ほど取れそうな難易度でし... 子供に行為を見られました。シングルです。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 自分の学力で入れるのか悩んでるんです 北辰テストについての質問です。次から学校選択問題に分かれると思うのですが、会場が問題ごとに変わるのですか?それともみんなと会場は同じで配布される問題が変わるのですか? 今日、北辰テストが返ってきました。 覚えたことをすぐ忘れる原因がこちら!勉強直後にやってはいけないことと長期記憶を作る方法, 志望で、都立が不合格だった場合には必ず本校に入学しなければならない」という条件が多い, 特に上位都立の併願候補先で挙げられるような私立では、併願優遇を行なっていないことが多いので、このパターンに当てはまります, 志望の都立に不合格で、進学先が併願優遇の滑り止め校だった場合、本人の実力と比べるとかなりレベルの低い進学先になってしまうかもしれません. 福井県の学力診断テストなのですが、400点台ギリギリでした。 //

「併願優遇」制度についても、積極的に活用されることをお勧めしています。 何を基準に「価値がある」と判断するかは難しいところですが、確実に言えるのは、高校に価値を見出すのは生徒本人以外にはいないということ。 「第二志望優遇」は一般入試と同じ日に実施し、第一志望が不合格だった場合に入学することを前提として当日の得点に加点をし、合格可能性を引き上げる制度です。, 得点への加点が多く合格可能性は限りなく高くなりますが、他の私立高校への受験が不可となるため、複数の私立高校を受験したい場合は利用することができません。, 「併願優遇」は第二志望優遇と同様、一般入試と同じ日に実施し、第一志望が不合格だった場合に入学することを前提として当日の得点に加点をし、合格可能性を引き上げる制度です。, 第二志望優遇と異なる点として、他の私立高校への受験が可能であることが挙げられます。, 私立・都立とも併願可能なため、いわゆるすべり止めとしてこの制度を使っていく場合が多いです。, 「一般入試」は、数ある高校入試制度の中で、唯一内申を評価に含めないタイプの試験で、当日の得点のみで合否が決まります。, ”【2020】都内私立高校併願推薦・併願優遇基準一覧(5科)”への訪問有難うございます。, Web会員登録が必要となりますが、掲載校数も多く情報の鮮度も高いので、高校受験を考えていらっしゃる方にはかなり有益なものだと思います。, 東京都在住のフリーランス。 教育サービス・コンサルティング事業の運営をしています。. ・毎年、すべての高校で必ず二次募集をしているとは限らない 併願優遇制度を使って、高校に合格する方法です。 よろしければ、ご参考にしてください。, 併願優遇制度とは「公立高校を第一志望とする中学生に対して、私立高校が、各々設定する内申基準を満たすことを条件に、合格内定を出してくれる」制度です。, 私立高校のうち、基礎レベル〜中堅レベルの高校では、併願優遇制度を採用することが多いのであり、, 内申基準を満たしていても、入学試験は受験しなくてはいけないのですが、よほど悪い点数を取らなければ、ほぼ合格することが通常です。, 併願優遇制度では、内申基準をクリアし、入学試験も合格したら、どうなるのでしょうか?, 併願優遇枠を使って受験する場合、他の私立高校の受験は認められないことが多いので、、私立高校を他にも受験したい場合には、併願優遇制度は使い勝手が悪いでしょう。, その場合は、併願優遇を使うことなく、通常の一般入試(オープン)で受験することになります。, 併願優遇の枠で受験する場合、内申評価基準をクリアしていれば、まず不合格になることはありません。, 第一志望とする公立高校の受験勉強と合わせて、あくまでも併願優遇受験をする入試対策として、勉強する必要はあるのです。, 内申基準をクリアしている以上、まず不合格になることはないのものの、高校側で複数の学習コースを設けている場合には、入学試験の点数によってコース分けがあることに注意しましょう。, 入学試験で高得点を取れば「上のクラス」に、点数うが悪いと「下のクラス」に、という具合です。入学試験の結果が、入学後のクラス分けに影響してくるのですから、やはり入試に向けて学力を上げる必要があります。, 万が一、公立高校受験が不合格となった場合に備えて、併願優遇で私立高校の合格を(ほぼ)確定させていると思うのです。併願優遇を利用することで、安心して公立高校の受験に集中できるという訳ですね。, あくまでも第一志望の公立高校に合格することが本命ですから、公立高校の受験勉強に集中することが一番大事です。, 普段から、学校の予習・復習をしっかりとして、定期テストに向けて対策勉強も万全にすること。そして併願優遇の内申基準をクリアできる目処がついたら、, 併願優遇の受験対策も大事ですが、あくまでも本命となる「公立高校」の受験勉強に集中することが大事です。, 公立高校の受験対策には、コツがあります。先輩合格者に共通する秘訣は確かにあるのです。, 公立高校受験に合格している方は、家庭学習をしっかりしているお子さんが多いですから、ご家庭で勉強する態勢をつくって上げることが大事となります。, 中学校の先生から、併願優遇先の高校に対して、事実上の推薦をしてもらって初めて受験できるのです。, 中学校の先生は、あなたが併願先の高校の内申評価基準をクリアしているのか?ということを見ています。, 中学校では、秋頃に内申の予想数値を教えてもらえることが多いと思います。この想定数値が併願優遇を利用するかどうかを決定する基準となるのです。, 担任の先生との面談の機会があると思うので、その際に併願優遇で受験したいことを、熱意を持って伝えてください。, 高校に併願優遇受験を掛け合ってくれるのは、先生達ですから。日頃からの学習態度と合わせて、真剣な気持ちを伝えるべきです。, 併願優遇制度で合格するためには、3年生2学期の内申評価点を目安として、高校の出願条件をクリアする必要があります。, 併願優遇の基準はおもに中3の2学期の内申点ですが、たとえ内申基準を満たしていても、他の出願基準がある場合には、それらを満たしていない場合は出願できません。, 出願基準をクリアするまで、あと少し!という中学生もいることでしょう。高校によっては、, 英検を受験する場合には、中学3年生の2学期までに取得しておきましょう。申し込み締め切りは中3の夏頃だと思います。, 受験する高校の出願基準の詳細や、英検の受検申込締切日などは、早めに確認しておきましょう。, ただ、併願優遇制度は「優遇」してくれるだけであり、確実な合格保証をしてくれる訳ではないので、入学試験で悪い点数を取ったり、面接態度が悪ければ、当然不合格になります。, 先ほどもお話ししたようにあくまでも本命は第一志望の(公立)高校に合格することにありますから、(公立)高校の受験対策をメインとして勉強に励みましょう。, 本命の第一志望の(公立)高校の対策を万全にしていれば、併願優遇で受験する高校の入試対策も万全となります。, 合格ママは子供をそっと見守ります。 勉強はプロ講師に任せて、子供と同じ目線で高校受験に立ち向かうのです。, なお、併願優遇制度を採用する私立高校の中には、私立高校を第一志望とする受験生を対象とすることもあるので、確認すると良いでしょう。, 「やる気のない」中学生と親御さんの悩みを本気でサポート。現役の先生や合格者、親御さんが悩みに答えます。. 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, 40代で30万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が30万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 公立を第1志望にしていても、私立の受験も考えなければいけなくて、調べることがたくさんありますよね。しかも入試の仕組みって多様化してきていてわかりにくい、、、, この記事では都立を受験する人の多くが利用する「併願優遇制度」について解説していきます。, 併願優遇とは、「それぞれの私立が設ける基準をクリアしていれば、その私立の合格がほぼ保証される」という、私立受験の制度のひとつです。, 都内の生徒が都内私立を受験する際は「併願推薦」(1月)はなく、2月の一般試験の日程で「併願優遇制度」で受験をすることになります。, 併願優遇を利用する場合は、中学校の先生がその私立に行き「入試相談」というものを行います。, 「併願優遇」は「一般入試」扱いなので、「併願優遇」のみの倍率は公表されていません。, しかし、「併願優遇」を実施している学校の「一般入試」の倍率は1.0〜1.1倍ほどです。, 実際、どこの学習塾の情報を聞いても「毎年何十人、何百人の生徒が併願優遇で不合格0で合格している」という情報があります。, というわけで、試験当日に白紙でテストを受けたり、面接でよほどのことがない限りは、「100%受かる」と考えて問題ないです。, 併願優遇は「都立が第1志望で、都立が不合格だった場合には必ず本校に入学しなければならない」という条件が多いです。, 「都立に受かったら都立に進学、都立に落ちたら併願優遇で受かった私立に進学」ということになります。, 私立をいくつか受けたい場合や、私立の第1志望校に併願優遇がない場合は「他の私立の併願を認める」という条件のを選んで受験する必要があります。, 私立の受験パターンは、「私立の第1志望校に併願優遇がある」or「私立の第1志望校に併願優遇がない(または基準が満たせていない)」によって、次の3パターンに分かれます。, 特に上位都立の併願候補先で挙げられるような私立では、併願優遇を行なっていないことが多いので、このパターンに当てはまります。, その学校に「他の私立の併願可能」の条件の併願優遇校を探して受験するということです。, 併願優遇を使わないので、合格の保証がないので念のため複数校の受験を考えて置いた方が良いでしょう。, この場合は入試の日程を確認して、試験日が被らないように複数校選択する必要があるので注意をしてください。, 併願優遇を利用しようと考えている場合は、必ず夏〜秋に行われるその学校の学校説明会や個別相談に行って、併願優遇の基準や条件を確認してください。, 自分の内申点が基準に達していれば、中3の11月頃の学校での三者面談で担任の先生に「併願優遇利用したい」という旨を先生に伝えます。, 12月に、中学校の先生が各私立に行き、「成績がいくつのこの生徒が併願優遇で貴校を受験したいのですが」というようなことを伝えに行きます。, そして、12月に私立の合格がほぼ確定するため、それ以降はひたすら「都立に向けての勉強」に専念することができます。, 余計な勉強をやる必要がなくなり、都立の傾向や出題形式の勉強のみに打ち込むことができます。, 「3 併願優遇は他の私立は受験できないのか?」でも解説した通り、併願優遇を利用するとその他の私立を受験することができなくなってしまうことがあります。, また、万が一第1志望の都立に不合格で、進学先が併願優遇の滑り止め校だった場合、本人の実力と比べるとかなりレベルの低い進学先になってしまうかもしれません。, というのは、「1人でも多く受験者を増やしたい」、「1人でも多く入学候補者を増やしたい」ということです。, つまり「生徒集めに困っている」とまではいかなくとも、「毎年生徒がたくさん受験時する人気校だから併願優遇を取り入れる必要はない」というわけではないということです。, 上位の都立高を第一志望にしている生徒にとっては、安易に併願優遇を利用することは後悔の種になるかもしれません。, 失敗しない高校の選び方はコチラの記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてください。, 併願優遇の実施校は、入学者の数が年度によってバラつきが出て、生徒数・クラス数に大きな差が出ることがあります。, なぜこのようなことが起こるかというと、「入学候補者の都立の不合格者の数で左右されるから」です。, 併願優遇の実施校は、都立の結果の後に入学者の数が決定するため、入学者数やクラス数が読めないのです。, 都内私立の“派遣教師問題”は、NHKの「クローズアップ現代」でも特集されたこともあります。, 年間100万円ものお金を払ってアルバイトの先生や、非常勤講師ばかりの学校で教育を受けるのは、私はいかがなものかと思ってしまいます。, ※学校名の前に「*」がついているのは他私立も併願可能な学校です(他にも可能な場合もあるため、必ず確認してください)。, 基準の数値は年度によって変動するので、最新の数値は必ず各校のホームページや学校・塾で確認をしてください。, 中学3年時に偏差値10アップさせ偏差値71まで伸ばし、その後高校時、および大学時には成績優秀者として推薦進学枠取得。2010年から小・中学生の指導を始める。2014年に千葉で学習塾のスタートアップメンバーとして参画。, 現在も教室長として現場の最前線で小・中・高校生に勉強の指導を行なっている。また保護者向けに「子どもを前向きにさせる言葉がけ」等のアドバイスを行なっている。自身の経験、学習塾で日々得ている経験、そして心理学・脳科学・行動経済学の理論を生かし、毎年生徒の平均偏差値を7アップさせ、偏差値10以上アップ者も続出している。, 勉強や受験を通じて「自分はやればできる!」という成功体験と揺るぎない自信を得てほしいと考えている。, 2017年に「もっとたくさんの子どもたちに勉強を通じて自信と主体性を取り戻して欲しい」という思いから、自身の経験から得られた成績の上がる勉強法と、子どもを伸ばす言葉がけの方法をまとめたWEBサイト「高校受験ラボ」を立ち上げる。, サイトはたちまち人気に火がつき、開始1年未満で毎日1万人がおとずれる人気サイトに。. 併願優遇とは、 「それぞれの私立が設ける基準をクリアしていれば、その私立の合格がほぼ保証される」という、私立受験の制度のひとつです。 基準は“内申点”が基準になります。 例えば「5教科内申合計20点以上」といったような感じです。 模試試験の偏差値や英検などの検定試験での基準も設けている高校もあります。 つまり、内申点だけで合否が決まります。 都内の生徒が都内私立を受験する際は「併願推薦」(1月)はなく、… //

文京高校、過去最高の進学実績で充実の2019年 「最難関大の一橋大・東工大に合格者輩出 国立大に現役26名合格躍進」 豊島区の文京高校の進学実績の躍進が、止まりそうにありません。10年前、国立大に4名 ... 神奈川・埼玉・千葉から都内高校進学は「中3生は絶対止めるべき」理由 「他県から東京都内の高校進学は、少なくとも今の中3生は止めておきなさい」 2021年度の高校入試に挑む他県在住の中3生が、東京への電 ... 東京工業大学附属科学技術高校が東工大推薦を取りやめ! 高校入試への影響大 2020年度に向けた高校入試で、大きく変化がありそうなのが、理系生徒に人気のある国立・東京工業大学附属科学技術高校(通称:東工 ... Copyright© 中高受験新報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. ー利用はしたい、でも、進学は躊躇する…。併願優遇の光と闇ー . 1年:36 2年:37 ・湘南工科大学附属(共学校) 第4回の確認テストで360点台を取ってしまい、焦って勉強して第5回では440点台まで頑張って戻しました。 ・横浜学園(共学校) 中学生-自宅学習を比較『オンライン学習・家庭教師・通信教材』 , 千葉県に住んでおります、中学3年生の子供を持つ母です。県立高校を第一希望に、私立の併願作戦を立てております。県立高校を薬園台、船橋東、小金高校辺りで受験して、専大松戸高校をチャレンジで受験したいと考えております。 専大 私立高校の一般入試. ・旭丘(共学校) ・県や国の補助金制度について, 本来は全ての受験生が希望をする高校に入学ができれば良いのですが、実際の高校受験では多くの受験生が併願校などに進学をします。, 併願校だからといって適当に決定をせずに、将来お世話になることも考えて慎重に選択することをオススメします。. ②私立高校との併願者(併願優遇制度利用者に限る) 入学手続締め切り日 3/3(水)(都立高校一次募集発表日の翌銀行営業日) ※公立高校と私立高校(併願優遇制度のみ)をともに併願校とする場合は、 ①「公立高校との併願者」と同一期限 ©Copyright2020 高校受験ラボ.All Rights Reserved.

・立花学園(共学校)

第二志望優遇

・相模女子大学附属(女子校) ボーダーライン等も教えていただけると嬉... 明治学院高校についての質問です。推薦基準の9教科36以上を満たしていて推薦受験をしたいのですが、去年の倍率が3倍などとても高く、書類審査でかなりの方が落とされるそうなのですが。。 WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1149674731. [CDATA[ // ]]> 東京都内の私立高校入試で実施される独自文化「併願優遇」のシステムについて詳しく解説をしたいと思います。, 併願優遇の制度自体は、ご存じの方も多いでしょう。進学塾や中学校の進路説明会で必ず説明があるからです。ただし、一部の良心的な先生以外は決して教えてくれない、表立って説明することができない闇があるのも事実です。便利だけど、危険もいっぱいの、併願優遇について、このページでは説明をします。, 併願優遇とは、都立高校を第一志望にしている受験生に対して、「都立高校に不合格だったら、うちの私立高校に進学してね。」という約束を事前に行うシステムです。, 本番の入試を受ける前に、12月の時点で事実上の合格がもらえるために、滑り止めの私立高校を確保した上で、安心して第一志望の都立高校を受けることができます。そして、第一志望の都立高校に合格すれば、その私立高校は辞退をすることになります。都立高校に不合格だったら、約束通りに滑り止めの私立高校に進学します。, 併願優遇の最大の特徴は、各滑り止め私立高校が出す内申点基準によって、事実上の合否が決まるという点です。例えば、私立A高校が「5科目20以上」という併願優遇の内申基準を出します。中学生は、この内申基準を満たしていれば、私立A高校の合格が事実上、保証されます。, 内申基準には、「英検準2級以上で+1」といった検定関係の優遇や、「主要教科に2は不可」「欠席数が20日以内」といった詳細な基準が設けられている場合もあります。使用される内申点は、原則として中3の11月頃に中学校から発表される数値(仮内申)です。, この併願優遇の内申点基準をクリアしたら、11月頃に中学校の先生との三者面談があり、「私立A高校の併願優遇を利用したい。」と担任の先生に伝えます。, 中学校の先生は、三者面談での決定事項を踏まえて、12月15日からの数日間で私立A高校に出向いて、「生徒が併願優遇を利用したいと考えている」という旨を伝えに行きます。これを入試相談(事前相談)と呼びます。私立高校側が「OKです」と了承すれば、この時点で、私立A高校には事実上合格になります。, 翌年の2月10日から東京都内の私立高校の一般入試が始まりますが、併願優遇をもらっている私立高校の入試も受けに行きます。しかし、12月の入試相談の時点ですでに合格が確約されているので、不合格になることはありません。つまり、カタチだけの形式的な受験です。その後、合格発表があり、ここで正式な合格となります。, 併願優遇についてのよくある質問と回答をまとめました。ここでは、中学校や塾では教えてくれない本音で回答します。, A. ・聖ヨゼフ学園(女子校) また、私はまだ行きたい学校の確約をとれていないのですが、確約を取るには通常の方がいのでしょうか、学校選択問題の方がいいのでしょうか... 偏差値53の高校ってどのくらいの頭の人が入るんですか?

新しい年を迎えるとすぐに始まる受験シーズン。「なぜ、こんな寒い時期に受験する!」と怒りたくなる気持ちわかります。でも、寒いのは皆同じなので、仕方がないです。今は文句を言うのは置いといて、人生をかけた大事な時期だから大事なことに力を注ぎましょう。今... 教科書、配布されたプリント、スタディサプリがあれば、塾に行かなくても内申点は上げれます。塾に行くことを否定しているわけではなく、内申点を上げたいなら教科書を中心に学習すればいいのです。なぜなら、定期テストの出題範囲は学校の教科書だからです。しかも... 中学3年生になって志望校は決まったけど、受験勉強は間に合ってないし内申点もギリギリ。少しでも受験を有利にしたいから、今になって内申点の上げ方や加点できる方法がないか調べたくなる。とくに地元の公立高校を志望している生徒は、この気持ちがわかるのではない... 私立高校と公立高校の学費の差は約2.3倍。子ども一人にかかってくる費用は結構な金額です。とくに、私みたいに母子家庭だと私立高校は厳しいです。ちなみに、文部科学省の調査によると、母子家庭の悩みのランキングNO.1は、教育費(学費)です。ほどんどの母子家庭が... 「もし、私立高校に進学することになったら学費はどうしよう・・・」と不安が頭を横切る。確かに、私立高校は公立高校に比べると学費などの費用は全然ちがいます。そんな不安で「胃が・・・、、、」と思っているお母さん。高等学校等就学支援金(文部科学省)や給付... 志望している公立高校と同じレベル以上の私立高校をオープン入試で挑戦することができる受験だからです。, 受験サイトで見かけるスタディサプリ。本当のところどうなの?我が子が実際に試してみた. 2020 All Rights Reserved. ・鎌倉女子大学附属(女子校) 併願優遇枠を使って受験する場合、他の私立高校の受験は認められないことが多いので、、私立高校を他にも受験したい場合には、併願優遇制度は使い勝手が悪いでしょう。出願基準をクリアするまで、あと少し!という中学生もいることでしょう。 ・函嶺白百合学園(女子校), 多くの高校が二次募集をおこなっているように思われますが、どの高校も募集人数は若干名というのが現実です。, 参考『神奈川県平成30年度私立高等学校生徒2次募集要項「http://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3e/cnt/f450153/documents/911914.pdf」』, 一昔までは、「私立高校は費用が高い」、「とても通わせることができない」と思うご家庭もあったのでは?, ・高等学校等就学支援金 各私立高校のウェブサイトに記載されている場合もありますが、多くの学校は公開していません。なぜならば、内申基準を大々的に公表するのは、自校の偏差値を公表するのと同じことだからです。「うちの高校は偏差値40です!!」なんて大々的に言わないでしょう? 私立高校側は、内申基準によって他校との優劣をつけられるのが嫌なのです。かといって、中学校の先生も、全てを把握するなんて不可能です。従って、塾の先生を頼りにするのが一番です。進学塾では、内申基準を一覧表にしている場合がほとんどです。これを参考にして決めましょう。なお、一部のウェブサイトに数値の一覧が書かれていますが、基準となる数値は毎年変わりますし、間違った数値を信じては大変です。塾の内申資料を一番信頼しましょう。, A.実は、内申基準はオマケしてくれる場合が多々あります。生徒募集に困っている低偏差値の高校ほど、基準を下げてくれる傾向にあります。「内申基準が足りていないが、どうしてもこの私立高校の併願優遇を確保したい!」という場合は、中学校の先生、塾の先生、私立高校の個別相談会のいずれかに持っていきましょう。中学校の先生の場合、私立高校と直接掛け合ってくれることもありますが、「基準に満たしていないとダメ」とされることが多いです。塾の場合は、私立高校と(悪い意味で)癒着関係にあることが多いですから、「良い生徒を回してあげるから、内申基準を下げてよ」といった裏取引も実際にあります。まずは塾に相談するのが賢明でしょう。また、私立高校が開催する個別相談会で直接相談するのも手です。この際は、アピール材料になるものを持参しましょう。模試成績を見せることは違反行為ですが、実態としては行われているのが実情です。生徒募集が良好な私立高校は、オマケしてくれる可能性が極めて低いので、注意してください。, A.全く問題ありません。特に難関都立高校を志望している場合は、併願優遇で滑り止め私立高校を決めた上で、2校も、3校も別の私立高校を一般受験するのが普通です。例えば、日比谷高校が第一志望であったら、滑り止め私立を確保した上で、慶應志木高校や開成高校を受けるのが普通です。ただし、私立高校の中には、「他の私立高校の一般受験を認めない」と要項に書く理不尽な学校が存在します。しかしながら、この要項を守らずに一般受験をしている受験生は多くいます。そもそも、推薦入試ではない限り、受験生が一般入試で複数校を受けることは「権利」です。私立高校側がそれを制限することはできません。しかも、私立高校側は、他の私立高校を受験したかどうかを確かめることができません。繰り返しますが、中学生が一般入試で複数の私立高校を受けることは「権利」として認められていますから、それを止めることはできないのです。従って、併願優遇を利用しても、他の私立高校を受験してまったく問題ありません。, A.この点に関しては、厳密に話しておかなければなりません。東京都内の私立高校の併願優遇は、大部分が不合格にならない入試を行っています。つまり、100人受けたら100人が、200人受けたら200人が確実に合格します。ただし、一部の高校では、併願優遇といえども、一般入試の点数に「+20点」などを加点するだけで、筆記試験で基準点を下回ったら不合格にすることを公言しています。例えば、品川区の朋優学院高校は、一定未満の点数だと、併願優遇でも不合格にするとしています。このような学校は、滑り止めとして組み込む場合は注意を要します。滑り止めにならない可能性があるからです。こうした情報は、塾の先生が特に詳しいでしょうから、情報収集を予めしておくといいでしょう。なお、不合格にならない併願優遇の入試であっても、テスト答案を白紙で出したり、カンニングなどの不正行為を行うなど、著しく問題があると判断された場合は不合格になる可能性があることは補足しておきます。, 答えはただ一つ。「進学可能な高校が確保されているという安心感が得られる」という点です。, 併願優遇を利用すれば、12月には事実上、進学可能な高校が確保されますから、受験生は安心して、第一志望の都立高校に向けた勉強に専念することができます。, 多くの中3生にとって、高校受験は人生で始めでの関門です。第一志望の都立高校がダメであっても、行くことができる高校が確保されているとなれば、安心してチャレンジができますよね。, 中学校の先生は、この併願優遇の利用を積極的に薦めてきます。中学校の先生の重要な仕事は、「進路未決定者」を一人も出さないことです。全員の進路を決めることが最大の使命。併願優遇を利用してくれれば、都立高校の合否にかかわらず、どこかの高校には進学できるわけですから、中学校の先生としても安心です。この点で、併願優遇は、受験生と保護者側にとっても、進路指導をする先生側にもメリットがあるのです。, 逆に言うと、併願優遇を実施する学校は、併願優遇を実施しないと、生徒を集めることができない高校ということになります。, はっきり言いましょう。誰もが憧れる人気校で、優秀な生徒が集まる難関校で、併願優遇を行っている学校は、1校としてありません。, よく中学生や保護者から「併願優遇で魅力的な私立高校が1校も見つからない」という嘆きを聞きます。掲示板や教育相談サイトでも、似たような書き込みが散見されます。, 当たり前なんです。だって、本当に魅力的な私立高校だったら、併願優遇を実施しなくても、自然に生徒が集まりますよね?だから、併願優遇を行っていないのです。世間でいうところの「良い高校」というのは、併願優遇はやっていないのです。, 特に、Vもぎ・Wもぎで偏差値60以上の進学校系の都立高校を志望している場合、私立高校の併願優遇校の実態を知れば知るほど、「絶対に進学校系の都立高校に合格してやる!」という気持ちになるはずです。ここからは、併願優遇の私立高校の進学リスクについて考えてみましょう。, 高校の口コミや評判の投稿サイトを見ると、併願優遇の入学者が中心の私立高校の評判の悪さが、正直、かなり目に付きます。, 基本的に併願優遇の実施校は、「都立に進学できなかった生徒たちが行く学校」として括られています。そのために、世間からはどうしても「滑り止め高校」というレッテルを貼られてしまいます。さらに、入学後は、あちこちから「こんなはずじゃなかった」「本当は○○高校に進学したかった」という声が聞かれます。, もちろん、どの高校にだって不本意進学組は存在するものですが、併願優遇の私立高校は、ほとんどが残念組で占められます。自ら入学を志した生徒がいないために、学校を負の印象でしか見られなくなり、結果として、3年間を残念な雰囲気で過ごす, 都立高校がほぼ無償なのに対して、都内私立高校は初年度納入金が、授業料無償化の対象だったとしても平均80万円を超えます。(なお、東京都では低所得世帯には私立高校の授業料が無償化されたと誤解する人がいますが、単なる授業料の「一部補助」だけで、補助でカバーできない納入金は1年間で100万円程度になります), これだけ高額な納入金を私立高校に支払うのに、併願優遇の私立高校は、非正規雇用のアルバイト先生があまりにも多すぎるという問題点があります。, この問題は、2012年10月13日に朝日新聞が「経費削減のために私立高校のアルバイト先生が増えている」と報じ、その後NHKでも取り上げられたことで、世間に暴露されました。なんと、都内の私立高校の平均4割が、非正規の教員だというのです。とんでもない数値です。, しかも、この数値は「平均値」です。早稲田や慶應といった有名私立高校は、都立高校と同様にほとんどが正規雇用の教員で、非正規は1割以下とされます。したがって、併願優遇を実施する中堅校などは、半数以上が非正規のアルバイト先生であっても不思議でないのです。, 都立高校はその年の倍率によって、大量の不合格者が出たり、全然不合格者が出なかったりします。そのため、併願優遇の私立高校は、都立高校の入試状況によって、年度の入学者数が大きくぶれます。ある年は定員を100人以上オーバーしたと思ったら、翌年は入学者数が定員を割ったりと、はっきり言って、もう滅茶苦茶です。, 定員を100名以上オーバーして入学者が出ても、無理やり、詰め込みます。特別教室を潰したり、1クラスの人数を定員オーバーにしたりして、とにかく、何が何でも押し込みます。, 入学者数がめちゃくちゃなので、先生も雇ったり、雇わなかったりを繰り返します。正規教員は、すぐに辞めさせられないので面倒です。だから、非正規のアルバイト型の先生を中心に回すわけです。, 「私立高校は教師の異動がない」なんて思っている方、いませんか? それは、早稲田や慶應といった“超”名門高校だけです。併願優遇の私立高校は、どんどん先生が入れ替わるのも普通です。こんな状態ですから、優秀な教員は、都の教員採用試験を受けたりして、都立高校にもどんどん抜けてしまいます。そして、非正規教員をどんどん補充します。, 都立高校の教員は、大部分が正規教員ですから、3年間指導することを前提に長期的な視野で指導ができます。生徒数が不安定な私立高校は、入れ替わりが激しすぎて、これができないのです。さらに付け加えると、併願優遇を実施する私立高校は、もともと商業高校や工業高校であった学校が多く、正規教員といえども、実は大学受験指導の経験のほとんどない先生が多いという事情もあります。.