るようになったそうです。, あいみょんさんといえば、男性目線の歌詞が多いことでも有名ですが、影響を受けたアーティストとして男性アーティストが多いのも理由の一つかもしれませんね。, また、浜田省吾さんのライブに行った際「同じ土俵でまた会いましょう」と声をかけて頂いたらしく、思わず泣いてしまったというあいみょんさん。, 今回はシンガーソングライターあいみょんさんが影響を受けた浜田省吾さんについて調査してみました。, また、あいみょんさんが好きな浜田省吾さんの曲や感銘を受けたエピソードなども合わせてご紹介させていただきました。, 音響の仕事を手掛けるお父さんの影響で、浜田省吾さんを聴くようになったというあいみょんさん。, 男性目線のラブソングが多い彼女の楽曲ですが、背景には浜田省吾さんらの男性アーティストへの憧れが影響しているのかもしれませんね。. 出身地:広島県竹原市 生年月日:1952年12月29日 今回はあいみょんさんと石原さとみさんの出会いのきっかけや、2人のエピソードについて調べてみました。, この記事では、シンガーソングライターとして大活躍中の「あいみょん」の声は、高いのか、それとも低いのか、ということをファンの感想と本人のコメントを交えながら検証しています。また、あいみょんに似ていると噂になっているある歌手についても紹介しています。, 怪物さん(平井堅×あいみょん)のMVに出てくる、シュールなダンスを踊るダンサーが気になりませんか?

このダウンロードを開始 … そこで、怪物さんMVに出てくるダンサーは誰なのか?また活動歴についてもご紹介します。, あいみょんさんは昔と比べると顔の印象が変わった、歯並びが綺麗になったと言われています。 | 愛奴(あいど)は、かつて存在した日本のロックバンド。1975年にデビューし、翌年解散した。デビュー曲である「二人の夏」は椎名恵が1995年シングル「I'm all right」のカップリング曲としてカバーしている。, 元々は「広島フォーク村」の音楽仲間で結成されたグループが発端である。1968年4月に当時高校生だった山崎貴生・町支寛二・高橋信彦の3人により、愛奴の前身となる「グルックス」が結成されるが、それぞれの大学進学とともに一旦は解散する。その後、東京の大学に通っていたメンバー達が再び集まり、1972年4月に広島時代からの旧友である青山徹と浜田省吾の2人が加わり「愛奴」が結成された。そして、全員が大学を中退して広島へ戻り、半年間ひたすら練習の日々を過ごす。(練習場所は青山の実家), デモテープを聞いたソニーのスタッフから「面白い、オーディションをやるから東京に出てこい」と言われ東京のスタジオへ。たまたまスタジオに来ていた吉田拓郎にバックバンドをやらないかと誘われ、プロへの道が開かれた。, 1974年に広島フォーク村の先輩である吉田拓郎の全国ツアーに1年間・17ヶ所をバックバンドとして参加した。それまでアマチュア・バンドで活躍してきただけだったが、いきなり超満員のホールで数千人を前に演奏することになる。同年7月発売のよしだたくろう&かまやつひろしのシングル「シンシア」のB面「竜飛崎」は愛奴の演奏である。しかし、愛奴のメンバーの演奏技術は決して高くなく、特にドラムだった浜田省吾は自分の力量に限界を感じ始める。, 1975年5月1日、シングル「二人の夏」とアルバム『愛奴』でCBSソニーからレコード・デビュー。同期デビューとして、シュガー・ベイブやセンチメンタル・シティ・ロマンス等がいる。, 作詞は浜田がすべて担当しており、作曲は各メンバーが手掛けている。まず浜田が歌詞を書き上げ、気に入った歌詞をメンバー達が選んで持ち帰り、それに曲をつけるという方法が中心だった。また、ボーカルは浜田、町支、青山、山崎の4人がそれぞれ担当しており、その中でも町支がリード・ボーカル的な存在だった。, 1975年7月に岡本あつおがドラムとして加わり、浜田はパーカッション担当へと変わる。これはドラムとしての限界を感じていた浜田が、当時合歓音楽院(現・ヤマハ音楽院)に通っていた岡本を口説いて加入させたもの。結局、浜田は1975年9月にバンドを脱退し、1976年4月21日にソロ・デビューしている。しかし、愛奴の2ndアルバム『LOVE IN CITY』には曲を提供している。, 各メンバーはそれぞれの道を歩んでいたが、1985年7月27日〜28日、つま恋多目的広場での吉田拓郎オールナイト・コンサート「ONE LAST NIGHT in つま恋」で一夜限りの再結成。拓郎のバックバンドとして3曲を演奏する。このときに吉田拓郎から「浜田、前よかドラムうまいな」と言われる。, シュガー・ベイブ - センチメンタル・シティ・ロマンス - 憂歌団 - ハイ・ファイ・セット, 路地裏の少年 - 愛のかけひき - LOVE TRAIN - 木枯しの季節 - 涙あふれて - 愛を眠らせて - 風を感じて - さよならにくちづけ - 青春のヴィジョン - 明日なき世代 - 東京 - 陽のあたる場所 - ラストショー - 悲しみは雪のように - ON THE ROAD - マイホームタウン - DANCE - LONELY-愛という約束事 - BIG BOY BLUES - 路地裏の少年 (FULL VERSION) - 二人の夏 - BREATHLESS LOVE - 悲しみは雪のように (Single Version) - アヴェ・マリア - 星の指輪 - 我が心のマリア/恋は魔法さ - さよならゲーム - イメージの詩 - モノクロームの虹 - LOVE HAS NO PRIDE - 詩人の鐘/日はまた昇る - …to be "Kissin'you" - 君の名を呼ぶ - 君に捧げるlove song - 光と影の季節 - I am a father - Thank you - 凱旋門 - MIRROR/DANCE, 路地裏の少年/愛のかけひき - 木枯しの季節/涙あふれて - 明日なき世代/東京 - ラストショー/ON THE ROAD - マイホームタウン/陽のあたる場所 - BIG BOY BLUES/DANCE - LONELY-愛という約束事/もうひとつの土曜日 - J.BOY (LIVE VERSION) - 二人の夏 - HELLO ROCK&ROLL CITY - 風を感じて (LIVE VERSION), 生まれたところを遠く離れて - LOVE TRAIN - Illumination - MIND SCREEN - 君が人生の時… - Home Bound - 愛の世代の前に - PROMISED LAND 〜約束の地 - DOWN BY THE MAINSTREET - J.BOY - CLUB SURF&SNOWBOUND - FATHER'S SON - 誰がために鐘は鳴る - その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜 - 青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜 - SAVE OUR SHIP - My First Love - Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター, CLUB SNOWBOUND - CLUB SURFBOUND - Dream Catcher, The History of Shogo Hamada "Since1975" - The Best of Shogo Hamada vol.1 - The Best of Shogo Hamada vol.2 - The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend, ROAD OUT "TRACKS"- "J.BOY" 30th Anniversary Edition, Sand Castle - Wasted Tears - EDGE OF THE KNIFE - 初夏の頃 〜IN EARLY SUMMER〜 - 初秋 - In the Fairlife, The Moonlight Cats Radio Show Vol.1 - The Moonlight Cats Radio Show Vol.2, ON THE ROAD - ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend", SHOGO HAMADA BOX - "J.BOY" 30th Anniversary Box, ON THE ROAD "FILMS" - ROAD OUT "MOVIE" - ON THE ROAD 2001 - WE ARE STILL ON THE ROAD - SHOGO HAMADA Visual Collection "FLASH&SHADOW" - ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love" - 僕と彼女と週末に - ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend" - ON THE ROAD 2015-2016 "Journey of a Songwriter" - ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター "Journey of a Songwriter" - Welcome back to The 70's "Journey of a Songwriter" since 1975 「君が人生の時〜Time of Your Life」, OVER THE MONOCHROME RAINBOW featuring SHOGO HAMADA, ON THE ROAD '82 - ON THE ROAD '83 - ON THE ROAD '83 - ON THE ROAD '84 - ON THE ROAD '85 - ON THE ROAD '86 "I'm a J.BOY" - ON THE ROAD '88 "FATHER'S SON" - ON THE ROAD '90 "FOR WHOM THE BELL TOLLS" - ON THE ROAD '91 "ONE AND ONLY" - ON THE ROAD '93 "OCEAN AVENUE 7493" - ON THE ROAD '94 "THE MOMENT OF THE MOMENT" - ON THE ROAD '96 "Tender is the night" - ON THE ROAD 2001 - ON THE ROAD 2005 "MY FIRST LOVE" - ON THE ROAD 2006-2007 "MY FIRST LOVE IS ROCK'N'ROLL" - ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend" - ON THE ROAD 2015 "Journey of a Songwriter" - ON THE ROAD 2016 "Journey of a Songwriter"since 1976, 愛奴 - 吉田拓郎 - 町支寛二 - 古村敏比古 - 水谷公生 - 星勝 - 須藤晃 - 田家秀樹 - 渋谷陽一 - 田島照久, 1.イメージの詩 - 2.青春の詩 - 3.今日までそして明日から - 4.結婚しようよ - 5.旅の宿 - 6.おきざりにした悲しみは - 7.伽草子 - 8.金曜日の朝 - 9.シンシア(よしだたくろう・かまやつひろし) - 10.となりの町のお嬢さん - 11.明日に向って走れ - 12.たえこMY LOVE - 13.もうすぐ帰るよ - 14.カンパリソーダとフライドポテト - 15.舞姫 - 16.流星 - 17.春を待つ手紙 - 18.あの娘といい気分 - 19.いつか夜の雨が - 20.元気です - 21.サマーピープル - 22.サマータイムブルースが聴こえる - 23.唇をかみしめて - 24.あいつの部屋には男がいる - 25.I'm In Love - 26.旧友再会フォーエバーヤング - 27.ふざけんなよ - 28.風をみたか - 29.ジャスト・ア・RONIN(吉田拓郎・加藤和彦) - 30.すなおになれば - 31.夏休み - 32.落陽 - 33.俺を許してくれ - 34.男達の詩 - 35.友あり - 36.吉田町の唄 - 37.たどり着いたらいつも雨降り - 38.純情(吉田拓郎 & 加藤和彦) - 39.恩師よ/まだ見ぬ朝 - 40.決断の時 - 41.マスターの独り言 - 42.君のスピードで/とんと御無沙汰 - 43.遥かなる - 44.心の破片 - 45.蒼い夏 - 46.気持ちだよ - 47.トワイライト - 48.いくつになっても happy birthday - 49.家へ帰ろう/襟裳岬 - 50.純/流星2003/ホームラン・ブギ2003, 1.よしだたくろう 青春の詩 - 2.よしだたくろう 人間なんて - 3.元気です。 - 4.伽草子 - 5.今はまだ人生を語らず - 6.明日に向って走れ - 7.ぷらいべえと - 8.大いなる人 - 9.ローリング30 - 10.Shangri-La - 11.アジアの片隅で - 12.無人島で…。 - 13.マラソン - 14.情熱 - 15.FOREVER YOUNG - 16.俺が愛した馬鹿 - 17.サマルカンド・ブルー - 18.MUCH BETTER - 19.ひまわり - 20.176.5 - 21.detente - 22.吉田町の唄 - 23.Long time no see - 24.感度良好 波高し - 25.みんな大好き(吉田拓郎とLOVE2 ALL STARS) - 26.Hawaiian Rhapsody - 27.こんにちわ - 28.Oldies - 29.月夜のカヌー - 30.午前中に… - 31.午後の天気 - 32.AGAIN, よしだたくろう1971〜1975 - 吉田拓郎全集/歌草子 - よしだたくろう ベスト・セレクション - GOLDEN J-POP/THE BEST 吉田拓郎 ONE AND ONLY±1 - LIKE A ROLLING STONE 1970〜1974 - GOLDEN☆BEST よしだたくろう ひきがたり - 吉田拓郎 スーパー・ベスト - GOLDEN☆BEST 吉田拓郎 〜Words&Melodies〜, ONLY YOU - 吉田拓郎ベスト60 - The 吉田拓郎 - Songs - LIFE - THE BEST PENNY LANE, GOLDEN☆BEST 吉田拓郎 THE LIVE BEST - 拓郎ヒストリー - ONLY YOU + Single Collection, 1.よしだたくろう オン・ステージ ともだち - 2.よしだたくろう オン・ステージ 第二集 - 3.よしだたくろう LIVE'73 - 4.TAKURO TOUR 1979 - 5.TAKURO TOUR 1979 Vol.2 落陽 - 6.王様達のハイキング IN BUDOKAN - 7.吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋 - 8.COMPLETE TAKURO TOUR 1979 - 9.TRAVELLIN' MAN LIVE AT NHK STUDIO 101 - 10.豊かなる一日 - 11.一瞬の夏 - 12.18時開演〜TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM〜 - 13.吉田拓郎ライブ コンサート・イン・つま恋'75, Takuro Premium 1971 - 1975 - TAKURO YOSHIDA IN THE BOX, コンサート・イン・つま恋 1975 - '79 篠島アイランドコンサート - '82 日本武道館コンサート 王様達のハイキング - '85 ONE LAST NIGHT in つま恋 - '89 TAKURO YOSHIDA IN BIG EGG - '90 日本武道館コンサート - '93 TRAVELIN' MAN LIVE at NHK STUDIO 101 - 1996年、秋 - 感度良好ナイト in 武道館 - 吉田拓郎 LIVE 〜全部だきしめて〜 - 101st Live 02.10.30 - TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 Live & His RARE Films - Forever Young Concert in つま恋 2006 (吉田拓郎・かぐや姫) - 歩道橋の上で COUNTRY BACK STAGE DOCUMENT - 吉田拓郎 LIVE 2012 - 吉田拓郎 LIVE 2014 - 吉田拓郎 LIVE 2016, 阿木燿子 - 阿久悠 - 梓みちよ - 石川鷹彦 - 石野真子 - 泉谷しげる - 伊勢正三 - 井上陽水 - 忌野清志郎 - 岡本おさみ - 小田和正 - 織田哲郎 - 小倉博和 - 小原礼 - 加藤和彦 - かまやつひろし - 鈴木茂 - 石原信一 - 康珍化 - 喜多条忠 - 後藤次利 - 後藤由多加 - 小室等 - 近藤真彦 - 斎藤ノヴ - 堺正章 - 坂崎幸之助 - 篠原ともえ - 杉田二郎 - 瀬尾一三 - 高中正義 - 高見沢俊彦 - 武田鉄矢 - 武部聡志 - 常富喜雄 - トータス松本 - 中島みゆき - 中西康晴 - 長渕剛 - 中村雅俊 - 浜田省吾 - 松本隆 - 松任谷正隆 - 松任谷由実 - 南沙織 - 南こうせつ - 森進一 - 森山良子 - 安井かずみ - 柳田ヒロ - 山田パンダ - 山本コウタロー - 由紀さおり - 吉田建 - 愛奴 - THE ALFEE - オフコース - かぐや姫 - キャンディーズ - KinKi Kids - 猫 - ザ・モップス - LOVE LOVE ALL STARS - 新六文銭 - 四角佳子 - 浅田美代子 - 森下愛子, 作品 - 広島フォーク村 - エレックレコード - ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本) - フォーライフミュージックエンタテイメント - インペリアルレコード (日本) - avex trax - 吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋 - 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW - 吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋 2006, The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend, SHOGO HAMADA Visual Collection "FLASH&SHADOW", ON THE ROAD 2015-2016 "Journey of a Songwriter", ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター "Journey of a Songwriter", Welcome back to The 70's "Journey of a Songwriter" since 1975 「君が人生の時〜Time of Your Life」, ON THE ROAD '90 "FOR WHOM THE BELL TOLLS", ON THE ROAD '94 "THE MOMENT OF THE MOMENT", ON THE ROAD 2006-2007 "MY FIRST LOVE IS ROCK'N'ROLL", ON THE ROAD 2015 "Journey of a Songwriter", ON THE ROAD 2016 "Journey of a Songwriter"since 1976, 18時開演〜TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=愛奴&oldid=78756033, 本来、愛奴がデビューするきっかけとなった吉田拓郎の1974年のツアーのバック・バンドは, 拓郎のバック・バンドでのデビューが決まった際、町支は実家の稼業を継ぐかどうか悩んでいた。その度に浜田が町支を説得しており、高橋によると浜田が何度か手を挙げることもあったという.