50代女性、胃の右横、肋骨の下部からその下あたりがズキズキ痛い。ここまでは前回お話ししました。では、ここからどうなったか、お話しますね。ちょっと動転してしまい、深呼吸しようにも、痛いし。 病院に行くべき症状や放置するリスクもご紹介します。不妊の原因となる病気のケースもあるので、最後まで読んで対処しましょう。, 子宮内膜が子宮以外(卵巣、卵管、膣、外陰部、膀胱、仙骨子宮靱帯、ダグラス窩 等)に生じている状態です。, 子宮以外に生じた子宮内膜でも、月経が始まると剥離・出血があります。しかし、内膜や血液を体外に排泄できず、体内に溜まってしまうと、古い血液が貯留した袋状のものができて、卵巣が腫れたり、各種臓器と癒着したりする恐れがあります。, 卵巣から分泌される女性ホルモンにより大きくなります。不妊や流産の原因になる場合があります。子宮内側に生じた筋腫の場合、痛みが強い傾向があります。, 卵巣腫瘍は、①嚢胞性腫瘍(液体が溜まった腫瘍)と、②充実性腫瘍(固形腫瘍)に分けられます。 ¦ä¸‹è…¹éƒ¨ç—›ãŒç¾ã‚Œã‚‹ã“とが多いと言われていますが、右下腹部痛が生じることもあります。 少しおりものが増えたと感じるくらいがほとんどです。, 卵管炎に加えて、卵巣にも炎症が及ぶことがあります。 右卵巣のう腫茎捻転で右下腹部の激痛が起きた場合、虫垂炎と間違えやすいので鑑別しなくてはなりません。, hCGによって排卵誘発を行った際などに起こるもので、多数の卵胞が発育・排卵するものを卵巣過剰症候群といいます。, 妊娠に至らなかった場合は、症状は自然と改善しますが、妊娠が成立した場合、これらの症状は重症化するのです。, 上の図のように、本来子宮で妊娠するはずが、子宮以外の場所で妊娠してしまうことを子宮外妊娠と言います。, 子宮外妊娠も通常の妊娠と同じような症状がありますが、子宮外では赤ちゃんを育て続けることができません。, そのため胎嚢が大きくなるにつれ、下腹部の痛みが生じることがあります。

その他にも自律神経の影響で腸の蠕動運動が低下する過敏性腸症候群や大腸がんなどの病気の初期徴候として便秘がみられることもあるので、特に腹痛などを伴う場合は便秘だけと決めつけず、消化器内科へご相談ください。, ※火・水曜日は夜間診療を行っていません。, スマートフォン向けサイトに切り替える, 医療法人社団 健診会 東京メディカルクリニック, 東京メディカルクリニック【診療】, 【人間ドック・健診センター】, 健診会 東京メディカルクリニック, 内科は土曜日・日曜日も含めて、毎日診療しております。【東京メディカルクリニックトップへ】, 医療法人社団 健診会 経営理念. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); まず右の下腹部の痛みと言えば一番に疑うのは急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)、いわゆる盲腸(もうちょう)です。, 虫垂炎とは盲腸にある虫垂というくぼみに便が詰まるなどして閉塞し、細菌感染で炎症が起きた状態です。 ・血管・・・腹部大動脈癌 「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。腹痛から原因の病気が特定できる腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所。

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}). しかし、虫垂炎であれば数時間から半日程度で痛みは右下腹部に移動し、お腹をかばうような前傾姿勢になったり、右足でジャンプした際に右下腹部に響くようになります。, このように痛みの部位が移動することがあるのが虫垂炎の特徴と言えます。(ただし、最初から右下腹部痛の場合もあります。), 虫垂炎を起こし血流が悪くなった虫垂はやがて壊死して破れる穿孔(せんこう)を引き起こしてしまいます。 お腹の右下の痛み。痛みがずっと続く、重い痛み、激痛、それは病気の可能性や病気の初期症状ということもあります。お腹の右下のみ痛くなる原因には、いったいどんな病気や症状が考えられるので … ①びまん型(腺筋症が子宮筋層全体に拡大する)と、②限局型(一部分に限局する)に区別されています。原因2の「子宮筋腫」を併発するケースがあります。, 細菌が繁殖する状態が続いたり、性交渉などで感染することがあります。 ですので、両者を併せて子宮付属器炎と呼びます。 内臓をとりまく腹膜や、腸の間にある膜「腸間膜」、横隔膜などに分布している知覚神経が刺激されて起こる腹痛。, 痛む場所から、考えられる病気を部位ごとにご紹介します。

卵管は、卵巣から排出された卵子を子宮や体外に向かって運ぶ場所でもあり、子宮から卵管を通ってきた精子と受精し子宮に運ぶ場所でもあります。, 炎症の主な原因は細菌感染。 そのとき、膿が流れ痛みが和らぐことがありますが、その膿が原因で腹膜炎を起こすとさらに深刻な状況になります。, 右下腹部が痛みだして立っていられないようなときは、虫垂炎を疑ってすみやかに診察を受けることをおすすめします。, 大腸憩室、これは大腸の内腔が外側へ袋状に飛び出してしまったものを指します。 【医師監修】右下腹部の痛みの女性特有の原因を解説。チクチク鈍痛がするのはなぜ?生理前に痛いのは大丈夫?病院の受診目安や放置するリスク、何科を受診すべきかも。 さらに、50代女性で、注意すべき腹痛は、婦人科系疾患や『大腸がん』。 「女性は、卵巣や子宮の病気なども考えられます。定期的に婦人科を受診したり婦人科検診をしておくと、これらの病気を見逃さずに済みます。また、大腸がんは50歳以上でハイリスク。 女性の場合、下腹部が痛むときには、腸の病気のほかに婦人科疾患も疑わなくてはならず不安要素の一つになります。, そこで、今回は女性の右の下腹部に痛みがある時に原因となっていると考えられる病気について, 下腹部は腸管などの異常でも痛みを感じやすい部位ですが、女性であれば婦人科疾患の疑いは外すことができません。, 内科や胃腸科では腸の疾患と間違われることは珍しくありませんし、それくらい両者の鑑別は難しいことがあります。, 月経の異常がなかったか、痛みの経過はどうであったか、自身の症状について把握しておくことが誤診を防ぐ第一歩です。, また、症状が改善されない場合は、消化器科と婦人科の両方から病気の鑑別をしていく必要があるでしょう。, 卵管とは子宮の両端にある細い管である臓器です。 ・女性・・・卵巣腫瘍、そのほかの女性性器の病気など, ◯下腹部 女性のおなかはとってもデリケート。. ・大腸・・・虫垂炎〈右下腹部〉、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、クローン病、大腸憩室症、大腸がん、過敏性腸症候群 ただ、いつもの痛みとちょっと違うなと感じた時、女性特有の病気では?と不安になります。, 腹痛と同時に、ほかの症状がでる場合もあるので、見逃さないようにしましょう。 悪化すると、「骨盤腹膜炎」を発症する恐れもあります。「骨盤内腹膜炎」を繰り返し発症すると不妊リスクが高まると考えられています。, 婦人科系疾患の場合、無症状のうちに症状が進行し、気が付いたら悪化していたというケースがあります。, 放置すると、卵巣がんなどの深刻な病気を発症するリスクが高まります。また、腫瘍が巨大化したり、卵巣が壊死するなど、不妊や流産を起こすリスクが高まることも多いです。, また、問診時に医師に伝えたい内容を事前にまとめておくと、スムーズに診察が進みます。, \DLキャンペーンを実施中!/