京都市バスはすべて系統番号で表示しています。中心部を走る均一運賃系統と郊外を走る多区間運賃系統があります。詳細は京都市バスの区間表示(方向幕)についてをご覧ください。  特18系統  78系統 ・2824 ・2820 <>/XObject<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> 「twitter @harukasuchu https://twitter.com/harukasuchu  70系統 73系統 )を用意して運行していた。上から貼り付けるという安上がりな方法ではあるが、堂々と「750」「東本願寺」と掲げられたバスは、信徒や観光客には大変わかりやすいものだったことだろう多分。, 京都駅から東本願寺は近く、また行くための路線は様々あるので、元々臨時便は必要ない。, この750号系統のコンセプトとしては、烏丸六条停留所を起点として、祇園停留所や京都会館美術館前停留所(現・京都会館美術館・平安神宮前停留所)等との間を結ぶ。これにより、東本願寺から大谷祖廟(東大谷)や「親鸞展 生涯とゆかりの名宝」が開催される京都市美術館まで乗り継ぎ無しで移動できるようになり、相互移動が楽になる。もちろん、多くの観光客で賑わう東山エリア(祇園、清水道、五条坂)から京都駅に帰る一般観光客にも便利である。, ぎおん・よるバス (祇園 → 四条河原町 → 四条烏丸《地下鉄四条駅》 → 京都駅前), 水族館・東山ライン → 2016(平成28)年3月新ダイヤで「86」になり京都駅前を通るよう経路変更, 四条河原町ショッピングライナー (土曜・休日のみ) → 2016(平成28)年3月新ダイヤで「急行104」になり経路も延伸し平日も運行, 岡崎・東山・梅小路Express (土曜・休日のみ) → 2016(平成28)年3月新ダイヤで「急行110」になり平日も運行, 祇園Express号系統 → 2016(平成28)年3月新ダイヤで「急行106」に, (往路) 烏丸六条(東本願寺)→五条京阪前→五条坂→祇園→東山三条→京都会館美術館前, (復路) 京都会館美術館前→東山三条→祇園→東山安井→清水道→五条坂→五条京阪前→烏丸七条(東本願寺)→京都駅前. 京都市バスは2018年度から2022年度にかけて、全車両の表示器を幕式からフルカラーledへ更新することとなり、先行導入で3487と3530の2台が2018年11月にフルカラーled化された。  33系統

 71系統  北8系統, 烏丸営業所錦林出張所京都バス委託:快速15系統 ・2868 ・2834  快速202系統 ・2838 京 都 市 交 通 局 営 業 推 進 室 tel 075-863-5068 京都市バス方向幕タオル(実寸大),京都市バス「チョロQ」を発売します! ~大好評につき方向幕タオルのシリーズ化開始!  12系統 (2016年3月13日に運行終了、現104系統), 特81出(臨)系統  水族館シャトル                  91系統  26系統

 快速205系統, 100円循環バス  15系統  急行103系統 ・2847 ・2866・2867 ・2822  岡崎ホコテン&京まふ号, 2816 '㆖��7Ȫ�o�

 西3系統, 横大路営業所阪急バス委託:13系統  84系統, 201系統 %PDF-1.5  207系統 endobj ・2823  80系統  16系統  特8系統 <>>>

 203系統  」も, 10系統 2019年5月21日 閲覧。  11系統 ・2821  急行102系統

 西4系統 4 0 obj :�2[�Bҷį8��7@M"���S��t*���šX�)qj�W8��d�Ÿ/ϫ�&�uuAu�����I���%AX�Bjs��}SBR�,!�R2nM����e:��)e�ó1�0��_� ��@&��$k�d5��=7d�P��Sw���"  特13系統 |  12系統  西2系統

前述のラインカラー導入により、大半のLED車は洛西営業所や横大路営業所に転属している。, 2015年頃にフルカラーLED表示器が発売され、京都府内では京都バスが、京都府外では名阪近鉄バス、西武バス、沖縄県のバス事業者などに導入されたが、京都市営バスでも2018年度に導入を開始、5年計画で全て幕式表示器を置き換える予定。, 京都市営バスのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, ただし18号系統竹田駅経由便(パルスプラザ前から国道赤池間)と81号、急行105号、南5号系統(横大路車庫前から中書島間)は一部均一区間外を走行する。, ただし、現在運行されている快速系統では循環路線を取る系統はない(両系統とも循環経路から外れた, 一方で市営地下鉄各駅の券売機ではバス乗継割引券が購入可能である為、市バス・地下鉄乗り継ぎで同じ区間を乗る場合、最初に乗るのが市バスか地下鉄かによって、運賃格差が生じる結果になっている。, ICカードの場合、バス同士の乗継は90円引き(降車→乗り継ぎ先のバス降車が90分以内)、バスと市営地下鉄の乗り継ぎは60円引き(同一日の乗り継ぎ)。いずれも2乗車1組で第2乗車を割り引き。, かつては「梅小路公園」「梅小路公園前」と「稲荷大社」「稲荷大社前」もあり、梅小路公園停留所は2016年に「梅小路公園・京都鉄道博物館前」に改称し、稲荷大社停留所は1988年に廃止された, 〜市バスの利便性向上と混雑緩和に向けて〜 平成30年3月実施予定 市バス「新ダイヤ」より便利で,快適な市バスへ。, “京都の市バス、混雑緩和へ「前乗り後ろ降り」拡大 観光公害受け、宿泊施設の進出も抑制”, https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/81188, https://web.archive.org/web/20140918165216/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000158/158847/buskinitsukakudai.pdf. 乗って楽しい、動いて便利!  19系統, 31系統  二条城・金閣寺Express 1 0 obj ・2839 ・2836 ・2837 ・2850

 北3系統  32系統  9系統 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.  75系統 市営バスには様々な系統のほかに、臨時バスに対応したものもある。, 2013年2月に公表された「平成25年度京都市交通事業予算概要」では、2014年3月のダイヤ改正に向けた方向幕のリニューアルの取り組みを計画していることが示唆された[47]。また、同改正に向けた「市バス路線・ダイヤの基本的な考え方」の中では、京都駅発着系統で経由する通りにあわせた「ラインカラー案内」を導入することが発表され[48]、2014年3月のダイヤ改正で、系統ごとに経由する通り別のラインカラーを導入し、方向幕などに展開した[48]。同時に方向幕をリニューアルした。, 他のバス事業者ではよく見られるLEDの行先表示は、系統を色分けしている影響かあまり導入が進んでいなかった。これまで横大路営業所の中型車[注 11] か16系統・南8系統などの小型バス運行路線(日野ポンチョ[注 12] 使用系統)のみだったが、2010年より営業を開始した2009年度新規投入車両の2272・2273号車(梅津営業所)は、大型車では初のLED表示とり、2009~2012年度はLED表示を採用したが、2014年3月改正で実施されたラインカラー導入を見越して、2013年度新車から幕式に戻された。, 幕式の表示では系統番号が均一・循環・多区間系統で色別表示されバス停やガイドブック、地図でもこの色別表記にならっているが、LED行先表示器ではその区別は無くLED自体の2色表示である。, 各系統(または運行区間など)の最終バスは幕式の行先表示器のバックライトに赤ランプを、最終の一つ前は黄緑色を使用する。なお、LED車に関してはこの限りではなく設備を持たない車両もあるが、2013年より営業を開始した車両では、枠となる部分のLEDが緑色、もしくは赤色に点灯していた[注 13]。

 楽洛東山ライン  西3系統 ・2871  臨南5系統  急行104系統  65系統  65系統  78系統  204系統  43系統  17系統  19系統  202系統 快速202系統 205系統, 九条営業所京阪バス委託:5系統 endobj Powered by Hatena Blog ・2833  55系統 ��"�[� Q, ��i�����D� �`�/_ i�_VV`%ov+"lIՐ�m�2�-(]�Ҹ�J�l�v�+�bb�g���z���E���K��_�{9��H����1�f0����G�֏��{ܩ�o�'�ˋ���;��j�GP����8���p:������o?�~������ݪ���[�����2HuЕ_1M��7'��T^�3��~�Y����~�$+���2��J�n.  208系統, 西1系統 (2016年3月13日に運行終了、現在は東寺・梅小路Expressとして運行), その際はコメントのほうに写真提供の旨を書き込んでいただき、その写真を掲載しているページをご記入ください。, なお写真のサイズによっては、こちらで写真サイズだけ600×400に変更する場合がありますので、ご理解ください。.  MN17系統, 梅津営業所直営:3系統  18系統  特13系統 ・2830  51系統 endobj 京都市.  永観堂・銀閣寺Express https://web.archive.org/web/20181006111141/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000195706.html, https://web.archive.org/web/20170320233312/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000214/214474/3kyoto.pdf, https://web.archive.org/web/20171105051237/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000226247.html, https://web.archive.org/web/20171224070040/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000230238.html, https://web.archive.org/web/20191209020733/https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/332, https://web.archive.org/web/20200812150454/https://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000273/273571/HP.pdf, 「ITユニバーサルボックスでバスが発信する信号を受信、より正確な接近案内表示システムが利用者から好評。」, 京都市営バスを便利にするIoT、「ハイテクバス到着案内システム」の裏側 (1/3), 市バス・京都バス一日乗車券カードの価格適正化及び京都観光一日乗車券等の値下げ」の検討に至った経過と目的, https://web.archive.org/web/20200915170754/https://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000274/274911/2019kouhousiryou.pdf, グローバルアジアニュース 【ラオス】京都の市バスが大活躍『ビエンチャンで新しいバス路線』運行開始-JICA, All text is available under the terms of the, 「まで」と書いてあるバスは、通常の運行と異なり、掲示された停留所で終点となる。一部区間が一方に回る系統などの最終便など車庫に戻る(入庫)の関係で途中の停留所で運行を打ち切るためである。, 出入庫系統(操車場と車庫間の営業)も「臨」扱いなので、臨時系統でも毎日のように運行される系統がある。松尾橋〜四条烏丸間、桂坂中央〜桂駅東口間、西大路四条〜立命館大学前間など。, 臨時系統のうち、系統表示部に「臨」と表示されるものは均一区間内なら青、区間外なら白地に黒(一般系統と同様)で書かれる。, 100円循環バスは緑地の方向幕で、側面の表示は100円循環バスの運行区間の4道路状に矢印が記された形となっている。烏丸御池入庫の場合は前面は「(キャラクター)100円 烏丸御池まで」、側面は4道路状の→の「烏丸御池」部に大きく「烏丸御池まで」とある。, 循環系統の途中入庫便の系統表示は、系統番号上部に白地に黒字で「北大路BT」や「みぶ」など、入庫する停留所名(九条車庫までの特202乙入・特207乙入号は、京都駅八条口アバンティ前を経由するため「九条車庫」ではなく「八条口」)が付記される。, 上終町行3号系統(3F号系統)、松ヶ崎駅前経由4号系統(特4号系統)、五条通経由5号系統(特5号系統)、竹田駅経由18号系統(臨18号系統)、広沢池経由59号系統(特59号系統)、伏見港行20・22・81・南3号系統でも同様の表記がある。, 循環系統や一部の系統、ラインカラーが展開されている系統では、途中で表示幕を変える。, 烏丸営業所が担当する206号系統の東山通側の区間便(北大路バスターミナル〜祇園〜京都駅前)の系統表示は、白地に橙色(通常と反転)で「206」と書かれその上部に「京都駅」や「北大路BT」、「東山通」と付記される。, 上終町行3号系統、松ヶ崎駅前経由4号系統、竹田駅経由18号系統、二条駅行18号系統、広沢池経由59号系統、伏見港行20・22・81・南3号系統、太秦天神川駅前経由71号系統、竹田駅行特81号系統でも、系統番号の地色は通常と同じだが同様の表記がある。, 5号系統の岩倉行きは平安神宮付近、10・26号系統の山越中町行きは北野白梅町付近、32号系統の京都外大前行きは河原町三条、59号系統の山越中町行きは千本北大路付近、急行100号系統は銀閣寺行きは五条坂付近、京都駅行きは祇園付近、急行101号系統は京都駅行きはわら天神前付近、北大路バスターミナル行きは北野白梅町付近、急行102号系統は錦林車庫行きはわら天神前付近、北大路バスターミナル行きは北野天満宮前付近で方向幕を変更する。, これらは全て、終着点ではなく経由地に観光地や主要地点が含まれ、その地点の通過後には不要な情報となるためである。また全便がLED表示器搭載車で運行する70号系統も、経路の途中で表示を変更する。, 市営バスが交通社会実験を行う際には、専用の幕が加刷される。2011年の「四条通におけるバス交通に関する交通実証実験」、2011年および2012年の「電動バス運行に関する実証実験」で設定された運用に入るバスでは専用幕が用意された。.