h޴X]s۶�+xL��K� `��+��ZI&Jn:��c16���JT��߳ʲ$J������c?�9���AH�2)��C h����S�b.Ú�@e�K!dB��!8�RC�� 和田秀樹流老年医学の総決算。40代は脳・前頭葉の萎縮、50代は身体よりも精神の健康に注意。どの年代で何が起きるのかを知っておけば、怖くない。 脳の前方にある前頭葉と側頭葉が萎縮する「前頭側頭型認知症」のひとつで、「ピック球」と呼ばれる脳の神経細胞の塊が前頭葉と側頭葉にできて生じます。「人間らしさ」を一気に奪う病気で、理性的な行動をとれなくなるのが特徴です。 脳の前方にある前頭葉と側頭葉が萎縮する「前頭側頭型認知症」のひとつで、「ピック球」と呼ばれる脳の神経細胞の塊が前頭葉と側頭葉にできて生じます。「人間らしさ」を一気に奪う病気で、理性的な行動をとれなくなるのが特徴です。 *�����h`0l�8�@�|� �T�X ,��TJ�]����+�0e0(]`RcPm`�g� わたくしごとですが40歳になりました。冒頭からいらぬ告白をすみません。40歳になったことの精神的ダメージが想像以上に大きかったので、つい……。, 頭ではわかっていたけれど、実際迎えてみると信じられないというか受け入れられない自分がいました。「老い」の実感。やはり「老い」は怖い。, 40歳になった瞬間一気に届いた特定健診やがん検診の受診票。(ああ……受け入れたくなくてまだ受診していない)それらを目の前に、否応なく「あなたは病気の可能性がある、そうでなくても近い将来病気になるのよ! 弱っていくのよ!」と言われているようで辛い……。, 老いといえば、自分だけでなく周りも同時に年を取っていくわけです。夫はアラフィフ。夫の両親は2人ともガンで既に亡くなっています。夫がガンになる可能性を考えると恐ろしすぎです。そして私の母親は70歳でまだ比較的元気ですが、一度でも転倒して骨折……などの事態になれば寝たきりの可能性だって否めない。, 元気に楽しく生きているように見えるみなさんも、こんな恐ろしさと戦ってアンチエイジングに励んだり、もしくは忘れようと現実逃避したり、はたまた悟りを開いて受け入れて生きているんでしょうか……?, 著者の医師・和田秀樹氏は、老いを受け入れるマインドがないと、いざ介護される立場になった時に本人も家族にも負担がかかると警告します。, 私が本書を書こうと思ったのは、ある程度の年齢に達するまで「老いに抗(あらが)う」にしろ、その後に「老いを受け入れる」にしろ、どの年代でどういうことが自分の心身に生じ、それは実際にどのようなものなのかを教えてくれる「人生の未来予想図」のようなものを携えていることが、「平均寿命80歳超」時代を生きる私たちの大きな助けになりうると考えたからです。, 本書の特色といえるのは、将来自分の心身になにが起こるのかという「傾向」を述べるだけでなく、私が30年以上にわたって高齢者専門の精神科医をつづけてきた経験から、可能なかぎりの「対策」を提言している点です。, ……老いはたしかに怖い。でもいずれ必ず迎えなければいけない事実を受け入れ、そのリスクを少しでも減らせるよう対策をしておけば、なにかが起きる前の恐怖も減るし、実際起きてからも確実に差があると思います。, 災害に向けて避難訓練したり非常持ち出し袋を用意しておく・しないの違いに近い気がします。, 自分の場合、子どもたちに迷惑をかけることは本当にしたくない。そう、怖がっている場合ではない……! 早速本書に従って、老いにより起こる現象とその対策を学んでいこうと思います。, 脳の萎縮は「なんとなく定年の60歳くらいかな?」と想像していたらまさかの40代! 早い!, じつはこうした「きれいな」脳の状態を、特に努力もせずに維持できるのは30代が限界です。後述するように萎縮の進行度合いにはかなりの個人差はあるものの、早ければ40歳を過ぎた頃から頭蓋骨と脳のあいだにちょっとずつ隙間ができはじめ、その隙間は年をとればとるほど大きくなっていくものなのです。前頭葉の萎縮が肉眼で確認できるほど進むと、30代までのその人とくらべて、意欲とか創造性といった能力が明らかに乏しくなってきます。そして50代や60代に入り、さらに本格的に前頭葉機能が落ちてくると、今度は感情を抑制する力も衰えてきますから、人によっては些細なことでカッとなって部下や家族を罵倒してしまうことが増えるでしょう。, うっすら気づいていながら気づいていないふりをしていました……。意欲の低下。このまま意欲も創造性も衰え、キレる老人まっしぐらなんでしょうか。助けて!, 前頭葉を鍛えるための手っ取り早い方法としては、日常生活におけるルーティーンをなるべく避けることがまず挙げられます。, 本書で「軽い保続」と表現される「今までのやり方を変えたがらない」、「同じ店でしか食事をしない」、「初めて行く場所が億劫」などの症状、すでにあります。慣れた場所で慣れたことをやるのが楽で、ついそうして過ごしてしまう。でもこれからはいつもと違う道を歩いてみよう、違う街・違う店に行ってみようと決意!, もう少し知的な前頭葉の鍛え方としては、自分とは真逆の、相容れない意見の本をあえて読んでみるのも良い刺激になります。, ……すごく簡単なことのように見えて、無意識に遠ざけていることではないでしょうか。自分と反対の意見や思想に対して近づかないとか、敵対心を表してしまいがちですが、一度正面から向き合ってみれば新たな発見もあるでしょう。刺激物として楽しんでみるという視点の変換、取り入れたいものです。, 年代を少し飛ばして70代の話。70代後半になると8~10%の人が認知症になるそうです。そのうち6割以上がアルツハイマー型認知症とのこと。, 過去に何度か老人福祉施設を見学したことがありますが、そこで見た虚ろな目のご老人の姿ばかりが目に焼き付いて、アルツハイマーにかかったら、記憶障害はもちろん、知性も理性も感情もなにもかも失われてしまうのかと恐ろしいイメージしかありませんでした。でも本書を読んでイメージが一転しました!, こうした(アルツハイマーになったら基本的には知能が失われるという)意見に対して私が何度でも強調しておきたいのは、アルツハイマー型認知症においては一般的にまず記憶力が低下し、その後に知能が少しずつ低下してくるのは事実であるものの、じつはアルツハイマーがかなりの程度進行した人でも、依然として多くの残存機能を有している、ということです。, 例としてロナルド・レーガン元大統領が、在任中も記憶障碍が始まっていたと推測できることが載っています。アルツハイマーでも軽度であれば、アメリカの大統領が務まり、かつ歴史的な業績を残せるほどの知能を有しているということだと。, そして同じ脳の萎縮の程度があっても、明晰さを保てる人はやはり頭を使っているとのことです。, 問題はどうやって「頭を使う」かですが、私の経験上、もっとも効果が高いと感じられるのはやはり人との会話です。他人とのお喋りでは、自分の話したことに対して相手からの反応が返ってきますし、強制的に頭を働かさなくてはいけない局面を増やせるのでしょう。さらに、声を出すという行為それ自体にもポジティブな効能があるようです。, お喋り最強説! 逆に1人きりで黙って過ごしていたら知能の低下まっしぐらということですね……。70代の母親に気を付けてもらわねばいけません。ママさんコーラスも続けてもらわねば。, 本書はほかにも、50代では鬱病のリスク増大に気をつけろ60代では介護離職は危険80代では「できないこと」ではなく、「できること」に注目するなどの傾向と対策を細やかに示してくれています。, 「正直なことを言えば、私は健康診断については受ける価値などほとんどないと思っています」、「意味があるのは脳ドックと心臓ドックだけ」という、日本の医学会的にそれ言っても大丈夫なんですか?とこちらが不安になりつつも(笑)、たまらなく興味深い話も掲載されています。その真相はぜひお手に取って確かめてください!, 本書を通じて、老いのプロセスについて、知らなかったことによってひどい目にあうことだけは避けるための一助になれば、著者の本意です。, その時に後悔したり苦しんだりしないよう、前もって対応するに越したことはありません。人生折り返し地点を過ぎた大人のみなさんにぜひ読んでいただきたい教科書的な1冊です。, 40代は脳・前頭葉の萎縮に、50代は身体よりも精神の健康に注意!会社で出世レースから脱落したら、子どもの就職がうまくいかなかったら、親や配偶者の介護に直面したら、ガンになったら――。どの年代で何が起きるのかを知っておけば、怖くない。和田秀樹流老年医学の総決算!, ・40代 感情の老化を防ぐために 毎日同じ店で食事をするのは、脳・前頭葉萎縮のサイン。健康診断よりも脳ドックや心臓ドック。「反抗期があった子のほうがいい子に育つ」はウソ。, ・50代 人生の岐路転職先を意識して働く。鬱病のリスク増大。親の運転免許は返納させるべき?子どもの就職先を選ぶポイント。熟年離婚を切り出されたら。, ・60代 定年と親の死という喪失定年をどう受け入れるか。自分を必要としてくれるところを探す。税金は元を取ってナンボ。親を特養に入れるために。介護離職は危険。, ・70代 人生最後の活動期鬱と認知症の割合が逆転。肉を食べなければいけない理由。認知症予防には「脳トレ」よりも「他人とのお喋り」。アルツハイマー病への誤解。老後の蓄えをため込まない。, ・80代 老いを受け入れる「できない」ことではなく、「できる」ことに注目する。ガンは手術すべきか?迷惑をかけてはいけないのか?ピンピンコロリは理想的な死か?, 一級建築士でありながらイラストレーター・占い師・芸能・各種バイトなど、職歴がおかしい1978年千葉県生まれ。趣味は音楽・絵画・書道・舞台などの芸術全般。某高IQ団体会員。今一番面白いことは子育て。, 『ハワイの叡智 ホ・オポノポノ 幸せになる31の言葉』著:KR(カマイリ・ラファエロヴィッチ)/イハレアカラ・ヒューレン 翻訳:平良 アイリーン, 【著者インタビュー】傷ついた魂の再生を描く圧倒的感動作『pray human』、執筆の舞台裏, 【図書カードプレゼント】『悪魔と呼ばれた男』無料試し読みTwitterキャンペーン, ABJマークは、当サイトの電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第10371006号)です。 ϑP��$�ƣr�;vΪ���m���=�e[%�%�5���ի�����ͳ�?�T�zv���m9S/���U�h�w/N&���e2^��N��j֊,F�����'��ߌ+�8 )>&��۷U}u� 158 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<8643904E875E5F4C846AAC3770080381><03B2FADD79897D4C8809AC058BF249BD>]/Index[120 80]/Info 119 0 R/Length 165/Prev 954915/Root 121 0 R/Size 200/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 飲酒量のコントロールでアルコール性認知症の予防は可能です。しかし、いったん委縮が進んでしまった脳が回復することはありません。お酒をやめても萎縮は回復しません。 脳に与える影響のいくつかを紹介したのが図1 である。 本稿では,体罰や言葉での虐待が脳の発達に 与える影響について,脳科学研究知見を紹介す. る。 暴言虐待の脳への影響 言葉による虐待(暴言虐待)が脳に与えるダ メージを見逃してはいけない。 %%EOF

endstream endobj 121 0 obj <>/Metadata 15 0 R/Pages 118 0 R/StructTreeRoot 22 0 R/Type/Catalog>> endobj 122 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/Properties<>/XObject<>>>/Rotate 0/StructParents 0/TrimBox[0.0 0.0 515.906 728.504]/Type/Page>> endobj 123 0 obj <>stream endstream endobj startxref ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちらをご覧ください。→ https://aebs.or.jp/. ���#V)� 8��N�j�,�@B&l�WQ�e�&�C���NN���[9]T�p��k�7�4y}"�d���h�� 共同で,性的虐待や暴言虐待,ネグレクトなどが子どもの脳 に与える影響を調べ,脳の容積や髄鞘化が変成する現象を報 告してきた 4 ~9). 小児期に激しい虐待を受けると,脳の一部がうまく発達で `:Ϙo�� wp�-���VV��[�F^�.U��L�@�������0�eX|AÔ1nC0��||�f@������!A� Q�g F�8� 【脳神経外科医が解説】意識を失ってしまったり、体を大きくガクンガクンさせるような痙攣が起きたり、急に動きが止まったりといった症状を繰り返し起こす「てんかん」。一般的な病気で、患者さんは100人に1人と言われています。てんかんの特徴・症状・治療法について解説します。

7-3.委縮した脳は戻らないことを自覚すべき. Copyright©1997-2020 Kodansha Ltd. All Rights Reserved. 【脳神経外科医が解説】意識を失ってしまったり、体を大きくガクンガクンさせるような痙攣が起きたり、急に動きが止まったりといった症状を繰り返し起こす「てんかん」。一般的な病気で、患者さんは100人に1人と言われています。てんかんの特徴・症状・治療法について解説します。, てんかんの発症率は100人に1人と言われています。突然意識を失ったり、痙攣を起こしたりするのが特徴です, 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査法…PCR検査・抗体検査・抗原検査の違い, ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。, 過去2年以上発作がなく、今後も数年間は発作を起こす恐れがないと医師から判断された患者(数年後に臨時適性検査が必要), 1年間の経過観察で、意識障害や運動障害を伴わない発作しか起こしていないと医師から判断された患者. 0 h�b```�+l"OD@��(����a�p��`O,_íW�B�C�0r8<5xj�r! この6月、WHO(世界保健機関)が「ゲーム障害」を国際疾病分類(ICD‐11)に加える、つまり今後は「病気」として扱うと発表しました。ニュースに触れて、「もしかしてうちの子もゲーム障害?」と心配になった親御さんも多かったのではないでしょうか。, ゲーム障害の詳しい診断基準はまだ公表されていませんが、WHOは、「ゲームをする時間を自分でコントロールできなくなる」「ゲームを他の興味や普段の生活の事柄よりも優先させる」「その結果、個人や家族、社会、学習、仕事など日常生活に著しく支障をきたしているのに、やめられない、あるいはエスカレートしてしまう」という状態が12ヶ月以上続くことを、ゲーム障害と定義づけています。, 要するに、「ゲームのやり過ぎで家庭や学校、職場に問題が起こり、解決できない状態が1年も続く人は、もう病気と言わざるを得ません」ということだと思います。, とくに問題となっているのが、ゲームの中でもインターネットに接続して行う「オンラインゲーム」です。ゲーム上で知り合った参加者とチームを組み、協力しながらモンスターを倒したり、対戦したりする仕組みになっているのですが、途中で抜け出すと仲間に迷惑をかけるので、深夜になってもゲームを切り上げにくいのだそうです。, また、時間やお金を費やすほど強力なアイテムが与えられ、称号も上がっていくので、寝食を忘れて没頭してしまう人が、中高生だけでなく、大人にも少なくありません。こうしてオンラインゲームにはまってしまった人を、俗に「ネトゲ(ネットゲーム)廃人」と言います。, 韓国や中国では、24時間営業のネットカフェに入り浸った人たちが、3日も4日も不眠不休でオンラインゲームに没頭したあげく、極度の興奮や過労、エコノミークラス症候群などで突然死してしまう事例がたびたび報道されています。その結果、韓国では、16歳未満の場合、深夜0時から6時までの間、強制的にオンラインゲームをできないようにする法案(通称「シンデレラ法」)が2011年から施行されました。最近では、ゲーム産業からの反発もあり、その規制を「強制」から、「親がシャットダウンを選択できる」ように緩和しようという動きがでています。, 日本でも、オンラインゲームにはまって昼夜逆転し、学校や仕事に行けなくなったあげく、ネットを遮断しようとした家族に暴言・暴力をふるうようになって、ネット依存症治療施設に相談に訪れる人たちがたくさんいます。しかし、日本では、未然に「ゲーム依存」を防ぐための取り組みはなく、家庭ごとの判断に委ねられています。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 進化した「半グレ」その犯罪の残忍な手口とは?〈暗号化アプリを活用、高齢者からセクシー女優まで標的〉, 【暴力団幹部が語る】令和の不良の行き着く先「半グレ」を現役ヤクザはどう見ているのか?, 「1度原発で働いたヤツは、原発に帰ってくる」 作業員を離さない、福島1Fの“うま味”とは, 「金属バットはフルスイング」「耳を切断」凶悪化する“半グレ”はヤクザと何が違うのか?《警察幹部が分析》, 《第2子妊娠》自然体の歌姫・浜崎あゆみの恋多き“ハートタトゥー”な人生と知られざる“DV騒動”, 韓国で『鬼滅の刃』ファンが“売国奴”と罵られる理由〈炭治郎の“旭日旗”耳飾りは変更、12月公開へ〉, 「昏睡状態の女性をレイプすることが……」すでに7人を殺害した白石被告が犯行をやめなかった理由, “ロケ行きたくない”にスタッフ唖然……小林麻耶41歳、“テレビ界追放危機”の本当の理由, 三浦春馬さん最後の出演ドラマ『カネ恋』シナリオブックで明かされた“本当の結末”と“4話完結の秘密”, 半グレ「東京ブラザーズ」とは何者か? 警察が警戒強化する“ネパール人グループ”勢力拡大, いいお話では物足りない…『ポツンと一軒家』からいつの間にか「失われたもの」――青木るえか「テレビ健康診断」, まさかの「菅・文在寅宣言」案が飛び出した…バイデン当選で苦しい韓国、ついに日本に歩み寄るか, 感染症を防ぐキーワードは「粘膜免疫」と「IgA抗体」。そこで、大きな期待を集めている「乳酸菌」とは?, 「萌子さんって結婚願望あるんかな?」3代目バチェラー・友永夫妻が『バチェロレッテ・ジャパン』を語りつくす, 中尾彬さん、池波志乃さんと考える「家族への想いをカタチに ~遺言書にやさしさをこめて~」相続オンラインセミナー, 「介護・医療から看取りまでワンストップで応える施設」「自宅のように快適な空間」プロが出した答えとは?, 《緊急アンケート》眞子さまと小室圭さんの結婚についてどう考えますか? 最新発表文では「否定的に考えている方がいらっしゃることも承知」, 《緊急アンケート》大ヒットアニメ「鬼滅の刃」あなたが好きなキャラクター、好きなシーンは?, 好評開催中! オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート 中間発表!. 120 0 obj <> endobj 脳に与える影響のいくつかを紹介したのが図1 である。 本稿では,体罰や言葉での虐待が脳の発達に 与える影響について,脳科学研究知見を紹介す. �e�;ڄ�tZ^-�IN�Y;6��A�3�%����zZ��S���t*N�m#�1T��>̳wb�L'/��zZAQ;�M3�ʛ*9�p~q��'�. �HS�i'!xlt��aɑ]K��ӴdD�T���I+Z*�� �N����g�6��Kب�:��ԧ, Z�@1{#�4P��E��(�r¤) ^�`0,��! 199 0 obj <>stream

この6月、who(世界保健機関)が「ゲーム障害」を国際疾病分類(icd‐11)に加える、つまり今後は「病気」として扱うと発表しました。ニュースに触れて、「もしかしてうちの子もゲーム障害?」と心配 … る。 暴言虐待の脳への影響 言葉による虐待(暴言虐待)が脳に与えるダ メージを見逃してはいけない。 その画像を見て、「○○さんはお酒をたくさん飲まれていましたか?」と質問すると驚かれるものです。しかし、患者さんが過去にアルコールを大量摂取していたか否かは、認知症専門医が頭部CTを見れば一瞬でわかるのです。お酒の影響を受けていない方と比べて、脳萎縮の程度が明らかに進んでいるからです。, 適量を超えた過剰なアルコールは脳萎縮を引き起こし、認知症を発症するのです。それによって起こる認知症が「アルコール性認知症」です。, アルコール性認知症は、通常の認知症に比べ手がかかります。そのため介護者の負担は重いものになります。今回の記事では、月に1,000名の患者さんを診る認知症専門医の長谷川嘉哉が、アルコール認知症についてご紹介します。, アルコールの慢性的な大量摂取が原因と考えられる認知症です。大量に飲酒する人に認知機能の低下や認知症がみられることはよく知られています。若いアルコール依存の人でも飲酒のために前頭葉機能が障害されていることは珍しくありませんし、高齢の依存症者には物忘れや認知症が高い割合でみられます。, アルコールが関係する認知症の原因には多発性脳梗塞などの脳血管障害、頭部外傷、肝硬変、糖尿病、ウェルニッケ・コルサコフ症候群を含む栄養障害など多岐に及びます。さらにアルツハイマー型認知症などの認知症性疾患の人が飲酒のコントロールを失って多量に飲みすぎてしまい、その結果問題を起こす場合もあります。, つまり他の認知症の原因にもなりますし、他の認知症の結果、飲酒量の見境がつかなくなってさらに認知症を悪化させるケースがあるのです。このような併発を起こしていることも少なくありません。, フランスのある研究チームは2008~2013年に、同国内の3,162万4156人の医療記録を解析。期間中に110万9,343人が認知症と診断されました。その結果、「アルコール依存症」は、あらゆるタイプの認知症、特に早期発症型認知症の発症にもっとも重要な危険因子であることが明らかになっています。, アルコール使用障害は、あらゆる種類の認知症のリスクを、男性で3.4倍に、女性で3.3倍にそれぞれ上昇させます。また、全体の5.2%にあたる5万7,353人が65歳以前に発症する早期認知症と診断されています。認知症全体では女性の発症が多く、早期認知症に限ると三分の二(64.9%)が男性でした。早期認知症と診断された患者の半分以上が、アルコールの飲み過ぎと関連していることも判明しました。, *アルコール依存症:薬物依存症の一種で、飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神障害, 「過去に大量飲酒をされていましよね?」と答えると、皆さん「今は飲んでいません」と答えます。実は、認知症専門外来に受診される方の多くは、大量飲酒により全身状態が悪化。飲酒をする力もなくなっている方が多いのです。, 一方で少数の飲酒を継続してる患者さんは、「隠れて飲んだり」「家族の財布からお金を盗ってお酒を購入したり」と家族に多大な迷惑をかけているようです。, アルコール性認知症では他の認知症に比べ、物忘れなどの記憶障害、周りの状況が理解出来なくなる「見当識障害」などが起こりやすいようです。ついさっきのことも覚えられず、今何時であるかとか、ここがどこかなどがわかりません。, また、忘れてしまった部分を、覚えているものを繋ぎ合せて埋め合わせようとして、「作話」も高頻度に見られます。, *作話:記憶障害の一種。 過去の出来事・事情・現在の状況についての誤った記憶に基づく発言や行動が認められる点が特徴的です。 作話は、「正直な嘘」と呼ばれ、通常は本人は騙すつもりは全く無く、自分の情報が誤りであるとは気がついていないので、この点で嘘とは区別されます。, アルコール性認知症は身体介護・認知症介護いずれにおいても介護者に重い負担を強いています。, 例えば、歩行が不安定になります。歩く時は何かにつかまらないと歩けなくなる場合もあります。当然介助が必要です。, またうつのように意欲がなくなり、好きなテレビ番組であっても見ないで寝てばかりになることもあります。逆に興奮しやすく攻撃的で暴力がみられたり、幻覚が見えたりする場合もあります。, さらに行動に抑制が効かなくなり、欲しいと思うと盗ってしまったり、他人の食べ物などでも食べてしまうなど、思うがままに行動してしまう問題行動もみられます。, アルコール性認知症の患者さんは、頭部CTで年齢に比し高度の脳萎縮を認めます。そのうえ、行動に抑制が効かなくなり問題行動もみられます。これは、実は「ピック病」とも酷似しているのです。アルコールをよく飲んでいたから「認知症」ではなく、いろいろな視点から検討することも重要です。ピック病については以下の記事も参考になさってください。, アルコール性認知症の症状の多くは、攻撃性、暴言等の興奮状態を呈しています。そのため、治療としてはブレーキ系の薬を使用します。具体的には、メマリーを使用します。, 間違っても、アリセプト等のアクセル系の処方をしてはいけません。さらに症状を悪化させます。メマリーだけでコントロールできない場合は、漢方の抑肝散や抗精神病薬(リスパダール、セロクエル)を少量から追加していきます。, 抗精神病薬は副作用として、歩行障害を起こすことがあります。。ただでさえ歩行が不安定なアルコール性認知症患者さんへの処方は、躊躇します。しかし動きの悪化に目をつぶってでも、抑制が必要なケースもあるのです。, それ以前に服薬拒否をされる方もいらっしゃいます。そうなると医師もお手上げです。さらに症状が進行することを待つしかないこともあります。場合によっては、自宅や介護施設でも対応ができないことがあるため精神科病院へ入院せざる得ないこともあります。, アルコール性認知症になる以前から、患者さんは大量飲酒で他人とトラブルを起こすことが多いようです。そのため本人は、何度も禁酒や節酒を試みますが、実を結びません。家族が患者さんのことを思って必死になっても裏切られる。この繰り返しにより、家族関係が冷え切っていることも多いようです。, そのうえ、アルコール性認知症になれば、身体の動きが悪くなって身体介護が必要になります。さらに、物忘れ以外に攻撃性、暴言等の興奮状態が加わるのです。, 家族の精神的・肉体的負担はとても重くなるのです。このような悲劇は未然に防ぐことが最も重要です。, アルコール性認知症にならないためには、どのようなお酒の飲み方をすればよいのでしょうか?, 世界保健機関(WHO)は、慢性的な大量飲酒をアルコール換算で、男性の場合は一日当たり60グラム以上、女性の場合は40グラム以上と定義しています。アルコール10グラムは、ビールでは250mL(ロング缶の半分)、ウィスキーでは30mL(シングル1杯)、ワインでは100mL(グラス1杯弱)に相当します。, 日常的に飲んでいない方にとってはこの水準を超えるのは難しいような気がしますが、ウイスキーをダブルで3杯もしくは、ワインをボトル1本空ければアルコール60グラムになってしまいます。もちろん、ビールを1リットルにウイスキーダブル1杯の組合せても容易にアルコール60グラムになってしまいます。, 大量飲酒にならないようなお酒の量をコントロールしましょう。アルコールがもたらす脳のダメージと認知症は予防が可能なのですから。, 慢性的な飲酒を避ける方法の一つが休肝日を設けることです。肝臓の負担を減らすことにもなります。日頃から多めに水を飲み、飲酒前にも飲むことで抑制できます。人によっては飲酒前に食事を取ることでお酒が入らなくなる方もいます。, またアルコール依存の人は、おつまみを取らずにお酒だけを飲んでいる方が少なくありません。お酒の味を楽しむのではなく酔うことが目的になっているのです。ちょっとした息抜き程度とし、健康的なおつまみを一緒に取るようにしましょう。カロリー過多にも注意してください。, 飲酒量のコントロールでアルコール性認知症の予防は可能です。しかし、いったん委縮が進んでしまった脳が回復することはありません。お酒をやめても萎縮は回復しません。前述したようにすでに体が受け付けない状態になったとしても、脳のダメージは相当進んでおりそこから元に戻ることはありえないのです。, 医学博士。岐阜県土岐市を中心に9ヶ所のクリニック、介護施設、リハビリ施設を運営する医療法人ブレイングループ理事長。毎月1,000人以上の認知症患者を診療する日本有数の認知症専門医。開業以来5万件以上の訪問診療、500件以上の在宅看取りを実践している。, 皆さんの周りに、こんな人はいらっしゃいませんか? 突然怒り出したり、ときには暴力も振るう。逆に極端に無気力になる。掃除や洗濯を全く行わず不潔感が強い。決まった時間に同じ行動を繰り返す。スーパで万引きをしたりする、痴漢 …, アルコール性認知症は、身体介護・認知症介護いずれの面でも家族の介護負担を重くさせます。.