いつもコーンズブログをご覧いただき誠に有難うございます。 ベントレー東京 新人の本田でございます。 . 速度に応じた空気圧が3段階で設定されていて、その数値と空気圧があっていなかったからだ。「最高」にスピードを出すときは前後それぞれ3.8と3.4、「標準」が3.3と2.9、そして「快適」が2.8と2.4である。ベントレー モーターズ ジャパンの広報車の空気圧は「快適」が選ばれていた。日本は制限速度100km/hの国で、空気圧を高くすると乗り心地が悪くなるから当然の選択ともいえるけれど、実際の空気圧は「快適」なのに、警告の設定を「標準」、あるいは「最高」にしたりすると、コンピューターは当然、空気圧が低いと判定する。後ほど編集部に問い合わせたら、筆者がクルマを受け取る直前、走り屋の編集長が計器盤に並んだスイッチを押して、「速度」の項目を「標準」に切り替えていたのだった。, 長々とタイヤの警告灯の話を書いてしまった。空気圧というのは大変重要であり、コンチネンタルGTスピードはホントに300km/h以上出す人を想定した高性能車である、ということをお伝えしたかった。いや、ホントに300km/h以上出す人から、「快適」の速度域設定の人までをカバーするウルトラ超高性能車なのである。だから、このクルマは世界中のエンスージアストから支持されている。なにしろ毎日乗れるスーパーカーなのだ。, ほれぼれするのは、ウルトラ滑らかな6リッターW12ツインターボである。トルクが文字通り湧き出す。6リッターの大きなお釜からふつふつと潤沢に、くめどもくめども尽きぬように。それがまたいいお湯で。この12気筒、筆者の記憶によれば(つまり、あてにならんという意味ですけど)、例えばジャガーやメルセデスの12気筒に比べるとスムーズネスよりビートが持ち味だった。ごく平ったくいえば少々ラフだった。そこが魅力だった。今もワイルドさが魅力ではあるけれど、はるかに洗練されている。ヌルヌルしながらこんこんと、83.6kgmもの大トルクが2000rpmの低回転から引き出され、車重2380kgの重量級ボディーを猛烈な勢いで加速させる。, 2000rpm以上回すと、このエンジンは野獣のようにほえる。8段オートマチック・ギアボックスのプログラムを「D」から「S」にすると、咆哮(ほうこう)のボリュームががぜん大きくなる。左ハンドルの試乗車の場合、コーナリング中、右膝をセンターコンソールに押し当てて体を支えることができる。ステアリングの付け根から長く突き出たシフトパドルで変速し、グオーン、グオーンとゴジラもかくやの鳴き声を聞いていると、スポーツカーだぜ、と思う。, 男性的な低音の魅力に酔いしれていると、これはなにかに似ている。それはポルシェだ。水冷ポルシェの音に似ている。ベントレーの人、ごめんなさい。だけど、今のベントレー社長はヴァイザッハ出身だ。W12はおまけに毎年のように改良が施されている。まるでポルシェのフラット6のように。根拠はこのようにほとんどないに等しいけれど、私の直感がそう申している。, 現在のベントレーのCEOはヴォルフガング・デュルハイマー氏。以前はポルシェにおいて研究開発部門を統括していた。, ちなみに現行GTスピード、つまり2代目コンチネンタルGTの高性能版が発表されたのは2012年8月のことで、この時は最高出力625ps、最高速度は330km/h、0-100km/h加速4.2秒だった。2014年3月のジュネーブで635ps版がお披露目され、2016年4月にはさらに642psにビーフアップされた新型が発表されている。今回試乗したのは、642psが上陸するまでを使命とする635ps最後の広報車ということになる。おそらく。, 21インチのホイール&タイヤの組み合わせによって低速ではちょっぴりゴツゴツするけれど、それはすぐに慣れる。エアスプリングの設定には「コンフォート」から「スポーツ」まで4段階あり、4段階なのでセンターというポジションはない。いくら選挙しても無駄である。筆者はコンフォートから1段階だけスポーツ寄りを推しメンとする。快適だけれどフワフワではない。しなやかだけれど、ソフト過ぎない。硬いのは慣れるのに時間がかかる。, ステアリングはやや重めで、軽重いろいろ状況によって変化した初代に比べると一貫している。前後重量配分は58:42で相変わらずフロントヘビーながら、前後トルク配分が40:60と後輪駆動寄りなのが功を奏しているのかもしれない。, 右足にスッと力を入れると、コンチネンタルGTスピードは悪魔のように加速する。「天使のように加速する」のではない。路上の魔王。ダークサイドに落ちたダース・ベイダーや『ハリー・ポッター』のヴォルデモートなんかを思わせる。常軌を逸した高性能がフツウの人を寄せ付けない、あるいはフツウの人を服従させるようなオーラを放つ。そんな怪物を御す人をジェントルマンという。車両価格2700万円。, ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4820×1945×1400mm Copyright webCG Inc. All rights reserved. トランスミッション:8段AT

走行状態:市街地(5)/高速道路(5)/山岳路(0) 最大トルク:83.6kgm(820Nm)/2000rpm タレントのヒロミ(55)が3日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜後0・55)に生出演し、大統領選が過熱する米国への失望感を口にした。 コンビ揃って年収が4億円を超えていると言われている吉本興業の稼ぎ頭、ダウンタウンの浜田雅功さんの過去現在の愛車について以前調べました。 その結果、予想通りかなりの高級車ばかりを乗り継いでいた事が分かり、歴代の愛車の総額は・・・ B‚æ‚萳Šm‚ȏî•ñ‚̓[ƒJ[‚̃z[ƒ€ƒy[ƒW‚âƒJƒ^ƒƒOA”Ì”„“X‚É‚Ä‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B, ƒRƒ“ƒ`ƒlƒ“ƒ^ƒ‹GT 2018”Nƒ‚ƒfƒ‹‚̉¿ŠiEƒOƒŒ[ƒhˆê——. これはすごいね 一目で高いと分かる . ヒロミ「今もバイクや車いじりを楽しんでいる」...東京モーターショー2019 2019年10月28日(月)07時15分 アズール(ベントレー)の中古車を4台掲載中。アズールの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。アズールの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。 タイヤ:(前)275/35ZR21 103Y/(後)275/35ZR21 103Y(ピレリPゼロ) 駆動方式:4WD ホイールベース:2745mm

すべての機能を利用するにはJavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, H26年 ベントレー コンチネンタルGT スピード 約58,000㎞ GTスピード専用装備/マリナーパッケージ/専用アルミホイール/, 返金保証付:【STARRING】importCar専門店【ドレスアップ&チューンアップ】 6.0 4WD 4WD マリナ-ドライビングスペック@車選びドットコム, ★H18年ベントレー コンチネンタルフライングスパー6.0 4WD★社外20インチアルミホイール★オンダッシュTV★サンルーフ★車検令和4年3月★, 即決!ベントレー アルナージR ディーラー車 純正メッキアルミホイール メッキグリル 黒革シート ETC, 返金保証付:ベントレー ミュルザンヌ正規D車右H☆マリナードライビングスペック☆プレミアムスペック☆ジャパンスペック@車選びドットコム, 返金保証付:ベントレー コンチネンタルフライングスパー 6.0 4WD☆MCモデル後☆後期マンソリーエアロ&22インチホイール@車選びドットコム, 【 後席セパレート / 走行4.5万k 】 2007y / ベントレー / フライングスパー / ホットスパーインテリア / オプション多数, 【 最高峰/極上車 】2011yモデル/コンチネンタルGT/マリナースタイリング/6.0/オプション多数, コンチネンタルGT 6.0 4WD ニューMANSORY-Style/2010yモデル/22アルミ, コンチネンタルフライングスパー 6.0 4WD ディーラー車 左H SR WALD21, GoTo名古屋★ロッソ価格交渉キャンペーン  2006y 正規D車 ベントレー コンチネンタルフライングスパー 後席セパレート MANSORY仕様!, 【全車輌消毒消臭済】実走行少 ホワイト 車検取立てR4年8月 ベントレーコンチネンタルGT ディーラー記録多数有 是非現車確認如何ですか?, 2011年 車検2年付き ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ 6.0 4WD@車選びドットコム, コンチネンタルフライングスパー スピード 4WD 左H サンル-フ ディ-ラ-車 スマ-トキ- TV, 2012年 ベントレー アルナージ T 地デジナビ 黒革 サンルーフ 純正19AW ET@車選びドットコム, 車検R3/3 総額937.3万円 2014年 ベントレー コンチネンタルGT V8 茶革 右ハンドル 電動トランク サンダー 走行53,000@車選びドットコム, 2014y ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル SPEED 4WD 正規ディーラー車, 2006年式 ベントレー コンチネンタル フライングスパー 6.0 4WD カロッツェリアHDDナビ / 中古車 / WD@車選びドットコム, 返金保証付:2016年 ベントレー コンチネンタルGT V8 4WD@車選びドットコム, 返金保証付&鑑定書付:2014年ベントレーフライングスパー 6.0 Rエンターテイメント・フォージド22アルミ・ロアリングキッ@車選びドットコム, 返金保証付:2005年 コンチネンタルGT 6.0 4WD マリーナPKG ナビ、TV、Bカメラ@車選びドットコム, 自社分割 当日契約ok 最短当日 18年 GTC 左H ナビ 革 希少車 保証人不要 利息0% 最大枠対応 5分審査 個人分割 4人乗 正規ディーラー, 返金保証付:2013年 ベントレー コンチネンタルGT V8 4WD@車選びドットコム, コンチネンタルGTコンバーチブル 6.0 4WD 左ハンドル ADV.1 21インチ 全面ウルトラビジョン, コンチネンタルフライングスパー スピード 4WD 610ps(カタログ値) 6L W12ツインターボ, ※carview!の中古車物件情報の内容は予告なく変更されることがあります。株式会社リクルートホールディングスおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬(むごびゅう)性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。, ※carview!の中古車物件情報に表示されている価格は消費税込みの車両本体価格で、保険料、税金(消費税を除く)、登録などにともなう費用は含まれていません。.

最高出力:635ps(467kW)/6000rpm

テスト形態:ロードインプレッション

燃費:6.8km/リッター(欧州複合モード) 某日夜、翌日の取材のためにwebCG編集部でこの緑色の魔王のカギを受け取り、スターターボタンを押してヴォンッ! とW12エンジンを目覚めさせるや、意気揚々と走り始めた。う~む、けっこう乗り心地が硬めで、タイヤのコツコツ感がある。さすがGTスピードだ。590psのコンチネンタルGTでも化け物なのに、その高性能版であるGTスピードときたら635psにビーフアップされている。, ビーフアップとたまたま書いて思ったのだけれど、本当にbeef upである。そもそもベントレーはハイエンド、これ以上高いところはもうありませんという自動車界のヒマラヤ山脈にあるブランドである。牛肉でいえば、和牛の最高ブランド、松阪牛なんである。比喩なので細かいことはともかく、コンチネンタルGTを超高級ビーフカレーだとすれば、すでにたっぷり入っている松阪牛の量をさらに増やしたぜいたく仕立てなわけである。, で、筆者であるところの私は、その乗り心地の硬さにカレーの香辛料が利いているな、ぐらいのことを思った。すると、あろうことか、ピーッピーッという警告音が控えめに鳴り出し、メーター上、タイヤ空気圧の異常を示す警告灯がオレンジ色に輝いている!, 現行コンチネンタルGTスピードは、最高出力635ps、最大トルク83.6kgm、最高速度331km/h、0-100km/h加速4.1秒という圧倒的なパンチ力を持つスーパーカーである。ベントレーの量産車史上の最速のモンスター。モンスターではあるが、レース中継でもわかるようにタイヤは自動車のアキレスの腱(けん)である。もし、タイヤの空気圧がなんらかの理由で低下しており、それを車載コンピューターが警告したにもかかわらずドライバーがこれを無視して疾駆し続けたならば、大惨事が起きるやもしれぬ。, 「コンチネンタルGT」シリーズの高性能モデルにあたる「GTスピード」。価格は「GT V8」の2150万円、「GT」の2430万円に対し、2700万円となる。, ボックス、ボックス! 右前方にガソリンスタンドがあって、「フェラーリ・カリフォルニア」が給油している。フェラーリが給油しているところなら間違いはあるまい。と判断して緊急ピットイン、空気圧を測ってもらった。, 前2.8、後ろ2.4で、異常なし。それなのになぜ空気圧が低いという警告が出たのか? 

東京モーターショー2019会場のひとつ、実際の市販車やドリフトマシンが走り回る、DRIVE PARK。ここで27日にスペシャルトークショーが開催され、ゲストにタレントのヒロミが登場した。, DRIVE PARKは無料エリアとして解放され、コンテンツの1つとして、タレントのヒロミがメルセデスマイバッハに乗って登場し、DRIVE PARKのプロデューサーのピストン西澤と、軽妙なトークショーを展開した。, ヒロミは「昔はバイクもクルマいじりもいっぱいしたし、実は今でもバイクやクルマを複数所有して、暇を見つけてはレストアしているのが楽しい」と若い頃から現在までクルマやバイクいじりを楽しんでいると話した。, 今回のDRIVE PARK内に展示してあった車両の中で気になった1台として、ヤマハの『ナイケン』が気になった。ということで、会場内を実際に試乗して、ナイケン特有のコーナリング姿勢などを体験していた。ヒロミはバイクはホンダ党ということで、今までも『CB400 SUPER FOUR』や『CB750K』などに乗り、ほかに川崎の『Z1』や『マッハ』などを乗っていたが、なぜかヤマハは購入したことが無かった、と過去を振り返っていた。トークショーが終わると来た時と同じようにマイバッハに乗って会場をあとにした。, DRIVE PARKではレーシングカーの展示、レクサスのボートの展示と乗船、さらにD1マシンのデモ走行や同乗体験のできる、東京オートサロンスピンオフD1エンクストリーム同乗体験、D1マシンと『WRX STI』のラリーカーの同乗体験ができるTMS WILD DRIVEや、市販車を1台ずつ動かしながら紹介する、動くクルマ図鑑ステージなどが行われた。, 初代 インテグラ タイプR レーサー、フルレストア…17年ぶりにレース出走[動画], ホンダ アフリカツイン 1100L の注目は排気量拡大ではなく「電脳化」…東京モーターショー2019, ルノー ルーテシア 新型、モデルチェンジのポイントは内装[デザイナーインタビュー], 自工会 豊田会長「各社がワンチームになった結果」…130万人来場の東京モーターショー2019, オープンイノベーションによる日本版MaaSの構築、小田急グループの戦略とは…名古屋オートモーティブワールド2020. 使用燃料:62.7リッター(ハイオクガソリン) 参考燃費:4.4km/リッター(満タン法), ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。, この記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント, トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ, ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。, 俳優・高橋克典もその仕上がりに驚嘆! ソフト99最新カーコーティングの実力を体感した。, ベントレーが長期事業戦略「ビヨンド100」を発表 2030年までにすべてのモデルをEV化. 価格:2700万円/テスト車=2933万7100円 それは凄いけど、ベントレーって信用調査みたいのないのかな? アウトローには基本高級車メーカー金出しても売らないイメージだけど、 5: 2020/10/03(土) 20:11:28.793 ID:iGWyrBsj0. ベントレー コンチネンタルgt の中古車 コンチネンタル GT スピード 4WD グラッシャーホワイト 1770 万円 初度登録 : 2017年(2017年) 走行距離 : 0.9万km 車重:2360kg 英ベントレーは、10年以内に電気自動車の生産へ完全に移行する計画。米CNBCが報じた。, ベントレーのエイドリアン・ホールマーク社長は、ベントレーは10年以内に高級車メーカーから環境にやさしい新たなお手本に様変わりすると発表した。ホールマーク氏によると、ベントレーは2030年までに二酸化炭素排出量ゼロを目指している。, 先に、日本のホンダが2022年末までに欧州向けガソリン車の生産を停止すると報じられた。ホンダは、人気が低下しているディーゼル車の販売も停止する方針。ホンダはハイブリッド車と電気自動車に重点を置く。, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo-itemprop.png, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.png, https://jp.sputniknews.com/science/202011067915573/, 下記の「登録」ボタンをクリックすると、貴殿の個人情報の処理と、個人情報保護方針への貴殿の同意が確認されたことになります。, プロフィールが削除されました。プロフィールの再現は削除後30日以内であれば、登録の際のこちらからの送信メールにあるアドレスから可能です。, ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。, ©