「ルシファーの次に創造された天使」であり、「天ではミカエルよりも位は上」、「自分は天使の中で誰よりも先に堕天した」と自ら語ってくれます。, この「聖書禄」というのは「信者の寄付や教会の領土の一部を受け取れる権利」のようなもの。, さらに、これを行ったうえで「神から授けられた力(権力)」で拘束し続けないと、1時間ほどで帰ってしまいます。, ベリアルたちソロモン72柱の悪魔は「ソロモン王に真鍮の壺に封印されてバビロンの湖の底」に沈められました。, バビロンの民は、その人形が語り掛けてきたので「神」として崇拝して、ベリアル人形に生贄を捧げるようになった・・・・・。, 最悪ではあるが「悪事を美徳と考えており、正しいことには臆病」であるからこそこのようなことをしたのです。, この部分にはキリストの弟子パウロが「キリストとベリアルとなんの調和があるのか、信仰と不信仰と何の関係があるのか」と記しています。, その反面「ベリアルより美しい天使はおらず、威厳と勇敢さに満ち溢れている」と評価されています。, ここの1~3章において「イスラエル南部で栄えたユダ王国の王マナセにベリアルが憑りついて、悪行を行った」と書かれています。, そして、4章で「ヒゼキヤならびにわが子ヨセブよ、このときこそはこの世の完成のときである。それが完成されると、大いなる君にしてこの世の王たるベリアルがおりて来る。彼はそれができたとき以来これを治めててきたのであるが、その彼が人間、不法の王、自分の母の殺害者――この王はそういう者なのである――の姿をとって彼の大空から降りてくる。」と記載されています。, 聖書の外典として扱われる「バルトロマイの福音書」には、ベリアルについて大きく取り上げています。, 「ベリアルは最初は神の使者サタナエルであったが、神の似像を拒否したので地獄を支配する天使サタナスと呼ばれるようになった」, また、ここで「天界で最初に作られたのが我であり、ミカエル、ガブリエル、ウリエルなどの天使の長であった」と記しています。, ここでは「だから子供たちよ、お前たちに言おう。ベリアルは自分に従う者に剣を与えるのだから、彼の悪を逃れよ。そしてその剣は七つの悪の母である。まず心はベリアルをとおして理解する。だから第一にねたみ、第二に破壊、第三に患難、第四に補囚、第五に欠乏、第六に混乱、第七に荒廃がある。」と記しています。, 「ベリアル=姦淫」としており、「彼に従うものに妬みや破壊という七つの悪の母を与える」と解釈できます。, かつてソロモン王が封印したソロモン72柱の悪魔たち。その全ての悪魔の特徴や階位、軍団数や出来ることを簡単にまとめてみました。 創作活動の役に立つことを祈っています。, ベリアルは最初は神の使者サタナエルであったが、神の似像を拒否したので地獄を支配する天使サタナスと呼ばれるようになった, 天界で最初に作られたのが我であり、ミカエル、ガブリエル、ウリエルなどの天使の長であった. 天使にも階級があるように、悪魔にも階級が存在し、悪魔の種類や能力は色々です。 また、 人間にはひとりの中に善と悪が混在していますが、悪魔と天使はそれらの陰と陽が完全に分かれた存在 。 その陰影をはっきりさせることで、もしかすると悪魔と天使は物事の善悪を教えてくれている� 悪魔、堕天使の階級と種類などを一覧にまとめました。ルシファー/ ベルゼバブ/ ベリアル/ アザゼル / アスモデウス / サマエル/ マステマ / レヴィアタン/ ベヘモト/ アバドンなどサタンクラスの悪魔の詳細も掲載されています。 さらには、アザゼルはもとは旧約聖書に出てくる得体の知れない砂漠の生物だったという。毎年贖罪の日にはユダヤの罪を象徴的に負わせる儀式をして山羊が生け贄にささげられた。アザゼルのルーツはカナンの砂漠の神アシズともいわれる。, ゾロアスター教の悪神アンラ・マンユ(アーリマン)の配下アエーシャマ・デーヴァ(「激怒」「情欲」の魔神)がルーツ。『トビト書』でメディアのサラという娘に取り憑き、大天使ラファエルに退治される話がある(ラファエルの項を参照)。グリゴリと人間の娘との間に生まれた巨人の一人とも言われ、生まれたばかりの赤ん坊を絞め殺すという。乙女たちの心を離反させ、痩せ衰えさせることを誓いとした。堕天前は智天使のリーダーだったという。雄牛と人と羊の頭にガチョウの足、蛇の尾を持ち、地獄の竜にまたがり槍と旗を持って現れる。ソロモンの七十二柱の悪魔のアスモダイにあたるようだ。, アスモデウスはオカルティストたちには支持が高い。人間が丁寧に頼みさえすれば、いろいろな秘術を教えてくれるという。彼に出会ったとき、「あなたこそアスモデウスに間違いありません」と指摘すると、素晴らしい指輪をプレゼントしてくれるという。, 「Sam」とは「毒」を意味する。『エノク書』では「デーモンどもの首領」と呼ばれている。このサマエルがイヴを誘惑した蛇であるともされている。 デーモンは天界での戦いを引き起こしたルシファーに追従した下位の天使たちとも言われる。, ラテン語のfamulus(召使い)に由来する言葉で、下僕の霊を表す。動物やデーモンの姿をとることが多い。. --- またわれが天使たちに、「あなたがた、アーダムにサジダしなさい。」と言った時を思い起せ。その時、皆サジダしたが、悪魔〔イブリース〕だけは承知せず、これを拒否したので、高慢で不信の徒となった。 --- "And [mention] when We said to the angels, 'Prostrate before Adam'; so they prostrated, except for Iblees. ソロモン72柱の悪魔の中では最も美しい姿といっても差し支えないでしょう。 この時、 喋る声は麗しく天使の姿にふさわしい ともいわれます。 ただ、書物によってはその召喚には注意が必要とされていて、 He refused and was arrogant and became of the disbelievers." 今回お話しするのはソロモン72柱の悪魔階級とその強さです。物語の製作の参考にしてください。ソロモン72柱の悪魔とはいったい何なのか?ソロモン72柱の悪魔は約3000年前中東に存在していた「イスラエル王国」の3代目国王「ソロモン王」が封印した 『ゴエティア』『悪魔の偽王国』では 王、君主、公爵、侯爵、伯爵、騎士、総裁 が悪魔の持つ地位(爵位)として記載され、複数の爵位をもつ者もいる。 悪魔たちはそれぞれ固有の印章(シジル)を持ち、王の印章は黄金、公爵の印章は銅(赤銅)、君主の印章は錫、侯爵の印章は銀、君主の印章は水銀、伯爵の印章は銅か銀、または他の金属、騎士の印章は鉛と設定されている。 悪魔の序列については諸説あり、初期は悪魔の王 …