原作における本名はハウエル・ジェンキンス。映画作中では「ハウル」「ジェンキンス」(港町の住人から)等と呼ばれており、他にも「ペンドラゴン」(王都キングズベリーにて)などの偽名も使っている(本人曰く、偽名の数は「自由に生きるのに必要なだけ」)。 ソフィー 「ハウルって一体いくつ名前があるの?」 ハウル : 「自由に生きるのに要るだけ」※④. ハウルの動く城を解釈する3 魔法の代償、名前の意味。 ハウルの動く城 Q 荒地の魔女 がサリマンから贈られた葉巻を吸うけど、この葉巻の効果と、葉巻を吸った理由は? 『ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。. ソフィっていうのはギリシア語で知恵という意味だ。ハウルってのは叫ぶってこと。 ソフィは理性や知性、ハウルは本能や情動を表すような名前になってる。 キャラクターたちはそれぞれ心の一部や働きを示している。 荒地の魔女が象徴しているのは 欲 だ。 ブログを報告する. ラギーの元ネタ 「ライオンキング」のハイエナ. ソフィー 「ふうん 王様の話断れないの? CV:木村拓哉 Q 荒地の魔女がサリマンから贈られた葉巻を吸うけど、この葉巻の効果と、葉巻を吸った理由は?, A 葉巻は、サリマンの作戦だ。 サリマンは荒地の魔女がハウルと一緒にいることを知っている。 荒地の魔女がハウルの心臓が欲してることも知っている。, で、ハウルの居場所はわかったけど、 カルシファーの守りが強くて、戦力を送り込むことができない。 だからソフィの母ハニーをスパイに使って、まず葉巻とのぞき虫を送り込む。荒れ地の魔女とひどい臭い煙の葉巻を使って、守りの要のカルシファーを弱らせようとした。あの煙でカルちゃんは弱る。燃えてこなくなる。, 荒れ地の魔女は疑似家族のなかに組み込まれてるけど、 別に味方になったわけでもないんだよね。, ハウルがピンチになれば心臓を手に入れるチャンスだから、 「これでカルシファーを弱らせなさい」というサリマンの誘いに乗ったわけだ。, でも荒地の魔女はサリマンの覗き見は気に食わない。だから覗き虫は「カルちゃん燃して」と。 その虫も異物としてカルシファーを弱らせてたね。「しっかりしろ」とハウルが取り出したけど、カルシファーかわいそうww, A荒れ地の魔女は 欲 そのものの権化と理解すればいいと思う。 欲しいったら欲しい、手に入れるまで欲しがる。ていう行動原理なんだ。 なぜ、とか手に入れてどうする、は知性とか理性の領分だ。 きっと彼女は欲しいという思いが生まれた瞬間からもう盲目的に欲しい!しかないキャラ。 王様とかサリマンへの執着もなんか、「この日が来るのを50年もずーっと待ってた」とか言ってたじゃん? 50年だよ・・・?コントロールされない欲が人を執念、執着、妄執のかたまりにしてしまうっていう描写でもある。, ハウルと荒地の魔女の関係に、 なんか象徴的とか心理学的な意味がないかってことなら、, この2人って実は作中では会話する場面が一回しかないよね。 「あなたとはいつかゆっくり話がしたいわ」「僕もですマダム、でも今は時間がありません。」 この2人に関してはこのセリフが全てなんだな。, というのも、ハウルは情動や感情で、荒れ地の魔女は欲。 この2人の示す心の働きはきわめて近いところにある。 だからこの2人は荒れ地の魔女が欲しがって、ハウルが逃げるの平行線っていうか、 クロスして関わることで生まれるドラマチックっていうのがあんまりないんだと思う。, 荒地の魔女が「若い心臓はいいよ~」とかいうところもあるけど。 なんかおぞましい若返りの魔術とかに使うのかなーくらいの感じじゃないかな。エリザベート・バートリみたいな。, この世界の魔法の概念だと、他人の心や力を奪ってそのまま自分の力にする、 なんてことはできないと思う。, それかまあ、荒地の魔女も統合への希求はもっているのかもしれない。心を完成させたい、そういう普遍的な希求だ。, Q 魔法には代償がいるっていうけど、それは悪魔絡みの私欲を叶えるための魔法に限られるのでは?代償うんぬんは作中で言及されていないし、また、解除の魔法はソフィだけっていうけど、サリマンは荒れ地の魔女の魔力そのものを解除してた。, A確かに作中には言及はない。そう読み取れる、というひとつの解釈だよ。その世界観についてもおいおい書いていくけど、そこをどう読み取ってるかっていう根拠としては、, 王に扮したハウルが言う「サリマンの魔法でこの城には爆弾は落ちないが、代わりに周りの街に落ちる、 魔法というのはそういうものだ」という大事なセリフの他にも、, カルシファーの「そいつら後悔することになるな、まず人間には戻れないぜ」とか、 交戦で鳥化や攻撃の魔法を使ったあと、ハウルの姿がひどく疲れて透けた様子だったり、 ハウルが花畑で飛行機を攻撃したとき、手が異形になって震えていたり。 ソフィがカルシファーに髪を与えて力を強めたり、 「どうか~しますように」で髪が星色に染まったり。, あと、サリマンの魔法だと、荒地の魔女が門を通るときに人形の絵みたいな魔方陣が光る。それでゴム人間から空気がぬけてしまう。荒地の魔女に階段をのぼらせると、若作りの魔法が解けていく。「本当の姿にもどしてあげただけです」で、荒地の魔女に360度で光をあてて、 影で籠目籠目をするやつには、誰かの手が電源を入れるカットがあるよね。 ああいう風に、電球のセットとか電気とかも対価に相当する、と読み取れる。それで魔力を剥奪する。「もう魔力はありません」だ。, 確かにどれも解呪的だけど、魔方陣、階段、電球セット、とすべて対応する仕込みが描写されてる。, 悪魔絡みの私欲の魔法、かあ。サリマンがそういうことを言うからね。でもそれはサリマンの話術だ。虚実が入り混じるあのくだりも後で細かく検証する。, 結論だけ先に言っておくと、魔法とは方法論、技術、そういうものであって、それ自体に善悪はない。, Aカブはかかし、かかしっていうのはオズの魔法使いに出てくるかかしなんだ。 ドロシーやかかし達はエメラルドの都の魔法使いオズに、それぞれ願いを叶えてもらいにいく。 かかしの願いは「知恵がほしい」だ。だからカブはソフィを好きになってついてくる。, かかしは、藁や木を組んで人の形を模したものだ。人の形をしたモノ、物質、命のないものだ。そのかかしが人間に変身するというのは、つまりこの物語全体を象徴している。, ソフィ、ハウル、荒地の魔女はそれぞれ心の重要なはたらきを示すのに、 物語開始時、それぞれ欠陥を抱えてる。 ソフィ(知)は自分を抑圧しているし、ハウル(情動)は一部が解離している、 荒れ地の魔女(欲望)は野放しでやりたい放題だ。, おじいさんおばあさん、孫娘に犬に猫にねずみまで、ちからをあわせてカブを引っこ抜くアレだ。, ソフィって、冒頭で帽子屋のスタッフたちが楽しそうに出かけようとして、 「ソフィさんもどうですか」って、誘うのを断るよね。  仲が悪いんじゃないだろうけど、距離をとってるっていうか。  おしゃれして出かけるとか、華やかな場所も自分には相応しくないと思ってるんだろうけど、 老婆の呪いをかけられた後も、家族や帽子屋の誰にも頼らず、相談せず、助けを求めず、 ひとりでさっさと婆さんとして、出て行ってしまう。 非常事態が起きた時、普通なら頼れる人間の一人くらい 思いつきそうなものだけど、ソフィにはそういう人はいないらしい。  これは、 長女だからとか美しくないのほかにも、 「誰も頼らない、頼れない」「自分ひとりでやらなくては」 っていうのがあるんだな。  だから、みんなでちからを合わせる、の象徴のカブはきらいなんだ。, ソフィも物語の中で、頑ななものを手放していく、みんなで力を合わせることができるようになっていく、という描写になってる。, カルシファーの名前が「熱量」を表すカロリー(calorie)と悪魔を表すルシファー を足したものだっていうのはググればすぐ出てくる公式っていうか周知の話なんだけど、, だってサリマンはまぁ悪役、敵役だけど、 とても魅力的だ。上品な老婦人で、物腰も話し方も柔らかで、, 素晴らしい宮殿の奥の美しい温室にいて、 足が悪いのか豪華なんだけど車椅子に座ってて、, ハウルにとっては良い母役ではなかったのかも知れないけど、 なんかこうとにかく正しくて立派な人なんですってオーラ全開だからね~。, サリマンはハウルにとっては「支配する母性」だけど、 宮崎駿がサリマンという存在で暗喩しようとしたものは、 もっと恐ろしい、支配者そのものの姿でもある。, 魔法には相応の対価や代償が必要という話の続きなんだけど、恐らく対価は他者に支払わせることも可能だ。 それはいわゆる生贄とか犠牲とか人柱とか、そういう方法だ。, ハガレンで一国の人民すべてを対価に賢者の石を精製する、というやつがあるけれど、そういうのとか、 マギのマグノシュタット編の、最下層民の生命力をじわじわと生かしながら奪う・・・ というああいうのだな。, サリマンの、流れ星の子をいくつも使役する魔法の対価はどんな方法で支払われているのかな。, 「ひどい戦争だ、南から北まで火の海だ」と言っていたけど、 その戦争はハウルとどう関係があるから、ハウルはそこへ赴いていたんだろうね。, ハウルだって素晴らしい魔法使いと言われているのに、契約している流れ星の子はカルシファーひとつきりだ。そのひとつきりの契約に心臓という、大きな代償を必要としてる。カルシファーがひときわ大きな流れ星だったことを考慮に入れても、, ハウルが「あんな怖い人のところへ一人でいけるもんか」と言うけど、ただハウルが臆病ってだけでもない。その怖さはどういうところにあるのかっていうね。, まあ、もしもだけど。魔法の対価に他人の命を使っているだろう!と看破して責めたとしても、 サリマンはあの柔和な態度で言うと思うよ「それは仕方のないことなのです。」ってね。 自分が何もしなくても人は勝手に争って死んでいくから、ちょっと利用してるだけ、とか ハンターハンターのアリの王様みたいに、質を考慮に入れて選別してる、とか、 殺さないでちょっとずつ貰ってるだけ、魔法の恩恵は皆に還元してますよ、とか色々思いつくな。, それが支配者というものだ。そういう悪者をぶっとばすのは、もうハガレンでもマギでもハンタでも、多くの物語で語られていることで、 ハウルの動く城ではもっと高度なレベルの解決を描いていく。, ヒンがサリマンの足など、サリマンの一部であるなら、 彼女もソフィ達が成した完全性の中に組み込まれている、ということになる。対立を超え、支配を退け、敵だったものをも統合に巻き込み、さらに大きな調和を完成させる。 ということまで描写されているということになるな・・・。, サリマンが座ってるのは、車椅子。歩けない人のためのものだ。ヒンはその足元に座っている。, ヒンが道案内の技量をもつこと、サリマンが温室から一歩も出てこないことから考えても、, 足が象徴する力、「移動する力」「前へ進んでいく力」みたいなものをサリマンは自分から切り離してヒンに変えている、と読み取っていいと思う。, 魔法使いなら車椅子なんかに座ってないで、魔法で飛んで移動したり足を治したりすればいいのに、って思うだろうけど、そういう万能でご都合主義的な能力じゃないんだよね~。, 湯バーバが「そういう決まりなんだよ」というセリフがあるけど、宮崎駿ワールドにおける魔法とはそういうものなんだ。誰しもそれになんとなく納得してる。説得力を感じる。なにか、普遍的な真実がそこにあるからだ。解釈することでそれを理解していける、と自分は感じている。, サタンやアーリマン、悪魔や悪神も、もとを辿ればキリスト教に追いやられた、土着の神様だったりするしな。, なにごとも単純ではなく、裏と表があるものだ。支配者にすら救済があると描かれている。, すべては虚しい仮の宿、 ハウル : 「そしたら今度は戦争で王様に呼び出された ジェンキンスにも、ペンドラゴンにも」※①. ソフィっていうのはギリシア語で知恵という意味だ。ハウルってのは叫ぶってこと。 ソフィは理性や知性、ハウルは本能や情動を表すような名前になってる。, 荒地の魔女が象徴しているのは 欲 だ。ずっとハウルの心臓が欲しい欲しいと言ってる。, マルクルはメルクリウス、マーキュリー、ヘルメスとかギリシャ神話の神様の名前だと思う。 この神様は伝令とかメッセンジャーの側面がある。, ハウルは「マルクル、掃除婦さんに掃除もたいがいにしろって言っておいて」 ってソフィが目の前にいるのにわざわざマルクルを伝令に使う。ヘタレっぽさの表現にもなってるけどw, 「ハウルさんが大変なんだ」とか「変な人が入ってきちゃった」とか、マルクルは何度もソフィを呼びにきたり何かを伝えに、駆け寄ってくる。, マルクルには、寄せ集めでバラバラのメンバーの間をつないで疑似的な家族にまとめる役割もある。家族の機能というか基本に子供を育てる場ってことがある。マルクルという「子ども」がいることで、 ハウルは父、ソフィは母、荒れ地の魔女は祖母、そしてペットの犬というポジションが割り当てられて、 家族としての見た目になるんだな。, 初見の時は、ハウルが唐突に荒野の魔女やヒンまでまとめて家族、 と呼んだことに違和感があったなー。いやそいつら敵ですけど!と思ったわ。, でもハウルの心はそれが必要な段階だった。 ハウルのスタンスがサリマンから逃げる、から対決する、にシフトした時、 ハウルはまだ人格が円満な状態じゃなかった。 心に欠けがあってサリマンへの思慕や怖れもあった。 だからなにかそれらしい理由をみつけて自分を鼓舞しないといけなかった。 そこに家族に見えるメンツが揃ったから、家族を守るのが自分の戦う動機だ、 と思い込んだわけ。, ソフィがよぼよぼになった荒地の魔女を連れてきて、受け入れてしまうのにも意味がある。 荒地の魔女は、人の欲の象徴だ。 欲というのは厄介なもので、切り捨てようとしたり、見ないふりしたり、抑圧したりすると、 思いもよらない形で表出して問題行動になったり、暴走したりする。人格を歪(いびつ)にすることもある。 知性によってあきらかにし、理性によって制御することで、 ポジティブな原動力として、心になくてはならない素晴らしいものになる。, 目を離した隙にカルシファーとハウルの心臓を一度は獲られちゃうけどね。 そして荒地の魔女は力ずくでは決して心臓を離してはくれないんだ。, ガッチリかかえこんで、燃えても引っ張っても水かけても事態が急変しても 城が足場だけになって崖の上をフラフラしててもおかまいなし。 欲求のもつ力というのは盲目的でそれだけに強力なのがよくわかる描写だ。, すべてを理解して帰ってきたソフィが抱きしめることで、はじめて手をはなしてくれるけど、 欲が、知と理、そして愛によって昇華され正しく人格に統合される なんて高度な心の動きをこんな風にキャラクターで表現できるなんてなあ・・・。駿天才wwこれを毎年のようにタダで見れるとかここはとんでもない国ww, さて、「解った!」って感じはしてるんだけど、人に解るように説明できるかっていうと、これがなかなかww, 動く城のドアの、円盤と鍵穴の上の 黒 が示すものや、ソフィの魔法や、ソフィが落ちた黒い穴について、, それは、心理学の守備範囲の先の話だ。神智学、神話学とか、 スピリチュアルとかニューエイジ的なもののなかでも、高度な概念の領域になってくる。 だから抵抗を感じる人も多い。 だから優れたクリエイター達はメッセージを物語に託して、それ以上を語らない。, 千と千尋でリンと釜爺が  「なにがどうなったの?」「分からんか、愛だよ、愛」  というやりとりをするけど、 あれはじいさんのセンチメンタリズムとか、情感もあるけど、それ以上の意味もある言葉で、 今から書こうとすることも、結局まとめるとその一言で済む、という気がしてる。 解る人には解るし、解らない人の心にもなにかは残る。それでいい、というわけだ。, ソフィが子供に「そうさ、この国で一番こわ~い魔女さ」という場面があるけど、 これは本当で、ハウルよりサリマンよりずっと高度な魔法を使うのがソフィなんだよね。 なんで高度かっていうとそれは代償のいるレベルを超えているから。, まずカルシファーの守りを解いて動く城に入る、 荒地の魔女の呪いを解き、老婆化をコントロールする、ハウルの深層心理やその先の領域にアクセスする、 動く城を解体する、カルシファーに水をかけても死なない、 もうほぼ力尽きているハウルにキスをしてカルシファーのところへ移動する、 キスでカブの呪いを解く、などもろもろあって、, はっきり代償が見てとれるのは、三つ編みを与えてカルシファーの力を増したこと、 あと、星の色に染まったという髪だ。 これは「どうかカルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」の代償だろう。, すべては虚しい仮の宿、

CV:木村拓哉 類稀な才能を持った魔法使いにして、魔法の力で自由に移動する巨大な城の主である。美男子であり良くも悪くも街の女性達の噂の的になっている。呪いによって老婆となったソフィーを掃除婦として城に快く受け入れ、家族の一人として扱った。 原作における本名はハウエル・ジェンキンス。映画作中では「ハウル」「ジェンキンス」(港町の住人から)等と呼ばれており、他にも「ペンドラゴン」(王都キングズベリーにて)などの偽名も使っている(本人曰く、偽名の数は「自由に生きる … ジャック・ハウルの解説とプロフィール . インスパイア作品: ライオンキング: 元ネタ: ハイエナ: 名前の由来: 調査中: ラギーの元ネタは、『ライオン・キング』のスカーの手下である「ハイエナ」だ。ハイエナたちは最初こそスカーに忠実だった 類稀な才能を持った魔法使いにして、魔法の力で自由に移動する巨大な城の主である。美男子であり良くも悪くも街の女性達の噂の的になっている。呪いによって老婆となったソフィーを掃除婦として城に快く受け入れ、家族の一人として扱った。

そんなことが言いたくて書くよ!, philia0さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

ゆえにすべては愛しき我が宿。 そんなことが言いたくて書くよ!, philia0さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 日比谷スカラ座 を筆頭に 東宝系で2004年 11月20日に公開された。. 原作の設定では、異世界(現実世界における英国のウェールズ)出身であり、姉や甥たちも登場する。, 大胆不敵な性格の持ち主である一方で、ソフィーのミスによって己の髪の毛の色が変わってしまった事を理由に寝込んでしまったり、荒地の魔女を極度に恐れるなど脆く繊細な側面を持っている。自由を愛し、国家やサリマンに束縛される事を嫌っている。, ソフィーが押しかける以前は弟子のマルクルと火の悪魔カルシファーと暮らしていた。火の悪魔カルシファーとは子供の頃に契約を交わしており、生きるも死ぬも互いに一蓮托生の関係となっている。非常に不衛生な暮らしぶりだったようで掃除婦ソフィーの存在はありがたいものであった様子。, ハウルの髪の色は当初美しい金色であった。しかしソフィーのミスでハウルの金髪がオレンジ色になり、さらに黒髪に変化する。少年時代のハウルは黒髪であったので本来は黒髪の持ち主であると思われる。, ハウルは普段人の姿をしている。しかしサリマンとの対決シーンや、敵国の爆撃艦隊との戦闘シーンにおいては、鳥のような姿に変化する。物語の終盤にて、戦火の中でハウルのシルエットが魔王のような姿と化し、ただならぬ事態が起こっている事をソフィーに予感させた。, ダイアナ・ウィン・ジョーンズによるファンタジー小説「魔法使いハウルと火の悪魔」、及びそれを原作としたジブリ映画「ハウルの動く城」の登場人物。. | ブログを報告する. | ゆえにすべては愛しき我が宿。