結構何にでも入っているけれどあまり常時大量にとるのは考えもの。 171, 脳が誤認識を引き起こして、防御機能が過剰に分泌されると聞いた事がある。 エーザイが、開発中のアルツハイマー病治療薬「BAN2401」の臨床第2相試験で、臨床症状の進行を30%抑制したと発表しました。失敗続きだったアルツハイマー病の新薬開発に、再び希望の光が差し込んでいます。, 「この薬剤が有効なのかどうかということに関しては、非常にしっかりとしたデータが出てきたと考えている」, 7月26日、エーザイが開いた説明会で、同社の津野昌紀上席執行役員(ニューロロジービジネスグループ・デピュティチーフクリニカルオフィサー)は自信たっぷりにこう話しました。説明会で示されたのは、この日早朝にアルツハイマー病協会国際会議(AAIC2018、米シカゴ)で発表されたアルツハイマー病治療薬「BAN2401」の臨床第2相試験(201試験)の詳細データ。同試験の有望な結果はAAICでも話題になったといい、津野氏は「エーザイのバッジを胸につけ、誇りを持って会議に参加できたことに感激している」と高揚感を隠しませんでした。, これに先立つ7月6日、エーザイは201試験の最終解析の結果、BAN2401が統計学的に有意に臨床症状の悪化を抑制し、脳内のアミロイドβを減少させたと発表。詳細なデータに注目が集まっていました。, 201試験は、アミロイドの脳内蓄積が確認された856人の早期アルツハイマー病患者(アルツハイマー病による軽度認知障害患者と軽度アルツハイマー病患者)を対象に実施。プラセボと実薬投与群(5用量5群)を比較しました。, 投与18カ月時点での最終解析結果によると、アルツハイマー病の症状を評価するためにエーザイが独自開発した指標「ADCOMS」による評価で、BAN2401を2週に1回10mg/kg投与した群(最高投与量群)は、プラセボに比べて症状の進行を30%抑制。一般的な評価指標である「ADAS-cog」でも最高投与量群は47%の進行抑制を示しました。, PET測定による脳内アミロイド蓄積量は、最高投与量群で投与前の平均74.5から投与18カ月時点では平均5.5に減少。最高投与量群の患者の81%が、投与18カ月後には画像診断でアミロイド陰性となりました。, BAN2401は、脳内のアミロイドβ凝集体に結合して脳内からこれを除去する抗アミロイドβプロトフィブリル抗体。アミロイドβの蓄積はアルツハイマー病を引き起こす要因の一つと考えられていますが、この仮説に基づいた新薬候補はことごとく臨床試験に失敗しています。, 2012年には、米イーライリリーの抗アミロイドβ抗体ソラネズマブと米ファイザーの同バピネオズマブが臨床第3相(P3)試験に失敗。17年にはソラネズマブが軽度の患者を対象とした2度目のP3試験でも主要評価項目を達成することができず、今年に入ってからも米メルクのBACE阻害薬ベルベセスタットや米リリー/英アストラゼネカの同ラナベセスタットが相次いでP3試験を中止しました。, 悲惨な状況が続く中、アルツハイマー病治療薬の開発に再び希望の火を灯したBAN2401。焦点となるのは今後の開発方針です。, 7月26日の説明会でエーザイの津野上席執行役員は、「有効性を再確認する、もしくは別のポピュレーションでテストするとか、次の試験のアイデアはたくさんあると思うが、このデータをベースに条件付きで早期に承認をとるというスキームもある」とし、P2試験データに基づく申請も視野に規制当局と協議する考えを表明。「次の試験をやるとまた数年かかってしまう。その間、患者は放っておかれていいのかということを協議したい」と話しました。, 確かに今回のP2試験データは期待を感じさせるものではありましたが、一方でさらなる臨床試験の実施を求める声も聞かれます。米ブルームバーグ通信は26日、「データは有望だが決定力を欠く」との記事を配信。米ウォールストリートジャーナルも同日、「専門家からは、本当に効果があるのかを確かめるには追加の臨床試験が必要との指摘もあった」と報じました。, 津野氏は「次の試験は必ずやることになるが、それをどういう位置付けでやるのか。それがないと申請できないのか、条件付きでの承認後にやるのかは、これからの議論の対象になる」とし、「患者のリクルートメントも難しいので、それを考えるとできるだけ早くとは思う」と強調しました。, 201試験の結果をめぐっては、CDR-SB(臨床的認知症重症度判定尺度)による評価で26%の進行抑制を示したものの有意差がなかったことが議論の1つの的になっています。規制当局との交渉ではこの点がポイントになる可能性もありますが、津野氏は「CDR-SBはバラツキの出やすい評価指標で、今回ほどのサイズの試験でP値を出すのは難しい」と指摘。「当局はドアをオープンにしてくれていると信じているし、今回の試験で示したADCOMSでのしっかりとした差やCDR-SBの明確な傾向は十分議論の余地があると考えている」と話しました。, これまで失敗してきた新薬候補もP2試験までは良好な結果を得ながら、より大規模なP3試験でことごとく頓挫してきました。アルツハイマー病の新薬開発にとってP3試験はまさに鬼門。協議の行方によっては、2020年度以降の早期としてきたBAN2401の発売は早まる可能性があります。, 海外の大手製薬会社が相次いでアルツハイマー病の新薬開発に失敗する中、エーザイはこの分野に積極的に研究開発投資を行っています。, 2017年10月には、米バイオジェンとのアルツハイマー病治療薬開発に関する提携を拡大。バイオジェンが開発していた抗アミロイドβ抗体アデュカヌマブの共同開発に乗り出しました。エーザイとバイオジェンは、アデュカヌマブとBAN2401のほか、BACE阻害薬エレンベセスタットの3剤を共同開発しています。, 前述の通り、アミロイドβをターゲットとしたアルツハイマー病の新薬開発は苦戦を強いられており、一部にはアミロイドβ仮説に懐疑的な声もあります。バイオジェンとの提携拡大を発表した記者会見でもこのことに質問が及びましたが、エーザイの内藤晴夫代表執行役CEOは「アミロイドβが主要な病因の1つであるとの自信を深めているし、開発成功の確度は高い」と答えるなど、同社は開発に自信を見せ続けてきました。, 国際アルツハイマー病協会によると、世界の認知症患者は4700万人に上り、2050年には3倍に増える見通し。エーザイは世界に先んじて次世代アルツハイマー病治療薬を世に送り出すことができるのか。注目される今後の開発方針について同社は「年度内には方向性を明確にしたい」としています。, 大麻由来のてんかん薬Epidiolexはブロックバスターになるのか|DRG海外レポート, 「医療上の利益が不十分」アルツハイマー型認知症治療薬 フランスで保険適用を外されたワケ, 【アルツハイマー】相次ぐ開発失敗…それでもアミロイドβを諦め切れない製薬業界|DRG海外レポート, 「Aβ仮説に確信」エーザイ アルツハイマー薬開発で勝負に―アデュカヌマブ前倒しで共同開発, 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(11月13日UPDATE), 「リベルサス」「ジセレカ」「アキャルックス」など新薬9成分 11月18日に薬価収載|トピックス, アルツハイマー 新薬登場に希望再び―エーザイ「BAN2401」製品化までの道のりは. 今年11月に中国の薬品メーカーである上海緑谷製薬は、中国の国家薬品監督管理局によって軽度~中等度のアルツハイマー病の新薬「九期一」という薬品が条件付きで承認されたことを発表しました。, アルツハイマー病の治療薬は、2003年10月に米国が承認した「メマンチン」以来、17年ぶりとなります。, 今回の新薬・九期一は、「腸内微生物叢」いわゆる「腸内フローラ」の毒素症を修復することで、腸内細菌が発生させる代謝物を増加させて末梢神経や中枢新家の炎症を抑制します。, その結果、アルツハイマー病の原因となっていると言われる脳の神経物質に対してアミロイドタンパク質を沈着させたり、タウタンパク質の病変を減少させたりすることで、認知機能が改善する効果があるとされています。, 研究チームは、海藻を定期的に摂取している高齢者は、そうでない高齢者に比べてアルツハイマー病を発症することが少ないというデータに着目。この理由として海藻に含まれる糖が影響しているということを、1997年にはすでに特定していました。そこから20年以上の歳月を経て、ついに商品が認可されたということになります。, 残念ながら、日本ではまだこの新薬の使用はできません。しかし中国では年内には販売される見通しのため、実用化への期待が高まっています。, 厚生労働省が発表した「平成28年版厚生労働白書 人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える」という資料によれば、1999年には3万人であったアルツハイマー病の患者は、2014年には53万人と18倍に迫る勢いで増加。, 同資料で比較対象となっている血管性及び詳細不明の認知症は、12万人から14万人とほぼ横ばいであるのに比較すると、爆発的にその数を増やしています。, 今年の10月に、富士フイルムが、人工知能と画像処理技術を組み合わせ、アルツハイマー病の診断をより正確にできる手法を開発したことを発表。今後、大学や製薬企業などの研究機関と協力し、確度の高い認知症診断のプラットフォームとして運用を目指すとしています。, また同じく11月、名古屋市立大学の研究グループが体内に存在するたんぱく質の一種であるフロチリンを利用した診断手法を発見したと発表しました。, このフロチリンはアルツハイマー病を発症すると発症していない人に比べて少なくなるという特徴があり、この検出を行うことで、1滴の血液から診断ができる可能性があるそうです。, アルツハイマーをはじめとした認知症を取り巻く環境は、このように大きく変わりつつあります。, そもそもアルツハイマー病とは、認知症の中でも全体の約6割を占めると言われている病気です。, 冒頭の新薬のメカニズムの際にも触れましたが、このアルツハイマー病の原因は、アミロイドタンパク質や、タウタンパク質と呼ばれる物質が、脳内に異常に発生し、蓄積されることによるものという説が有力です。, これらのタンパク質が蓄積されると、性状な脳細胞が損傷し、神経伝達物質が減少してしまうことで、認知機能に障害が出てしまうと考えられています。, また、認知症全体を通しても多いアルツハイマー病ですが、65歳以下が発症する若年性認知症では、脳血管性認知症と並んで多いことでも有名です。, 特に、この若年性認知症でのアルツハイマー病は、遺伝的な可能性があると言われています。そのため、もし家族などにアルツハイマー病を患った人がいる場合には自分の状態に気をつけておくことが必要です。, 症状としては、初期では体験したことそのものを忘れてしまうという記憶障害が多く見られるほか、自分の置かれている状況を判断する見当識、物事を順序立てて考える実行機能などにも障害の代表的なものです。, この病気に対して根治を行うことは難しいとされていますが、日本では4種類の薬が用いられ、症状の緩和や進行を遅らせる目的で使用されています。, アルツハイマー病は現在の医療では根治が難しいことは前述しましたが、アルツハイマー病の治療のうえで最も大切なことは、早期の発見と治療です。, 現在、アルツハイマー病の診断には、医師によって認知機能が測定される神経心理学検査や、血液や脳の画像を用いた検査が行われています。, 神経心理学検査では、簡単な質疑応答、指示された道具の操作、文章の書き取りなどから認知機能の判断を行います。, さらに脳の画像を用いた「脳スぺクト」と呼ばれる検査では、CTスキャンやMRIなどによって脳の画像を見るほか、微妙の放射性物質を体内に投与し、特定の臓器の形や動きをチェックします。, これら2つの検査を組み合わせて、神経心理学検査で基準を下回ったうえ、血液や脳の画像の検査でも萎縮や血流の低下といった症状がみられた場合に、アルツハイマー病と診断されるのです。, この診断が早く行えれば、治療を早期から行って進行を緩やかにすることができます。そして将来に向けての計画を立てたり、生活環境を整えたりすることが可能となります。, 少しでも症状が気になった場合は病院で診断を行うようにするほか、不安を感じた場合はセカンド・オピニオンを求めることなども検討してみましょう。, また近年、アルツハイマー病を引き起こす可能性になるのではないかと注目されているのが「トランス脂肪酸」です。, 10月23日、米国の神経学会誌で発表された研究結果によると、マーガリンなどに多く含まれるトランス脂肪酸の血中濃度が高くなっている人は、そうでない人に比べてアルツハイマー病をはじめとした認知症の発症リスクが上がる可能性があるとされています。, 研究グループは、認知症ではない日本人1,600人あまりを対象に追跡調査を実行。血中トランス脂肪酸の濃度別にグループを分け、10年間にわたって発症リスクを検証しました。, その結果、トランス脂肪酸の濃度が高かったグループは、そうでないグループと比較すると、認知症を発症する確率が52%から74%高くなるという結果が出たそうです。, また、同じく10月の30日に米国のアルツハイマー病協会の学会誌で発表された研究結果では、アルツハイマー病のリスクが高いと診断された人が、医師の指導で生活習慣を改善したところ、認知機能の低下が抑制されたとされています。, こちらは家族にアルツハイマーの病歴がある154人を対象として行われたもの。医師が指示した21位項目の生活習慣変更のうち、12項目以上を行った人は1年半後に記憶力や思考力などの認知能力が向上しています。しかし一方、そうでなかった人には改善が見られませんでした。, このことから、食生活や生活習慣は、アルツハイマー病の発症に大きな影響があると考えられます。, 2017年10月に米国の神経学会誌に発表された研究結果は、睡眠の質がアルツハイマー病の発生リスクを高めると指摘しています。認知症ではない101人を対象として行われたこの研究では、睡眠の質と、脊髄液を採取することでアルツハイマー病にかかわるタンパク質の関係を調査。, その結果、睡眠障害を訴えている人ほど、タウタンパク質の病変や、脳細胞の損傷や炎症の形跡が見られたそうです。, 睡眠はアミロイドタンパク質を脳内から排出する働きをしており、それが睡眠障害によって阻害されることが、こうした傾向が出る原因ではないかという説が有力とされています。, 期待の新薬が開発された現在でも、アルツハイマー病の根治が見込めないことに変わりはありません。そのため、食事や睡眠をはじめとした生活習慣の改善によって、予防することが重要なのです。, また、ウォーキングに代表されるような有酸素運動など運動なども、アルツハイマー病の予防に効果があるとされています。, いつか根治できる薬が開発されるのが理想的ですが、食事、運動、睡眠など、健康的な生活を送るよう心掛けることが、現状では一番効果的な対策なのです。, 「親と同居している未婚者数」は、1980年当時では約1,600万人だったのに対し、2016年には約1,900万人まで増加していることがわかっています。親と同居している未婚者数の増加に伴って、…, 2月27日、島根県内の地域包括支援センターが、地域に住む「若年性認知症」の発症者に対して行われた調査結果を公表。発症者が置かれている社会的状況が明らかになりました。, 小多機を行っている施設の赤字割合は前年度比0.6%増となる41.2%となり、全体の約4割にも及んでいることがわかりました。黒字施設と赤字施設を比べたとき、目立つのは施設の定員数に対する「登録…, 認知症が薬で治るなんて、、、。

症状を緩和させるのみで根治ができない「アルツハイマー病」の新薬が、中国で承認されました。これはなんと17年ぶりのこと。ほかにも新たな診断方法が登場するなど、患者を取り巻く環境に変化が出てきています。一 Copyright© 1999-2020 Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved. endstream endobj 25 0 obj <> endobj 26 0 obj <> endobj 27 0 obj <>stream 真相がどうなのかは、近い将来に判明するかと思います。 292, 要は、日が昇れば起床し、日が暮れれば就寝する。そういう生活が理想という事です。現代社会では無理ですが。 222, さまざまな業界で活躍する“賢人”へのインタビュー。日本の社会保障が抱える課題のヒントを探ります。, 認知症や在宅介護、リハビリ、薬剤師など介護のプロが、介護のやり方やコツを教えてくれます。, 要介護5のコラムニスト・コータリこと神足裕司さんから介護職員や家族への思いを綴った手紙です。, 講師にやまもといちろうさんを迎え、社会保障に関するコラムをゼミ形式で発表してもらいます。, 漫画家のくらたまこと倉田真由美さんが、介護や闘病などがテーマの本・映画の作家たちと語り合う企画です。, 超高齢社会に向けて先進的な取り組みをしている自治体、企業のリーダーにインタビューする企画です。, 介護食アドバイザーのクリコさんが、簡単につくれる美味しい介護食のレシピをレクチャーする漫画です。, 認知症の母と過ごす日々をユーモラスかつ赤裸々に描いたドキュメンタリー動画コンテンツです。, 介護業界でカリスマの呼び声高い和田行男さんが“理想の介護”を語る動画コンテンツです。, 小規模多機能型施設・あおいけあを舞台に、“あたりまえの介護”を新米介護士が学んでいく漫画です。, ノンフィクションライター・中村淳彦さんが現場の最前線で働くゲストを迎える対談企画です。, 「賢人論。」125回(中編)三宅義和氏「言葉は発した本人に影響を与える。幸せな人生を送られるかは自分次第」, 第880回高齢者宅で火災相次ぐ!隣家に火災を知らせる報知機の活用などの火災対策が急務, 第911回「食中毒」が高齢者施設で発生!コロナ禍での食事のテイクアウトにも注意が必要, ※入居に関する相談用のフリーダイヤルです。求人・入居者への連絡・電話番号等の案内は承っておりません。, アルツハイマー病の発症リスクが7割増大する物質が判明!一方、新薬開発で17年ぶりに新たな希望も, 中高年の未婚率上昇で”シングル介護”が急増!独身の半数が「自分の介護をしてくれる家族がいない」, 若年性認知症者は約3万人超!約8割が失業し孤立状態に…うつ病と誤診され治療が遅れるケースも, 小規模多機能型居宅介護事業の4割が赤字!黒字化のために、また軽度者が憂き目にあう可能性が.

%PDF-1.5 %���� 0 血圧降下剤は、それらをサラサラに血流を良くする物です。

endstream endobj startxref アルツハイマー病の新薬開発にとってp3試験はまさに鬼門。 協議の行方によっては、2020年度以降の早期としてきたBAN2401の発売は早まる可能性があります。

1/2 情報提供資料 2019.04 アルツハイマー型認知症、新薬は誕生するのか ヘルスケア通信③ ・上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。 ���-��[#�z���S'��Dz�KT=r���oo��`oow|ݝ� %%EOF その誤認識の要因で疑われているのが、血圧降下剤と言われていたようです。 ●[0]そもそも配当とは?●[1]高配当銘柄とは?●[2]高配当銘柄の魅力とは?●[3]高配当銘柄の探し方-日本株編●…, ●失敗1:高配当利回り7%超えの超高配当銘柄を購入したが、いつのまにか株価が下落!●失敗2:黒字でもうかっているはずな…, ●村田製作所の2021年3月期2Qは、36.3%営業増益。自動車向け、5Gスマホ向け、パソコン向けなど…, 刻々と変動するドル/円、ユーロなど為替相場の概況や注目のトピックスを、楽天証券の荒地潤が解説。, 田中泰輔の「マネーは語る」●バイデン米政権でどうなる?●ワクチン成功でどうなる?●年末・年度末への相場…, ●ジャンル横断騰落率ランキング●郵便による投票を追い風に、大逆転を演じたバイデン氏●トランプ氏は逆転勝…, 中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。, 楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者. h޼X�NI��~L����"$.�x�d�ڑ3Gƶ̬���b� �vy`|���������� ^)��"(�A�F�D��+q�[������ ��'���R(�AD%T����VƉh��xD+�W�;�����2 C�qAX�!sPd�۷��b�X ��I�µR���5�[���y�Zr�+�Cƞ7�a�-no7�n��a?����P�&��`1�;;S�G�wv�y[��d��ϓNV�ɰ���d��9�n�fp5��v��^���?��|�&���

こう考えると、辻褄も合うし自然です。 ��+�H�b�C�8�X�^V��T1�JW�3��l�AxWq���8� X9�f~��@�OI(Ԧ��m�9a�6��O�4���6 n� Q�m�p��'��xv� �w�8�7����ewWq�b���ۘ�s=��=�56{�}�0������������-ees0_\�*uwwq�J�NnK��(�W������'���r:9z���Y��ɧˊ�㫮�}op08zs78�����'�����j. 高齢になればなるほど、血流が悪くなるし、いわゆるドロドロ血になりがちです。 h��нAQ�����

100 0 obj <>stream JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。(設定方法), 2021年版「株主優待カレンダー」販売中!優待投資の基本、注目銘柄、資産形成の基本も!!, アルツハイマー病は認知症の一種で高齢化により世界的に患者数が急増しています。潜在的需要の大きさから製薬各社が新薬開発を競っていますが、治験失敗による開発中止や撤退も相次いでいます。こうしたなか、世界で初めて認知機能の低下を抑制する効果を示した米バイオジェンとエーザイが開発した『アルツハイマー治療薬』の「アデュカヌマブ」に世界の注目が集まっています。, アルツハイマー病は1906年に精神科医のアルツハイマー博士により学会で初めて症例が報告されました。認知症の一種で、記憶や思考能力がゆっくりと低下し、最終的には日常生活も困難になる進行性の病気です。世界の2050年の認知症患者は、2018年の約3倍の1億5,200万人に増えると予測されています。, 製薬会社は、『アルツハイマー治療薬』の潜在的な需要は大きく新薬開発を競い様々な仕組みの治療薬を開発してきましたが、治験失敗による開発中止や撤退も相次ぎました。米メルクやイーライリリー、スイス・ロシュなどが開発中の治療薬の治験を中止しました。現在、世界の『アルツハイマー治療薬』はエーザイの「アリセプト」など4種類あリますが、いずれも一時的な改善の効果しかありません。こうしたなか世界で初めて認知機能の低下を抑制する効果を示した、米バイオジェンとエーザイが開発した「アデュカヌマブ」に世界の注目が集まっています。, 米バイオジェンは2019年12月5日、エーザイと共同開発している「アデュカヌマブ」について、投与した患者の認知機能の低下スピードが2割ほど遅くなったとする臨床試験(治験)のデータを米国の国際学会で発表しました。両社は2020年初めに米国で承認申請する方針です。認知や日常生活に関わる機能で症状悪化を遅らせる効果が認められ、アルツハイマー病の進行を抑える世界で初めての薬となり、大きな注目を集めています。承認が実現して商品化されれば、大きな需要が見込めると期待されています。, 世界的に高齢化による社会保障費の増大が予想されるなか、「アデュカヌマブ」はアルツハイマー病の進行を抑える世界で初めての薬として注目されています。承認された場合、同薬は抗体医薬と呼ぶバイオ医薬品で、錠剤やカプセル剤と違って量産が難しいため、高薬価が予想されます。世界的に高薬価の新薬が相次いでおり、各国の社会保障費とどうバランスしていくか柔軟な取り組みが求められます。, 本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。 詳細こちら >>, 配信:記事配信時 随時facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります, 本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。. エーザイなどのアルツハイマー新薬に否定的、fda諮問委 ヘルスケア 北米 2020/11/7 10:15 情報元 日本経済新聞 電子版

アルツハイマー病の薬物開発の現状 48:599 施設入所,死亡率,副作用についてメタ解析された.い ずれの研究においてもADAS-cogは「臨床的な改善」と される4点以上の改善を認めなかったが,メタ解析の結 果,AD患者の認知機能は「統計学的な改善」を示した. 結果として、脳を圧迫してしまうのですが。 つまり、高齢では不自然な事に、脳が異常と判断して誤作動を引き起こし、過剰に防御機能が分泌されたと考えられていたのです。

77 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<08B24AC87B975BB7E7D5A93D5981F0E0>]/Index[24 77]/Info 23 0 R/Length 210/Prev 466510/Root 25 0 R/Size 101/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 世界中で、認知症が増加傾向にあるという点においても、この血圧降下剤の普及率と、その投入時期などにおいても、辻褄が合うと指摘されていました。 消えていった。そうならなければいいが。四千年の歴史。 153, 食品添加物のリン酸塩も怪しいと思います。