第二次世界大戦時にルフトヴァッフェで戦闘機パイロットとして活躍。 1942年10月、東部戦線の第52戦闘航空団(JG52)へ配属され、敗戦までこの部隊に所属し、ソ連軍を相手に戦った。 1943年3月にヴァルター・クルピンスキー中尉の2番機となって急激にスコアを伸ばした。 射撃は得意な方であったが上官たちから一撃離脱に徹する事、確実に命中する距離まで近づいて射撃する事を叩き込まれ、実行した。(敵機に近寄り過ぎ、相手の機の爆発で自機を損傷した事もある) JG52に供与された戦闘機はメ… 明るいだけで人に好かれるなら、ハゲ大人気だろ . も美しくない。なんだありゃ?, 共産党のスローガンみたいな三流画家が絵に描いたような未来都市だと思うぞ。, あれを見てると過去を未定する共産党に未来はないなあって思うなあ。, こんなことブログで書いたら、危険分子として中国公安にチェックされてビザがおりないかも・・。, トラックバックURL: https://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1871, ドイツ空軍の史上最高の撃墜王(, 機)エーリヒ・アルフレート・ハルトマン「不屈の鉄十字エース」, 朝礼ネタ・スピーチに名言コラム~バイカー修ちゃん・今日の一言, ホセ・オルテガ・イ・ガセット, 小林三郎 入社した頃のホンダを思い出して, コインバトール・プラハラード, セラピスト&ライターのブログ. 西ドイツへ戻ったハルトマンは、戦後のドイツ連邦空軍に迎えられここで戦闘機パイロットへの復帰を果たしました。, しかし軍が採用を進めていた戦闘機の機種に異を唱えたことから、上層部に疎まれて1970年には退役することになりました。 5 ... >>12 デバフは萎えたよな .

他人を「信じる」ことのもうひとつの意味は、他人の可能性を「信じる」ことである。 エーリッヒ・フロムの名言. –ß‚é. 坂井三郎について調べてみた【2000年まで生きた零戦の撃墜王】 ‚éB •¶—Ñ“° 独ソ戦において、撃墜スコアを重ね、1944年8月25日に前人未踏の300機撃墜 …

エーリヒ・フロムのプロフィールエーリヒ・フロム・1900年3月23日に生まれ,1980年3月18日に亡くなる。・ドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者。ユダヤ系。・マルクス主義とジークムント・フロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けた。・新フロイト派、フロイト左派とされる。 「ハルトマン・・君の言っていることは、すべて真実だろう・・・だが、もう手遅れなのだ。さっきも言ったように、この戦争は軍事的には負けだ。私のところへは毎日大勢の者が、やれ新考案のロケットだ、戦車だ、火砲だ、潜水艦だ、新作戦行動だ、攻撃だ、撤退 さらに、父アルフレートも1952年にこの世を去っていた。, 1960年には中佐、1967年には大佐に昇進したが、ドイツ空軍がF-104を採用することに強く反対し、歯に衣着せぬ批判を行ったことなどが空軍上層部の不興を買い、1970年9月30日、48歳で退役。退役時には少将に名誉昇進した。, その後は故郷に住み、民間航空施設や学校などの仕事をしながらFAA(アメリカ連邦航空局)のヴュルテンブルク地区代表をしていた。数年後の1980年には風邪をこじらせて狭心症を患ったものの敢闘精神で六週間で退院したが1993年9月20日、再び狭心症の発作に見舞われ死去。享年71歳。, ハルトマンは「第二次世界大戦で最も撃墜数が多かったエース・パイロット」だが、それはパイロット個人の技量が優れていたというだけではなく、確立された「空中戦闘法」があったからこそ得られた結果である。, 東部戦線においてのドイツの戦闘機パイロットは、ハルトマンに限らず驚異的な戦果をあげている。太平洋戦争において日本やアメリカのトップエースで100機以上の撃墜記録を持つ者は極稀であるが、東部戦線でのドイツ空軍の戦闘機パイロットは、100機を撃墜してようやく一人前、一流と呼ばれるには150機からという世界だったのである。ハルトマンの先輩たちは、戦闘機の性能が絶対的に優位な期間に撃墜数を大きく伸ばしていたといえる。その理由には以下のものが挙げられる。, それに対してハルトマンが実戦部隊に配属された1942年末には、ソ連も新鋭機を続々と投入するまでに盛り返しており、緒戦で高性能を誇ったBf109も徐々に陳腐化しており(新型機であるフォッケウルフ Fw190の実戦投入も行われた)、戦闘機の性能上の優位はそれほどなくなっていた。それにもかかわらずそれからわずか2年半で、20歳を過ぎたばかりの若年パイロットでありながら、Bf109を駆って352機撃墜という不滅の記録を達成したのである。, ただ、1.と4.の事情は1942年以降も同様であり、ハルトマンは初出撃の際、燃料切れで不時着し、また撃墜した敵機の破片を浴びてソ連戦線内に不時着してソ連兵に捕まったこともあるが、脱出して徒歩で生還して再戦の機会を得ている。, 初陣の小隊リーダー機ロスマン曹長の強い影響を受けたハルトマンは「観察―決定―攻撃―反復」というモットーを持っていた。敵を観察し、攻撃をどのように進めるかを決定し、攻撃を行い、その後、状況を再評価し反復していた。, 初期の戦闘では小隊長のロスマン曹長の強い影響から、僚機を絶対に見捨てないことを教わった。次に、ロスマン曹長の後のクルピンスキ中隊長からは、敵機に確実に弾を当てる為に近接射撃の有効性を知った。さらにこの戦闘法をより洗練させるため、索敵して発見した敵機編隊(主に低空侵入してくるソ連空軍地上攻撃機隊と上空で攻撃機の護衛をする戦闘機の混合部隊)に気付かれずに接近する方法(雲や逆光を利用する)、どれだけ自機と敵機の高度差を取るか、どのようなタイミングでダイブを仕掛けて攻撃を加えるのが最大戦果を生むか、その後に編隊指揮者になってからは、どうすれば僚機の損失を抑えられるかといった戦術の問題点を洗い出しながら、様々なシチュエーションによる攻撃方法と不確定要素への対策を検討し、戦果を拡大する半面僚機の損失を抑えた。彼は以後この戦闘法に徹し、ドイツ敗北までの1405回の出撃を果たした。また、養成期間ですでに明らかになったように、ハルトマンは射撃技術に秀でていたため、遠距離からの射撃で敵を撃墜して編隊を混乱させ、一航過で複数機を撃墜する特技も発揮した。またBf109戦闘機のエンジンの特性を生かしたマイナスGでの旋回による離脱を切り札として編み出した。, 上述の通り1942年末からは、ソ連軍も次々と新鋭機を投入していた時期である。ハルトマンの撃墜内容については、ドイツにある彼の個人戦闘記録[1] やJG52の戦闘記録等により判明している範囲ではLa-5が一番多く85機、P-39が29機で二番目に多い。この他にYak-1(9機)、Yak-7(8機)やソ連パイロットから「保証付き木製棺桶」(лакированный гарантированный гроб)と言われ、粗製乱造によって額面通りの性能が出ない木製戦闘機LaGG-3(7機)等が続く。また対爆撃機攻撃は苦手としており、西部戦線への配属がなかったこともあって4発重爆は1機も落としたことが無く、どんなに地上部隊が苦戦していても落とすのが難しいIl-2にはあまり手を出さなかった(6機撃墜)。ただし、当然ながらハルトマンのためにわざわざソ連が低性能機を選んで差し向ける事などあろうはずがなく、相対する敵から撃墜しやすい機体を選んで攻撃する事も、相応の技量を要する。また苦手な戦術を採らないのも、戦闘機乗りとしてひとつの見識である。なおハルトマンは高性能機であるP-51Dを撃墜していると主張しているが、機体番号及びパイロットの氏名が不明であるため裏付けが取れていない。, ハルトマンは「僚機を失った者は戦術的に負けている」ことを教訓として指摘している。また彼は、妻のウルスラへの手紙の中で「自分は歴代最高の撃墜数よりも、一度も僚機を失わなかった[2]ことの方を誇りに思っている」と語っている。, ゲルハルト・バルクホルン - ヴィルヘルム・バッツ - ギュンター・ラル - レオポルト・シュツィンバッツ, アドルフ・ディックフェルト - ディートリヒ・フラバク - ヴァルター・クルピンスキー - ゲルハルト・ケッペン - ハインツ・シュミット - ヨハネス・シュタインホフ - ヨハネス・ヴィーゼ - ヨーゼフ・ツヴェルネマン, ハインリヒ=ヴィルヘルム・アーネルト - ヘルベルト・バフニック - ヘルムート・ベンネマン - ハンス=ヨアヒム・ビルクナー - フーベルタス・フォン・ボニン - ヨハネス・ブンツェク - ハンス・ダンマース - グスタフ・デンク - ペーター・デュットマン - ハインツ・エヴァルト - ヴィルヘルム・フラウヴェルト - オットー・フェネコルト - ハインリヒ・フィルグラーベ - カール・グラッツ - ベルトルト・グラスムック - アルフレート・グリスラフスキ - フリードリヒ・ハース - カール・ハンメル - ゲルハルト・ホフマン - ベルトルト・コルツ - カール=ハインツ・レスマン - ヘルムート・リップフェルト - ルドルフ・ミーティク - ヴィリー・ネーミッツ - フリードリヒ・オプレーザー - ヴィクトール・ペーターマン - ヴェルナー・クアスト - アントーン・レッシュ - ルドルフ・レッシュ - エドムント・ロスマン - ハインツ・ザクセンベルク - フランツ・シャル - ヴァルデマー・ゼメルカ - ジークフリート・ジムシュ - カール・ステフェン - ハインリヒ・シュトルム - エルンスト・ズース - ルドルフ・トレンケル - フリードリヒ・ヴァコウィアク - ハンス・ヴァルトマン - フランツ・ヴォイディヒ - ヴァルター・ヴォルフルム, ギュンター・ラル(237) - オットー・キッテル(267) - ヴァルター・ノヴォトニー(258), ヴィルヘルム・バッツ(237) - エーリヒ・ルドルファー(222) - オスカー=ハインリヒ・ベール(220) - ヘルマン・グラーフ(212) - ハインリヒ・エールラー(208) - テオドール・ヴァイセンベルガー(208) - ハンス・フィリップ(206) - ヴァルター・シュック(206) - アントーン・ハフナー(204) - ヘルムート・リップフェルト(203), ヴァルター・クルピンスキー(197) - アントーン・ハックル(192) - ヨアヒム・ブレンデル(189) -マックス・シュトッツ(189) - ヨアヒム・キルシュナー(188) - クルト・ブレントル(180) - ギュンター・ヨステン(178) - ヨハネス・シュタインホフ(176) -エルンスト=ヴィルヘルム・ライネルト(174) - ギュンター・シャック(174) -エミール・ラング(173) - ハインツ・シュミット(173) - ホルスト・アデマイト(166) - ヴォルフ・ディートリヒ・ヴィルケ(162) - ハンス=ヨアヒム・マルセイユ(158) - ハインリヒ・シュトルム(158) - ゲルハルト・ティベン(157) - ハンス・バイスヴェンガー(152) - ペーター・デュットマン(152) - ゴードン・ゴロプ(150), フリッツ・テクトマイヤー(146) - アルビン・ヴォルフ(144) - クルト・タンツァー(143) - フリードリヒ=カール・ミュラー(140) - カール・グラッツ(138) - ハインリヒ・ゼッツ(138) -ルドルフ・トレンケル(138) - フランツ・シャル(137) - ヴァルター・ヴォルフルム(137) - アドルフ・ディックフェルト(136) - ホルスト=ギュンター・フォン・ファッソング(136) - オットー・フェネコルト(136) - カール=ハインツ・ヴェーバー(136) - ヨアヒム・ミュンヒェベルク(135) - ハンス・ヴァルトマン(134) - アルフレート・グリスラフスキ(133) - ヨハネス・ヴィーゼ(133) - アドルフ・ボルヒャース(132) - エルヴィン・クラウゼン(132) - ヴィルヘルム・レムケ(131) - ゲルハルト・ホフマン(130) - ハインリヒ・シュテール(130) - フランツ・アイゼナハ(129) - ヴァルター・ダール(128) - フランツ・デール(128) - ルドルフ・ラデマッヒャー(126) - ヨーゼフ・ツヴェルネマン(126) - ディートリヒ・フラバク(125) - ヴォルフ・エッテル(124) - ヘルベルト・イーレフェルト(123) - ヴォルフガング・トネ(122) - ハインツ・マルカルト - ハインツ=ヴォルフガング・シュナウファー(121) - ローベルト・ヴァイス(121) - フリードリヒ・オプレーザー(120) - フリードリヒ・ヴァコウィアク(120) - エーリヒ・ライエ(118) - フランツ=ヨーゼフ・ベーレンブロク(117) - ハンス=ヨアヒム・ビルクナー(117) - ヤコプ・ノルツ(117) - ヴァルター・エーザウ(117) - ハインツ・ヴェルニッケ(117) - アウグスト・ランベルト(116) - ヴィルヘルム・クリニウス(114) - ヴェルナー・シュレーア(114) - ハンス・ダンマース(113) - ベルトルト・コルツ(113) - クルト・ビューリゲン(112) - ヘルムート・レント(110) - クルト・ウッベン(110) - フランツ・ヴォイディヒ(110) - ラインハルト・ザイラー(109) - エミール・ビッシュ(108) - ハンス・ハーン(108) - ベルンハルト・フェクテル(108) - フィクトール・バウアー(106) - ヴェルナー・ルーカス(106) - ギュンター・リュッツオウ(105) - アドルフ・ガーラント(104) - エーベルハルト・フォン・ボレムスキ(104) - ハインツ・ザクセンベルク(104) - ハルトマン・グラッサー(103) - ジークフリート・フライターク(102) - フリードリヒ・ガイスハルト(102) - エゴン・マイヤー(102) - マックス=ヘルムート・オステルマン(102) - ヨーゼフ・ヴュルムヘラー(102) - ヘルベルト・ロールヴェイジ(102) - ルドルフ・ミーティク(101) - ヴェルナー・メルダース(101) - ヨーゼフ・プリラー(101) - ウルリヒ・ヴェルニッツ(101) - ラインハルト・ザイラー(100), 初撃墜から150機撃墜までの記録が残っている。352機までの記録も存在したが、こちらは終戦時に米軍あるいはチェコスロバキア軍により接収され行方不明, 但し一度だけ僚機が撃墜された事がある。戦争末期戦闘機パイロットの補充のため爆撃機パイロットであったギュンター・カピト少佐が機種転換訓練も受けずにハルトマンの戦隊に配属された。ハルトマンは出撃しても生き残れないと考え彼の出撃を制限していたが、10歳以上年長でかつ階級も上の彼の出撃を認めよとの催促に負けて僚機として出撃を許可した。しかし、彼はソ連のエースパイロット機に撃墜されてしまう。幸い不時着し事無きを得た。なお、戦後ハルトマンと一緒に捕虜となり10年抑留生活を送ったが、彼はハルトマンに対してこの時のことについて感謝の意を示している。事実、ハルトマンの僚機を務めた者で彼と行動中に戦死した者はいない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エーリヒ・ハルトマン&oldid=78049529, 1942年 11月5日:初めて敵機を撃墜するものの近づきすぎていたため破片を浴び不時着。, 1944年 7月24日:239機撃墜の功で柏葉・剣付騎士鉄十字章受章(受章時には269機撃墜)。, 1944年 8月24日:第1回目の出撃で6機撃墜。同日、2回目の出撃で撃墜数が301機に達する。, 戦闘空域までの距離が短く一日に何度も出撃できた(対して太平洋戦線では、連日の出撃すら稀である), ソ連軍機の数はドイツ軍より多数であったが技術及び戦術的練度が低い上、地上部隊との直協任務を主体としており低空を飛んでいることが多いため、ベテランパイロットからすれば落としやすい相手だった。, 東部戦線は陸上で至近距離の戦闘であり、撃墜された場合にも脱出、あるいは不時着し、徒歩で帰還可能であり、何度も再戦できた。機体についても回収可能であれば同様である。被弾した機体のパイロットもそれを意図して、飛行継続可能であっても早々に不時着し、それら機体も撃墜数として数えられた(対して太平洋戦線では、洋上で撃墜された場合、生還の可能性は極めて低い。被弾したパイロットも飛行継続可能であれば、何とか帰還しようとし、撃墜数には数えられない)。, Raymond F.Toiliver / Trever J.Constable (著)、志摩隆(訳)『, Raymond F.Toiliver / Trever J.Constable(著)、手島尚(訳)『鉄十字のエースたち』朝日ソノラマ、1984年、, Raymond F.Toiliver / Trever J.Constable(著)、井上寿郎(訳)『不屈の鉄十字エース(原題:The Blond Knight of Germany)』朝日ソノラマ、1986年、, Ursula & Erich Hartmann(著)、野崎 透(訳)『ドイツ空軍のエースパイロット・エーリッヒ・ハルトマン(原題:The Fighter Ace of Luftwaffe "Erich Hartmann")』大日本絵画、1989年、, 野原茂編『図解 世界の軍用機史3 ドイツ空軍エース列伝』グリーンアロー出版社、1992年、, John Weal(著)、阿部孝一郎(訳)『東部戦線のメッサーシュミットBf109エース(原題:Bf109 Aces of the Russian Front)』大日本絵画、2002年、, John Weal(著)、手島尚(訳)『第52戦闘航空団(原題:Jagdgeschwader 52 : The Expertnen)』大日本絵画、2005年、.