下請法が適用される場合、親事業者はどのような行為が禁止されるのでしょうか。 下請法第4条で11の項目が禁止事項として挙げられています。 ①受領拒否の禁止 親事業者が下請事業者に対して委託した給 … ただ、この場合にも返品できる期間が決まっているので注意が必要です。, まず目的物の不具合(瑕疵)がすぐに見つかるようなものである場合には、発見次第速やかに返品する必要があり、その後に返品することは許されません。, 不具合(瑕疵)がすぐに見つからないようなものであっても、受領後6ヶ月以内の返品であれば認められますが、それ以降は、一般消費者に対して6ヶ月以上の品質保証を定めている場合(この場合も1年間が限度)を除いて返品は許されなくなります。, 買いたたきとは、親事業者が発注に際して下請代金の額を決定するときに、発注した内容と同種又は類似の内容に対して通常支払われる対価と比べて著しく低い額を不当に定めることをいいます。, どのような場合に「買いたたき」とされるかは、 下請法が適用される場合、親事業者はどのような行為が禁止されるのでしょうか。 a社とb社の取引は、下請代金法の資本金基準を満たしており、「製造委託」に該当することから、下請代金法が適用される取引と考えられます。 B社は、契約書上検査を省略していますので、A社が納品した物品等に瑕疵があっても返品はできません。 具体的には商慣習上妥当と認められる手形期間を超える長期の手形を指し、業種にもよりますが120日を超えるようですと割り引くことが困難と評価されることになります。, 不当な経済上の利益の提供要請の禁止とは、親事業者が自己のために下請事業者に協賛金などの金銭や下請事業者従業員の派遣などの役務その他の経済上の利益を不当に提供させることをいいます。, たとえば、親事業者である小売店が、下請事業者である納入先に対して、店の単なる手伝いをさせるために従業員の無償での派遣を要請するような場合が挙げられます。, 他方で、下請事業者の納入商品の販売を担当させるような場合で下請事業者の利益になることを明示する場合には、不当な経済上の利益提供にはあたらないため許されることになります。, 不当な給付内容の変更ややり直しとは、下請事業者に責任がないのに、発注の取り消しや給付内容の変更をおこない、又は、受領後にやり直しをさせることによって下請事業者の利益を不当に害することをいいます。, 給付内容の変更ややり直しをさせるのに必要な費用を親事業者が負担するのであれば問題ありませんが、一部費用又はすべてが下請事業者の負担となっているのであれば、禁止行為に該当することになります。, 下請事業者側の事情で給付内容を変更する場合や、対象物に不具合がある場合で受領前に注文内容に沿って変更させる場合、受領後にいったん返してやり直させる場合には、正当な理由があるため、不当な変更又はやり直しには該当しません。, 返品の場合と同様に、正当な理由がある場合であっても、やり直しをさせることができる期限が決まっており、通常の検査で直ちに発見できる瑕疵の場合には、発見次第速やかにやり直しをさせる必要がありますし、通常の検査で直ちに発見できない場合であっても物品の受領後1年以内にやり直しをさせる必要があります。, 親事業者がユーザーなどに対して1年以上の瑕疵担保期間を保証している場合には、それに応じた瑕疵担保期間を親事業者と下請事業者の間で合意している場合に限り1年以上であってもやり直しをさせることができますので、親事業者としては、ユーザー等との瑕疵担保期間に応じた期間を下請事業者との間でも定めておくことが重要です。. ① 代金の決定に際して下請事業者と十分な協議を行ったか

Q14 自社ホームページについて,一部を自社で作成し,残りの部分の作成を外注に出しているが,これは本法の対象となるか。 (異なった内容の委託を併せて行った場合の資本金区分) 1.

Q15 取扱説明書の内容の作成委託(情報成果物作成委託)とその印刷の委託(製造委託) … WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ② 差別的であるかどうかなど対価の決定内容 Copyright © 2020 法律の小窓 All Rights Reserved. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). (自社ホームページの作成) 1. ③ 通常の対価と決定された対価とにどれくらいの差があるか ④ 給付に必要な原材料などの価格状況 ¯ã¯ä½•ã‹ã€‚また,どのような措置が採られるか。, Q43 部品の製造を委託している下請事業者に対し,当社が所有する金型の保管を委託しているが,不当な経済上の利益の提供要請に該当するか。, Q44 年末セールの販売活動の手伝いとして,下請事業者から無償で人員を派遣してもらうことを考えている。当該セールでは下請事業者の製品も販売するため,下請事業者にとっても利益があるものと考えるが問題ないか。, Q45 デザインの作成委託において,当初の発注内容は下請事業者に複数のデザインを提出させ,その中から1つを採用し親事業者に知的財産権を譲渡させるというものであったが,納品後,採用デザインだけではなく不採用デザインの知的財産権も譲渡させることは問題ないか。, Q46 金型の納品に当たり,製造の過程で下請事業者が作成した金型の図面を無償で提供させることは不当な経済上の利益の提供要請に該当するか。, Q47 下請事業者との契約に当たり3年の瑕疵担保期間を契約しているが,当社の顧客に対する瑕疵担保期間は1年である。この場合に,受領から3年度にやり直しを要求することは問題ないか。, Q48 親事業者が発注を取り消す際には,下請事業者が当該給付の目的物を作成するために要した費用を全額負担する必要があるとのことだが,例えば,下請事業者が当該給付の目的物の作成に必要な機器と人員を手配している場合に,下請事業者に解約可能な範囲は解約してもらい,解約できずやむを得ず負担することとなった部分を負担すれば問題ないか。, Q17 継続的に運送を依頼している役務提供委託の取引において,契約書を3条書面とすることは問題ないか。それとも,契約書を取り交わしていても,別途,個々の運送を委託するたびに3条書面を交付する必要があるか。, Q29 下請代金の支払方法を手形から現金に変更した場合に注意すべき点はあるか。, よくある質問コーナー(下請法).