胃がんと診断された経緯, 2016年4月、このとき私に残された人生の時間でした。病名は、ステージ4(末期)の進行性胃がん。4型に分類される悪性度の高いスキスル胃がんで、症状が現れにくく発見が遅れやすい胃がんです。, 出血性胃潰瘍で入院した翌日、胃の中にある止血クリップを取りました。胃カメラを使って止血の確認と同時に、生検のため胃の一部を採取するためです。, がんは、必ず生検を通して診断されます。結果は数日かかりますが、ピロリ菌は数時間でわかります。ピロリ菌といえば、胃潰瘍や胃がんの原因の一つとされる菌。その有無をいち早く伝えてくれたのは、Y先生の優しい心遣いでした。, Y先生は経験豊富な医師なので、わたしの胃を見た瞬間にがんを疑ったことでしょう。ところが、ピロリ菌がいなかったことで胃がんの可能性が低くなったわけです。, この段階では、先生は立場上なんとも言えません。それでも、そんなに心配したり落ち込まなくていいですよ。そう暗黙のうちに伝えてくれたのでした。, 胃からの出血で、入院当初は貧血でフラフラ。普通に立つことすらコントロールできず、トイレ(小)も個室で座りションをするほど。そのため、貧血の原因であるヘモグロビンの数値が回復するのを待って退院することになりました。, 10.0 g/dL以下になると、ひどい貧血と診断されます。わたしが入院したときの数値は、7.0 g/dLでした。その後、, と約1週間でなんとか回復。生検の結果を聞くため外来の予約をし、退院となりました。入院中、退院後に貧血で注意したことは、こちら↓をご覧ください。, 後日、生検の結果を聞くために嫁と二人で診察室へ入りました。その瞬間、主治医の顔を見てすべてを悟りました。, モニターを見ながらチェックする先生の顔が、さらに険しくなっていったのを覚えています。長い沈黙のあと, 平八郎さん、生検の結果はスキルス胃がん。いまエコーで見させてもろたけど、肝臓にも転移してるなぁ…, これは、この直後に撮った肝臓のCT画像です。黒くモヤッとした斑点が、多発した転移性肝がん。もはや手術は不可能な状態でした。, Y先生はぽつりと答え、再入院は明日でも明後日でも早いほうがいい。そうつけ加えたことが、ことの重大さを物語っていました。そして, いろんな意味を含む、思わず出てしまった独り言。これがY先生の本音で、スキルス胃がんに加えて肝臓のダメージも大きく、実は余命1か月もありえたと半年後に教えてもらいました。, この日病院へは、リハビリも兼ねて電車で行ってました。駅までの道のりを、二人で手をつないだまま無言で歩き続けました。帰り道は、それ以外に覚えていません。, これが2016年4月の話しです。あれからいろんなことを考え、実践し、私は順調に回復しています。その後、がんはどうなったのか?CTの比較画像など公開しています。, 最後までご覧いただき、ありがとうございました。どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。. 私には、胃がんの治療を「まずは2年続ける」目標があります。この2年間の過ごし方で、その後の人生を大きく左右すると考えています。 吐血 2016年4月、このとき私に残された人生の時間でした。病名は、ステージ4(末期)の進行性胃がん。4型に分類される悪性度の高いスキスル胃がんで... がんは「慢性疾患」のひとつで、気長に一生つきあう病気です。がんになった人はもちろん、ご家族の人にもぜひ読んでほしい一冊。精神腫瘍科の保坂先生のカウンセリングを、対話形式で疑似体験できる本です。一度聞いてみたかったモヤモヤがスッキリし、大切なことだけが頭に残ってがんと向き合い「生きる目標」がきっと見つかります。, がんを告知されると、本人と家族はいろんなことに悩みます。そして気がつけば、がんの話題を避けはじめ、悩みを抱え込んで孤独になっていきます。突然治療を続ける自信をなくし、バーンアウト(燃え尽き症候群)を経験した私がおすすめする「がんとの向き合い方」がわかる一冊です。.  ×   =  Copyright (C) 2020 がん克服 生還への道 All Rights Reserved. そのT... 先日、無料配布されているヘルプマークをいただいてきました。 スキルス性胃がん 余命6ヶ月 近年では、がんでも早期や初期に発見されたり、がんの性質によっては進行がんでも治る可能性が高くなりました。 しかし、胃がんの一種の 「スキルス性胃がん」 は、まだ難しいがんのひとつです。 display: none !important;

総合病院では診断書に胃潰瘍と書かれており、「個人病院と言っている事が違うけど、どっちが本当なんだろう?」「胃潰瘍ならまだ助かる見込みがあるのでは…」と少しながら期待を抱いておりました。, ですが、今日母が病院に行ったところ「進行性の胃がんでステージ4だよ。」と言われ、少なからずの希望が薄れてしまいました。。。, 水曜に胃のバイパス手術を行い、食事ができるようにし抗がん剤の治療を行う、との事らしいです。 いろんな失敗をし、よく考えてみると、エビデ... 血便(タール便) ちゃんと噛んでる?と嫁... 先日は、急な連絡に対応して頂きありがとうございました。母とは別居の為、体調が気になり家を空けておりました。返信が遅くなり大変申し訳ありません。現在、本人への告知後への対応、セカンドオピニオンについて色々と家族で考えているところです。毎日が早く、不安でなりません。本当にありがとうございました。, ご家族のみなさまも第二のがん患者といわれ、看病疲れとメンタルのコントロールが必要になってきます。 私も今日の手術が無事成功する事を願ってます。 この1年間、病院食を参考に私がよく食べた... がんの治療をはじめて1年半、いろんなタイミングで、闘病ノートに記録していて本当によかったと思うことがあります。 スキルス胃がん+肝臓がん、転移したステージ4の末期がんと診断されたとき、自分から余命を主治医に聞きました。 四 ヘルプマークは、外見ではわからないけど手助けを必要としている人が身につけるマークです。抗がん剤... ステージ4の胃がん治療を続けて約1年半。病院で、どうしても手に入らないものがあります。 スキルス、肝転移、末期、余命半年…。寛解させるため「考えたこと・やったこと・その結果」を具体的に公開するブログ。, スキルス胃がん+肝臓がん、転移したステージ4の末期がんと診断されたとき、自分から余命を主治医に聞きました。, 残された時間に落ち込み、生きる気力を失っていた私を一瞬で変え、未来まで変えるきっかけになった嫁の一言の話しです。, 主治医が余命宣告をするとき、中央値を伝えることが多いようです。中央値とは、同じ胃がん患者の生存期間を順に並べ、その真ん中の人の生存期間のこと。例外も含んでしまう平均値より大きく外さないのが特徴です。Wikipedia 中央値, 中央値はピンポイントで余命を表します。平均値と違うことも説明するため、ちょっと極端な例にしました。, ここで大切なことは、余命は他人と単純に比較できるものではありません。同じ胃がんでも、病状・年齢・体力・体質・治療方法などぜんぜん違う他人の生存期間を、自分の余命と考えるには無理があると思います。, 私にとって余命は、残された人生を有意義に生きるため、悔いを残さないための時間の目安と考えています。寛解を目指して考え方を変え、行動もストイックに変え続けています。, でも、すぐに人生と本気で向き合うことができたわけではありません。はじめての抗がん剤治療中はずっと落ち込み、ぎりぎり踏みとどまって1か月半後に退院しています。, 余命は主治医が伝えるべきなのか、自分で聞くべきなのか、知らないほうがいいのか、私にはかわかりません。考え方は人それぞれですが、私は聞いてよかったと思っています。, はじめての抗がん剤治療で1か月半入院し、ようやく家に帰ってきた私に嫁が思わず口にした一言です。, その瞬間いろんなことが頭を駆け巡り、あきらめたらアカン、もっとできる、がんばろう。そう思い、目に力が戻ったのを今でもはっきりと覚えています。そして部屋を見渡したら、嫁にどれだけ負担をかけていたのかもわかりました。, 胃がんの治療をはじめてから半年間、私は5回の入退院を繰り返しています。その最後の入院中、私は主治医に治療は順調なのか聞いてみたことがあります。, うん……今やから言えるけど、1か月もあり得たし、正直ここまで回復すると思える状況やなかったなぁ。ミラクルと言ってええと思う。でも、まだまだこれからやで。, 治療をはじめて1年半、私は生きています。余命はだれにも分からないし、未来は変えることができる。そう私は思います。, 最後までご覧いただき、ありがとうございました。どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。. そし... がん患者の家族を救う55のQ&A ... よく見かける「2人に1人が癌になる」というフレーズ。これは本当なのか?根拠になっている統計データを調べてみました。 なぜ、オレはがんになったのか?... 急に気分が悪くなり、あっという間に吐血(嘔吐)。突然ぶっ倒れたわたしは、食中毒と思っていました。 この2つは胃がん・胃潰瘍の代表的な症状です。でも知識がなかった私は気づかずに日常生活を続け、突然ぶっ倒れました。 mkpksxx777さんのブログです。 最近の記事は「感謝(画像あり)」です。 22歳、スキルス胃癌、多発骨転移、ステージ4、余命14ヶ月☆楽しんで生きる 2016/11/1 四 入院生活という環境の変化、はじめての抗が... 入院中、隣のベッド(カーテン越し)から聞こえてきた会話に、わたしは少し違和感を覚えました。 その治療が父に合うかどうかも分かりません。, まだ父に会っていないから分かりませんが、本人は胃潰瘍と思っていて(もしかしたら今日胃がんと通告されたかもしれません)、でも周りは胃がんの末期と分かっている…, ブログを全部読んでいないのですが、こんな事を聞いたら失礼かもしれませんがm(__)m平八郎さんは他に転移していなかったのですが? 余命、半年。2016年4月、このとき私に残された人生の時間でした。病名は、ステージ4(末期)の進行性胃がん。4型に分類される悪性度の高いスキスル胃がんで、症状が現れにくく発見が遅れやすい胃がんです。がんは当然のように肝臓へ転移し、正常に機能

display: none !important; 「○○ちゃん、ちょっと太ったんちゃう?」 国立がん情報サービスで公開... もしかしたら、がんに効く食べ物・サプリがあって治せるのでは……。末期がんと診断されたとき、そう私は思いました。 がん検診に「いつか」はないです。いま感じている胃の... 血便(タール便) 自分で病院へ行くべきか?救急車を呼ぶべきか?そのとき、わ... 出血性胃潰瘍(のちにスキルス胃がんと判明)で、胃から推定1000mlの出血。約1週間の入院生活をし、数日間の自宅療養しました。 その時間が、めちゃくちゃもったいないです。 この2つは胃がん・胃潰瘍の代表的な症状です。でも知識がなかった私は気づかずに日常生活を続け、突然ぶっ倒れました。 「胃がん ステージ4」と検索をかけたらこちらのブログに辿り着きました。, 私の父もつい先日個人病院で胃がんと診断され、先週総合病院に入院しました。 すぐに抗がん剤を中止し、症状を緩和。治療... 2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから1年6か月後の転移性肝がんを比較したCT画像です。 スキルス、肝転移、末期、余命半年…。寛解させるため「考えたこと・やったこと・その結果」を具体的に公開するブログ。, 2016/10/24 胃がんの闘病をはじめて1年半、つねに不安や恐怖を感じて心が苦しくなります。この感情は、た... 私が前を向いて歩いていけるのは、嫁が心・気持ち支えてくれているからです。嫁の支えがなかったら、私はがんの治療を続けられなかったと思います。 近年では、がんでも早期や初期に発見されたり、がんの性質によっては進行がんでも治る可能性が高くなりました。, 「スキルス」の語源は、ギリシャ語の「skirrhos」で、線維が固まり硬い「硬性がん」のことを言います。, スキルス性胃がんは間質に発生し、正常組織に染み渡るようにがんが浸潤して胃のかべが全体的に硬くなっていきます。, そして、スキルス性胃がんが難しいのは、初期の自覚症状がほとんどなく、一般的な内視鏡検査などでは胃の表面の異常が発見されにくく、発見されたときにはかなり進行していることが多く、また腹膜や肝臓、リンパ節などに転移しやすいがんだというところです。, このようなことから、スキルス性胃がんは胃がんの中でも最も悪性度が高く、また再発度も高いがんだと認識されています。, その方は、近所の主治医に「胃がんの疑いがある」ということで、大阪のがんでは有名な病院を紹介されました。, その時点で、がんの可能性が高いと思われていたようで「何かがんに良いものはないですか?」と言われました。, また、「検査の結果が出るのは、1か月後。」と言われたのを聞いて、「なんでそんなに遅いの?」と思いました。, がんの疑いがあるということで紹介された患者さんですから優先すべきですし、がんの状況によっては根治のための治療時機を逸してしまうことも考えられるわけです。, がんで有名な病院とは言え、というか大きな病院だとなかなか融通が利かない場合も多っかったり、常勤病理医不足なども問題となっています。, とにかく、状況がよくわからないままでしたが、その方の切実な想いは強く感じていましたので、ある機能性食品と酵素食品を1ヶ月間、多めに飲んでもらうようにしました。, しかしその時、何と言っていいかわからず沈黙している私に、ご本人から驚くほど前向きな言葉が出てきたのです。, 「検査結果を聞いてから何か飲もうと思っていたが、1ヶ月早く飲んでいてよかった。」 「そーやねん。ダイ... 余命半年。 詳しく覚えてないのですが、最初に胃に痛みが現れたのは、2014年頃かな。 一日中痛いわけではなく、一定の時間痛いなと気づく。それが空腹時。 なので何か食べることで痛みはなくなった。 しかし一日三食、必ず空腹時に痛みはやってくるので、市販の薬を飲んだら治った。 22歳、スキルス胃癌、多発骨転移、ステージ4、余命14ヶ月☆楽しんで生きる 2017年10月18日 07:05 こっそり初めてみたブログだけど、徐々に読んでくれる方が増えていて本当に嬉しく感じました。 看病する嫁の負担を軽くできな... スキルス胃がん+転移性肝がんの闘病をはじめて1年半。半年間入院し、食生活の改善をはじめてから約1年が経ちました。 .hide-if-no-js { 体調を崩さないようお気をつけくださいませ。, 初めまして。 余命、半年。 その結果、情報や知識よりも大切なことを... 手術ができないスキルス胃がん+転移性肝がん。私には期待できる抗がん剤が少なく、TS-1はその中のひとつです。でも体に合わず、副作用が強く現れます。 胃がんの中で、悪性度が高いのが、スキルス胃がんです。スキルス胃がんは、がん細胞の増殖が速いことが知られています。スキルス胃がんの原因は何でしょうか?転移は、どのようなところに見られるの … いま私は「がんの障害年金」を申請する手続き... 進行したのでは? 2016年3月のある日、突然気分が悪くなって吐血し、ぶっ倒れました。病院で緊急輸血され、そのまま入院となりました。 十 そし... 2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がんと告知され、余命半年の宣告。その肝臓がんの大きさを、告知された直後、10か月後、1年1か月後で比較したCT画像で... 末期の胃がん、余命の宣告、頭はパニック。がんの治療と生活習慣の改善をしはじめて、実際に体験することでいろんなことがわかりました。その中から、難しいと感じたこ... スキルス胃がん+転移性肝がんを、抗がん剤で治療しています。これまでの腫瘍マーカー「CEA」と「CA19-9」の検査結果一覧です。検査は不定期ですが、2016... 胃がんで入院すると、すぐに「TS-1+ランダ(シスプラチン)」という化学療法(以下、抗がん剤)がはじまりました。 今はできるだけ父のお見舞いに顔を出しに行こうと思います。, +  残された時間に落ち込み、生きる気... 2016年4月にスキルス胃がん+転移性肝がんと分かり、末期がんと診断されました。それから1年4か月経った転移性肝がんを比較したCT画像です。 }. ... 4 }. 告知され... 食生活を改善するため、すぐにできることからを始めようと考えた私は、「胃がんやし、これからは、よぅ噛んで食べるわ」と宣言した数分後、 このときに感じたこと、気を... 生活習慣の改善ががんと闘う方法とわかったのに、やるべきこと、情報が多すぎて、

転移したのでは? 家族ががんと診断されたとき、その家族が悩んだり困りやすい問題をQ&Aでまとめられた一冊。 再発したのでは? ★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。, http://gan-kokufuku.com/wp-admin/admin-ajax.php, a%3A9%3A%7Bs%3A2%3A%22id%22%3Bi%3A0%3Bs%3A4%3A%22year%22%3Bs%3A0%3A%22%22%3Bs%3A5%3A%22month%22%3Bs%3A0%3A%22%22%3Bs%3A7%3A%22caption%22%3Bi%3A1%3Bs%3A4%3A%22link%22%3Bi%3A1%3Bs%3A10%3A%22pagination%22%3Bi%3A1%3Bs%3A8%3A%22skiptime%22%3Bi%3A0%3Bs%3A5%3A%22class%22%3Bs%3A16%3A%22monthly-calendar%22%3Bs%3A4%3A%22href%22%3Bs%3A0%3A%22%22%3B%7D, 「スキルスじゃなくて、普通の胃がんだったらかなりの確率でよくなっていたやろうな~」, 「悔いはないと言ったら嘘になりますが、私たちが思うほどじゃなかったんじゃないでしょうか。」.

初期診断は、出血性胃潰瘍。後に、スキル... 突然の胃がん告知、末期で余命半年の宣告、さすがに落ち込みました。徐々に冷静さを取り戻していく中、一つの疑問が生まれました。

やはり治療法はステージ4でも、抗がん剤を行うだけなのでしょうか?, はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。当ブログを運営・管理している平八郎と申します。, お父さまのこと、ご心配だと思います。手術が無事に成功し、一日もはやいご快復をお祈り申し上げます。, 私ががんと診断されたときは、すでに肝臓へ転移していました。手術は不可能な状態で、抗がん剤で治療することを選択しました。, 抗がん剤はすべてのステージで使われる薬です。進行状況により抗がん剤だけの治療、ある程度小さくしてから摘出手術を視野に入れた治療など、いろんな方法が考えられます。今後の治療方針など、お母さま、主治医にご確認くださいませ。, 色々と詳しくありがとうございます。 どこから手をつけていいかわからない。 「余命6ヶ月ということは6ヶ月間がんと戦える、ひょっとしたら何かが起こるかも。」, たぶん、検査結果を待つ1ヶ月間も結果を聞いた後も、精神的には私などが想像できないほど壮絶な葛藤と恐怖があったことでしょう。, しかし、このような言葉が出てくるという心の強さに驚くとともに感動してしまいました。, それから、病院の治療・抗がん剤と機能性食品の併用による、がんとの闘いが始まったのです。, 抗がん剤の副作用も始めは軽かったようですが、かなりしんどいときもあったようで、根性で治療を続けられました。, 私は家族の方とも連絡をとり合い、生活でできることをアドバイスしたり、ある時は奥様の思いをご本人に伝えたり、ご本人が直接奥様に伝えるのが恥ずかしい感謝の気持ちなどを伝えたりすることもありました。, そうこうしているうちに、あっという間に6ヶ月が経過たのですが、誰もそのことはふれずに時は通り過ぎて行きました。, 来店されると、調子の良いときは家族の話やお酒の話などをしたり、調子が悪いときは口数少ないのですが、そんな時でも、何度も口にされる言葉がありました。, それは口から自然に出ているように感じる時もあり、またご自分に言い聞かせているように感じる時ももありました。, がんと向き合い懸命にに戦っている姿を見たときはいつも、「スキルスじゃなくて、普通の胃がんだったらかなりの確率でよくなっていたやろうな~」と思っていました。, 一旦は腫瘍マーカーも下がりよくなって行くのかなぁと思われた時期もありましたが、約2年の闘病生活でした。, 「仕事好きな人やから自分で計画を組み立てて、この2年間は好きなように人生を歩いていた感じでした。」, 「悔いはないと言ったら嘘になりますが、私たちが思うほどじゃなかったんじゃないでしょうか。」と・・・。, 50才を過ぎたら定期検診にがん検診をぜひ受けて欲しいということと、医療機関での早い検査対応や臨機応変な対応がもっと進歩することを改めて願う気持ちになった事例です。, ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。, また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。. ハッシュタグで分かりやすく自己紹介。#22歳 #看護師 #スキルス胃癌 #ステージ4 #余命14ヶ月⬇︎告知されてない時の写真(笑)オープンでポジティ…  =  .hide-if-no-js { 残り時間はどんどんカウントダウンされ... もし、胃カメラ検査・胃がん検診を受けようか迷っているなら 余命半年。スキルス胃がん+肝臓がん、転移したステージ4の末期がんと診断されたとき、自分から余命を主治医に聞きました。残された時間に落ち込み、生きる気力を失っていた私を一瞬で変え、未来まで変えるきっかけになった嫁の一言の話しです。 これを手に入れることが私の目標・目的であり、主治医との二人三脚をイ... 抗がん剤を2ndラインから1stラインに戻して治療を再開したけど、どうしても越えられない副作用の壁がありました。 もしがんで治療... 2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから1年7か月後の転移性肝がんを比較したCT画像です。 吐血