学校教員による子どもへの体罰や暴言がニュースで取り上げられることが多い昨今。確かに教員の体罰・暴言は良くないことです。しかし、一方で教師に対する児童・生徒による暴力・暴言について、日本人はもの凄く甘いのではないかと私は思っています。 本人には理由があるのですが、急に暴力的になってしまうのです。お友達に何が理由かわからずに乱暴すると、仲間外れになってしまう困った特徴です。, 自分の思い通りにならなかったり、不安になったり、嫌なことがある時に、発達障害児は、イライラして感情が押さえられません。 Copyright©

お子様の疲れが気になるなら!10歳~15歳のジュニアアスポーツ専用サプリ「キレキレ」 2020年10月1日; 元jリーグgkコーチが直接指導!冬休みgkスペシャルキャンプ 2020年10月30日; 1日10分でok!サカイクが作ったサッカーノートが新発売 2020年10月1日  それは、少なくとも今までの「話せばわかる」という無策でも、体罰でもないことは確かなようです。当面のサバイバルをつぎに示してみます。 暴力や暴言の後には、先生に必ず相手に謝らせてもらいましょう。障害児だから暴力もしょうがないと、特別扱いせずに、暴力や暴言は絶対にダメだと、厳しく指導してもらいましょう。 怪我する前に止め … 早期に発達障害を発見して、問題を解決するため、子供の特徴をよく見て、様子を観察していきましょう。, 発達障害ADHDは、注意欠如多動性障害と言って、忘れ物が多いことが特徴です。 ADHD注意欠如多動性障害の特徴 ADHDは発達障害の一種で、注意欠如、衝動性、多動性、この3つが主な特徴です。 忘れ物が …. 周囲の人との間に起こった出来事を根に持ち続け、他人に対して優しくなれない状態が半年に少なくとも2回発生します。, https://h-navi.jp/column/article/35025802, まさしくその状態です。私はA君が自分のことを舐めていて、そのような行動を取っていると思っていましたが違いました。彼は、「反抗挑戦性障害」という病気であり、暴言や物を壊すこと、ルールを守らないことが、症状として出てしまっていたのです。, 書籍で調べたのですが、アメリカでも「反抗挑戦性障害」についての研究が行われているそうです。しかし、解決策はまだ見つかっていないそうです。そんな中で、私がこれは効果があったと思うことを具体的な場面を元に挙げていきます。, ケース1は、話し合いの司会の場面です。A君は小さい声ながら司会として会を進めていました。役割を交代するため黒板に書く担当をするよう他の子に言われると、拒否しました。字を書くことに自信が無かったのだと思います。そこで苦手だろうと思い、「書くの苦手でしょ。司会でいいよ。」と伝えました。すると、黒板に向かって字を書き始めました。そうです。反抗しているのです。教師が、「静かにしなさい。」と言ったら静かにしませんが、「書かなくていい。」と言ったら書くのです。給食当番も同じでした。あまりに仕事をしないため給食当番から外し、「やらなくていいよ。」と伝えると、わざわざ給食室へ行き、食缶を持って帰ってきます。本能的に反抗してしまうのです。いいことも悪いことも反抗してしまうのが「反抗挑戦性障害」だとわかりました。, ケース2は、物を勝手に使って壊すことや無くすことです。その時楽しいと思ったら止まらなくなってしまうのが「反抗挑戦性障害」です。担任の机の中やロッカーの中も勝手に開けて、色々な物を使い始めてしまいます。物をそのままにして指導をしても効果はありません。また使い始めます。「その物で遊んではいけない。」と言えば、それに反抗してしまうからです。しかし、ルールを破って遊んでいるのに、「いいよ。」とは中々言えません。そこで、遊んではいけない物で遊んでいる時には目に見えないところに隠してしまいましょう。少し探しますが、そのうち諦め他の遊びに興味をもつようになります。隠さないでおくと、そのうち物を壊したり、無くなるまで使い切ってしまったりといいことがありません。, 「反抗挑戦性障害」の子の特性が伝わったでしょうか。これからもこのような特性のある子がいるクラスを担任することもあると思います。その時の手立ての参考にしていただけたらと思います。, 指導をする際特に注意が必要なことは、反抗挑戦性障害の子以外の子たちへの指導です。反抗挑戦性障害の子だけでなく、ADHDの子には厳しく怒ることは逆効果です。しかし、ルールを破る行動をしているのに厳しく指導しないと周りの子から不信感を買ってしまいます。また、周りの子の目を気にするあまり、反抗挑戦性障害の子に厳しく当たってしまうことも無駄な労力になります。クラスが始まったらすぐに、反抗挑戦性障害の子に一度クラスから外れてもらい、他の子たちに理解を求めることが必要だと思います。当然障害をもつ親に許可を得ることが必要ですが、怒る指導が効果がないことと、クラス経営のことを伝えれば理解してもらえると思います。また、以下のサイトでは、効果的な指導や効果のなかった指導を紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。, 「小学生、指示を聞かない!暴力、暴言、それは反抗挑戦性障害かも!これは効いたという対応を紹介します!」. 「子どもの指導の方法」カテゴリの記事. 子供のプレイステーションのアカウントを小学5年生(10歳)に設定していたからです。 仕方がないので、母親のアカウントでフォートナイトをダウンロードし、小学生の子供がプレイしています。

| しつけは教師が根負けしたらおしまい », 最近、中学校では生徒による教師への暴言が話題になることがあります。荒れている中学校では想像を超えています。 (1)規制のためのシステムをきちんとつくること  トラブルが起きた時、どのように対応すれば解決するかを日常的に生徒にわかるような形で示しておくこと。 Tweet. (赤田佳亮:1953年生まれ、横浜市立中学校教師、組合執行委員), 2014年12月10日 (水) 子どもの指導の方法 | 固定リンク トップページ  しかし、安易に繰り返すと、「こうすればいいんだ」と見透かされることになります。自分なりのバリエーションをつくり出すことが重要です。  昔ならばこうしたことに関するサインがどういうものか、親や教師の間で了解されていたのですが、子どもにとってはサインが読み取りにくくなっているのです。なるべくわかりやすく、単純なサインを心がけるべきだと思います。 2020 All Rights Reserved.  親の世代は教師同様いくらか古い部分を持っています。その古さをしっかりと利用すべきです。子どもと親や教師が必ずぶつかるところを何点か入れることが必要です。世代間のぶつかり合いが、子どもが育つ大きな栄養になると私は思います。 また、以下のサイトでは、効果的な指導や効果のなかった指導を紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。 「小学生、指示を聞かない!暴力、暴言、それは反抗挑戦性障害かも!これは効いたという対応を紹介します! 発達障害・知的障害の特徴をチェック! , 教師が「話せばわかる子ども」なら、子どもは問題を起こさない(2020.11.02); 大人が本気を出したら子どもが変わり、こちらを向く(2020.10.03); 子どもの情緒を安定させるには自律訓練法が有効である、どのようにすればよいか(2020.09.19) 暴言を吐く、物を壊す、先生の示すルールを守らない、そんな子クラスにいませんか。このページにたどり着いたあなたはきっと同じような子に悩まされているのではないでしょうか。その子の障害、「反抗挑戦性障害」と言います。ADHDのうちの1つです。どんな症状なのか、どんな対処方法がいいのか経験を元にお話ししていきます。, 4月、新しいクラスの子の中に、昨年度から伝達がきていたADHDの子がいました。A君と呼びます。これまでもADHDの子を担任したことはあったので同じように考えていましたが、これまでとは全くの別物でした。授業中離席することはもちろん、給食中も席を離れて友だちと遊び出します。休み時間には、トイレの中で遊んで設備を壊したり、廊下でボールを使って遊んだりと、学校のルール、クラスのルールを御構い無しで破ります。しかも、それを何度も繰り返します。注意が全く届きません。, それでも怒る指導はADHDの子には向かないと思い、諭すことを続けてきました。すると1ヶ月が経つ頃には、担任の私に向かって、「死ね」や「ボコす」という暴言も吐くようになってきました。困るのは授業中です。テストなどみんなが個人で集中する授業では一人で遊んでいるだけですが、相談など周りの子と話しをする時間などを設けると、すぐに友だちと遊び出します。音読を聞き合うような場面でも、友だちと話し出してしまうため、他の子の音読の声が聞きにくい状態になってしまいます。問題なのは、ここで注意しても3秒後にはまた話し出すということです。キリがありません。わざとやっているのかと思いました。, そのような状態が続き、とても疲弊してしまいました。なんとかしなくては授業が成り立たない。また、物を壊すことを止めなければ何度も謝らなければいけない。担任であるための責任が重くのしかかりました。そこでインターネットサイトでこの症状について調べてみました。そこで見つかったのが、「反抗挑戦性障害」です。聞きなれない名前です。その症状はと言うと、, 反抗挑戦性障害(ODD)とは、別名「反抗挑戦症」とも呼ばれ、親や教師など目上の人に対して拒絶的・反抗的な態度をとり、口論をしかけるなどの挑戦的な行動をおこしてしまう疾患です。, 症状の現れ方によって過興奮型、すね型、マイペース型に分類される場合があり、症状を発症する場面・相手が多いほど重度であると診断されます。, 反抗挑戦性障害が発達期を通じて何年間も続く場合、両親、教師、監督者などの目上の人だけではなく、同年代の友人、恋人ともトラブルを起こしてしまい日常生活に様々な障害が発生します。, ・怒りっぽくイライラする:  また、指導するのは起きた問題だけに限り、あとになって持ち出さないようにすべきです。  小さなトラブルを発見して、解決してみせることが大切です。 (3)終わり方をはっきりさせておくこと

(1)高学年女子の6割「付き合った経験がある」の真相 (2)小中学生の性交渉が増加中、小学生時代から教育を (3)立ち歩き、暴言暴力 小学校の学級崩壊はなぜ起こる ←今回はココ! (4)学級崩壊の防止や改善のために、親ができること « 生徒がトラブルを起こしても引かないという壁が必要である |

教師の暴言で不登校になってしまう子どもたち、教諭の言葉に傷つきショックを受けPTSD(心的外傷後ストレス障害)やパニック障害を引き起こしても行き過ぎた指導で片付けられるのがオチ。カラダに証拠が残る身体的な暴力は処分されても心に傷が残る発言はもみ消されやすい。 暴言や暴力をふるう前に、大きな声で、気持ちを言葉にさせる。そうすると暴言や暴力にならずに済みます。, 気持ちを抑えることができたら、必ず子供を褒めましょう。気持ちが高ぶったら、その気持ちを言葉にさせると、だんだん感情を抑えることができるようになります。, イライラした時に感情を抑える方法を決めましょう。静かな場所で一人になる。トイレのこもる。顔を洗う。目を閉じる。このように何でもいいので、自分の感情を抑制できる「癖」のような方法を決めて、気持ちを落ち着ける訓練をしましょう。, カッとして暴言や暴力をふるいやすい性格のことを、学校の先生にきちんと説明しておきましょう。衝動的な行動が多いことを、先生に理解していただいて、改善のために協力していただきましょう。, 暴力や暴言の後には、先生に必ず相手に謝らせてもらいましょう。障害児だから暴力もしょうがないと、特別扱いせずに、暴力や暴言は絶対にダメだと、厳しく指導してもらいましょう。, 障害児がイライラしてるのを感じたら、暴力で怪我をしないように、事前に制止してもらいましょう。子供達に危険がないように、怪我をする前に止めるためには、どんな行動をとるのかを、先生に理解してもらう必要があります。発達障害、知的障害を持つ子の特徴を先生とよく相談して、理解してもらうことが大切です。, 長々と説教をしても意味がありません。叱るときは、暴力、暴言はダメだと端的に叱りましょう。発達障害、知的障害を持つ子は、ダラダラと長い説教をしても、集中して聞くことができず、効果がありません。, カッとなっている最中に、注意するのが効果的です。発達障害、知的障害の子は、時間が経つと忘れてしまいます。障害児本人が自覚できている時に注意するのが、改善の効果が一番あります。感情が抑制できなくなったタイミングで、できるだけ注意をするようにしましょう。, 発達障害児には、目が回らないっていう特徴がある子がいます。くるくる回っても全然目が回らないのです。この特徴は、医学的には前庭感覚が鈍感ということらしいです。, この小学生の時期は、注意欠如多動性障害ADHDや学習障害LDが発見されやすい年代です。小学校の集団生活では、発達障害を持つ子は困ってることが多いです。  簡単に言えばルールづくりです。教師と子どもたちとの間だけでつくっても無駄です。大多数の親との共同作業が必要です。 僕はadhdの発達障害ですが、こどものころは暴言がひどく、母親に対して「うすのろ!あほ!」なんて暴言を吐いていた時期があったそうです。 今でもたまに、ストレスがたまっているとき頭がカーッとなって、妻に暴言を吐いてしまうときが2~3年に1回あります。 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="200x600";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2ZIYCV%2BD15LGY%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a18060370288_2ZIYCV_D15LGY_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011816"; 4月、新しいクラスの子の中に、昨年度から伝達がきていたADHDの子がいました。A君と呼びます。これまでもADHDの子を担任したことはあったので同じように考えていましたが、これまでとは全くの別物でした。, それでも怒る指導はADHDの子には向かないと思い、諭すことを続けてきました。すると1ヶ月が経つ頃には、担任の私に向かって、「, まさしくその状態です。私はA君が自分のことを舐めていて、そのような行動を取っていると思っていましたが違いました。彼は、「, 書籍で調べたのですが、アメリカでも「反抗挑戦性障害」についての研究が行われているそうです。しかし、, ケース1は、話し合いの司会の場面です。A君は小さい声ながら司会として会を進めていました。役割を交代するため黒板に書く担当をするよう他の子に言われると、拒否しました。字を書くことに自信が無かったのだと思います。そこで苦手だろうと思い、「, ケース2は、物を勝手に使って壊すことや無くすことです。その時楽しいと思ったら止まらなくなってしまうのが「反抗挑戦性障害」です。担任の机の中やロッカーの中も勝手に開けて、色々な物を使い始めてしまいます。物をそのままにして指導をしても効果はありません。また使い始めます。「その物で遊んではいけない。」と言えば、それに反抗してしまうからです。しかし、ルールを破って遊んでいるのに、「いいよ。」とは中々言えません。そこで、, 小学生、作文の句読点はどこに打つの?実際に行った句読点を打つ場所の指導を紹介します!, 小学生、6年生の理科「ものが燃えるときの空気の変化」の授業の流れはこれ!実際に行った授業を紹介します!. 親が謝るのではなく、子供も一緒に謝らせましょう。暴言や暴力は悪いことなんだと、しっかり理解させましょう。, カッとなったときに、「やめて!「いやだ!」と気持ちを言葉で表現させる訓練をしましょう。 (2)サインをしっかりと出す工夫をすること 周囲からの刺激に過剰に敏感になり、すぐにイライラしてしまいます。そのためしばしばかんしゃくを起こしたり、腹を立てて怒ったりしてしまいます。, ・周囲に挑発的な行動をする、口論がすき: この記事へのトラックバック一覧です: 暴言を言ったりする、わがままな子どもをどう指導するか: 最近、中学校では生徒による教師への暴言が話題になることがあります。荒れている中学校では想像を超えています。. お友達を叩いたり、突き飛ばしたり、すぐに乱暴をしてしまう。これも発達障害児の特徴の一つです。, 自分の思い通りにならない、気に入らないことがあると、衝動性を抑えられず、お友達を叩いたり、突き飛ばしたり、乱暴なことをしてしまう特徴があります。同じお友達に何度も乱暴する場合もあります。, うちの子の場合は、乱暴する特徴はありません。すぐに泣き出してしまう特徴があります。急に泣き出して、なぜ泣き出すのか理由がわからないことがあります。何か理由があると思うのですが、わたしにも理由がわかりません。, 本人には、何か不安になったり、強いこだわりがあることが思い通りになっていなかったりするのですが、周囲の人には理解ができません。