(あのこ、すごいすばやいね!), 「ひっぺがす」(引っぱり剥がす) (もう行くの?まだいいじゃない!), 「はしっこい」(素早い) 群馬弁は名前の通り、群馬県で使われている方言です。ただ、群馬県はかつて上州だったこともあるので「上州弁」と呼ばれることもあるようです。今回は群馬弁についてさまざまなことを紹介していきます。, 群馬弁は多摩弁や神奈川弁と同じく、西関東方言に属しています。茨城や栃木は同じ北関東でありながらも、東関東方言に属しているため、群馬弁は大きく異なるようです。, 群馬県で使われる方言ではありますが、実は群馬弁ってあまり話す人がいないことでも有名です。群馬県以外から引っ越してきた人も長く住んでいるにも関わらず、群馬弁の人に会ったことがないという人もいるほどです。, 群馬弁のルーツは江戸弁と言われています。その理由として、江戸言葉の「べらんめえ」調のような母音の転訛が存在するからです。そのことから考えても、群馬弁のルーツは江戸弁ではないかと言われています。, 群馬弁と言っても、北部・西部の山間部、中部の平野部、東南部の3方言に分かれているようです。そのため、群馬弁と言ってもその場所によって若干の差があることを覚えておきましょう。, 先述したように、群馬県の若い人は群馬弁ではなく標準語を話している人が多いようです。それこそ、数年も群馬弁を話す人に出会わないほどなのでかなりの人が群馬弁離れをしているのではないかと思われます。そのため、群馬弁と言えば年配の方が話すものというイメージまで出来ているようです。, こちらでは、群馬弁の基本を集めてみました。イントネーションやアクセントなど方言によって異なりますが、群馬弁はどのような印象を持たれるのでしょうか。, 群馬弁のイントネーションは、慣れていない人が聞くと怒っているように感じる人が多いようです。実際は怒っているわけではなくイントネーションによって「怒っているように聞こえるだけ」なのです。それだけではなく、群馬弁の人は無意識に話すスピードが早いため、余計に怒っているように聞こえるのかもしれません。, 群馬弁のアクセントは一型アクセントの地域と、中輪東京式アクセントの地域があります。基本的に東京との大きな隔たりはない印象です。, 先述したように、群馬弁には江戸言葉の特徴である「べらんめえ調」の母音の転訛があるのも特徴であり、方言などは異なっているのですが、江戸言葉との共通点が多いのも群馬弁の特徴と言えるのでしょう。, こちらでは、群馬弁の定番を集めてみました。定番とは言っても、若い世代の人も使わなくなってきているので同じ群馬県の人でも初めて聞くものもあるかもしれませんね。, 「いぐ」は群馬弁の中でも定番の方言です。使う機会も多いので、年配の方と出掛ける時などは意外とよく聞くかもしれません。, 「けぇる」は群馬弁以外でも使われているので、その意味を知らない人は少ないのではないでしょうか。, 「まっと」はさまざまな意味に聞こえるため、逆にどんな意味なのかが分からない方言です。しかし「まっと」は比較的汎用性の高い言葉なので使う機会も多い特徴を持っています。, 「~いがぁ」は、日常的に使う機会の多い方言です。ビジネスマンなど飲み会の時に使うことがあるかもしれませんね。, 「まーず」は使う機会は多いのですが、若い世代の人は群馬弁離れをしていることもあり、年配者の方に多い傾向があります。, 「こわい」は一般的に聞くと「怖い」と恐怖の感情を表す言葉です。しかし、群馬弁の「こわい」は別の意味を持っています。, 「あさはん」は聞き慣れない言葉ですが、意味はそのまま直訳で構いません。つまり「あさはん」は「朝飯」を表します。, 「おったまげた」は群馬弁ですが、群馬県以外でも使われています。そのため、群馬弁とは関係のない地域でも知られている方言です。, 「はーけるんきゃ」は方言の特徴が出ていて、何を表しているのかを読ませない難解さがあります。, 「なっから」は「なるから」という意味を持っていそうな方言ですが、別の意味を持っています。美味しいものを食べた時、喜んだ時、悲しい時などさまざまなシーンで使われる言葉です。, 「ちっとんべえ」は意味を聞けば「なるほど」と納得できるのですが、初めて聞いた時には「分かりそうだけど、分からない」と言う人もいるようです。, 「めかご」は目にできるとあるものを指します。これは地域によって呼び方が変わるらしく、別の地域では「めばちこ」などとも呼ばれているようです。, 「ずでー」は言葉の雰囲気から「面倒」「大変」という意味に聞こえることもあるようですが、別の意味を持っています。, 「おこんじょう」は群馬弁だけではなく、別の地域でも言うことがあるようです。なんとなく良い意味には使われない雰囲気を察している人もいるかもしれませんね。, 「ぼけりんご」は言葉から悪口のように聞こえるかもしれませんが、とある状態のことを指すのです。, 「すえる」という方言も、群馬弁以外でも使われています。たとえば「すえた臭い」など聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。, 「やっとこさ」は群馬弁以外でも使われています。方言と知らずに、普通に「やっとこさ」を使っている人もいるのではないでしょうか。, 「ぶっちゃく」は聞く人によっては「ブサイク」と勘違いする人もいます。しかし、これは別の意味があります。, 「はばったい」という人は、女性が多い傾向があります。実際に女性の方が多い症状なのですが、何を指すと思いますか?, 「かけりっこ」は運動会でよくあるものですが、ちょっと方言っぽさが入ることで女性が言うと可愛い言葉に聞こえるから不思議ですよね。, 「ちっけっと」は何かを決める時などに使われる遊びです。これは地域によって名称が変わるので、ある意味一番その地域を表していると言っても過言ではないかもしれません。, 群馬弁の特徴として、語尾に「~るん?」がつくことが多いようです。主に疑問形でこの方法が使われます。, 「かわりばんてんこ」は予想した通りの意味を持っています。他の地域でも「かわいばんこ」などがあるので、これに関しては全国的に似ているのかもしれません。, 「おだいじなさい」もそのままの意味です。男性としては異性に心配されたいということで、この言葉が人気になったのかもしれません。, 「かたらせて」と言ったからと言って延々と何かを語りだすということはありません。これはちょっとしたお願いを示す方言のようです。, 群馬弁は語尾を伸ばす言葉があります。この「~さー」が代表と言っても過言ではありません。真面目な時も冗談の時も使われるので、どちらの意味で受け取ればいいか分からない人も多いようです。, 群馬弁は古くからある言葉の割に、現在はあまり使われていないようです。古き良きものがなくなるのは忍びないので、群馬県に住む人は群馬弁を使ってみてはいかがでしょうか。, 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番から最新スポットまで.

群馬県民は「方言なんてない」と思っている人が多いそうです。 使用例:「吾妻山を登るんじゃあ、よいじゃねぇな」 使用例:「買い物に行こうと思ったんだけど、よしたんさね」 使用例:「そのゴミ、ぶちゃっといてくれ」(そのゴミ、捨てといてくれ), 「まーず」(本当に) (そのポスターもういらないから、引っ張り剥がしちゃって), 「ぶちゃる」(捨てる) 「なげる派」と、「ぶちゃる派」があるようです。 使用例:「なっから遅いがねー。どうしたん?」 ら行ですが、『〜らっしゃい』で例えば『あがらっしゃい』 『食べらっしゃい』  使用例:「ゴミもしてるん?これももしちゃって」 (うちの孫は、本当にかわいいのよねー), 「まっと」(もっと) 高齢の方は結構使っています。 草津温泉など、ゆったり過ごせる観光スポットが多い群馬県ですが、群馬県の方言とはいったいどんなものなのでしょうか。今回は、群馬県の方言について詳しくご紹介していきます。挨拶に使う方言や、告白に使う方言など、群馬県で使われている方言を、分かりやすく解説! 使用例:A「焼きまんじゅうって美味しいね」B「そうだんべえ」, 「あっ、これ使ってる!」という方言はありましたか?

ところが、調べれば出るわ、出るわ……。 使用例:「それいらないから、なげちゃって」

と言われました(笑), 「~なん?」(~なの?)県民使用率が非常に高い方言です。 使用例:「車の運転なんて、わっきゃない」 また、「ら行」の方言をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!, 群馬(地元の)方言は使ってない気がするなぁ…と感じていましたがこのサイトを見たらなんと「使ってジャ〜ん」と驚きました。自然と使ってっからちっとも意識してなかったんだなぁ〜と改めて確認できました。, 群馬生まれ群馬育ちの私が東京の職場で「ばらびく」という言葉を使って同僚に「なにそれ?」と言われました。薔薇のとげで引っ掻いた傷のことだとずっと思っていたのでこちらのサイトを検索して納得できました。, 北毛のお婆ちゃんが使ってのを思い出しました、 正しい読み方は「くさつ」ですが、県民はほぼ「くさづ」と言います。, 「くっちゃべる」(話す) 家に上がってとか食べて〜とかの時に使ってました。とても懐かしいです。. 主に悪い表現として使用します。使用例:「いつまでくっちゃべってんの!」, 問題ないの使用例:「車で往復するのなんて世話ねぇよ!」 使用例:「はぁー行くん?まだいいがね!」 北関東に位置する群馬の方言をご存知でしょうか。群馬には地元民が使う独特なイントネーションやおもしろい特徴があります。群馬の定番の方言や語尾の変化、群馬ならではの変わった方言、かわいい告白フレーズなど、特徴をまとめましたのでぜひご覧ください。 すべては網羅できませんが、一部をご紹介したいと思います。 使用例:「うちの孫は、まーずかわいいんよー」

と確認をしながら書いたのですが、すべて「なにその言葉?」 使用例:「あの子、なっからはしっこいがん!」 (吾妻山を登るのは、大変だよね), 「よす」(やめる) (ずいぶん遅かったね。どうしたの), 「はぁー」(もう)

(車の運転なんて、なんてことないよ), 記事内で紹介した方言のほかにも、地域によって違う方言、 (買い物に行こうと思ったけれど、やめたんだよね), 「わっきゃない」(わけない・なんてことない) (もっとこっち!もっと!もっと!), 「めっかる」(見つかる) 群馬弁は名前の通り、群馬県で使われている方言です。ただ、群馬県はかつて上州だったこともあるので「上州弁」と呼ばれることもあるようです。今回は群馬弁についてさまざまなことを紹介していきます。 群馬弁とは 群馬弁は多摩弁や神奈川弁と同じく、西… 抜粋しましたが、あ行~た行までで、群馬にはこれだけの方言が存在します。 使用例:「まっとこっち!まっと!まっと!」 限定の方言があるようです。, 愛すべき地元の方言が、消失せずに継承されることを願います! 群馬の方言まとめ 「あっ、これ使ってる!」という方言はありましたか? 抜粋しましたが、あ行~た行までで、群馬にはこれだけの方言が存在します。 後編では、な行~わ行までをご紹介しま … (ゴミ燃やしているの?これも燃やしちゃって), 「よいじゃねぇ」(容易でない・楽じゃない) 後編では、な行~わ行までをご紹介します!. (それいらないから、捨てちゃって), 「なっから」(ずいぶん、たくさん) 手に負えないの使用例:「自分で壊してたら世話ねぇよ!」, 「~だいね」(だよね) 使用例:「そのポスターもういらないから、ひっぺがしちゃって」 じつはあなたも、知らず知らずのうちに使っている方言があるかもしれませんよ!, 「くさづ」(草津)

使用例:「なんなん?」(何なの?), 「なげる」(捨てる) 北海道でも使われる方言です。 前回盛り上がった「群馬の方言」の後編!調べてみると、なっから方言がありますね!方言と知らずに使っていた言葉もいくつかありました。この記事を書くにあたり、他県出身の方に「これって方言?」と確認をしながら書いたのですが、すべて「なにその言葉? 種類は、西関東方言に分類されます。 この辺りの言葉は、埼玉あたりで話されている言葉と非常に近い関係にあります。 反対に同じ関東エリアとして認識されている茨城県や栃木県などとは、言葉の分類が違います。 関東出身だからと言って、この地域の言葉が分かるという人は少ないです。 さらに、山 …

この記事を書くにあたり、他県出身の方に「これって方言?」 『〜り〜』で例えば『あがり〜』『食べり〜』のような感じで使います。 使用例:「あれー?メガネがめっかんねー」(あれー?メガネが見つからない), 「もす」(燃やす) 使用例:A「温泉といったら、くさづ温泉だいね」B「だいね~」, 「~だんべえ」(~だろ)