打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか? それがキチンと出来るまでは引き分けに移ることをしなくても良いぐらいの気持ちが必要です。 私が教えた女性は腕立て伏せがヒト桁も出来ないほど非力で、手伝って会の状態までもってきてあげて、手を離したとたんに漫画のように両手が元に戻ってしまうほどでしたが、一年足らずで初段をとり最終的には2年で二段まで取得しました。 「肘で引く」とか「上腕の筋肉だけを使う」などと指導を受けるのですが、 打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか? 弓を腕ではなく、下半身の筋肉を使って押し開く方法 引き分け動作は左右対称に力に過不足なく行うことが大切です。ただ、そのように言っても、実際に左右対称に押し開くことは至難の業です。 弓を左右対称に引くためには、ただ、腕や手先の動きだけ勉強しても行うことはできません。 頭に被る様な位置にないですか?被っている方がおそらく収めやすいと思います。 ©Copyright2020 理論スポーツ:パフォーマンスを伸ばす運動理論.All Rights Reserved. 高校で弓道部に入りました。今、ゴム弓練習をしています。最近気づいたのですが、左手の親指の付け根が黒ず. 弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。 引分けの時点で腕に力をかけるあまり、気がぶれてしまうように自覚しています。, 〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・ このとき弓手の肩関節にキチンとはまっている人は指導者が押す力に耐えられます。



引き分けにこだわらず、弓構えから大三までを両肩のラインを崩さないように気を付けながら何度も繰り返し練習して下さい。

肘が流れてしまった大三から肘で引くのはとても難しいです。 試してみて欲しいのですが、斜面打ち起こしの要領で弓構えの状態から右肘を固定して両拳を平行移動させてみて下さい。(本来の斜面打ち起こしの引き方ではありません) 弓道初心者です。 しかし早気の定義では【弓道の動作で、引き分け~会の間で離れをしてしまう事】を指し、定義上では一瞬でも矢が口割りにつけば、厳密には早気にはなりません。 つまり、引き分け途中の目通りや鼻付近で離れをしてしまう事を早気と呼び、大多数の人は【会が短いだけ】の状態であると言�

丹田呼吸は、大三までならできていると思います。 B—\–h–@‚ÆŒø‚­–ò‚́H, ‘åŽO`ˆø‚«•ª‚¯‚Ì‹|ŽèEÈŽè‚̃oƒ‰ƒ“ƒX‚ªŽæ‚è‚É‚­‚¢c, ‹|“¹ê‚ŃA[ƒ`ƒFƒŠ[‚âƒ{ƒEƒKƒ“‚Á‚ďo—ˆ‚éH, ‹|‚Ì‘fÞ‚Á‚Ăǂ̂悤‚È‚à‚Ì‚ªŽg‚í‚ê‚Ä‚¢‚é‚́H. 40年ぶりに弓道を再開。 まずは「弓道教室」に参加して、基礎の基礎からスタートです。 仕事を定時に終われた水曜日が、弓道場に行ける日となります。 焦らず、一射を大切に鍛錬し、”正しく弓を引けたか … 実際に弓を引くときも少し被る位に大げさに大三をとってみて下さい。そして、思い切り『たぐって』も良いぐらいのつもりで(たぐるって解りますか?)引いてみましょう。 腕の力が足りずに十分な引分けができません。 腕力が強い方ではありませんが、腕立て伏せ20回程度はこなせます。 キチンとはまっていない人は押し負けてしまい、肩がせり上がったり背中側に肩が逃げてしまう(抜けてしまう)と思います。 弓道は焦らずにじっくり取り組みましょう。 ------------------ その状態で大三がとれればよいわけですから、平行移動した状態のまま打ち起こしてみて下さい。

  弓道について 13.5キロの伸弓の直心IIでは矢は1913と2014どちらの方が良いでしょうか? 綺麗な大三がとれれば必ず引き分けは上手くいきます。 呼吸では技術的な問題は解決しませんので、おそらく息あいを(呼吸)肺いっぱいに溜めてしまって、みぞおちあたりから上に力が入ってしまっている力を下に降ろすようにいっているのだと思います。 途中まで引いたあたりで肩も上がったり後ろにずれたりして一向に様になりません。  「胸郭」を中に入れると、背中の筋肉が強くなる 射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。 参考となるサイト、書籍、動画等でもかまいません。 その中でも、「背中」の筋肉はあらゆるスポーツに関わります。「走るときの姿勢の保持」「体をねじるとき」「蹴ったり飛んだりする動作」は全て背筋が感よしています。, 弓道の世界では、「胸」の使い方を変えると、背中の筋肉の働きを強くできることがわかっています。ここでは、スポーツで背中の筋肉を強くする「胸の働かせ方」を解説していきます。

弓を引くには、力をかけるのではなく呼吸で引く、と常々指導を受けるのですが、具体的にどのように呼吸をとらえるかが分からずに苦慮しております。入門者用の弱い弓を引くにも筋力を最大限に使って何とか引き分けている状況です。

そして『押し返してみなさい』と言うはずです。 あきらめずに頑張って下さい。, 〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・ 射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。 「あなたにそれができないのは、呼吸を正しくしないからです」と師範は私に説き明かした。



〉また、右腕の引きが弱すぎて「顔を切る」、「肘で引け」、「呼吸だ」といつも注意をされているのですが、それができずに困っております。

「弓の弦を引っ張るのに全身の力を働かせてはなりません。 簡単に言えば、打ち起こしせずに下で大三を作るような感じです。 理屈は分かっても実際に筋力が追いつかず、 呼吸がしっかりできていれば筋力を使わずに済む、とか「割って入る」という話しもうかがうのですが、こうした抽象的な概念を具体的にどう実践に結びつけたら良いでしょうか。

 ゴム弓で引いたときに妻手の位置はどこにありますか?(これもムービーでとってみて下さい。) よく...続きを読む, 初めまして。現在中学3年。中1の頃から弓道部に所属している者です。

ゴム弓までは何とかこなしてきたのですが、本物の弓(9kg)を引く段になって、 私も弓を引いていますが、弓道は生まれつきの運動神経が悪いから上手になれないというものではありません。誰でもかならず上達しますが、そのペースはとてもゆっくりです。4歩進んで3歩下がるぐらいです。経験5年、10年ぐらいは初心者といわれるほどです。学校の弓道部だと、ついつい的中ばかりが重視されがちですが、中りはするものの射型が全然、という人はそのうち中らなくなります。いま上手に引けてる人にも、かならず大スランプがきます。そんなことを何度も繰り...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 まず、上半身の姿勢を整えるために、首を伸ばして肩を落とします。これによって、胸周りが楽になります。, 人の体には「みぞおち」というへこんだ部分があります。この部分から数センチ上に、少し出っ張っている骨があります。これは、左右のあばら骨をつないだ胸骨の末端部であり、「胸骨の剣状突起」といいます。, この部位を体の中に入れるように後ろに引きましょう。単に引くだけでは上半身が屈みやすくなるため、必ず首を伸ばして肩を落としながら胸骨の末端を引きましょう。すると、胸周りが落ちて、お腹の周辺がふくらんだ姿勢になります。, 野球であれば、ピッチャーが胸郭を引いて球を投げると、体全体で力強い投球ができます。バレーのサーブでこの姿勢を取れば、ジャンプ力が上がり、さらに強いサーブを打てます。, 胸郭を引くと、背中周りだけではなく、脇周りや腕の裏側まで筋肉がつながり、一体物のように使えるからです。, 弓道の世界では、弓を引くときの「胸骨」の使い方はとても重要視されています。胸郭を引くようにして中に入れることで、「背筋」「脇周り」「腕の裏側」の筋肉が総動員されて弓を押すことができます。, 体の背面全体を活用し、胸骨を中心に弓の押し引きを行うことを「胸の轄(くさび)をうつ」とも呼びます。背中の筋肉をつなげて押し動作を行うと、手や腕に力を入れずに弓を楽に引くことができます。慣れてしまうと、一般人では引けない弓を普通に引くことができます。, スポーツ動作で背筋の働きを強めたいのであれば、首を伸ばして肩を落としながら胸郭を体の中に引きましょう。背筋以外のあらゆる動作に応用できるようになり、背中を使う動作の質が高まります。, さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。, (Amazonランキング1位)10種類以上のスポーツでパフォーマンス向上の報告があった武道の身体使いを多数のイラスト付きで公開します。, 古来弓道の身体使いに基づいて、腰痛・肩こりなどの慢性病を改善する具体的手法を各症状、階段式にわかりやすく解説しています。.