m�~�:�(��kڒ�^�>�;P��ȴf�..�%Pq�b�*#�AL�U���'�J%Lȫ�)?ظ2L�^�T�hL�0ƙ$j1��2gq�!��R�݇�v��Z#�Q�#�� ���յ�͊ND!eݪ�[�Բ 次の公募は教育学部と同じ遅刻の工学部です。今回はかなり力を入れました。共同研究していた研究室でトラブルがあり、その結果空いたポストの公募です。結論を先に書くと、デキ公募だったようで、助教の先生がスライドして上がっていました。この助教の先生の業績はさんさんたるもので、まともな国際誌には2,3報しか掲載されていないというレベルでしたが、校務をしっかりされているらしく、そのあたりを内部の先生方に評価されたようです。現実を見せつけられた一戦でした。, この公募では、書類を作る前に情報をかなり集めました。まず、私が所属している機関から出て他の大学に出て行った先人達から情報、具体的には応募書類を収集しました。また、相手先の大学が何に力を入れているのか調べました。”大学名”と”ミッションの再定義”を検索ワードにして検索すると、その大学が何に力を入れているのかが分かります。例えば、埼玉大学・ミッションの再定義と入れてみると、工学部が何に力を入れているのかがわかるPDFファイルを見つけることができます。, http://www.saitama-u.ac.jp/news_archives/20140411-5.pdf, http://www.saitama-u.ac.jp/guide/information/info/170331chuki-mokuhyo.pdf, maguro-taidaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog �ʁ�Q 281 0 obj <>/Encrypt 262 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<7E2B2171BF262C4598E7FC12EC5E4324><78C54E4E02184D429D1B3EE41616B797>]/Index[261 31]/Length 93/Prev 179476/Root 263 0 R/Size 292/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream



をご覧下さい。, soil_aggregateさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 【はじめに 】 論文と若手研究者の評価・雇用について、もう少しつぶやくことにします。 研究職の公募に応募するとき、あるいは国の特別研究員に応募するときなどに、「何歳なら(あるいは博士号取ってから何年なら)、論文を何報は出しておかないと、まず通らない」というような話をよく聞きます。 291 0 obj <>stream

�F������ �> 論文のお話の続きです。 アメリカではPublish or perishと昔から言われているように、論文を出さない研究者は消える(職を得られない、職が維持できない)のがさだめで、日本でも(昔は違ったようですが)現在の任期付きの研究者が置かれている状況は同じです。 endstream endobj 262 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O(>�"�2� 5�k��S�� �d:��{ŕ�8ߵ+)/P -1340/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(iϹoC2fBȄ���: )/V 4>> endobj 263 0 obj <>/PageLayout/OneColumn/Pages 260 0 R/StructTreeRoot 8 0 R/Type/Catalog>> endobj 264 0 obj <>>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 265 0 obj <>stream %%EOF %PDF-1.6 %���� ブログを報告する. @'_�^# Qw�ri�~6�o�%�n�1|ǯ&�Xf^'1@�?�)}2D~�P�آ��d�?��$

���3#.J�}��8��D�kݶ��5'�@��F��—�m�&���?��f�‰�`�67K+4���@‚9�1͡)��9��똄�?6�yF~�0%���;␭� y���%�/�|� ��}=A��A���D�&dx3�\KZr�X6p*�"t嫸�������|:N�gT%���L�K̳�(���O`�m�X�r����,J�{�ͺ�a��֏K��n�?�ImMQ�u�0� !�I["�;��ӣ�&s���=�O'��6��(c�qM߲�Vv�s�Q �4�

| �rzV���{�+�Sg�_�v� ?G�9�M�>�?8bb\ֿ�i)ᛌ8�g�`�U|�K�u�-���R�Z;�ț�~�*s�Y���#D�X|������ẁ��M[�{��� iI��ʝ�5

研究職の公募に応募するとき、あるいは国の特別研究員に応募するときなどに、「何歳なら(あるいは博士号取ってから何年なら)、論文を何報は出しておかないと、まず通らない」というような話をよく聞きます。同様に、大学の助教ポジションに応募するなら「何歳以下でないと厳しい」という話も。でも、これらの話はどこにも明文化されていないので(たまに年齢制限を設ける公募はある気がするけど)、憶測あるいは経験則といった類いのものでしょう。, 自分も最初は、「年齢や論文数なんかで判断されてたまるかっ!」と意気の良いことを思っていました。しかし、あまりによく聞く話なので、応募しては返事無しの連敗が続き、職がなかなか決まらないブルーな時代には、残念ながらこれらの数字を意識せざるを得なかったです。また、若手研究者と今後のことを話す時などに、「論文何報だしてるの?」と聞きいてしまう自分がいます。無論その人の将来を心配して聞くのですが、「何を研究したくて、それについてどれ位の努力をしてきたの?」と聞く方が、よほど本質的でしょう。, 何歳で何報というような表現は、アメリカに留学していた10年間で耳にしたことはなく、最初すごく驚きました。そして、自分を嫌な気持ちにさせ、「何歳だっていいじゃないか。None of your f… business!」と言いたくなります。何が嫌なのか考えるに、それがスタンダードな道を歩んで来なかった人を排除するような表現であり、偏狭な評価基準だと感じるからだと思います。, 人それぞれ色々な事情があり、色んな背景を持つからこそ多様な才能や人材がいるはず。途中で別のこと(就職、起業、修行、放浪、子育て、介護、ボランティア等々)して戻ってきた人のほうが高い志や広い視野を持っていたり、クリエイティブであったりすることは十分ありうることです。とんでもない発見や発想は、全く違う分野や育ちをしてきた人によって生まれるということは、よく言われることです。実力そして想像力を求められる研究者の評価に、そんな基準を使うのは、理に適ってないと思いませんか。, そのような評価基準は、一次審査にしか使われないにせよ、雇用する側にしても、能力のある人をみすみす逃すことになりうるし、誰にとっても良くない。因みにアメリカであれば、このような判断基準が公にあれば、年齢差別として大問題になるでしょう。, 前回までに書いた通り、論文まして研究者自身を「評価」するのはとても難しいことなので、論文数や論文数xインパクトファクターのような基準で、まず大半を落とすのは仕方ないのでしょう(他によい基準ができるまでは)。しかし、年齢制限はおかしい。歳をとっても教授などという職・義務には興味はなく、助教あるいは技官として教育・研究に関わり続けたいという人だっているだろうし、逆に若くても素晴らしいパフォーマンスをする教授やプロジェクトリーダーがいてもいい。後者は出てきていますね。, まとまらない話を強引にまとめます。国の人口動態や経済を考えれば、広い意味での「成果」が今後よりシビアに求められるようになるので、年齢や論文数などという偏狭な基準から、より実力ベースの基準に必ず変わっていくと思います(徐々にかもしれないけれども)。なので、研究者を目指す人達は、やはり自分の個性・能力を磨くに限ると思います。同時に、より良い評価手法・基準を開発し、取り入れてゆくことが大事だと思います。, 土の粒々の世界の面白さと最新の知見、また研究者の生態を紹介していきます。先ずは、 | endstream endobj 266 0 obj <>stream h�bbd```b``:"���0)"����`5�`�D�X�e�����$�}CV��H2�� �=@j��^d`bd`�

1部 (最近5年間に刊行された著書、論文抜き刷りなど。コピー可。による. 【次世代最先端プロジェクト概要 】 �Ah��THY|1w������+�\����ﶈ!�2g=iD���c~���z� (dr��,X7�����C���~oj��Ϋ;�4?g]zlcS5���t�������o7����G���v�4D�� ��"���XU@P�FWhi��������Qc�z7�/�"��n�;ݥW�L�n���i����