強気は強気をも押し返す, これを座右の銘としてるため、実践できる選手が母子家庭出身には多いと自分の経験からわかっていたためなんです。, 「母子家庭出身の選手だから成功する」というより、「通常より不利な状況をくぐり抜けてきた選手は粘り強く結果を出しやすい」と言えるかもしれません。「不利な状況」というのも家庭環境だけじゃないですし。, 「逆境を跳ね返す精神力」ってスポーツでは特に重要ですし。一流のプロ達の場合、能力や練習法やテクニックはある程度把握してて、あとはどこで差を付けるかというと、けっこう「メンタル」だったりするんですよね。, さらに、「観客を味方につけやすい」「物語(ストーリー)性を持ちやすい」面も、プロとしては有利な点になりますよね。本人が望むにしろ望まないにしろ「アイツ頑張ってんじゃん。応援するわ」みたいな見方もされがちでしょうし(星野監督はそれがイヤであまり公表しなかったとか)。, 「野球選手はハングリー精神が必要だ。そういう子はプロ野球に入ってきて『負けたくない』という思いが人一倍強いはず。俺は半端ではない苦労をしたから、『母親を楽にさせてあげたい』、『いい暮らしをさせてあげたい』と、そこがエネルギー源になった。貧乏は絶対嫌だと、その一心で野球をやっていたからな」, 「今の選手は感謝の心が薄れているように見受けられる。誰でもいい。『この人に感謝しています』という人がいれば、感性は鍛えられる」, 下手すると18歳時点のノムさんより才能あるかもしれませんよね。これからが楽しみすぎる…ッッッ. (日刊スポーツより), 9年前のこの日、母・輝美さんが病気で他界した。坂本にとって、母は野球人として、人間として、多大な影響を受けた存在だった。左利きにもかかわらず、右投げなのは、野球を始めた時に右投げだった兄のグラブを母に与えられたのが理由。「おかんのおかげ」と今では笑い話だが、遊撃手として、球団初の8年連続2ケタ本塁打は母に導かれたものだった。, 年末年始が訪れる度、墓前に手を合わせ、1年間の報告と新たな1年の意気込みを心の中で語る。「1軍でプレーする姿を知りませんから。今の僕を見たら、どう思うでしょうね」。空から見守る母に向け、今年の母の日も、G2の「LETTER~おかんに贈る音の手紙~」を登場曲に使った。「今日くらいはね」。明るく、朗らかな主将は周囲への気遣いから、公の場で母の話をするのは避けるが、歌で思いを示した。 今秋のドラフトで指名候補として注目されているHonda鈴鹿の右腕、松本竜也投手。母子家庭で育ち、女手ひとつで育ててくれた母・美幸さんを楽にさせるために、プロを目指してきた。智弁学園から社会人野球のHonda鈴鹿に進み、今年が指名解禁となる入社3年目。松本は最愛の母に朗報を届けるため、10月26日を静かに待つ。, 【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト, 松本が本格的に投手を始めたのは小5の時。中学では奈良葛城ボーイズでプレー。智弁学園高校当時からドラフト候補選手として名前は挙がっていたが、プロ志望届は出さず、社会人のHonda鈴鹿に進んだ。, 「子供の頃はバッティングも好きでしたが、球が速いと言われていて、抑えられていたから楽しかった。中学では打撃よりも投球のほうがいいと指導者の方たちに言われ、投手をしていました」, 小学生の時の将来の夢はプロ野球選手。母が野球好きだったこともあり、自宅のテレビで阪神戦を見ることが多かった。, だが、練習が厳しかった中学時代に壁にぶつかった。「技術的には通用していたが、自分自身は納得いく投球ができていなかった。『プロは目指すところじゃないかな』と思った」。厳しい練習にモチベーションが上がらず、憂鬱な気持ちで嫌々練習に行く日が続いたこともあった。だが、現役時代に近鉄で盗塁王を獲得し、指導者として2軍監督も務めた元プロの安井俊憲ヘッドコーチから「お前は野球が取り柄なんだから、プロを目指しなさい」と説得され「お母さんを楽にできるのならもう1度目指してみようと思うようになった」という。, 来秋ドラフト候補、Honda鈴鹿154キロ右腕が躍動 中日スカウト「どう成長するか」, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). (千葉日報より), 「じーちゃん、ばーちゃんと話し合って入団を決めました。島を離れるのは寂しいですが、都会で勉強して島の子どもたちに感動を与えたいです」 

Copyright ©  boku-note All rights reserved. if(typeof window.oekaki!=="undefined")return false; その選手が指名されるかまでを見届ける構成の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」が放送されます。, 今年の紹介予定のドラフト候補選手には、社会人・Honda鈴鹿所属の平尾奎太投手(24)、東洋大学の中川圭太選手(22)、 番組で取材を受け、ドラフト指名、入団して、現在活躍中の選手も多くいます。, もちろん取材を受けながら指名されなかった選手や、入団後芽が出ず、退団した選手もかなりの数いるわけで、 菅野選手の過去のプロ野球戦績は以下になります。 2010年のドラフト会議で西武の指名を受けて入団し、2017年に首位打者となるなど、西武の顔となっています。, 2015年の5月から社会貢献活動の一環として、埼玉県内のひとり親家庭の親子を招待する支援活動を行っています。, 2016年の母の日には招待した親子の前でホームランを打ったそうです。 明るくて、コミュニケーション能力が高いことから2015年から巨人のキャプテンを務めています。, 秋山翔吾(西武) pf[0].insertAdjacentHTML('afterend','') わかる範囲であげてみましたが、とりあえず16名。プロ野球選手は「8,000人にひとりの確率」と言われており、現在900名ほどがいます。これは明らかに多いかな?という感じですね。 中田翔選手(日ハム)28歳2.8億円プレイヤー 2013年 梅野隆太郎(阪神)、大瀬良大地(広島) 弱気は強気に押し切られる node.dispatchEvent=function(e){this["on"+e.type](e);};

大成したプロ野球選手には母子家庭が多いという説があります。本当でしょうか?毎年、この時期に「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」と主として母子家庭の選手が取り上げられる番組が話題になります。選手のその後を調べてみました。 中村奨成(なかむらしょうせい)選手がカープのドラ1指名確実ぽいので (日刊ゲンダイより), 「実は、松田オーナーが、たまたま薮田さんのお母さんが運転手をしていたタクシーに乗車して『うちの息子が亜細亜大で野球をしています。凄く速いボールを投げるので、ぜひ宜しくお願いします』と声をかけられたんです。それで松田オーナーから『亜細亜大に薮田というピッチャーがいるのか。一度、見にいってやってくれないか』と連絡がありました。高校、大学と九里(2013年ドラフト2位)のひとつ後輩で、名前は知っていましたが、右肘を疲労骨折して手術していまして、ほとんど見たことがありませんでした。それでも、松田オーナーが仰るので、3年春のオープン戦を見にいったんです」, 母の昌美さんが、女手ひとつで本当に苦労しながら薮田を育てた泣ける話は、テレビの番組でも取り上げられた。息子が野球をできるように、少しでもお金を稼ごうと昌美さんがタクシーの運転手をしていたことがあった。そこでも事故をして、借金を重ねることになってしまったというが、偶然にも広島の松田元オーナーが、お客として乗車、そこで直談判できるという不思議な運命の糸で結ばれていたのである。, 「あいつ、格好つけとるわ」。畠山さんはテレビ画面に映った孫の姿を見つめ、こうつぶやいた。, 銀次選手は畠山さんの影響で小学2年のときに野球を始めた。小学3年のとき盛岡市の県営野球場で高校野球を見た帰り道、「俺、甲子園に行きたい」とつぶやいた銀次選手の顔が忘れられないという。, 銀次選手はその後、地元のスポーツ少年団に入団した。小学校高学年からは畠山さんが監督となって野球の基礎をたたき込んだ。左打者になるようにアドバイスしたのも畠山さんだ。「巨人の高橋由伸選手に憧れていた。(日本シリーズで)対戦できて本人も喜んでいるのかな」と話す。, 母子家庭だった銀次選手。畠山さんは「祖父でありながら、時に父親代わりとして、高校に入学するまで一緒に過ごしてきた」と振り返る。