ブログを報告する. ìè¨‚’m. 2012/4/24¶@ŒI@–Ä 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ギンザグリングラスに関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ギンザグリングラスの種牡馬情報:産駒一覧(現役馬)に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 アイルランドのノットナウケイトが障害用種牡馬として人気を博し、157頭の繁殖牝馬を集めた。イギリスのドゥーナデンも58頭集めている。なお、この年は世界でg1を1つも勝てなかった。 2017年. netkeiba.com.

ƒƒWƒƒ}ƒbƒNƒC[ƒ“mejiromacqueenƒvƒƒtƒB[ƒ‹. 2歳:3戦0勝 •êFƒtƒ@[ƒXƒgƒ`ƒFƒAFirst Chair(JPN)2004

父:GinzaGreenGrassギンザグリングラス 母:Kayadometeorカヤドーミーティア 2016/5/1生 芦毛・牝 ギンザグリングラスの初年度産駒にしてメジロアサマから父系5代目。 現在GGG産駒唯一の牝馬です。デビュー2戦目で勝利をあげました。 •êFBitofFatƒrƒbƒgƒIƒuƒtƒ@ƒbƒg copyright©2019 ƒMƒ“ƒUƒOƒŠƒ“ƒOƒ‰ƒX all rights reserved.

牝・芦毛 filly g. 2016/5/1 生 9代血統表 [ ギンザグリングラスginzagreengrass x カヤドーミーティアkayadometeor ] ※2017/12/24 更新 ※生産国・生年は随時追加中です。 TOPへ戻る

’†‰›2ŸBf•ƒ‚Ƀ}ƒ`ƒJƒlƒtƒNƒLƒ^ƒ‹B 主な勝鞍 3歳未勝利(小倉芝1200) 競走生活 ・JRA. 2018 …

’†‰›2’…1‰ñ,3’…1‰ñ,ŒfŽ¦”Â3‰ñEŠâŽèo‘– 2018/10/01 : ギンザグリングラス、2世代目の仔が無事に落札 [オータムセール2018 初日] 2019/12/09 : フェイドハードが初勝利。 父のギンザグリングラスは、日本競馬史上はじめての内国産5代目の牡馬勝利種牡馬となる •êFƒ_ƒCƒƒIƒ“ƒfƒB[ƒkDaiwa Ondine(JPN)2003 •ƒFƒVƒ“ƒ{ƒŠƒNƒŠƒXƒGƒXsymbori Kris S(JPN)1999 公益社団法人 日本軽種馬協会.

‚éƒz[ƒ€ƒy[ƒW all rights reserved. La Nature 父:ギンザグリングラス 母:カヤドーミーティア 2016/5/1生 芦毛・牝 ギンザグリングラスの初年度産駒にしてメジロアサマから父系5代目。 現在ggg産駒唯一の牝馬です。顔が段々可愛くなってきました。 Elementally 2018年8月2日 閲覧。 ^ a b c “ギンザグリングラスの血統表”. ヘロド系(ヘロドけい、Herod Sire Line)とは、1688年にイギリスに輸入されたバイアリーターク (Byerley Turk) を始祖とし、ヘロド (Herod) を経由するサラブレッドの父系である。エクリプス系やマッチェム系と共に三大父系の一つに数えられるが、縮小が激しくほとんど見ることが無い父系となっている。, ヘロド系は1688年にイギリスに輸入されたバイアリータークを始祖とする。バイアリータークは、特段優れた種牡馬ではなかったが、孫の代にパートナーが出てその仔ターターにつながる父系を残した。当時はゴドルフィンアラビアンやダーレーアラビアンと比べてそれほど大きな父系では無く、クラブを出したオルコックアラビアンの父系と大差がなかった。, 1768年にターターの仔として生まれたヘロド(キングヘロド)は、極めて優れた種牡馬であった。同時期のエクリプスをまるで相手にせず、イギリスで8度リーディングサイアーとなり、この父系を一気に大父系へと押し上げた。ヘロドの仔の中では、ハイフライヤー、フロリゼル、ウッドペッカーの3頭が父系を伸ばした。特にハイフライヤーはヘロドに匹敵する優れた種牡馬であり、イギリスで13回リーディングサイアーになった。その仔サーピーターティーズルも10回リーディングサイアーとなった。, 19世紀になってからも暫くはハイフライヤー系の勢いが続いた。サーピーターティーズル産駒のウォルトン (競走馬)、更にその産駒のファントムはイギリスリーディングサイアーとなった。, 1830年代に入るとハイフライヤー系の勢いに陰りが見られ、代わってウッドペッカーの子孫が優勢となった。サルタン、ベイミドルトンなどはこの時代に活躍した名種牡馬である。, この間、対抗するエクリプス系からタッチストンやストックウェルが出たが、ヘロド系も安定していた。1870年代になると再びハイフライヤー系が増加する傾向もみられた。1870年代の10年間に行われたイギリスクラシック50レースのうち、ウッドペッカー系3勝に対し、ハイフライヤー系は10勝している(残りはエクリプス系が37勝、マッチェム系0勝)。, しかし、この後エクリプス系のセントサイモンの登場もあり一気に減少した。イギリスでは1900年ごろまでにはハイフライヤー系もウッドペッカー系いずれもイギリスから消滅した。, イギリスではこうして消滅したが、サーピーターティーズルの系統ではサーポール→バッカーニアがドイツに輸出、ウッドペッカーの系統では、ベイミドルトンの仔ザフライングダッチマンやソーマンビーの仔アトランティックがフランスに輸出され、それぞれ輸出先で土着することで存続した。, 一方、ヘロドの子孫は早期にアメリカにも輸出された。サルタン産駒のグレンコーはアメリカに輸出され、8回リーディングサイアーとなった。ヘロドの仔フロリゼルの産駒でダービー馬のダイオメドも高齢になってからアメリカ合衆国に輸出され、子孫にレキシントンが出た。, レキシントンはルコントとのマッチレースで知られた競走馬だが、種牡馬としてはアメリカで他に例を見ないほど成功した。ただし、南北戦争によってその父系は早期に大打撃を受けた。グレンコー系もレキシントン系も20世紀を待たずかなり小さくなった。, 19世紀末以降、ヘロド系は主にフランスで栄え、イギリスではすっかり衰えてしまった。アイルランドのエドワード・ケネディはこの状況を嘆き、ヘロド系を復興させる意図を持っていた。彼はフランスからアトランティックのひ孫ロアエロドを輸入し、ザテトラークを生産した。ザテトラークは20世紀初頭を代表するスピード馬で、ザテトラークやその仔テトラテマはイギリスリーディングサイアーにもなったが、牝馬嫌いという悪癖もあり大父系を形成することはできなかった。, アトランティックの子孫はその後衰えることになるが、ザフライングダッチマンの子孫はフランスでますます栄えた。1920年代にはクサールが仏ダービーなど多数の競走に勝利した。1928年にマルセル・ブサックはクサールを用いてトウルビヨンを生産した。このトウルビヨンが現在のヘロド系存続のキーホースとなった。, トウルビヨンは、生産者のマルセル・ブサックが種付けを自牧場の繁殖牝馬に限定しており、またジャージー規則によってイギリスではサラブレッドと認められなかった。しかしフランスで3度リーディングサイアーとなり、仔のジェベルも4度仏リーディングサイアーとなった。この系統はフランス、日本、オーストラリアなど各地で栄えた。しかし20世紀後半は大種牡馬の死と後継種牡馬の不在、ノーザンダンサー系の圧倒的繁栄などがあり、いずれの系統も苦境に陥っていく。, 現在、ヘロド系分枝の多くは断絶が続いており、ハイフライヤー(1774年)系は1980年代にソ連で、フロリゼル(1768年)- レキシントン系は1990年代にアメリカで、グレンコー(1831年)系は2000年代にアメリカで、カストレル(1801年) - ザテトラーク系も2010年代にインドでいずれも最終的に滅亡した。30年間でヘロド系はトウルビヨン(1928年)を経た系統を除く全ての分枝を失ったことになる。, トウルビヨン系は、ヘロド系に唯一残された父系であるが、こちらも2017年までにジェベル(1937年)系以外の全ての分枝が失われた。残ったジェベル系であるが、分枝としてはヒュールプス(1952年)、マイバブー(1945年)、クラリオン(1944年)らの末裔が何らかの形で残存する。ヒュールプス系、マイバブー系はウルグアイやオーストラリア、日本にいるマイナーな種牡馬によって構成されており、現役競走馬の頭数も極端に限られる。それぞれ、ヒュールプスはウルグアイのアドベター(ヒュールプス - ヒーゼン)、マイバブーは日本のギンザグリングラス(マイバブー - パーソロン)、オーストラリアのマスタープリント(マイバブー - ベターボーイ)らがいる。, 現在のヘロド系主力となっているクラリオン系は、クレイロン(1952年)、ロレンザッチオ(1965年)を経たアホヌーラ(1975年)が成功し、現在でも主要国で一流馬を出せるポテンシャルを辛うじて維持している。短距離路線に強く、特に1980年代から2010年ごろにかけてイギリスの短距離路線で一定のニッチを占めていた。, アホヌーラ産駒の中で種牡馬として一定の成果を残したのは、インチナー(1990-2003年)、ドクターデヴィアス(1989年-2018年)、トパヌーラ(1987-2004年)、インディアンリッジ(1985-2006年)らである。うちインディアンリッジはイギリス・アイルランドの種牡馬ランキングでサドラーズウェルズに次ぐ2位となり、大種牡馬と言っていい成功を収めた。, しかし上記の種牡馬たちはほとんど後継種牡馬を残せず、成功と言っていいのは僅かにインディアンリッジ産駒のコンプトンプレイスのみだった。そして2015年にコンプトンプレイスが死亡すると父系の崩壊はさらに進んだ。僅かに出る活躍馬も去勢馬ばかりで、後継種牡馬とはなり得なかった。, イギリスで供用されていたヘロド系主力種牡馬のコンプトンプレイス、オーストラリアのマスタープリントがこの年に死亡した。また、ウルグアイのアドベターも、この年以降の産駒は確認できない。フランスで供用されていたリンガリが南アフリカに移動。イギリスではドゥーナデンが種牡馬入りし、97頭の繁殖牝馬を集めた。日本でも最後のヘロド系種牡馬となるギンザグリングラスが種牡馬入りし、3頭の交配機会を得た。, アイルランドのノットナウケイトが障害用種牡馬として人気を博し、157頭の繁殖牝馬を集めた。イギリスのドゥーナデンも58頭集めている。なお、この年は世界でG1を1つも勝てなかった。, イギリスでパールシークレットが種牡馬入り、58頭の繁殖牝馬を集めた。また、フランスの障害用種牡馬ダイアモンドボーイの人気が急上昇し130頭の牝馬を集めた。G1勝利はオーストラリアのレッドカークウォリアー(セン馬)のみだった。, イタリアで供用されていたドクターデヴィアスが死亡。ダイヤモンドボーイがアイルランドに移動した。これによりフランスのヘロド系はシェアがほぼ0となった。種付け数は、アイルランドのダイヤモンドボーイが236頭の種付け数を集めたほかは全体的に低調で、2位のパールシークレット(イギリス)が48頭、3番目に多かったのがドゥーナデン16頭(イギリス)だった。, G1勝利はオーストラリアのレッドカークウォリアー(セン馬)とウィルペイズ(セン馬)のみ。トルコのHep Beraberがトルコ二冠を達成。, これ以外にも以下の馬が各国で供用されているが、大半は種付け数が数頭のマイナー種牡馬である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヘロド系&oldid=78703071. 母父 Sanquirico. ギンザグリングラス. •ƒFƒ_ƒCƒƒƒWƒƒ[DaiwaMajor(JPN)2001 2010/1/27¶@•Ž­–с@–Ä

•ƒFSamuraiHeartƒTƒ€ƒ‰ƒCƒn[ƒg ギンザグリングラス 3頭(日) 2016年.

厩舎 天間昭一(美)→松浦備(大)→山崎尋美(川)→山田正実(川) 109戦3勝. ’†‰›1ŸŠâŽè5ŸB–{”n‚Í“Œ‹žŽÅV”nŸB–…‚̃”ƒ@ƒtƒ‰[ƒ€‚Í’†‰›4ŸB–…‚̃Rƒ“ƒ_ƒNƒgƒŒƒX‚à2017/8/26V”nŸB JBISサーチ. Ginza Green Grass(JPN) 中央:2019年11月24日現在 地方:2019年11月29日現在 プロフィール.

父:ギンザグリングラス 母:カヤドーミーティア 牝 芦毛 filly,g 2016/5/1生 ギンザグリングラス産駒で現在唯一の牝馬です。 母はスマートファルコンの妹。 2018年岩手デビュー予定。 (2017/7/12撮影)撮影I … ギンザグリングラスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ギンザグリングラス産駒の初子です。 母のキョウエイプレアーは川崎6勝の活躍馬でメスナーの妹。 両親ともに川崎所属(ギンザグリングラスは中央1勝→大井→川崎)で同じレースで何度も走った同僚?です。2018年5月川崎デビュー。 入着しました。 父 メジロマックイーン.

ƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚ɃAƒhƒ}ƒCƒ„ƒ€[ƒ“AƒqƒVƒAƒ}ƒ]ƒ“AƒqƒVƒiƒCƒ‹AƒŠ[ƒTƒ‹ƒEƒFƒ|ƒ“AƒXƒŠ[ƒvƒŒƒXƒiƒCƒg‚È‚Ç. •ƒFƒRƒ“ƒfƒ…ƒCƒbƒgConduit(IRE)2005 母 ニドクリキリコ. | ŠâŽè1ŸA2’…2‰ñA3’…2‰ñƒGƒ^ƒ“ƒXƒ‰ƒ“ƒg‚ÌŒZ’í‚Í‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‘S“ª‚ª’†‰›Ÿ‚¿ã‚ª‚Á‚Ä‚¢‚錘ŽÀ‚È–ÄŒnB2017/9–…‚̃Lƒ…[ƒ“ƒnƒCƒg‚à’†‰›–¢Ÿ—˜‚ðŸ‚¿ã‚ª‚èB•ê‚̃}ƒCƒlƒAƒNƒeƒB[ƒXA‘c•ê‚̃qƒJƒ‹ƒ_ƒ“ƒT[‚Í’†˜e–ž–qê¶ŽY‚ÌŠˆ–ô”nB‚±‚Ì”N—î‚Å‹Md‚ȕꕃƒ^ƒ}ƒ‚ƒNƒƒXB, No Fate

•ƒFƒRƒ“ƒfƒ…ƒCƒbƒgConduit(IRE)2005 ギンザグリングラス(Ginza Green Grass)は、日本の競走馬、種牡馬である。, 2007年に千葉サラブレッド・セールにて210万円で取引された馬である。同年JRAでデビューし1勝を挙げる。2008年に地方競馬に移籍、主に大井競馬場や川崎競馬場で出走した。2014年引退。引退時はメジロマックイーン産駒最後の競走馬となっていた。JRA11戦1勝、南関東98戦2勝。, 引退後は熱心なファンが引き取り、北海道沙流郡日高町の旭牧場で種牡馬入り[1][2]。2015年、2016年とも3頭の繁殖牝馬との交配に恵まれ、2016年4月17日に初仔も生まれている[3]。, 父系は1964年に日本に輸入されたパーソロンを起点としており、以下メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンに次ぐ4代目の種牡馬となる。内国産種牡馬が4代続いた例としては、1970年代のアイアンハート、本馬と同父のグランアクトゥール(既に種牡馬引退)に次いで3例目である。メジロアサマが生まれた1966年から起算すれば、2009年にシンザン系が断絶して以降、この父系は日本国内で継承されている父系として最も古いものとなっている。, なお、この父系は、大系統で言えば三大父系の中で最小のヘロド系に属している。日本のヘロド系はパーソロンやダンディルートの子孫により2000年ごろまではシンボリルドルフやトウカイテイオー等を輩出して大いに栄えたが、その後は縮小し2010年ごろまでにほぼ消滅した。本馬はその後日本で唯一のヘロド系種牡馬となっていたが、2020年にクワイトファインがクラウドファンディングにより新たに種牡馬入りし、同馬と共にこの父系をつなぐ役割を担うことになった。この父系は日本以外でも縮小が激しく、活躍しているのはイギリスのインディアンリッジの後継にほぼ限られる。2015年に主力であったコンプトンプレイスが死亡し、危機的状況に陥っている[4]。, 血統情報:5代血統表|ギンザグリングラス|JBISサーチ(JBIS-Search). ŒZ‚ɃƒWƒƒ}ƒbƒNƒC[ƒ“ŽY‹î‚̉²”n‚ÅÅ‚àŠˆ–ô‚µ‚½ƒzƒNƒgƒXƒ‹ƒ^ƒ“Bƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚Ƀ_ƒCƒiƒtƒFƒAƒŠ[Aƒ[ƒ[ƒ“ƒJƒoƒŠ[Aƒ^ƒ„ƒXƒƒhƒEAƒ^ƒKƒmƒGƒgƒ[ƒ‹‚ȂǁB. ^ a b c “血統情報:5代血統表|ギンザグリングラス|JBISサーチ(JBIS-Search)”. 3か月半開けて迎えた4戦目の小倉での未勝利戦。当然のように人気薄となってしまいましたが、菊沢隆徳騎手を鞍上に迎え、一気の逃げ切りで初勝利を挙げました。, その後、惜しいレースはあったものの7戦掲示板に載ることができず、南関東へ移籍しました。当初は慣れのせいか大敗することもありましたが、明けて4歳になると好走するレースが続くようになります。南風特別では初勝利同様に逃げ切り、芦毛・白毛限定の31stホワイトクリスマス賞を三角先頭からの押し切りと自分の型に持っていければ強いところを見せてくれるようになりました。, 結果的にこれが最後の勝利となってしまいましたが、現役最終年の9歳になっても2着に入るなどしぶといところを見せてくれました。, 父メジロマックイーンはメジロアサマ、メジロティターンに続き3代続けて天皇賞を制覇という名ステイヤーでした。種牡馬としてはホクトスルタン、ディアジーナ、エイダイクインの重賞馬を輩出していますが、母の父としてはステイゴールドとの組み合わせで三冠馬オルフェーヴル、G1 6勝ゴールドシップ、グランプリホースドリームジャーニーなどを輩出しています。, 母父サンキリコはイギリスで走り、ロイヤル・ロッジSなど重賞を3勝しています。ホクトベガ時代の地方の女傑ケーエフネプチュンやJRAではインターピレネー、ワンダーピアリスなどを輩出しています。母の父としては桜花賞馬アローキャリー、宝塚記念ダンツフレームなどで見かけたことのあるかたもいらっしゃるかと思います。, サラブレッドの始祖はゴドルフィンアラビアン、バイアリーターク、ダーレーアラビアンの3頭とされています。現在はほぼほぼダーレーアラビアンの系統であり、ゴドルフィンアラビアン、バイアリータークの系統はかなり少ない存在となってしまいました。, 日本でもパーソロンやダンディルートなどからメジロマックイーン以外にもシンボリルドルフ、トウカイテイオー、ビゼンニシキなどの活躍場が出ていましたが、現状では本馬のみが日本唯一のヘロド系種牡馬になります。, そう思っていたところ、最近トウカイテイオー産駒のクワイトファイン種牡馬入りのクラウドファンディングがあり、この系統を残そうという動きが出てきています。サラブレッドは経済動物でもあり、なかなか難しいところはあるかもしれませんが、本馬とともに何とかつないでくれたと願ってやみません。, 世界的にもかなり厳しい状況になってはいますが、ザテトラークが再来してほしいですね。, 1とも重なる部分がありますが、メジロマックイーン産駒最後の競走馬であり、最後の後継種牡馬になります。メジロマックイーン産駒はなかなか牡馬の大物が出ず、ついに途絶えてしまうのかと言われていた中でファンの力により種牡馬入りすることができました。, メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンに続く4代目の内国産種牡馬であり、史上3例目となります。, 現時点で競争年齢を迎えた産駒は3頭しかいませんが、2頭が2歳戦で勝利と高確率で勝ち上がっています。フェイドハードは水沢の重賞にも出走しております。JRAと地方の差はあるかとは思いますが、それでも素晴らしい数字ではないかと思います。, 競馬を見るようになって30年弱になり、昔を思い出したくなった者の個人的な思い出です。 ギンザグリングラス. 2012/04/27¶ @ŒI–с@–Ä

copyright©2017 ƒMƒ“ƒUƒOƒŠƒ“ƒOƒ‰ƒX all rights reserved. 2012/5/19“ú¶ Ž­–с@–Ä 2005年3月7日 牡馬. B–{”n‚Ì•ƒ‚àƒ_[ƒr[”nƒ^ƒjƒmƒMƒ€ƒŒƒbƒgBf•ƒ‚ɃNƒƒCƒgƒtƒ@ƒCƒ“Bƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚É‚Í“VcÜiHj—DŸ‚̃ƒWƒƒ^ƒCƒˆƒEAƒI[ƒNƒX—DŸƒGƒCƒVƒ“ƒTƒj[‚ȂǁB–å•ÊH“c‰XŽÉ, Etincelante あくまで個人的な見解ですので、ご理解ください。, heartscry_funさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog BŠç‚ª’iX‰Âˆ¤‚­‚È‚Á‚Ä‚«‚Ü‚µ‚½B, Harmony Fair 2011/4/8¶@•Ž­–Ñdk.b@–Ä

•êƒ_ƒCƒCƒ`ƒAƒs[ƒ‹DaiichiAppeal(JPN)1990 ‰€“c6Ÿ’í‚ɃPƒcƒ@ƒ‹ƒeƒiƒ“ƒSBƒuƒ‰ƒbƒNƒ^ƒCƒv‚ɂ̓Xƒ^[ƒ{ƒCƒWƒƒ[Aƒ}ƒbƒL[ƒ}ƒbƒNƒXAƒ_ƒCƒiƒ}ƒCƒgƒ_ƒfƒBA“VcÜitj“úŒoÜ‘¼‚̏Ÿ‚¿”nƒCƒ“ƒOƒ‰ƒ“ƒfƒB[ƒŒ‚È‚Ç. •êFƒ}ƒCƒlƒAƒNƒeƒB[ƒXMeine Aktis(JPN)1998