5 ロバート・オーリー | Ain't nobody beatin this team in a seven games series, DR. SHAQUILLE O'NEAL Ed.D.

そんな化け物プレイヤー、シャキール・オニールの唯一ともいえる弱点は、 フリースロー。 その確率は、キャリア通算で何と53.7%(2003.2現在)、 彼のフィールドゴール・パーセンテージ *7 よりも低い。 2002~2003シーズンは多少の改善が見られるものの、 2002`2003ƒV[ƒYƒ“‚Í‘½­‚̉ü‘P‚ªŒ©‚ç‚ê‚é‚à‚̂́A ƒVƒ…[ƒg‚̏ãŽè‚¢l‚à‚½‚­‚³‚ñ‚¢‚é‚È‚ cB 24 ジェイソン・カポノ | 最終絶叫計画4; Scary Movie 4: ... またバスケットボール選手のシャキール・オニールがフリースローで罠を解除しようとするシーンは、フリースローが苦手なシャキール本人を皮肉ったギャグ。 8 アントワン・ウォーカー | 3 ドウェイン・ウェイド (ファイナルMVP) | 10 ティロン・ルー | ‚»‚ñ‚ȉ»‚¯•¨ƒvƒŒƒCƒ„[AƒVƒƒƒL[ƒ‹EƒIƒj[ƒ‹‚Ì—Bˆê‚Æ‚à‚¢‚¦‚éŽã“_‚́A ‚»‚̃Vƒ…[ƒg‚ª‚«‚ê‚¢‚ȃA[ƒ`‚ð•`‚¯‚¸A

11 ジョン・セレスタンド | シャキール・ラシャウン・オニール(Shaquille Rashaun O'Neal、1972年 3月6日 - )は、アメリカ合衆国・ニュージャージー州 ニューアーク出身の元プロバスケットボール選手。 「Shaquille Rashaun(シャキール・ラシャウン)」とは、アラビア語で「小さな勇士」という意味である。 (@shaq)がシェアした投稿 – 2020年10月月31日午後4時26分pdt.

40 グレッグ・フォスター |

NBAの歴史の中で最も偉大な選手の一人と考えられている。[4][5][6], 巨人が集まるバスケットボール選手の中でも7 ft 1 in (2.16 m)、325 pounds (147 kg)と規格外の体格をもつ選手の一人だった[7]。, 実の父ジョセフ・トーニーは高校時代からバスケットボールのスター選手で、シートン・ホール大学に進学したが薬物中毒で途中退学し、1972年12月には麻薬購入のために小切手を偽造した罪で連邦刑務所に収監された。そのため母ルシールは幼いオニールを連れ、フィリップ・ハリソンと再婚する。それから今日までオニールはフィリップを本当の父親と考えている(後に姿を現したトーニーはインタビュアーに「テレビでプレ・オールスターゲームを見るまで息子の行方が分からなかった」と話した。トーニーは1993年のオーランド・マジック対ニュージャージー・ネッツの試合後にオニールに会うだろうと語ったが、オニールは現れなかった。トーニーは2002年の時点でニューアークの施設に住んでいたが、オニールは彼に会う考えはないと語っている)。, 1992年のNBAドラフトでルイジアナ州立大学からオーランド・マジックに全体1位で指名されオニールはNBA入りを果たす。ルーキー・イヤーからバスケットのゴールをダンクシュートで2度も破壊(1度はリングをもぎ取りボードが粉々になった)するというパフォーマンスを見せ、改めてその怪物ぶりを示している(因みに両試合ともテレビで全米中継されていた。また、これが原因で現在のボードとリングの接合部は、過重を吸収するショックアブソーバー機能を持たせたバネ結合に改良された)。チームを41勝41敗と勝率5割に導いたものの1勝差でプレイオフ進出を逃した。ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞し、華々しいスタートを切った。, 1993-94シーズン、アンファニー・ハーダウェイがトレードでマジックに加入した。オニールを中心にマジックはチームとして機能し始め、球団初のプレイオフ進出を果たした。また、オフにはシャック・ディーゼルの名でラップのCDをリリースし、チームメートのアンファニー・ハーダウェイおよびニック・ノルティと共に映画『Blue Chips』に出演してハリウッドデビューを果たした。, 1994-95シーズン、マジックに新たにホーレス・グラントが加わりオニールは毎試合インサイドを牛耳るようになり、前年逃した得点王の座についた。オニールとスーパースターに成長を遂げたハーダウェイとのコンビは「マジック・ジョンソンとカリーム・アブドゥル=ジャバー以来の強力デュオ」といわれた。オニールはチームをイースタン・カンファレンス最高勝率に導き、プレイオフでのホームコートアドバンテージを獲得した。そしてチームを初のNBAファイナルへと進出させることに貢献した。だが、ファイナルではアキーム・オラジュワン、クライド・ドレクスラーを擁するヒューストン・ロケッツの前に1勝も出来ずに敗退した。オニールはオラジュワンにベテランとしての上手さを見せ付けられた。それでも復帰したばかりとはいえマイケル・ジョーダンのいるシカゴ・ブルズをカンファレンス準決勝で破りファイナルに出場したことはオニールに取って大きな経験となり、NBAにとっても新たな時代を予感させる出来事であった。, 1995-96シーズン、オニールは28試合を欠場するが、その間にハーダウェイが目覚しい活躍を見せマジックは勝ち星を積み重ねていた。ハーダウェイがオニールを上回る契約をマジックと交わしていたこともあり、この辺りから二人の不仲が徐々に表面化し始める。チームは2年連続で地区優勝を果たしプレイオフで再びブルズと対戦したが、今回は全く歯が立たずに敗退、オフにフリーエージェントとなったオニールは、ロサンゼルス・レイカーズへ移籍した。, 1996年オフ、オニールは7年間1億2000万ドルという契約でロサンゼルス・レイカーズに入団した(オニールは昔からレイカーズのファンだった)。レイカーズはオニールを含め複数のオールスター選手を抱えるチームだったが、オニールの唯我独尊のスタイルは相変わらずで、同じ年に入団したコービー・ブライアントとの確執も度々取り沙汰されるようになり、彼が移籍してから3年の間はファイナル進出はほど遠い状態だった。, 1999年オフ、チームがフィル・ジャクソンをヘッド・コーチに迎えるとレイカーズはオニールを主軸にトライアングル・オフェンスを布いて一気にウェスタンカンファレンス屈指の強豪へと生まれ変わった。オニール自身もチームプレーヤーへと変貌、1999-2000シーズンはチームを破竹の連勝に導きホームコート・アドバンテージを獲得する。プレイオフでは勝負強い試合運びを見せ、遂に念願のNBAチャンピオンとなる。オニールはこの年、レギュラー・シーズン、オールスター、ファイナル全てのMVPを独占している。, 2000-01シーズン、ホームコート・アドバンテージはサンアントニオ・スパーズに譲ったものの、プレイオフに入るとレイカーズはウェストの対戦相手をことごとく無敗で退け、最終的にこの年のプレイオフを15勝1敗という強さで乗り切り2連覇を果たした。オニールは2年連続でファイナルMVPに選ばれた。, 翌2001-02シーズンは、足の怪我の影響で15試合を欠場するが、プレイオフでは調子を上げまたもファイナルへ進出。フィル・ジャクソンに3度目のNBA3連覇(スリーピート)、初の4勝0敗でのファイナル勝利をもたらし、オニール自身も3年連続ファイナルMVPに選ばれた。3連覇達成は史上3チーム目(他はボストン・セルティックスとシカゴ・ブルズのみ)という偉業である。, 2002-03、03-04シーズンはプレイオフに進出するも、それぞれカンファレンス準決勝、ファイナルで敗退してしまう。チームでは以前から噂が絶えなかったオニールとコービー・ブライアントの確執が一層騒がれるようになり、結局オニールはレイカーズを去った。オニールのトレードは、オフにFAとなるコービーが球団に「若い自分を採るか、オニールを採るか(これ以上オニールとプレーする気はない、彼が残るなら自分が出て行く)」と迫ったことによる、と言われている。, 2004-05シーズン、イースタン・カンファレンスのマイアミ・ヒートへと移籍、これにより東西の勢力図は大きく変化する。オニールはチームメイトでオールスターガードのドウェイン・ウェイドとともにヒートをイースタン最高の成績に導き、チームを一気に強豪へと押し上げた。シーズン後の2005年8月、ヒートと5年で1億ドルの長期高額契約を結んだ。, そして2005-06シーズン、プレイオフ開始前の下馬評は高くなかったが、デトロイト・ピストンズをカンファレンス決勝で破った後、ファイナルではダラス・マーベリックスと対戦、4勝2敗でチームを初優勝へと導き、自身4つ目のチャンピオンリングを手に入れた。ヒート移籍の前後から、以前のような圧倒的な支配力に陰りが見え始めたオニールだが、このシーズンはその衰えが数字にもはっきりと現れ、ルーキー時代から続いていたシーズンアベレージのダブル・ダブルが初めて途絶えたが、それでもオールNBAファーストチーム入りを果たし、リーグのトップセンターであることを証明した。, 故障による欠場が多くなり始めたオニールの2006-07シーズンの出場試合数は僅か40試合に留まった。シーズン後半には復帰し、ウェイド不在という災難にも見舞われていたチームを牽引するも、プレイオフでは1回戦でブルズに4戦全敗で敗れた。シーズンの成績は初めて平均得点が20点台を割り、12年間続いていたオールNBAチーム入りも途絶えた。翌2007-08シーズン、ヒートの低迷の度合いは一層強まり、シーズン序盤から大きく負け越した。そしてシーズン途中の2月に、ショーン・マリオンとマーカス・バンクスとの交換で、フェニックス・サンズに放出された。この背景には、2007年秋に夫人との離婚を申請したことなど、私生活における問題を抱えていたことや、パット・ライリーとの確執も影響している。, なお、ヒート入団時には「俺がこのチームを優勝させてやる」と発言し、それを実践してみせたが、退団時には「もうこれで、クリス・クインやリッキー・デイビスのような選手と一緒にプレーしなくて済む」と、ライリーを皮肉る発言をした。, サンズに移籍したオニールだったが、数年前にMVPの価値観を巡って舌戦を繰り広げ、不仲説が取り沙汰されていたスティーブ・ナッシュとの関係にも注目が集まった。移籍当初こそチームのスタイルとプレーがかみ合わずに負けが先行、チームも一時地区首位から転落するが、その後チームのスタイルとプレーがかみ合いだすとオニールも復調し、チームはプレイオフに進出。ただプレイオフ1回戦でチームはサンアントニオ・スパーズに敗れてしまう。, なお2008-09シーズンは、オールスターゲームに出場した際に11分間の出場ながらコービー・ブライアントと共にオールスターでは3度目となるMVPを受賞。かつてレイカーズ時代に不仲で知られた二人であったが、MVP受賞記者会見の後で抱き合うなど、関係が改善している様子が明らかになった。, 2010年にボストン・セルティックスに移籍。しかし、慢性的な膝の怪我で欠場が多く、衰えも隠せなかった。チームはプレーオフ・カンファレンスセミファイナルでレブロン・ジェームス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリー擁するマイアミ・ヒートになすすべなく破れた。そしてオニールも膝だけでなくアキレス腱も痛めるなど満身創痍の状態で殆ど出場機会もなく、プレーオフ敗退後にドック・リバースHCから "引退勧告" を告げられた。, 2011年6月1日、フロリダ州オーランドの自宅から、自身のツイッターで19年にわたる現役生活からの引退を表明した[8]。, オニールが引退を表明して間もなく、ロサンゼルス・レイカーズは、オニールが着けていた背番号「34」を永久欠番にすると発表した。, 通算得点で歴代6位の2万8596得点、通算リバウンド数で歴代12位の1万3099本、通算フィールドゴール成功率(2000ゴール以上)はアーティス・ギルモアに次ぐ歴代2位の58.2%。なお、苦手としていたフリースローの成功率は52.7%だった。, 2013年4月2日、ロサンゼルス・レイカーズ時代に着けていた背番号「34」が永久欠番になるセレモニーが、ステイプルズ・センターで行われた。, 2016年2月9日、マイアミ・ヒートは、オニールがヒート在籍中に着用していた背番号「32」を永久欠番にすると発表[9]。12月22日のロサンゼルス・レイカーズ戦で授与式を執り行われた[10][11]。, 2017年3月24日、ステイプルズ・センターにおいて、自身がダンクシュートを決める場面(後述のSHAQ ATTACK)を形取った銅像の除幕式が行われた[12]。, 4 チャールズ・バークレー - 5 グラント・ヒル - 6 アンファニー・ハーダウェイ - 7 デビッド・ロビンソン - 8 スコッティ・ピッペン - 9 ミッチ・リッチモンド - 10 レジー・ミラー - 11 カール・マローン - 12 ジョン・ストックトン - 13 シャキール・オニール - 14 ゲイリー・ペイトン - 15 アキーム・オラジュワン - HC レニー・ウィルケンズ, 2 デレック・フィッシャー |

3 デヴィン・ジョージ | 9”, http://www.espn.com/nba/story/_/page/nbarank9/all-nbarank-9, SLAM 500 Greatest NBA Players of All Time | Basketball-Reference.com, “Male Hollywood stars don't stand as tall as we imagine”, http://www.post-gazette.com/stories/ae/oscar-watch/male-hollywood-stars-dont-stand-as-tall-as-we-imagine-424208/, Heat retire Shaquille O'Neal no.32 jersey, ヒート、レイカーズ戦でシャキール・オニールの永久欠番式典実施へ NBA JAPAN, シャックの銅像がステープルズ・センターでお目見え、除幕式にはコービーも出席 NBA JAPAN, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シャキール・オニール&oldid=80070135, 3×シーズン通算最多得点:1995 (2315) 1999 (2289)2000 (2344), 5×シーズン最多フィールド・ゴール:1994 (953) 1995(930) 1999(510)2000(956)2001(813), シーズン通算最多得点:1995年(2315)、1999年(1289)、2000年(2344), シーズン最多フィールド・ゴール:1994年(953)、1995年(930)、1999年(510)、2000年(956)、2001年(813), フィールド・ゴール%:1994年(.599)、1998年(.584)、1999年(.576)、2000年(.574)、2001年(.572)、2002年(.579)、2004年(.584)、2005年(.601)、2006年(.600), フィールド・ゴール成功率のタイトルを9回獲得、または5年連続獲得しているのはNBA史上, 史上初となる13年連続で1シーズン平均20得点10リバウンドを記録(チェンバレン、, プレイオフ史上唯一、通算記録がフィールド・ゴール55%以上で4,700得点、2,200リバウンド、500アシスト、400ブロック、100, 最高の選手の1人と言われるオニールだが、彼の所属するチームはプレイオフで対戦チームに1勝も出来ずに全敗する事が多い。, オールスター戦出場15回:1993年、1994年、1995年、1996年、1997年、1998年、2000年、2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年、2009年, レギュラー・シーズンで40得点以上を記録したのは48回。50得点以上が3回。60得点以上も1回。, 2000年12月8日の試合ではフリースロー全11投を全て外し、ウィルト・チェンバレンが持っていた10投の記録を更新した。, ニックネームは「Shaq(シャック)」のほかに、「The Diesel(ディーゼル)」、「The Big Aristotle(大きなアリストテレス)」、「 The Big Baryshnikov(大きなバリシニコフ)」、「M.D.E (Most Dominant Ever)」、「Superman」、「Big Easy 」、「The Big Daddy」、「黒いハリケーン」、「ジェントル・ジャイアント」など。2005年にMBAを取得したので「Doctor Shaq」と自分で言うこともある。, 自宅に「シャックの親戚」と名乗る人がやたら訪れるので、自分が不在の時も常に家は開けっ放しで食べ物や飲み物が大量に用意してある。シャックは「自称親戚」を追い返したりはせず、その面倒見のよさから「ビッグ・ダディー」と呼ばれる事もある。, とにかく、なんとしても優勝したい、喉から手が出るほどチャンピオン・リングが欲しい、というベテラン選手は、オニールがいるチームに移籍したいということが多い。オニールがいるチームを優勝候補から外す事は出来ないからである。, 公式試合でゴールを2回壊したことがある。1度目は天井から吊るされた支柱が折れて危うくバックボードの下敷きになるところであった。2度目は垂直に立つ支柱を支えるフレームが壊れ収納する状態になった。またヒート時代にも2度目の様になりかけたこともある。現在は構造が改良されたため、よほどのことがない限りゴールが壊れることはない。, FG成功率よりもFT成功率の方が低いという特異な成績は有名だが、長年チームの中心として活躍したが故にチーム成績にも大きな影響を与えており、シャックが在籍したチームはFG成功率では安定して上位に入る一方でFT成功率は漏れなく下位(2008年に途中加入したサンズと現役最終年のセルティックスを除いてチームのFT成功率は全て20位以下)に低迷するという極端な成績がチームにも大きく反映されていた。なおフリースローについては自身でも弱点として認識しており、引退後のインタビューで「想像してくれよ。俺が, 自分の実力に関しては「神がボクに与えたのは48%の才能であり、あとの52%は努力で得たもの」と語っている, Shaq Fu - Da Return (1994, ゴールドアルバムとして認定された).

34 シャキール・オニール (ファイナルMVP) |

NBAで一時代を築いた“怪物”シャックことシャキール・オニールの息子シャリーフ・オニール。 シャリーフはclass of 2018の学年19位にランクされる有望選手で、父と同様NBA入りが期待される。 同僚のシャキール・オニール、エディー・ジョーンズ、ニック・ヴァン・エクセルと同じチームから4人の選出という新記録を打ち立てた。 短縮シーズンとなった1998-1999シーズンからスターターに完全定着。平均19.9得点、3.8アシスト、1.4スティールを記録。 51 マイケル・ドレアック | コーチ:フィル・ジャクソン, 2 デレック・フィッシャー | ハーダウェイは、NBAオールルーキーファーストチーム(新人のうち優れた5人の選手)に選ばれた。プレイオフ1回戦ではインディアナ・ペイサーズに3連敗し敗退した。, 1994-95シーズンは、ポイントガードとして定着する。チームは57勝25敗。オールNBAファーストチーム(リーグ中の優秀な5人の選手)の一人に選出された。2年目のシーズンから4年間連続でオールスター戦の先発選手にも選ばれ、ハーダウェイはリーグを代表する選手の一人になる。プレイオフ2回戦で現役に復帰したマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズに勝利。NBAファイナルに勝ち進んだ。若手が中心で創設6年目のチームとしては快挙だったが、マジックはヒューストン・ロケッツに4連敗で敗れ念願のチャンピオンリング獲得には至らなかった。, 翌1995-96シーズンは、開幕前にオニールが負傷して欠場したこともあり、チームの戦力は落ちたがハーダウェイの活躍でチームの勝率は良かった。オールNBAファーストチームに2年連続選出されチームもリーグ屈指の60勝22敗という成績だったが、プレーオフではNBA史上最高の72勝10敗という成績を記録したシカゴ・ブルズに敗退。このシーズンを最後にハーダウェイとの関係が決裂したオニールがロサンゼルス・レイカーズに移籍したためハーダウェイがリーダーとしてチームを率いることになった。, 翌1996-97シーズンの開幕戦で、ハーダウェイらオーランド・マジックは日本を訪れた。オニールが移籍し、またハーダウェイ自身も膝の怪我のため23試合欠場したためマジックは苦戦するがプレーオフに出場し1回戦のマイアミ・ヒート戦では平均31.0得点と活躍したが敗退している。, 翌1997-98シーズンも同じく膝の怪我で出場した試合は19試合に留まった。チームはプレイオフに出場できなかった。以降ハーダウェイの個人成績は怪我をする前の水準に戻ることはなくハーダウェイはオーランド・マジックの観客にブーイングされることもあった。, 1998-99シーズンは33勝17敗と勝ち越したもののプレーオフでは1回戦で、アレン・アイバーソン率いるフィラデルフィア・セブンティシクサーズに1勝3敗で敗退。またチャック・デイリーヘッドコーチと起用法を巡って対立していたこともあり、ハーダウェイは移籍を志願し、サイン・アンド・トレードでフェニックス・サンズに移籍した (交換要員はパット・ギャリティ)。ジェイソン・キッドはハーダウェイとのコンビの期待感から「バックコート2000」と呼んだ。, 1999-2000シーズンは、移籍先のサンズでジェイソン・キッドが先発のポイントガードだったため、ハーダウェイはシューティングガードとしてプレイ。平均得点16.9、リバウンドとアシストは5以上とまずまずの成績だった。プレーオフではチーム最多となる平均20.3得点と活躍する。1回戦で前年NBAファイナルを制していたサンアントニオ・スパーズに勝利したが2回戦のロサンゼルス・レイカーズに敗退した。, 翌2001-02シーズンは80試合に出場したものの先発は55試合に留まり、個人成績にも低下が見られた。前シーズンに私生活でトラブルを起こしたキッドがニュージャージー・ネッツに放出され、新たにサンズに移籍してきたステフォン・マーブリーとは、マジック時代に試合中に口論となったことで、不仲説が取り沙汰されていたこともあり、チームの雰囲気も悪くなってしまった。そのためチームの勝率は大きく落とし、プレーオフ出場も逃した。, 翌2002-03シーズンの出場試合は58試合、チームも若いジョー・ジョンソンを重視しハーダウェイはサンズのチーム構想から外れていくようになった。, 翌2003-04シーズン途中にマーブリーと共にニューヨーク・ニックスへ放出された。ハーダウェイが先発する試合は少なくベンチから起用されることが多かった。プレーオフ1回戦でキッド所属のニュージャージー・ネッツに敗退するも平均16.5点と活躍する。, 翌2004-05シーズンは37試合と限られた出場の機会を全て控え選手として過ごした。, 翌2005-06シーズンは膝の状況が改善しないため4試合の出場に留まり、シーズン中に古巣のオーランド・マジックに放出された。しかし年俸が非常に高額であったためマジックはすぐに契約を放棄した。, 2007年8月10日、マイアミ・ヒートと契約したことを発表した。オニールと再びチームメイトとなったが、19試合を過ぎ、5勝14敗と大きく低迷していたところで解雇された。その当時のヘッドコーチパット・ライリーは、「もし14勝5敗だったら、彼とシーズン終了まで契約を結んでいただろう」と語っている。その後は事実上の引退状態になった。, 2018年3月19日、母校メンフィス大学のヘッドコーチに就任することが発表された[1]。, 4 チャールズ・バークレー - 5 グラント・ヒル - 6 アンファニー・ハーダウェイ - 7 デビッド・ロビンソン - 8 スコッティ・ピッペン - 9 ミッチ・リッチモンド - 10 レジー・ミラー - 11 カール・マローン - 12 ジョン・ストックトン - 13 シャキール・オニール - 14 ゲイリー・ペイトン - 15 アキーム・オラジュワン - HC レニー・ウィルケンズ, Penny Hardaway agrees to be next Memphis coach, Anfernee Hardaway Stats | Basketball-Reference.com, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ペニー・ハーダウェイ&oldid=79944009.