ブライアン・デ・ヘスス・ロドリゲス・ギーエン(Bryan De Jesus Rodriguez Guillen[2]、1991年7月6日 - )は、ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス出身[3]のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。, 2010年にアマチュアFAとして、サンディエゴ・パドレスと契約[3]。同年はドミニカン・サマーリーグのドミニカン・サマーリーグ・パドレスでの出場で、4勝1敗、防御率3.14を記録した[2]。, 2012年はアリゾナリーグ・パドレス(アリゾナリーグ)、ユージーン・エメラルズ(ノースウェストリーグ)で出場している[2]。, 2013年はフォートウェイン・ティンキャップス(ミッドウェストリーグ)、2014年はレイクエルシノア・ストーム(カリフォルニアリーグ)で出場した。同年冬はリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナのヒガンテス・デル・シバオに参加している[2]。, 2015年は、サンアントニオ・ミッションズ(テキサスリーグ)、エル・パソ・チワワズ(パシフィック・コーストリーグ)で出場[2]。自身初のAAAクラスへの昇格となるが、3試合に登板して1勝2敗、防御率9.45の成績に終わった[2]。同年冬も前年に引き続きヒガンテス・デル・シバオに参加した。, 2016年、2017年も2015年と同様にサンアントニオ・ミッションズとエル・パソ・チワワズを行き来する状態で、メジャーリーグへの昇格は無かった。, 2017年12月8日に北海道日本ハムファイターズが獲得を発表した[3]。年俸5000万円プラス出来高(推定)[4]、背番号は41。マイナーリーグの通算成績は9年間で150登板(内先発126試合)、39勝59敗、防御率は4.43[2][5]。, 2018年は、入団1年目でありながら開幕投手となる[6]。日本ハムの外国人投手では2005年のカルロス・ミラバル以来で、日本プロ野球に在籍経験のない外国人選手ではマット・キーオ(阪神・1987年)、ボブ・ウォルコット(近鉄・2000年)に続き3人目[6]。開幕戦の対埼玉西武ライオンズ戦では、3回途中までで8失点し降板、負け投手となった[7]。, Bryan Rodriguez Minor & Winter Leagues Statistics & History, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/08/kiji/20171208s00001173177000c.html, http://www.sanspo.com/baseball/news/20180329/fig18032918020005-n1.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803300000841.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブライアン・ロドリゲス&oldid=80450926, 初ホールド:2019年5月4日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(ZOZOマリンスタジアム)、6回裏に2番手で救援登板、1回無失点. プロ野球 北海道日本ハムファイターズ ロドリゲスのプロフィール、個人成績をお届けします。 球場 防御率 登板 先発 完投 完封 無四球 QS 交代完了 勝利 敗戦 ホールド HP セーブ 勝率 投球回 打者 被安打 被本塁打 231.8k Followers, 54 Following, 1,125 Posts - See Instagram photos and videos from 北海道日本ハムファイターズ (@fighters_official) 68.9k Likes, 850 Comments - Kenshi Sugiya (@kenshi.02) on Instagram: “※ロッカーで自然に流れてた曲です。 製作総指揮 杉谷拳士 出演者 杉谷拳士 音楽 ロドリゲス 撮影 ビヤヌエバ 、マルティネス 編集 杉谷拳士 公開 2020年3月9日…” ブライアン・ロドリゲス Bryan Rodriguez 北海道日本ハムファイターズ #41 基本情報 国籍 ドミニカ共和国 出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州 サン・ペドロ・デ・マコリス 生年月日 1991年 7月6日(29歳)身長 体重 196 cm 81 kg