「がんばれ海坊主!!ハードな初恋協奏曲」<CH/アニメオリジナル 第33話>, 最後のシーンが楽しくて。 ちなみに、スマホアプリからは無料で読むこともできるので、そちらもどうぞ!, 読み切り版の好評を受けて、1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始されたハードボイルド・アクション・コメディ。北条司の連載第2作にして、大ヒットとなった作品です。, 第1作『キャッツ♥アイ』からお色気要素を引き継ぎつつ、当時の少年誌としては斬新な大人向けの漫画としてスタートしました。, 本作の魅力は登場人物、特に冴羽獠(さえば りょう)の存在に集約されるでしょう。少年漫画としては珍しい成熟した男性の主人公で、大人ならではの軽妙なやり取りや展開は非常にクール。登場人物同士の因縁などはありますが、内容は基本的に短編連作となっていて間延びせずに読みやすいというところもポイントです。, 作品の人気は根強く、2017年7月に完結した「エンジェル・ハート」シリーズは、本作のパラレルワールドという設定になっています。いくつか設定や登場人物が異なる部分もありますが、当初は実質的な続編として描かれました。, 『エンジェル・ハート』については<『エンジェル・ハート』5分でわかる『シティハンター』との違い!打ち切りから生まれた?【完結作品・ネタバレあり】>の記事で紹介しています。気になる方はご覧ください。, また、高校生姿になったアラフォー女子が『シティーハンター』世界に転生するという、未曾有の意欲作『今日からCITY HUNTER』の連載が、2017年9月号の「コミックゼノン」誌上で開始。パロディ表現の限界に挑み続ける麻雀漫画『3年B組一八先生』の作者、錦ソクラの描く新たなスピンオフ漫画です。, 『シティーハンター 』はメディアミックスも何度となくおこなわれており、本作を原作にしたテレビアニメやアニメ映画は、90年代前半を代表する作品として知られています。アニメ版の声優は、冴羽獠役を神谷明、槇村香役を伊倉一恵が務めました。, 2015年には30周年記念イベントが開催され、同年には俳優・上川隆也が主演を務めた『エンジェル・ハート』が日テで実写ドラマ化。, さらに2019年2月には新作アニメ映画が公開されるなど、その人気はまったく衰える様子がありません。女優の飯豊まりえなどが声優として参加することが発表されており、目が離せません。, 本作の絶大な人気は、日本はおろか海外にまで波及。比較的実写化しやすい作品であるためか、実写映画も多数制作されています。ジャッキー・チェンが主演して、衝撃の展開でファンを湧かせた1993年の香港映画版。2018年公開予定の中国映画版。そして2019年には、フランス版実写映画も公開されるとか。, 韓国ではソウルを舞台にして実写ドラマ化もされており、他にも版権を無視した非正規版もいくつかあるようです。, 新宿を縄張りにするプロの凄腕スイーパー(始末屋)、その名は、冴羽獠。受ける依頼は多岐に渡り、殺しの依頼、ボディーガード、探偵と、どんな困難な依頼も必ずこなします。, 獠と、彼のパートナー・槇村香(まきむら かおり)は、2人で1組のコンビです。通称「シティーハンター」。, 基本的に美女の依頼しか受けない獠を香が制御しながら、毎エピソードで異なるゲストを迎えて、仕事を完遂していくというストーリーとなっています。, 冴羽獠。年齢は30代(詳しくは不明。理由は後述)。身長は186cmと、かなりの高身長です。作中では何度かヤクザに間違われますが、あまり厳ついところはなく、基本的には二枚目の風貌をしています。酒とタバコが好物。, 表向きには、自宅を構えるビルの管理業を営む冴羽商事の社長でとおっていますが、それはあくまでも彼の一面でしかありません。, 彼の本業はスイーパー。新宿でもっとも頼りになる男で、世界中の裏社会を探しても彼に匹敵する者はいない、といわれるほどの、超一流の狙撃手なのです。, 特筆すべきは、その戦闘能力でしょう。スポーツ選手並みの運動能力に、豊富な実戦経験。凄まじい射撃精度を誇っており、愛銃コルト・パイソンでは1度狙った箇所を寸分違わずもう1度撃ち込むことが出来るほどの腕前です。, 劇中で活躍する彼の愛銃は日本人のマグナム銃に対するイメージを決定づけたといってもよく、日本でマグナムといえば、クリント・イーストウッド主演の映画『ダーティハリー』の44マグナムS&W M29か、このコルト・パイソン357マグナムのどちらかと言っても過言ではありません。, 彼がなぜ、このような裏の顔を持っているのか。銃社会ではない日本で、これだけの銃の腕前なのはどうしてなのか。その答えは彼の半生にあります。, 幼少期、両親とともに乗っていた飛行機が中米で飛行機事故に遭って墜落。唯一の生存者だった彼は、反政府ゲリラに拾われて、そこで戦闘訓練を施されます。そのため幼い彼がかろうじて覚えていた「リョウ」という名前以外、本名も生年月日も国籍もまったく不明なのです。, そこから戦場を渡り歩き、流れ流れて、おそらくは故郷であろう日本へとやって来ました。, 何かと車で移動することの多い彼。所有するビルの駐車場には、彼の愛車が何台も収められています。原作漫画とアニメでは設定が少々異なりますが、原作で登場する愛車といえばやはり「モーリス・ミニクーパー1275S」でしょう。, 真っ赤なクラシック・ミニがとてもお洒落で印象的。他に登場する愛車は「ホンダCR-X」。こちらは主に、香が運転していたようです。, ちょっと特殊で個性的過ぎるところでいうと、「CMP FAT2」という軍用トラックも所持しています。物語序盤、獠が敵対する麻薬組織「ユニオン・テーペ」から奪った砲兵向けトラックですが、特に使用することもなく死蔵していた様子です。, 海坊主というあだ名で呼ばれていますが、本名は伊集院隼人(はやと)。スキンヘッドで非常に体格のよいマッチョ、見るからに強そうな大男です。, 彼の魅力は、ハードボイルドな見た目のかっこよさだけではありません。その見た目とは裏腹に、性格が意外にもシャイだったり、涙もろい一面があったりするところが人気の理由となっているのです。, たとえば好きな女性がピアニストだったため、おもちゃのピアノで演奏の練習をするエピソードがあります。大男が真剣におもちゃのピアノと向き合っている姿は普段の印象からはかけ離れており、非常に愛らしく感じられるでしょう。, また女性を目の前にすると、緊張のあまり汗を垂らしながら硬直してしまう場面も垣間見れます。強そうな見た目だけでなく、人間味のあるその性格には、つい親近感が湧いてしまうでしょう。しかし、そんな彼ですが、最終的に美樹という美女と結婚することになります。女性が苦手な男が美女と……海坊主、おそるべし。, 彼の意外な一面は、まだあります。そのイカツイ見た目からは想像もできませんが、エプロンをつけながら喫茶店のマスターを務めることもあるのです。そういったギャップが、彼の大きな魅力となっているのでしょう。, 彼のほかにも、「警視庁の女狐」こと野上冴子や、アメリカNo.1のスイーパーであるミック・エンジェルなど、魅力的なキャラがたくさん登場します。ぜひ、自分のお気に入りのキャラを見つけてみてはいかがでしょうか。, 人気作として知られる今からでは想像も出来ませんが、実はジャンプ連載当時の本作はハードボイルドな内容があまりウケず、人気が低調だったそう。, そこで担当編集のアドバイスがあって導入されたのが、本作でもお馴染みのコメディ要素。そう、「もっこり」や「100tハンマー」です。, 初めはそういった要素がなかった、といわれても信じられないほどに馴染んだお約束ギャグ。当初から獠の女好きは設定されていましたが、それはあくまで成人男性というキャラ付けのためのものでした。それが拡大解釈され、サブカル史に残る「もっこり」に昇華されたというのは、ある種の奇跡かもしれません。, そこで付けられた渾名が「新宿の種馬」「新宿の一発狼」などなど。新宿でNo.1の仕事人と呼ばれてもおかしくないのに、なんとも酷い言われようです。, 「もっこり」について簡単に説明致しますと、いわゆる男性特有の器官が特定の刺激によって励起されることによって、主にズボンの股間部分が怒張するというもの。文章にするとかなり滑稽ですが、漫画で見た時のそれはもっと強い衝撃となって読者を襲うでしょう。, あらすじにも記したとおり、基本的に美人の依頼しか受けない獠。美人女性というのはかなり象徴的にスタイル抜群であることが多く、それに絡めていろいろなハプニングが起こるわけです。特にボディーガードの依頼時には、依頼人が彼の管理するビルに寝泊まりすることが多く、夜間それを狙って……といった具合に。, ボディーガードが、違う意味で依頼人を襲ってどうするんだ、と。もちろん、この凶行には毎回のように邪魔が入ります。彼のパートナー・槇村香です。彼女の細腕のどこにしまっていたのか、いずこから取り出した巨大なハンマーで「もっこり」に制裁を加える流れがお約束。, これには、わかっていても思わず笑ってしまうでしょう。結果的には毎回お約束に終始する制裁でも、獠がことに至る手順に工夫を施したり、またそれを先読みする香の鋭さには舌を巻きます。, 油断していると、獠の二枚目シーンで唐突に「もっこり」が挿入されることもあって、不意打ち気味のそれは笑いのツボを容赦なく刺激すること間違いなしです。, 本作のストーリーの起点になるのは、ほとんどの場合は美女による困難な問題の依頼です。そういった依頼者の身の上は不幸な生い立ちであったり、命の危険が差し迫っていることがままあり、人死にが出るのも珍しくはありません。犠牲者は依頼者の身内であったり、無関係の一般人であったりとさまざま。, 本作の主な舞台は新宿、あるいは東京です。現在からするとやや古く見える世界観ですが、読み手の住む日常と極めて近い世界に見えます。よく見知った平和な世の中の影で、人知れず命のやり取りがおこなわれている……『シティーハンター』とは、そういう作品なのです。, 主人公の獠ですら、飛行機事故で両親を失った孤児。しかも、反政府ゲリラに戦闘訓練を施されるという壮絶な幼児体験を経ています。, また、現在彼のパートナーである香。彼女の兄・槇村秀幸(ひでゆき)は獠の元々のパートナーで、いわば元祖シティーハンターコンビでした。獠にとっての大事な相棒である彼でしたが、劇中序盤に麻薬組織の事件に巻き込まれて命を落としてしまいます。その結果、残された香が獠の元に身を寄せることに繋がるのです。, ギャグパートが嘘のようにハードな設定の数々。あれだけだらしなかった獠の顔も、仕事中になると見違えるように引き締まります。それはまさに、計算高い熟練の始末屋の顔です。, たとえば普通に銃を撃てば貫通してしまい、周囲に被害がおよぶ場面。彼はマグナム弾の威力を抑えるために、敢えて自分の手のひらを撃ち抜いて減衰させるという、無謀にも思える策を平気で実行に移します。, 罪の無い人々は傷つけず、悪党には徹底的に厳しく。それがシティーハンターの流儀。顔で笑って背中で泣く、ハードボイルドな一面です。, まず1番印象的なのは、やはり新宿駅東口の伝言板の「XYZ」でしょうか。新宿を根城にする掃除人との秘密の連絡手段。意味はわかりませんが、謎めいたメッセージのようで、いかにも格好いいです。本作がヒットした当時、駅の伝言板で真似する者も多数出たとか。, ちなみに連載当時の新宿駅で、これをおこなうことは出来ませんでした。時刻や一言メッセージを書く欄のある伝言板は、携帯電話の普及していなかった時代によく活用されたそうですが、連載中の80年代中期にはすでに廃れつつあったのです。, 新宿駅でもすでに撤去された後で、作者の北条はわざわざ確認してから(おそらく悪戯されないように)登場させたといいます。, しかし、後々の『シティーハンター』関連のイベントでは、劇中を思わせる小道具として設置されることもありました。, 獠の格好よさの項目でも触れましたが、愛車のミニクーパーがお洒落。実車はメンテナンスや維持が大変らしく、普段あまり目にすることはないでしょう。, この作品での活躍を見てミニクーパーのオーナーになった、という人もいるかもしれません。かなりカスタムアップされているらしく、可愛らしい見た目に反してパワフルな運動性を見せるのも魅力的です。, 香の兄・秀幸の死に際を看取ったシーン。友人を弔うとともに、大事な相棒をこんな目に遭わせた外道に対する静かな怒りと、決意が感じられます。, 免疫学者の女性・名取かずえに対して言った言葉。彼女の恋人は殺人バチの研究という恐ろしい事件に関わった結果殺され、獠自身もその殺人バチの餌食になりかけます。しかし、かずえの尽力によって、ことなきを得たのでした。, このセリフは、研究を無事阻止した後でのシーンです。こんな気取った一言がさらりと出てくる辺りが、彼の「大人」を感じさせる格好いい部分。本作は名言や名シーンも多いので、それらにも要注目です。, 可愛い系というよりは、セクシー系の美女の登場がストーリーを盛り上げながら、ハードボイルドに展開する本作。しかし、そんな風に主人公やヒロイン像が青年誌向けの内容だったという理由のため、本作は打ち切りとなってしまったといわれています。, 大人びた内容が理由で終わりを迎えたものの、やはりそれが『シティーハンター』最大の魅力。アニメ化もされたほど人気で、そちらのみ知っているという方も多いでしょう。, しかし、どちらかだけを見て終わるのはもったいない!なぜなら、最終回がアニメ、漫画で内容が異なるからなのです。, どちらも獠と香の仲が深まる、という大筋は変わりませんが、それぞれディテールが違います。詳しくは、それぞれの作品をご覧ください。, ちなみに漫画の結末は、彼らの日常がこれからも変わらずに続いていくのだろう、と思える平和なもの。, しかし、それだけに終わらず、獠の本当に愛する人への理念を語るシーン、香の無邪気な一言などがあります。2人の恋愛シーンが少なくてやきもきしていた読者には、まさにご褒美のような展開も目白押しです。, 特に、これからの未来を象徴するようなラスト1コマは感慨深いものがあるので、ぜひご自身でご覧ください。, ここでは『シティーハンター』に合わせて、『エンジェル・ハート』もご紹介しましょう。, 前作の人気を後押しする、作者自身のセルフリメイク漫画です。しかし『シティーハンター』のその後を描いたのではなく、パラレルワールドを描いた作品となっています。, 掲載雑誌を移籍したことから「ファーストシーズン」と「セカンドシーズン」というタイトルになっていますが、展開に違いはありません。, 少々詳しく説明させていただくと「コミック@バンチ」で全33巻が連載され、その後に掲載誌が変更、続きの内容が「コミックゼノン」に連載されました。ゼノンでの続き「セカンドシーズン」が全ページフルカラーで出されるにあたり、33巻までの内容も「ファーストシーズン」として出されたようです。, 本作は、作者曰く『シティーハンター』とは設定が違う別世界での物語。北条司としては主要人物が同じとはいえ、まったくの別作品という認識なのだそう。, なのでぜひファンの方には、こんなストーリーもありだったのかもなぁ、と別作品として楽しんでいただきたい内容となっています。, そして本作を語るうえで外せないのが、獠の相棒である香が交通事故で亡くなってしまうという衝撃展開です。しかも、驚くべきはこれだけでなく、彼女の心臓はマフィア暗殺者の体内に移植され、そこで生きているという設定なのです。, なぜ、このような展開になったのか。それは、北条司は主人公を獠と香の子どもにしたいと思ってはいたものの、香を主役にして描きたいという思いもあったことがきっかけでした。彼はその時、タクシードライバーに聞いたある話を思い出します。, それは事故死した妻の心臓が少女に移植され、その子が血の繋がらない親子になるというエピソード。それを活かして彼は『エンジェル・ハート』で子供たちを設定上では主人公にしながらも、香を真の主役にすることに成功したのでした。, そのエピソードは人の死ということから始まる物語なだけに、より一層人間ドラマで引き込んでくる作品となっています。北条司いわく歳を重ねた分、周囲で亡くなる人も増え、死の瞬間にその人の生きざまが表れると考えるようになったことが、作品のテーマに繋がっているそう。, 『シティハンター』もいいですが、北条司が年月を経たことで描けるようになったこの物語も、ぜひご覧ください。, しかし、2次創作とは言え作者の『シティーハンター』への愛は本物。絵柄やその世界観は『シティーハンター』そのものです。騙されたと思って1度<「今日からシティーハンター」の魅力全巻ネタバレ紹介!無料で読める名作外伝>の記事をご覧ください。「今日からシティーハンター」が読みたくなってくるはずです!, いかがでしたか?格好よくて、面白くて、渋くて、お洒落。これらの要素が渾然一体となって、極上のエンターテインメントに昇華したのが『シティーハンター』という作品なのでしょう。未見の方はぜひ、これを機に世界的名作に触れてみませんか?, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, <『エンジェル・ハート』5分でわかる『シティハンター』との違い!打ち切りから生まれた?【完結作品・ネタバレあり】>, <『シティーハンター』5分でわかる野上冴子の妖しい6の魅力!!通称・警視庁の女狐【ネタバレあり】>. ブログを報告する. )です。, なんの予備知識もなかったのに、

獠と香のラストマッチ(前後編)」<CH/アニメオリジナル 第50・51話>, ・シティーハンター2最終回 リョウの並じゃない過去が明らかに! 物語中、槇村の存在を感じるセリフがあるだけでテンションあがります!, 亡くなっても、存在感のあるキャラです わかる方おしえてください。, 最終回にて衛宮切嗣の思う形ではなく、冬木の大火事という形になりました。 ■セゾンカードの特典が使える! 今回はついにリョウの過去が明らかに! シティーハンター2最終回 「グッドラックマイスイーパー二人のシティストリート(前中後編)」 <ch2 第61・62・63話|原作 第 ~ 話> このエピソードは原作ありのストーリーです。 もっこり!80年代名作アニメが今なら動画配信サービスで見放題! それだけで虜にさせてしまうのだから(笑)なんともあっぱれです。, ちなみにアニメでキャラデザインを担当された、 「がんこな海坊主!ジェラシー子猫物語」<CH3/アニメオリジナル 第6話>, ひたすらコメディ。キャッツアイに入ったら最後、命の危険が(笑) dTVでは映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル、12万作品を配信! あったとして、切ったのは青ですか?赤ですか? 武装した部隊に襲われて香が攫われます。

「クリスマスにウェディングドレスを…(前後編)」<CH3/アニメオリジナル 第10・11話>, お互いが素直すぎて!なんかこそばい…(/ω\) また、放送されたなら最終回の内容を教えてください。, アニメ版シティーハンターに詳しい方に質問です。

良かったなぁ・・ 以前にも「ルージュ」がそのようなことで放送が