2 は等しいとする。上下の面の三角形が図のように噛み合った状態で横方向の力を加えて滑り運動を起こさせようとすると、接触点の一つでは、横方向の力 と

m の積で与えられる[29]:140。, クーロンモデルでは、動摩擦力は見かけの接触面積や滑り速度などの影響を受けず、運動中は一定の大きさを保つ。動摩擦力は必ず速度の逆向きにはたらくため、運動物体は徐々に減速を受けて最後には止まってしまう。, 動摩擦係数は静止摩擦係数よりも小さいのが普通である[31][32]。しかし、リチャード・ファインマンは「乾燥した金属どうしの摩擦ではほとんど違いを見出せない」と述べている[33]。動摩擦力が静止摩擦力よりも高くなりうることを示す理論モデルも登場し始めている[34]。, 動摩擦力の向きは接触面の相対運動に対して逆向きにはたらく。たとえば、電車の車輪の回転速度が速すぎてレールに対して空転しているような場合、レールから見ると車輪の接触面は後方向きの相対運動を行っているので、車輪が受ける動摩擦力の向きは前方となる。つまり、電車は駆動力を得て前方に加速する。逆に、走行中に車輪の回転速度が極端に遅くなったなら、レールから見て車輪は前方に滑っていくことになるため、動摩擦力の向きは後方となり電車は制動力を得る。つまりブレーキがかかる。[35], 垂直抗力 {\displaystyle k=1}

μ 運動摩擦力とは、どういうときに働くか考えてみましょう.まずは、滑り摩擦力を考えてみましょう.先ほどの雪山の雪崩が起こるときや、スキー、スケートですべるのは滑り摩擦です。この滑り摩擦力は、動きを止めようとする力なので、これが無くなると、いつまでも動きつづけることになります.そうです。ブレーキが効かなくなるのです。動いているものは永久に動きつづけようとすることでしょう。自動車も自転車もスキーもスケートも動いているものを止めることができなくなります.また、滑り摩擦力はその摩擦の力によって運動をエネルギーに変えます。大昔の人たちが、木をこすり合わせて火を起こしたり、火打石で火をつけたりするのも滑り摩擦力があるからです.マッチで火をつけるのもそうです。滑り摩擦が働くときにはその摩擦で失われたエネルギーが熱や音に変わります。例えば先ほどのマッチや火打ち石は、滑り摩擦力で火を起こすというエネルギーに変化させています。従って、滑り摩擦力がないとこのような方法で火を起こすことはできなくなりますね. ′ と垂直抗力 F と表される。このとき摩擦力の大きさは物体の質量

{\displaystyle \mu N}

では、転がり摩擦力はどうでしょう?タイヤが地面を回転していくのは転がり摩擦があるからです.すると、転がり摩擦力がないと、タイヤを使って動くものは全て動かなくなります。回転を伝えることができなくなるからです.自動車、自転車バイク、電車….何も動くことはできませんね. {\displaystyle p_{m}} 85 = は突き刺さった部分の進行方向に対する投影面積、

p

は動摩擦係数

1 m ′ s

{\displaystyle F} 1 という妥当な大きさの摩擦係数が導かれる。ただしこの単純な理論は大まかな見積もりであって、現実の金属ではしばしば摩擦係数が1以上になることを説明できない。[25], バウデンとテーバーは、垂直荷重だけではなく滑り方向の力が加わることで凝着部が成長するという理論(修正凝着説)を展開し、清浄表面で摩擦係数が高くなりうることを説明した[4][28]。それによると、滑り方向の力 {\displaystyle N=mg} {\displaystyle g}

{\displaystyle 0

摩擦係数が結び付ける二つの物理量はどちらも力で同一の次元を持つので,本来は摩擦因子(英: friction factor)と呼称するのがよいが,