それはとても悲惨な事故で、退院後はあまりの顔の変化に報道陣も思わず息を呑みました。, 事故前のたけしさんの顔画像はこちらです。事故前はオールバックが似合うイケメンでした。, ところが、事故後、たけしさんの顔はすっかり歪んでいました。事故後の退院会見時の顔画像はこちらです。, 意識不明の重体から生還したたけしさんが会見で姿を現したとき、あまりの顔の変化に報道陣は思わず息を呑みました。, 会見動画の画質が荒いですが、当時のたけしさんの顔は歪んでいて目の焦点が定まっていませんでした。, たけしさんは真夜中に、原付バイクで東京都新宿区の安鎮坂付近を走行中に自ら転倒するという自損事故を起こしてしまいました。, 深夜に、たけし軍団メンバーと別れ、購入したばかりの原付バイクに酒気帯び状態で跨り、愛人宅へ向かう途中の事故だったとのこと。, しかし、たけし軍団のメンバーが腫れ物にさわるかのように話しかけてこなくなったそうで、屈託のないダチョウ倶楽部の存在が安らぎだったとの話です。, ビートたけしさんを敵に回すような、迂闊なことは出来ない、というタブー感が漂っていたのでしょう。, たけしさんの事故直後の歪んでしまった顔を、細川ふみえさんはどんな気持ちで見ていたのでしょう。, 事故当日に、後輩のTOKIOとその現場周辺でロケをしていたそうで、事故の時間帯にたまたま現場をとおりがかり、血だらけで倒れているたけしさんを発見しました。, たけしさんは、東京医科大学病院に救急搬送されて一命を取り留めますが、怪我は深刻でした。, 事故の一報をうけて、たけしさんの弟子の負古太郎(まけふるたろう)さんが警察にかけつけたとき、古太郎さんは絶望的な言葉を耳にします。, 四谷警察署の取調室では警察官からは「脳味噌、陥没だ。よくても植物人間だぞ」と告げられました。, 事故の一報を聞いた所属事務所「オフィス北野」の社長・森昌行さんは、たけしさんの容体を知り愕然とします。, たけしの家族と身のまわりの世話をするごく少数の弟子を除き、すべての人間を面会謝絶にする, しかし、事故直後のたけしさんの容体は絶望的でした。顔面が倍ぐらいに腫れ上がり、集中治療室からは絶え間なくうめき声が漏れていました。, そのようなたけしさんの状態が何らかの形で外部に漏れれば、それを知ったテレビのスタッフが「復帰は不可能」という判断を勝手に下してしまい、情報が独り歩きしてしまう。, 森さんは連日のように自ら記者会見を開いてたけしさんの病状を伝えました。そのときの動画がこちらです。, 森さんは当時、自分から情報を提供することで、それをテレビや雑誌がどういう形で紹介するのかを確認し、その反応を見て、次にどういう情報を出すのかを判断していたそうです。, たけしさんは、病院でようやく意識を取り戻した時には、事故前後数時間の記憶は失われていました。, 「記憶がない。現場の血を見てぞっとした。『自殺したんだな』と思った。下手したらもう1回するような気がする。一番のファンは一番足を引っ張ろうとする。その人が落ちていく様を見たがっているものだと事故の時に痛感した」, 「いつも不安で不安で仕方がない。おれほど憶病者はいない。開き直らないとむちゃできない」. 1997年放送 27時間チャレンジテレビ/ブリーフ4(たけし×鶴瓶×今田×東野) 補足:丹波邸に行ったのは夜。鶴瓶はすでに泥酔状態で好き放題。 ビートたけしさんはバイクで事故を起こし、生死の境をさまよった過去を持っています。 それはとても悲惨な事故で、退院後はあまりの顔の変化に報道陣も思わず息を呑みました。 当時のビートたけしさんの事故についてまとめました。 (window.gZgokZoeWidgetQueue = (window.gZgokZoeWidgetQueue || [])).push({frameId: "_d10fef15da", parent: "#zucks-widget-parent_d10fef15da" }); 【画像】ビートたけし事故直後がヤバイ!事故前の顔は?顔面麻痺に細川ふみえも唖然!?.