2018年度内に発売予定として2018年12月21日に発表された、三菱・新型『デリカD:5』。, デリカD:5はアウトドアテイストや4WD技術による高い走破性能など、他のミニバンと一線を画したキャラクターが特徴。その独自性から熱狂的なファンも多いモデルです。, 広さや便利さが前面に出がちなミニバンにおいて、クルマとしての魅力を高めたことが長らくクルマ好きを惹きつけ続ける理由の一つでしょう。, そうすると思い浮かべるのは、都会的なデザインに大きく特徴を振り、同じくクルマ好きに向けて存在感を高めたマツダ・CX-8の存在。, クルマ好きにとってはライバルとなりそうなこの2台、実際に比較してみるとどうなのでしょうか。早速見ていきましょう。, ノアなどのいわゆる「5ナンバーミニバン」の全長4,700mmからすると、大柄であったデリカD:5。しかし、CX-8の全長はさらに長く、最小回転半径も5.6mに対し5.8mと、運転が苦手な方には取り回しなどネックになり得ます。, 意外なのは最低地上高がCX-8の方が高いこと。とはいえ、その差は微々たるもの。SUVのCX-8と同等のクリアランスをミニバンで実現しているのだから、驚きともいえます。, ちなみに、デリカD:5の最低地上高はマイナーチェンジ前は210mm。下まわりの形状変更による差で、実質の走破性に影響しないとのこと。デリカD:5が高い走破性を誇るSUV顔負けのミニバンであることには変わりないのは朗報ですね。, 新型デリカD:5の車両重量は、1,930~1,960kg。マイナーチェンジ前の同じAWD+ディーゼルで1,880~1,910kgですから、AdBlueが必要な新型ディーゼルエンジン、8速AT、遮音材追加、各種安全装備のアップデートなどなど…、内容充実に伴う重量増は避けられなかったようです。, 燃費には多少影響するでしょうが、トルクアップやドライブトレーン、電動パワステなど燃費向上策も多々導入されているため、ネガティブにとらえる必要はないでしょう。, 一方CX-8の車両重量はAWDモデルで、1,860~1,900kg。スライドドアや大柄な3列シートなどのメリットを考えると、新型デリカD:5は十分健闘しているとも思えます。, しかしながら、CX-8はシャシーの設計が新しく、3列シート車でトップクラスの衝突安全性を備えます。新型デリカD:5はシャシーがキャリーオーバーですから、この点が不利であることは頭の隅に置いておくべきでしょうね。, 2名掛けキャプテンシートと3名掛けベンチシートを選べるという点では、新型デリカD:5もCX-8も同じ。CX-8は、Lパッケージにおいて大型センターコンソールをもつ2名掛けが選べる点が差異です。, シート自体はどちらも大柄で膝周りも余裕があるため、ゆったりと座れます。CX-8は当然ながら頭上空間が不利ではありますが、身長178cmの私でも余裕があり狭いとは感じません。, 違いが出るのはセンタートンネル。CX-8はトンネル部分に盛り上がりがあるため真ん中に座ると窮屈に感じます。後席用エアコンの吹き出し口があることも圧迫感に繋がります。, 3列目は居住空間もシート自体の作りも、デリカD:5が圧倒的に優れています。デリカD:5は5ナンバーミニバンより長い全長を活かし、快適に座ることができます。, デリカD:5の美点は3列目がスライドできること。セレナもオプションでスライドできるようになりますが、デリカは標準でスライドできます。荷物がほとんど置けなくなるほど後ろにずらせば、3列目であってもゆったりと座れます。, シート自体の厚みも大きさもデリカD:5の方が上。CX-8も3列シートSUVとしてはしっかりとしたシートですが、デリカD:5も3列目シートの造りには定評があり、軍配はデリカD:5か。, 着座姿勢としてはもう少し座面前端が上がっていて欲しい気もしますので、ぜひ実車でチェックを。, 乗り降りについても、CX-8は背もたれにてワンタッチで乗り降りでき、3列シートSUVの中では随一の乗り降りのしやすさ。対するデリカはミニバンの乗降性です。, 室内高とスライドドア開口部の広さから、乗り込みも2列目からのウォークスルーも比較にならないほどしやすいです。フロア位置は両車とも高いため、小さな子供は乗り降りに苦労しますが、総じてミニバンの快適さを持つデリカは魅力でしょう。, 新型デリカD:5のパワートレーンは、 全車が2.2リッターのディーゼルと8速ATを搭載して、駆動方式は4WDのみとなったことが最大のトピック。全体の9割を占めていたこの組み合わせに絞ってマイナーチェンジされています。, 新型デリカD:5もCX-8も直4 2.2Lの直噴ディーゼルターボと共通点を持ちます。デリカはJC08モード燃費しか公表されていないため、こちらで比較したのが下表。, 重量差はCX-8の方がやや軽いとはいえ4%の差ですから、ボディ形状の違いによる空気抵抗の差や、エンジン自体の燃費性能が反映されているものと考えられます。, 排ガス浄化に尿素SCRを採用した新型デリカD:5。 4N14という型式こそ変化ないものの、燃焼室形状の変更やフリクションの低減など多々改良を加えられ、最大トルクは360Nmから5%アップの380Nmとなりました。, 一方でCX-8もマツダ最新ディーゼルSKYACTIV-Dを搭載し、最高出力と最大トルクともに上回る数値を誇っています。さらにSKYACTIV-Dは、ディーゼルとしては高回転までスポーティーに回るという特徴も併せ持ちます。, これまでデリカD:5は6速ATが使われていましたが、今回から8速ATに進化しています。以前の6速ATは典型的なトルコンATらしい制御で、ダイレクト感に欠けるフィールでした。, 新しい8速ATの詳細は発表されていませんが、エクリプスクロスのディーゼル仕様へ搭載予定として発表済みのアイシンAW製のFF向け横置き8速ATではないかと思われます(ギア比等仕様は違えど) 。, ATトップシェアのアイシンAW製のこの8速ATは、ボルボやプジョーにも採用されて定評があります。 実際、新型デリカの8速ATはダイレクト感も高まった上、リズム良く変速するため、ワインディングなどで小気味よく走れると評論家にも好印象でした。, 一方、CX-8はSKYACTIVE-DRIVEの6速トルコンAT。ロックアップ領域を拡大し、アクセル操作に対するダイレクト感が特徴的です。一方でマニュアルシフト操作に対するレスポンスは要改善といった印象。, 高速巡航時のエンジン回転数も少し気になるところで、今後高速道路の最高速上限が110、120km/hと上がっていくことを考えると今後は8速化を希望してしまいます。, 新型デリカD:5もCX-8も電子制御カップリングで前後輪のトルク配分を行う、アクティブトルクスプリット方式の4WD機構を備えています。LSDは持たずにブレーキでLSD相当の制御をする点も同様です。, 新型デリカのAWDは駆動力配分へのヨーレートのフィードバック追加や、ブレーキによるLSD制御の強化により、より自然で的確な駆動配分ができるように改善されています。, では、AWDとしての悪路走破性は同等なのかというと、結果としては新型デリカD:5の方が上と言えそうです。, CX-8に搭載されるi-ACTIV AWDは、端的に言うと効率最優先。前輪の滑りを防ぐためのAWDという発想があるため、必要最低限のAWDシステム容量しか確保されていません。, 例えばクロスカントリー的な路面で対角2輪が浮いたような状況で登坂すると、i-AWDは一定以上のトルクが掛からないような保護機構が働き、うまく登坂できなくなるケースがあります。, 一般ユースを考えると稀なユースケースであるため、i-ACTIV AWDは割り切ったと考えられます。想定ユースケース以上の容量や信頼性を確保しようとすると燃費や価格へ影響が及ぶためです。, 一方でクロスカントリーな厳しい路面での用途も考えられるのであれば、CX-8では能力不足。デリカの方が用途に合っていることになります。, 左右独立式オートエアコン、リア独立式エアコンを装備している点では両車同じです。CX-8ではリアにもオートエアコンを装備している点は異なります。, マイナーチェンジ前はリアは風量調整のみで独立した温度調整ができない、寒冷地では3列目暖房性能不足があるなど(オプションでリアヒーターがあった)、弱点があったのですが、今回この2つのネガをつぶしています。, 天井に吹き出し口があるデリカに対し、CX-8はセンターコンソールに配置さ。2列目のクーラーの効き始めは冷風が直接当たるCX-8も悪くないのですが、寒すぎたり3列目までなかなか冷風が届かなかったりとイマイチな点もあるのも確か。天井部にある方が自然な調整がしやすく、乗員全体の快適性では新型デリカD:5に部があると言えそうです。, 新型デリカD:5ではナビ画面も大型化。10.1型の大型ディスプレイを搭載しました。一方のCX-8は7インチ。地図だけでなく、エンターテインメント系やリアカメラ画像など大型の方が見やすいに越したことはありません。, CX-8のナビのメリットは本体自体は標準搭載されていること。3年分の地図データを5万円弱で購入します。標準搭載するメリットとしては、自動ドアロックやクルコンなど細かな車両の設定をナビ画面を通してできるとにあります。逆に社外品のナビに実質変えられないのは、大きなデメリットにもなりえます。, 最近ではデリカD:5の決定的な欠点となっていた先進安全装備。 今回のマイナーチェンジでは大きくテコ入れされました。, 賛否両論のフロントマスクの大変更も、対歩行者の衝突安全性強化のためのフロントセクションの設計変更がきっかけとされています。先進安全性能の獲得が一つの大きなテーマであったことは間違いありません。, 新型デリカD:5には、~65km/hの歩行者対応というトップクラスの自動ブレーキを搭載しました。システムも単眼カメラへミリ波レーダー/赤外線レーザーを組み合わせる最近主流のシステム。, ※1: 80km/h以上の高速移動時は一部グレードにスマートブレーキ(SBS)として装備, 標準装備の範囲や細かな仕様まではここでは割愛しますが、2車は同等の機能を選択可能と言えそうです。, 把握しておきたいポイントは、CX-8は2018年末の商品改良で追加された「夜間歩行者検知」。他社でも一部車種でしか対応できていない先進機能ですので、チェックしておきたいですね。, 自動ブレーキと合わせて電動パーキングブレーキも採用されたことで、クルーズコントロール機能も大幅に強化された新型デリカD:5。, 大きな差異はレーンキープアシスト。車線逸脱警報があり電動パワステへの変更も入っていることから搭載できそうに思えますが、残念ながら見送られたようです。, 新型デリカD:5で特徴的なのは360度ビューモニターの画像を表示することができるルームミラー。ミラーとモニターの視線移動が少なくて済みます。, CX-8は、アダプティブヘッドライトと歩行者保護のアクティブボンネットが特徴的です。アダプティブヘッドライトは光の照射範囲を12分割して、走るシーンや対向車などの状況に応じて部分的に点灯・消灯を切り替えるもの。的確でスピーディーに切り替わります。, 装備品の違いから単純な価格比較は難しいのですが、ディーゼル+4輪駆動、安全装備が充実したグレード同士を比較してみます。, 新型デリカD:5のPグレードには、360度モニターや電動テールゲートが含まれている点がポイントです。一方CX-8は5万円程度の地図データ代でナビが付けられます。, 価格を抑えようと思うと、FFでNAガソリンエンジンを選べばCX-8は300万円を下回る価格を選べます。新型デリカD:5では最低価格が385万円ですから、高価格帯への割り切った印象です。, 現行の発売(2007年)から時間がたったため、先進安全装備の面で大きく遅れを取っていたデリカD:5。今回のビッグマイナーチェンジで大きくテコいれされ、ライバルに引けを取らない内容になりました。, 走行性能の面でもエンジン・ドライブトレーンはもとより、剛性向上や足のセッティングの大幅な見直しによってオンロード・オフロードともに評判の良いものとなっています。オフロード好きから間口を広げようとした新しい顔つきには賛否両論ありますが、乗り味としてはデリカ好きを裏切らないものとなっていると言えるでしょう。, 個人的にもマイナーチェンジ前のデリカは大いに迷ったのですが、断念した1番の理由は先進安全装備と静粛性。超長距離を乗ることが多い我が家にとっては、無視できない欠点でした。, しかし、今回の機能改善では当時気になっていた点はほぼ解消されました。残るはレーンキープアシストでしょうか。, 私個人の好みとしては、都会向け仕様の「URBAN GEAR」と顔を大胆に分け、標準モデルはもっと高級感のある大人っぽいオフロード顔を模索してもらいたかったです。, とは言え、エクステリアが気に入れば、アクティブに出かけるユーザーにとって非常に魅力的なモデルに進化したのは確かでしょう!, 知っておいて損なし! 氏名:舊役哲史 ●日本オートキャンプ協会

お気軽にお問い合わせ下さい。, ボディコーティングやカーフィルム、カーオーディオ、パーツコーティングなど、どんな作業をするのか?施工環境や施工方法などに疑問を持ったことはありませんか?, アイアイシーでは一度ご来店「工場見学」をしていただき、入庫の車両や施工風景などをご覧いただいてからサービスをご提供させて頂いております。, 当サイトを運営してる、株式会社カービューティーアイアイシーです。当社は、1999年に起業したカーコーティング専門店です。現在では、カーコーティングのみではなくカーフィルム、シート張替、オーディオ取付など、トータルで請け負っています。, 人気車種事例紹介/ マツダ CX-8 コーティング,ベンツ Gクラス(ゲレンデ)コーティング,スバル WRX コーティング,ポルシェ 911 コーティング,レクサス LC コーティング, Copyright(C) 車のコーティング施工専門店 千葉・東京 All Rights Reserved, BMWオーナーに大人気!BMW専用フォーカルスピーカー取付けしました。東京都よりご来店です。, 新車ランドクルーザープラドにおすすめ!!フォーカル3Wayスピーカー取付けしました。, 神奈川県横浜市よりご来店のスバルWRXにフルデッドニングを施工させていただきました。. js.src = 'https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.12'; 我が家に新型デリカd5がやってきてから早四ヶ月。ウィークデーは、ほぼ100%妻がちょこちょこ買い物や子供たちの送り迎えなどで使用し、週末や大型連休ではキャンプ四回、そして200キロを超える長距離移動やカーフェリーでの移動も経験し、走行距離も3,000キロを超えました(^ ^), 我が家は旧型デリカd5から新型デリカd5への乗り換えを行いましたが、この納車から四ヶ月乗ってみて実際に感じた「新型デリカd5の良い点・悪い点」について一度検証してみたいと思います。これから新型デリカd5の購入を検討されている方の参考になりましたら幸いです。, 新型デリカD5に乗り換えてからというもの、正直メリットしか見出せておりません♪( ´▽`) 「新型デリカD5に乗り換えて良かった!」と強く感じたポイントについてご紹介致します!, まず新型デリカd5に乗り換えて一番の驚きが「思っていた以上に燃費が良い!」ということです。以前納車したての頃にこちらの記事でもご紹介致しましたが、四人乗車+二泊三日分のキャンプ用品フル積載でも400キロ走行して、リッター16キロ走りました\(^^)/ しかも燃料はガソリンからディーゼルに変更になってますので、長距離移動の時にはかなりお得な感じが致します\(^^)/, ※延べ三日間でキャンプ用品フル積載で、約400キロ走ってリッター16.1キロは衝撃的でした!, 更にはウィークデーには妻が買い物や子供の送り迎えなどで短距離運転を繰り返してますが、それでも街乗りリッター8キロ以上は走ります。私は週末しか乗りませんので、給油はほぼ妻が行ってますが、給油の回数が明らかに減った事を実感しているようです。, 実際に我が家のガソリン代は、旧型デリカd5の時は月平均1万2千円掛かっておりましたが、新型デリカd5 に乗り換えてからは、月6千円から9千円と一万円を超えることは無くなりました。, 新型デリカd5の車両本体価格はかなり上がりましたが、長い目で見ると、旧型を乗り続けているよりかはペイ出来る燃費かと思います(^ ^), 我が家の大黒柱、妻の身長は153センチと小柄な方ですが、全く問題なく新型デリカd5を乗りこなしてます。元々旧型デリカd5を乗りこなしていたので、全く心配はしておりませんが… 以前旧型デリカd5を購入する時に、エルグランドやアルファードも候補に入れて試乗致しましたか、その時に妻は車高が低いのとデリカd5 よりも一回り大きいので「かなり運転しづらい」と言ってました。, 実際にディーラーマンに新型デリカd5購入ユーザーがエルグランドやアルファード・ヴェルファイアからの乗り換えが多いと仰ってました。その理由は「高級ミニバンのデカさと車高の低さに疲れた」というのが一番の乗り換えの理由だったそうです。, ※特に雪国では車高の高さが重宝致します♪ 運転に自信の無い方にとっても、段差もなんのその!, 新型デリカd5は旧型に比べるとインテリアの高級が大きく向上し、高級ミニバンから乗り換えても見劣りしなくなりましたので、抵抗感もないのかもしれませんね。, また新型デリカd5は旧型と比べてハンドルが軽くなり、更にクリーンディーゼルエンジンで楽に加速するようになったことから、旧型以上に小柄な女性や主婦でも楽々運転出来るミニバンに変貌致しました(^ ^), デリカd5のユーザーなら誰しもが不満だったと思いますが、旧型デリカd5は市販のドリンクホルダーがエアコン口にさすことができない特殊な吹き出し構造となってました。なのでどうしてもドリンクホルダーを設置したければ、デリカ専用の5千円以上もするドリンクホルダーを購入するか、センターボックスを設置してドリンクホルダーを設けるかしか手段は有りませんでした。, しかし新型デリカd5では念願の市販ドリンクホルダーが使えるようになりました\(^^)/, ※念願の市販ドリンクホルダーが運転席と助手席側のエアコン口に設置できるようになりました♪, 我が家ではデリカd5にお似合いなワイルド?なドリンクホルダーを購入しました!どんなドリンクもしっかりとホールドしてくれ、見た目もワイルドなこちらのドリンクホルダーはカー用品店でも売ってますし、ネット通販でも購入できます!オススメですよ(^ ^), カーメイト DZ374 カップホルダー クワトロ X カーボン調 メタリックレッド ドリンクホルダー 吹き出し口 取付 カー用品, 上記ではエルグランドやアルファード・ヴェルファイアから乗り換える理由の一つに「高級ミニバンのデカさと車高の低さに疲れた」という理由があると述べました。ディーラーマンに伺うと、それ以外の理由に「安全性機能がようやく他車並みに整ったから」というのがあるそうです。, その安全性機能向上の一つが「オートクルーズ機能」速度設定と車間設定をするとアクセルを踏まなくもハンドルを握っているだけで、勝手に走ってくれる機能です(^ ^) これが旧型デリカd5では、速度設定は出来たものの、前の車との車間距離設定ができずに設定速度のまま突き進んでいきましたので、恐怖の機能でしかありませんでした(T ^ T), ※ハンドル右側のスイッチでオートクルーズのON/OFFを、そして車間と速度を設定。, 長距離運転の時にアクセルワークができるなくなるだけで、体の疲労感はかなり違って参ります。すでに他社の多くの車種に搭載されている機能ではありますが、これが新型デリカd5に搭載されたことは、乗り換えを検討されている方にとってもかなりの朗報かと思います\(^^)/, そんなメリットだらけの新型デリカd5ですが、デメリットがあります。。決して致命的なものではありませんので、前向きに検証致します( ̄∇ ̄), まずは車両本体価格!オートクルーズなどの安全性装備がフル搭載されたこと、全車クリーンディーゼルになったこと、さらにはインテリア(内装)が高級ミニバン化した影響で、どのグレードも100万円以上値上がりしております( ̄∇ ̄) 今まで旧型デリカD5に乗っていた方は少し抵抗感がある価格です。, ※フェイスもイカつくなったが、インテリア(内装)もすっかり高級ミニバン化した新型デリカD5, これによってエルグランド・アルファード/ヴェルファイアと同じ「高級ミニバン」というくくりになったことから、残念ながら今回購入を見送るユーザーも多かったのではないでしょうか。我が家も購入を非常に悩みましたが、①下取りが今だと高い値段がつくこと②新型デリカD5に変更することで、メンテナンス代や燃費面を考慮して将来的にペイできる、と考えた結果、乗り換えを決意致しました。その辺を試算されると良いかと思います♪, 購入するにあたり、様々な面をコストカット致しました♪そのことはこちらの記事に書いてますので、ぜひご参考にしてください!↓↓, 旧型デリカd5の純正ナビはディーラーマンが認めるくらい「使い物にならない」ナビでした( ̄∇ ̄) 新型デリカd5ではカーナビがオプションとはいえ、車と連動してますので純正といっても差し支えありません。, 旧型デリカd5ナビが使い勝手が悪すぎた(特に道案内。。やたらと遠回りを指示してきました。。)ので、新型デリカd5のナビにはかなりの期待をしていました。正直旧型デリカD5のナビと比べてはマシになったものの、目的地の検索方法などは相変わらず使い勝手が悪い!またBluetoothも搭載されているものの、これまた接続が不安定と、まだまだ改良の余地があるように思います。, ※相変わらず目的地検索や道案内がイマイチ・・これも慣れなのでしょうか??画面は大きくて見やすいです♪, ただ旧型デリカD5と比べて新型デリカD5はスピーカーの位置がフロントとセカンド共に体に近い位置に変更になった影響か、音響はかなり良くなったと感じております♪ また画面も10インチと大きくなりましたので、ナビは見やすくなったと思います。 これから新型デリカD5の購入を検討されている方は、ぜひカーナビの使い勝手を確認されてみてください。, ただしこのナビ、装着するとしないとでは下取りの査定にだいぶ差が出るようです( ̄∇ ̄) うまく作られてますね。。, 旧型デリカD5の欠点の一つに「セカンドシートのエアコンの操作が運転席側からできない」というのがありました。これは新型デリカD5になって改良されるのかと思いきや、改良されませんでした。子供が小さいと、運転中に急に「暑い」やら「寒い」やら言われると、非常に困るのです。三菱側にはぜひ今後この点は改良してもらいたいと説にに願っております!, 新型デリカD5の事細かい詳細については、以前記事に書いてます♪こちらも参考にして頂けますと幸いです♪↓↓, ナビに多少の不安はあるものの、最初は抵抗感のあったイカついフェイスにもすっかり慣れ、今では「かっこいい!」と思うようになったくらいです♪ 燃費も思ったよりもかなり良く、内装(インテリア)や運転のしやすさも向上され、これ以上改良の余地があるのか?と思うくらい大満足なのが、新型デリカD5を四カ月実際に乗ってみた感想です♪, 車両本体価格もそこそこしましたが、今では燃費と使い勝手の良さに「購入して良かった!」と改めて感じております♪ オプションパーツも徐々に発売されてきており、これから益々カスタマイズのしがいがありそうです\(^o^)/ 新型デリカD5!かなりおすすめです!!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, (デリカD:5、キャンプ、ランニング でデリキャンランです♪)