所属クラブ:バイエルン マイヤー(アウマン) 所属クラブ:バイエルン、シュトゥットガルト (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ゲーム・サッカー好きの30代男性。 最終更新 2020/06/16 . ▼FW ユース(下部組織):1995〜2001年, 高さ以外に欠点がなく、クリーンな守備・正確なクロス・プロ意識どれも一流だった、21世紀のバイエルンを象徴するリーダー。, 22年のキャリアでリーグ優勝8回はバイエルン最多タイ、他にもCL・ワールドカップなど、計21個のタイトルを獲得した。, Bastian Schweinsteiger(@bastianschweinsteiger)がシェアした投稿 - 2016年 5月月26日午前6時07分PDT, バスティアン・シュバインシュタイガー(Bastian Schweinsteiger) 生年月日:1983年11月11日 ▼MF 左図は、2001年の欧州CL決勝vs 利き足:右足 ポジション:CB 代表チーム:ドイツ代表 シュバインシュタイガー(ハマン) 身長/体重:186cm・75kg 代表チーム:ドイツ代表 身長/体重:183cm・79kg 所属クラブ:バイエルン ポジション:AM ポジション:CM 代表チーム:ボスニア・ヘルツェコビナ代表 ユース(下部組織):2008〜2010年, 中盤センターから左SBにコンバートされたのをきっかけに躍動。全盛期のリベリーと阿吽の呼吸をみせ左サイドを制圧した。, ▼GK ミュラー(ヴァーグナー). 2013-2014年シーズン(2014年1月まで)当時のバイエルン・ミュンヘン. 生年月日:1992年6月24日

身長/体重:170cm・68kg 利き足:右足 利き足:右足 生年月日:1990年1月4日 身長/体重:181cm・75kg 生年月日:1984年8月1日 利き足:右足 利き足:右足 所属クラブ:バイエルン、ニューヨーク・コスモス アラバ(プフリューグラー) ユース(下部組織):1959〜1964年, リベロの概念を変え、クライフ率いる最強オランダ代表を撃破し、西ドイツを世界王者へ導いたサッカー界の"皇帝"。, 伝説はここだけで終わらず、90年には監督としてW杯を制覇。選手・監督双方で世界一に輝いた2人目の人物となった。, Kıvılcım Er(@er.kivilcim)がシェアした投稿 - 2020年 5月月5日午後2時33分PDT, パウル・ブライトナー(Paul Breitner) ポジション:AM ロベルト・ドナドーニ(イタリア、1986-1996.1997-1999、390試合出場23ゴール) 116人 ステファノ・エラーニオ(イタリア、1992-1997、140試合出場12ゴール) 6人 設問5 黄金期(1980年代後半)以降のミランで最高のfwは誰?【2名まで選択可】 マルコ・ファン・バステン (オランダ、1987-1995、201試合出場124ゴール) 1118人 アンドリー・シェフチェンコ (ウクライナ、1999-2006.2008-2009、322試合出 … https://www.roiblog.jp/contact, https://www.roiblog.jp/wp-content/uploads/2020/07/ロイすん.jpg, TOP 3 SPORT AGENCY(@top3sportagency)がシェアした投稿, Bastian Schweinsteiger(@bastianschweinsteiger)がシェアした投稿. ユース(下部組織):2006〜2007年, 彼の出来がチームの成績に直結するといっても過言ではないほど、クラブに多大な影響力をもたらす天才MF。, 驚異的なパス成功率を誇り、インサイドハーフでありながら90%以上の試合も少なくなく、15/16シーズンのバレンシア戦では100%も記録した。, David Alaba(@da_27)がシェアした投稿 - 2018年 2月月10日午後1時11分PST, ダビド・アラバ(David Alaba) 利き足:右足 利き足:左足 代表チーム:ドイツ代表 フンメルス(パドシュトゥバー) クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています 2000-2001年シーズンにおいて、ドイツのFCバイエルン・ミュンヘンが採用した5-4-1フォーメーションについての想定予想です。 モデルの想定・その他のケース. ポジション:CM 生年月日:1945年9月11日 身長/体重:179cm・79kg

webライティングの経験を活かし、読んでて面白い、そして自分自身も楽しめる記事作成を心がけてます。 ブライトナー(ジャン)

B‚µ‚©‚µA‚o‚jí‚É‹­‚¢‚̂̓hƒCƒc‚Ì“`“BƒoƒCƒGƒ‹ƒ“Eƒ~ƒ…ƒ“ƒwƒ“‚à‚»‚Ì“`“‚Ì‹­‚Ý‚©AƒJ[ƒ“‚ªÅŒã‚̃LƒbƒJ[‚Ì‚o‚j‚ðŒ©Ž–‚ÉŽ~‚ß‚Ä‚b‚k—DŸ‚𐬂µ‹‚°‚½‚Ì‚Å‚µ‚½B. 執筆依頼・お問い合わせはこちら↓ 代表チーム:ドイツ代表 生年月日:1989年9月13日 代表チーム:ドイツ代表 監督は、スペイン人のジョゼップ・グァルディオラ。選手時代は「ドリーム・バルサ」と呼ばれた黄金期のバルセロナ不動のビポーテとして、中盤の指揮を執った名手でした。 ポジション:GK 身長/体重:183cm・76kg 生年月日:1944年2月28日 B, ƒoƒCƒGƒ‹ƒ““`“‚̏dŒú‚ȃXƒ^ƒCƒ‹‚ɁA‰Ø—í‚È’†”ՂƃpƒXƒTƒbƒJ[‚ðŽ‚¿ž‚ñ‚¾ƒOƒAƒ‹ƒfƒBƒIƒ‰‚Ì’§í‚́AƒV[ƒYƒ“ŠJ–‹‚©‚珇’²‚ɐi‚݁A2013”N‚̉º”¼Šú‚ð–³”s‚ʼn߂²‚µ‚½“_‚©‚ç‚à¬Œ÷‚µ‚Ä‚¢‚é‚Æ‚¢‚¦‚é‚Ì‚Å‚Í‚È‚¢‚Å‚µ‚傤‚©B.

ユース(下部組織):1959〜1962年, 抜群の反射神経で西ドイツをW杯王者へ導き、"アンツィンクの猫"と呼ばれた20世紀最高のドイツ人GK。, シューマッハ、カーン、そして現在のノイアーへと続くドイツ代表名GKの歴史は、この男が起源といっても過言ではないだろう。, TOP 3 SPORT AGENCY(@top3sportagency)がシェアした投稿 - 2019年11月月12日午前9時52分PST, フランツ・ベッケンバウアー(Franz Beckenbauer) ▼DF

ベッケンバウアー(シュバルツェンベック) クロース(ヒツルスベルガー)

代表チーム:ドイツ代表 サッカージャーナリストを目指して長崎から上京。1度夢を諦めECサイトで働くものの、思いを捨てきれず1年半でフリーランスの道へ。 所属クラブ:バイエルン、マンチェスター・U ユース(下部組織):1998〜2002年, デビュー当初はサイドハーフだったが、09/10シーズンに中央へ主戦場を移し、瞬く間に欧州屈指のセントラルMFへと進化を遂げた。, Mats Hummels(@aussenrist15)がシェアした投稿 - 2019年 2月月16日午前2時33分PST, マッツ・フンメルス(Mats Hummels) 所属クラブ:バイエルン、レアル・マドリー 利き足:右足 利き足:左足 生年月日:1951年9月5日 所属クラブ:ヴォルフスブルク、ボーフム 身長/体重:180cm・78kg 身長/体重:185cm・77kg 所属クラブ:バイエルン、ホッフェンハイム 生年月日:1988年12月16日 代表チーム:ドイツ代表

ユース(下部組織):1995〜2006年, バイエルンとドルトムント、今のドイツを象徴する2クラブで、ディフェンスリーダーを務めたワールドクラスのCB。, スピード不足を読みで補い、空中戦では無類の強さを発揮。攻撃時にみせる正確なフィードは、先輩ベッケンバウアーにも匹敵する。, Thomas Müller(@esmuellert)がシェアした投稿 - 2020年 2月月9日午後1時11分PST, トーマス・ミュラー(Thomas Müller)

ミラン、21世紀の最強ベストイレブン。カカにピルロにインザーギ…黄金期の最強メンツ続々. ミシモビッチ(サンソーネ) 所属クラブ:ドルトムント、バイエルン ポジション:CM ポジション:RSB

各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。今回は、ベッケンバウアーからザークツィーまで、いつの時代も好タレントを輩出し続けているバイエルンユース出身の名手たち。懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。 ポジション:LSB アウゲンターラー(バッベル) 今回は、ベッケンバウアーからザークツィーまで、いつの時代も好タレントを輩出し続けているバイエルンユース出身の名手たち。, 懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。, Paolo Buccheri(@paolo_buccheri)がシェアした投稿 - 2020年 5月月25日午後1時38分PDT, ゼップ・マイヤー(Sepp Maier) 身長/体重:191cm・94kg 生年月日:1982年6月5日 代表チーム:ドイツ代表 利き足:右足 ユース(下部組織):1970年, 若手時代は運動量豊富なSBだったが、マドリー移籍後は中盤のマエストロとして活躍するなど、とにかく弱点がない名選手だった。, Miske Academy(@miske10academy)がシェアした投稿 - 2019年 5月月29日午前2時06分PDT, ズベズダン・ミシモビッチ(Zvjezdan Misimović) ポジション:CB ユース(下部組織):1997〜2004年, ヴォルフスブルク時代には、ゼコ・グラフィッチの強力2トップのゴールを引き出し、クラブ史上初のマイスターシャーレ獲得に貢献した。, Philipp Lahm(@philipplahm)がシェアした投稿 - 2019年 2月月6日午前3時30分PST, フィリップ・ラーム(Philipp Lahm) 代表チーム:オーストリア代表 所属クラブ:バイエルン、レアル・マドリー ユース(下部組織):2000〜2008年, もはや達人の域に達したポジショニングセンスでDFを混乱に貶める、バイエルン下部組織が輩出した歴代屈指の名FW。, 近年はチャンスメーカーとして覚醒し、貴重なアシストを連発。前線のレバンドフスキやニャブリへ高精度のボールを供給している。, FZFootball(@fzfootball_)がシェアした投稿 - 2020年 6月月11日午前10時17分PDT, トニ・クロース(Toni Kroos) ラーム(ハーグリーブス) 身長/体重:176cm・73kg