(H)市場に長居しすぎること FXのテクニカル分析は意味ない・役に立たない真の理由を徹底解剖 . 「株のローソク足とは?種類と見方・チャート分析の基礎を解説」, 上の確率を見てわかるように、値動きの幅は±2σ内に収まります。 +2σを超えたら上昇しすぎなので売り、-2σを超えたら下落しすぎなので買いと判断できる仕組みです。, σは、標準偏差を表す記号です。±2σは平均値が-2σ ~ 平均値+2σの間に収まるという意味を表します。, ボリンジャーバンドについてくわしくはこちらの記事へ 「株のボリンジャーバンドを攻略すれば株価の動きがわかる!」, 移動平均線は初心者でも知っておきたいポピュラーな指標であり、株価の大まかなトレンドをつかめます。, ボリンジャーバンドやローソク足と組み合わせ分析する手法もあり、例えばローソク足と移動平均線の関係が「ゴールデンクロス」という状態になれば買い時という見方ができます。これについては後で詳しく出てきます。, 5本の線を使い、精度の高い分析を行なうものですが、基準線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドということだけ覚えておきましょう。, オシレーター系の指標は株価の大きな流れや水準に関係なく、相場をリアルタイムでとらえ次の瞬間株価が上がるか下がるかを見極めるのに役立ちます。, トレンド系が、今後上昇あるいは下降するのか、株価の方向性がわかる指標であるのに対し、オシレーター系は、株価が上昇もしくは下落に変わるタイミングをはかる指標です。, 一定期間の相場において、値上がり幅と値下がり幅を活用し、値動きの強弱を見る指標です。, RSI(%)=「値上がり幅の合計」÷「値上がり幅の合計+値下がり幅の合計」×100, 「上昇した日の値幅の合計」と「値下がりした日の値幅の合計」をあわせて比率を出します。, 数式だけみてもわかりにくいですが、要は、値上がりした日数が多いかどうかが判断基準です。, 株価が上昇した日数が多くなると買われ過ぎで、下落の日数が多くなると売られ過ぎと判断します。, 株価が上昇し続ければ100%に近づき、株価が下落し続ければ-100%に近づく仕組みです。, 例えば、9日間のRCIは、9日間上昇し続けると100%、9日間下落し続けると0%となります。, ストキャスティクスでは。%K、%D、Slow%Dという3つの数値を目安に売買のタイミングを予測します。投資判断で最も重きを置かれるのが%Dラインです。, %Kや%Dが、基準となる値動きの幅が上80%下20%である場合、80%を切ったら売り、20%を超えたら買いというふうに予測する仕組みです。, 株価変動が激しい相場では、ストキャスティクスが出す売買のサインをあてにするのは危険であると言われます。, 指数平滑移動平均は移動平均線で使用する単純移動平均より精密な計算でグラフ化されます。, 過去より最近の比重が大きくなるよう算出され、移動平均線より実際の値動きに近くなる仕組みです。, テクニカル分析の応用編としてトレンドの捉え方の種類や、指標を組み合わせて売買のタイミングを図る方法を説明します。, 相場を見て株の値動きにトレンドがあればトレンド系の指標を参考にして、順張りで売買のタイミングを見極めます。, トレンドがない場合はオシレーター系を参考に、逆張りで売買のタイミングを見極めるのが主流です。, トレンドが上向き、下向きに勢いよく転換していく時、ゴールデンクロスとデッドクロスという現象が生じます。, トレンド系とオシレーター系は使い分けや併用が大切です。トレンドとオシレーターを合わせ、タイミングを見極めましょう。, トレンド系とオシレーター系、どちらを使って分析するのか以下の順番で見極められます。, トレンド系の指標とオシレーター系の指標を併用して有効な分析をするには、トレンド系で傾向をつかみつつオシレーター系で分析できるサインに注意し気を付けることです。, トレンド系で上昇トレンドを迎え買いサインが出ているのに、オシレーター系では買われ過ぎで売りのサインが出る、という現象があります。, このとき、「上昇トレンドだけれどそろそろ天をついて下降トレンドに転じるかも」という風に気を付けて買いの準備をすればリスク回避できるでしょう。, 今回おすすめするのは見られる指標の種類が豊富な2つのアプリです。様々な指標を見比べ自分が使いやすいチャートがわかるでしょう。, 楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED(アイスピード)」は、国内総合証券としては最多15種類のテクニカルチャートの機能を使えます。, ローソク足、単純移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、多重移動平均線、指数平滑移動平均線、RSI、RCI、移動平均乖離率、MACD、ストキャスティクス、DMI、サイコロジカルライン、標準偏差、出来高、価格帯別出来高, 楽天証券の株アプリについて詳しくはこちら 株のテクニカル分析は意味がない!?3大根拠と上手な付き合い方とは? クリック!! ⇒ SBI証券のアクティブプラン改変!毎日300万円分の売買が無料に! 最新情報をチェックしよう! フォローする; この記事を書いた人. (8)移動平均線が上昇している場合でも、株価が移動平均線かけ離れて大きく上昇した場合, そのうえで、グランビル氏は「陥りやすい落とし穴」として10のポイントを挙げています。, (A)相場の語っていることの代わりに、他人のいうことに耳を傾けること (B)耳寄りなニュースで株式を買うこと 「テクニカル分析って難しい?そもそも投資に必要?ファンダメンタルズ分析だけじゃだめかな…」, テクニカル分析は難しそうですが、基本的なチャートの見方は簡単です。ファンダメンタルズ分析で企業の成長が読めない時や、取引で迷った時に役立ちます。, この記事ではテクニカル分析でのチャートの見方、売買のタイミングを掴む方法を説明します。テクニカル分析の知識がつけば自信がつき、投資の不安が解消されるでしょう。, 株のテクニカル分析とは何か、ファンダメンタルズ分析との違いやそれぞれの特徴を見ていきましょう。, テクニカル分析とファンダメンタルズ分析は、簡単にいうと、何を根拠に株の値動きを推測するかが異なります。

higedura24. 株式投資に必要なチャートソフトを提供しているネット証券をランキング形式で比較!投資初心者におすすめのチャート分析ソフトや取引ツールを紹介します!!... このページでは、おすすめの株アプリについてご紹介しています。株アプリは証券会社ごとに総合的な機能を持ったものや特定の機能に特化したものがあるので、投資目的によっ... 定額手数料の安さは業界トップクラス!2018年のIPO取扱実績も37.8%と高い。. 出来高は「銘柄の活況さ」を表しています。, 別名を移動平均収束発散法といい、英語にすると、”Moving Average Convergence and Divergence”と言うそうですが、名前は全く気にしなくていいと思います。, ポイントさえ押さえれば本当に簡単なので、紅茶でも飲んでリラックスしながら読んでください!, ボリンジャーバンドは、チャートにある線(バンド)の範囲内で価格が変動するテクニカル指標です。, ここでは、どのテクニカル指標を使うか?ということを考えたときに、重要になるポイントを書きたいと思います。, おすすめのテクニカル指標の組み合わせも紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。, ここまでで、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクスなど、多くの投資家が有効だと認識し使っているテクニカル指標を紹介しました。, これらを参考に売買をしてみると、「この指標の買いサインは的中率が高いぞ!」と感心することもあります。, しかし、すべてのテクニカル指標にいえることですが、的中率は、相場環境によっても変わります。, ここまで様々なテクニカルを紹介してきましたが、今やスマホアプリでもチャート分析に重要度を置き、力を入れているネット証券がたくさんあります。, 各ネット証券のアプリの使いやすさや描写ツール数に関しては、以下の記事にて徹底解説しています!ぜひ参考にしてみてください。, ここでは、実際に著者が使用して、効果の高かったと思われる指標をメインで紹介します。. The Motley Fool Japan, K.K. rsiの見方は? rsiは短期から中期的なタイミングをとらえるのに広く使われ、次の点において効果的です。 短期的には14日を使うことが多く、75%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎとみます。 14日線は8ヶ月~10ヶ月の上昇サイクルの押し目に有効で30%以下は買いになります。 shank100002 2018年10月15日 / 2019年12月19日. 株価がトレンドを形成しながら上昇または下降する時、それに追随してまず短期の移動平均線が動き、遅れて長期の移動平均線が動きます。この際、両線の反応の違いから価格差が生じます。 この移動平均線に生じるカイリをベースに、上昇トレンドの初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以下から急速に上昇し、プラスの圏内で推移します。逆に、下降トレンドの初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以上から急速に下落し、マイナス圏内で推移します。 つまり、プラス圏内だと上昇トレンドで、マイ … 今回の記事では、株初心者の方向けに、チャートの読み方や基本的なテクニカル分析について解説をします。, チャートとは過去の株価の推移をグラフ化したもので、「現在のトレンド(流れ)状況」や「将来の値動き」を分析することができます。, チャートを構成しているのが「ローソク足」であり、日足、週足、月足や、1時間足、5分足などがあります。, 一般的に陽線を白塗り、陰線を黒塗りで表示しますが、チャートソフトによって青・赤などの色も使われます。, そして、それぞれの相場状態で投資家がするべき選択肢は明確であり、上昇トレンドは「買い」、下降トレンドは「様子見(または売り決済)」、横ばいは「様子見」です。, 株価が上昇トレンドに転じてから買いを入れることで、リスクを抑えて利益を上げることができます。, チャートを分析するテクニカル分析には、トレンドを把握・予想する「トレンド系」と、相場の過熱感を把握する「オシレーター系」の2つのカテゴリーがあります。, 現在のトレンド状態がどういう状態かを示し、いつ売買すればいいのかを示してくれます。, 例えば、5日移動平均線であれば、「過去5日間の終値を足して5で割った価格」を結んでいきます。, 移動平均線の使い方は非常にシンプルで、期間の異なる2種類の移動平均線を表示させます。そして、短期移動平均線が長期移動平均線を「下から上へクロスしたら買い(ゴールデンクロス)」「上から下へクロスしたら売り(デッドクロス)」です。, 下のチャートは日経平均株価の日足チャートで、期間が5と10の移動平均線を表示させていますが、ゴールデンクロスとデッドクロスが売買シグナルとして機能しているのが分かりますね。, 一目均衡表は日本人の記者(細田悟一氏)が開発したテクニカル指標で、その名の通り、一目見れば相場の状態や今後の方向性を予想できるものです。, 売買シグナルもシンプルで、以下3つの条件が全て揃った時が「三役好転」と言い、買いのシグナルとなります。, ちなみに、①、②、③が全て反対の向きに動いた時は「三役逆転」と言い売りのシグナルとなります。, 一度トレンドラインが引けると、そのライン上で反発する可能性があるので、2点目以降の反転ポイントで買いまたは売りを仕掛けることができます。, 今回は、人気チャートである「楽天証券」の「マーケットスピードⅡ」を使って表示させてみましょう。, なお、チャートは楽天証券で口座開設(無料)をすれば、誰でも使用することができますよ。, まず、マーケットスピードⅡを起動させて、チャートを表示させたら、「テクニカル」のタブをクリックしましょう。, すると、テクニカル指標の画面が表示されるので、「トレンド系」のタブを選択し、使用するテクニカル指標にチェックを入れれば表示されます。, また、チャートにラインを引く際には、以下のボタンをクリックし、各種ラインを選択してチャート上でクリックすれば表示されます。, 今回は、初期状態画面で解説しましたが、背景色やチャートの色は自由に変更出来ますよ。, オシレーター系のテクニカル分析は相場の過熱感を示し、買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する際に使用します。, RSIは相対力指数とも呼ばれ、0~100%の間で買われ過ぎ・売られ過ぎを示す指標です。, しかし、相場のトレンドが強い時は、例えばRSIが30%以下になった時でも、そこから更に株価が下がるケースもあるので注意が必要です。, よって、単に70%以上は売り、30%以下は買いと判断するのではなく、トレンド系指標のサブ指標として使用していくのがおすすめです。, MACDは移動平均線を発展させたオシレーター系の指標で、「MACD」「シグナル線」「ヒストグラム」の3つの要素から構成されています。, マーケットスピードⅡを起動させて、チャートを表示させたら、「テクニカル」のタブをクリックしましょう。, すると、テクニカル指標の画面が表示されるので、「オシレーター系」のタブを選択し、使用するテクニカル指標にチェックを入れれば表示されます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, IT企業で働く会社員(20代)。 株をテクニカル分析しても意味がないという意見は一定数あって、この記事ではどんな理由があるのかをまとめています。テクニカルのメリットと上手に付き合っていく考え方も述べているので、ぜひご参考ください。 「SBI証券のスマホアプリ「SBI証券 株」の使い方とメリットデメリット」, 株のテクニカル分析はファンダメンタルズ分析と異なり、過去のデータ、経験則から株の値動きを予測するものです。多くの投資家が利用するチャートの見方がわかれば、何を買うべきか迷ったときに役立ちます。テクニカル分析の知見を得て投資をより充実したものにしましょう。, 「業績が良く株価が上昇しそうなのにテクニカル分析では過去の取引パターンと明らかに異なる動きをしている」. 日経平均株価は2018年1月23日に 2万4,129円と、1991年11月以来、約27年ぶりとなる高値を付け後、調整局面に入っています。この調整局面がいつまで続き、どの段階で反転上昇に向かうのか、株初心者では判断がつきづらい状況です。, しかし、足元のような状況においても、トレンドや移動平均線を活用したテクニカル分析を用いれば、重要な下値メドや戻り高値のメドをあらかじめ予測することが可能です。, 株価の値動きにはトレンドがあります。トレンドとは「傾向」「流行」という意味ですが、相場の世界においては価格推移の「傾向」や「方向性」を意味します。, 株価が上昇傾向を続けていれば「上昇トレンド」、下落傾向が続いていれば「下降トレンド」、値動きが一定の値幅で推移している場合は「横ばいトレンド」と3つに分類されます。, トレンドはローソク足でも折れ線でも構いません。紙のチャートでもパソコンでも、この3つのトレンドにそれぞれ色を付けて、大まかな流れをつかみましょう。, これを基に現状のトレンドを考えると、2018年1月24日高値以降の下降トレンドがほぼ一巡して、横ばいトレンドに移行しつつある段階と読むことができそうです。, トレンドの方向性が確認できたら、その次に移動平均線の概念を理解しておくと便利です。移動平均線は細かな値動きを排除してトレンドを抽出する方法です。時間軸を1単位ずつずらしながら平均値を計算して、それを結んで線にするので移動平均線といいます。, 25日移動平均線を例に取ると、当日を含む25営業日の終値をすべて加えた後、25日で割ることで算出されます。そして、1日ごとにずらしていくことで、そこに方向性が生まれます。, これに投資家心理を加えると、どうなるでしょうか。毎日上がり続けていれば、移動平均線は上向きに推移します。その後の終値がこの移動平均値を上回っていれば買い手が有利な状況が続き、下落して移動平均線を下回ると買い手が不利になります。つまり、移動平均線とは市場参加者の平均売買コストの方向性を表していることになります。, 移動平均線の中で、短いものは5日移動平均線、約1ヵ月程度の売買動向を知るには25日移動平均線が最もよく使われるといわれています。中期的には75日移動平均線、長期的には200日移動平均線が最も標準的といえます。, 週間では13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線が最もよく使われており、四半期、半期、1年以内の季節的変動を除去しています。月間では12ヵ月、24ヵ月、60ヵ月移動平均線が用いられることが多く、特に60カ月移動平均線は「キチンサイクル」と呼ばれる短期の景気循環の影響を除去しています。, 移動平均線を用いたテクニカル分析で有名なものに、米国の投資分析家であるジョセフ・E・グランビル氏が1960年代に考案した「グランビルの法則」があります。その中で示されているのが、以下のような8つの法則です。, (1)移動平均線が下落後、横ばいになるか上昇しつつある局面で、株価が移動平均線を上に突き抜ける fxや株のテクニカル指標、一目均衡表の使い方をわかりやすく解説!一目均衡表は「雲」の厚さも重要な判断材料。雲は激しく売買された証ですので、厚さ=抵抗の強さともいえます。基本的なポイントだけでも押さえておけば、私たちfxトレーダーの強い味方になってくれますよ。 (D)天井値と大底値を当て推量すること ネット証券ではじめて取引をする際に、株価の推移が記録されたローソク足などのチャートを見て難しそうだなと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし細かいテクニカル分析の手法を覚える必要はありません。たくさんテクニカル分析のパターンを覚えても必ずしも儲かるわけでは …

移動平均線を用いたテクニカル分析で有名なものに、米国の投資分析家であるジョセフ・e・グランビル氏が1960年代に考案した「グランビルの法則」があります。その中で示されているのが、以下のような8つの法則です。 【4つの買い法則】 (I)配当の重要性にとらわれて、目が利かなくなること 株のテクニカル分析はファンダメンタルズ分析と異なり、過去のデータ、経験則から株の値動きを予測するものです。多くの投資家が利用するチャートの見方がわかれば、何を買うべきか迷ったときに役立ちます。テクニカル分析の知見を得て投資をより充実したものにしましょう。 「楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」の特徴とメリットデメリット」, ローソク足、単純移動平均線、出来高、ボリンジャーバンド、一目均衡表 MACD RSI、RCI DMI、ADX ストキャスティクス, 設定した銘柄のチャート画面で比較したい銘柄を選択すれば、1つの画面で2つの銘柄のチャートが表示されます。, SBI証券の株アプリについてくわしくはこちらの記事へ (4)移動平均線が下降している場合でも、株価が移動平均線と大きく乖離して下落した場合, (5)移動平均線が上昇後、横ばいになるか下落しつつある時、株価が移動平均線を下に突き抜ける (3)株価が移動平均線の上にあって、株価が移動平均線に向かって下落したものの、交差することなく再び上向きに転じる テクニカル分析とは株価の値動きを表すチャートを分析し、将来の値動きを予想することです。テクニカル分析は株式取引において売買のタイミングを決める重要な役割を担っています。ここでは著者が使用しているテクニカル指標を難易度と信用性に分けて解説しています。    (G)技術的な指標を無視すること

%K、%D、%SDという3つの指標数値のうち、%Kが75%以上で売り時、%Kが25%以下で買い時, 一定期間で新しい株価の比重を重くし、より正確になるよう調整して算出した株価の平均値, MACDラインがシグナルラインを下回ると売り時、MACDラインがシグナルラインを上回ると買い時, 過去26日間の株価の高値と安値の価格。右上がりのときは株価が上昇、右下がりだと株価が下落している, 価格のすぐ近くにある線で、過去9日間の株価の高値と安値の中間の価格をとった線。基準線の上なら買い時、下なら売り時, テクニカル分析はファンダメンタルズ分析と異なり短期的な株の売買に役立つ分析手法であり、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つを組み合わせて使うと効果的である, テクニカル分析では現在株価が上昇中か下降中か、また売られ過ぎか買われ過ぎかがわかる. (7)株価が下降する移動平均線の下にあって、移動平均線に向かって上昇し、交差しないで再び下向きに転じる © Copyright CUEBiC Inc. All rights reserved. テクニカル分析では、過去の取引パターンの統計から「この期間でこのくらい動く確率が高い」という根拠に基づいて売買します。, テクニカル分析とファンダメンタルズ分析には大きな違いがありますが、どちらかだけで株投資がうまくいくわけではありません。, 株を購入したい企業の長期的な業績を予想した後、いざ買うときにテクニカル分析を知っていると、買い時を見極めるのに役に立ちます。, また、「業績が良く株価が上昇しそうなのにテクニカル分析では過去の取引パターンと明らかに異なる動きをしている」といった場合には、慎重に注文を出せるのでリスク回避にもなります。, テクニカル分析は、ある程度短期間の株の値動きを見る分析手法なので、株を短期間で売買するデイトレーダーがよく使う手法です。, テクニカル分析は、数時間後あるいは、数日、数週間後の相場を予想し、売買を判断する分析手法です。, デイトレードやスイングトレードなどの短期売買に適しています。様々なテクニカル分析を駆使して、1日中チャートを眺め、タイミングを見計らって売買するデイトレーダーも多いようです。, では、実際にテクニカル分析を使ってみましょう。まずは基礎的なテクニックで売買のタイミングを見る方法です。, テクニカル分析で使用する指標には、トレンド系とオシレーター系の2種類があり、この指標によって異なる株価チャートができます。, トレンド系とは現在株価が上昇する傾向があるのか下降する傾向があるのか、その傾向がいつまでどのくらいの勢いで続くのかがわかる指標です。, ローソク足チャートをみれば一定期間内に株価が上昇しているのか下降しているのかがわかります。, ローソクの形をしたローソク足は、1本で定めた単位期間内の高値、安値、始値、終値の4つの価格がわかります。, ローソク足チャートはローソク足を時系列で並べたものです。値動き、株価の変動を表します。, 実体部分は始値と終値を表し、上ヒゲの先は期間中の最高値、下ヒゲの先は最安値です。ローソク足の色で終値が始値より高くなったのか安くなったのかがわかります。, テクニカル分析を学習し始めたばかりの人はローソク足の色をみて、陽線だったら株価が上がって終わった、陰線だったら株価が下がって終わったのだと直感でわかるようになれば十分です。, 応用として、ローソク足の形を詳しく分析したり、後に説明する移動平均線との位置関係をみたりして値動きを判断する方法もあるので簡単に説明します。, ローソク足についてくわしくはこちらの記事へ ファンダメンタルズ分析で長期的に保有する銘柄を決めたら、次はテクニカル分析で実際に売買するタイミングを決めます。, 株式を中長期保有することが多い場合、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の割合は「8:2」くらいのイメージで見るとよいでしょう。, ただ、このテクニカルの2割が非常に重要な”タイミングを決める役割”を担っています。, 「テクニカル分析は難しそう」「実際の投資家はどんなテクニカル指標を使ってるの?」という疑問に答えるのがこの記事の役割です。, また後半になるにつれ重要なテクニカル指標が多くなりますので、見逃さず、実践レベルのテクニカル分析を身に付けましょう。, 信頼度はそのパターンが売買サインとして必ず当たるということではありませんが、どれくらい有効か、難易度は実践に生かすレベルまで到達するまでの難易度を示しています。, テクニカル分析は今の市場の株価動向から、今後株価がどう動くかを予想する分析方法です。テクニカル分析にはチャート分析やテクニカル指標があり、両者には統計学の考え方が組み込まれているため、かなり信頼できます。, 「そもそもテクニカル分析って何?」という疑問をお持ちの方は、以下の記事を参考にしてください。, ネット証券毎にチャート分析のしやすさや使えるテクニカルチャートもまったく異なります。, 基本的には、 SBI証券と 楽天証券がオススメです。2社とも取引ツールが優れており、チャート分析が容易にできますので、投資初心者の方はこの2社を選べば間違いないでしょう。, チャート分析を学ぶ前に、まずは基本である「ローソク足の読み方」から勉強していきましょう。, 昔からプロの投資家によく使われているチャートパターンで、箱の中で動いているようなチャートになっているため、「ボックスの動き」などと呼ばれます。, 上級の投資家も常に参考にしているパターンですが、ボックスの動きになったときは、チャート初心者でも株価が捕らえやすく、比較的利益が汲み取りやすいパターンなので強力です!, 株のテクニカル分析においてかなり基本的であり、出現頻度が高いので、ここで具体例に基づいて説明します。, ここでは移動平均線を使って、上昇トレンドの始まりと下降トレンドの始まりを見抜く手法「ゴールデンクロス」「デッドクロス」について説明します。, そのジョセフ・グランビルが考えた売買手法なので、グランビルの法則と呼ばれています。, 「これをやれば絶対に儲かる!」ということはありませんが、すごく基本的なので取引の際は常に頭の片隅に置いています。, 「株価が移動平均線にタッチしたら買い」の、移動平均線が下値支持線になったパターンです。, 上昇トレンド時に下値支持線で買った株をできるだけ高く売るための手法が抵抗線という方法です。, 株の取引で、売買成立した株数のことを出来高と言います。 投資をする上で欠かせないツールが過去の株価推移を示した「チャート」です。 チャートを分析することで、 今の相場状況や今後の値動きを予想 することができます。 今回の記事では、株初心者の方向けに、チャートの読み方や基本的なテクニカル分析について解説をします。 » 投資の知識 » 株式投資においてテクニカル分析に意味はある?【科学ではなく経験則】, ネット証券ではじめて取引をする際に、株価の推移が記録されたローソク足などのチャートを見て難しそうだなと感じる人も多いのではないでしょうか。, テレビなどでトレーダーがチャートを眺めながらトレードをしているのを見ると、覚えられるのかと不安になる人もいるかもしれません。, メールアドレスを登録することで、モトリーフール・ジャパンの全記事を閲覧することができます。また、定期的に米国株市況の情報をメールマガジンで受け取ることができます。, メールアドレスを登録することでウェブサイト、商品やサービスに関して最新情報をお届けすることに同意するものとします。また、メールマガジンに登録されます。随時登録の解除をできるものとします。個人情報保護方針と利用規約をご確認ください。, 結論を言うと、簡単なローソク足やチャートの見方ぐらいは知っておいた方が良いでしょう。, 日本で古来から伝わる酒田五法や一目均衡表などチャートやテクニカル分析の世界は奥が深いのですが、知らなくても何の問題もありません。, 株価の取引価格の変化や出来高などの記録から未来を予測する手法をテクニカル分析といいます。, ローソク足の読み方や移動平均線、取引がどれぐらい成立したかを確認する出来高などの基本的なチャートの読み方を覚えなければいけません。, そしてある値動きのパターンをすると、決まった値動きが起きやすいのではないかと考えて、様々なテクニカル分析のパターンが生み出されました。, ゴールデンクロスや三尊天井など調べればたくさんのパターンがあることが分かるでしょう。, テクニカル分析で分かるのは、過去の価格の推移や取引がどれぐらい成立したかという出来高です。, テクニカル分析の本質は「Aという動きをするとBという動きをしやすい」という経験則です。, 過去にこのタイプの値動きがあったから、次もこのような値動きをする可能性が高いのではないかと考えるのです。, しかしテクニカル分析は過去の値動きのパターンの経験則なので100%当たるものではありません。, 細かいチャート分析で「三川明けの明星」、「三空」など細かいチャートパターンはありますが、それをもとにトレードをしても必ずしも儲かるわけでもありません。, どれを覚えれば良いのかも正しいのかも分からないのではないでしょうか。そもそも正解がないかもしれません。, 必ずしもテクニカル分析を覚えなければいけない訳ではありませんが、有名なパターンだけ何となく知っていれば十分です。, 聖杯を探そうと過去に多くの投資家・トレーダーが様々な組み合わせを試していますが、逆に混乱してしまい迷子になってしまう人もたくさんいます。, テクニカル分析はたくさんの人が信じるチャートパターン通りに、多くの人が動くことで本当にその通りになってしまうという性質があります。, そのため、難解な自分だけの秘密のチャートパターンを探そうとしても独りよがりなものになりがちです。, テクニカル分析で過去の価格のパターンを検証して、必勝法を探そうとした人がたくさんいました。, しかし過去の価格のパターンにぴったりと当てはまる法則を偶然見つけても、それが今後も続く訳ではありません。, 過去のマーケットで勝率の高い値動きに過剰に合わせてしまうことをカーブフィッテングと言います。, 過去に勝率の高い値動きのパターンを見つけて、その通りに運用してもうまくいかないことが多いのです。, しかし株投資は会社の業績や理論株価などの様々なテクニカル分析以外の判断材料がたくさんあります。, 過度にテクニカル分析に頼らずとも会社の業績なども売買の判断材料にすることができます。, 過去の値動きに対して明らかに異常な値動きをしていたり、過去の値動きを知ることで参考になることもたくさんあるからです。, 特に中長期の投資ならばテクニカル分析だけを頼りにせず企業の業績やストーリーも合わせて見るべきです。, テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を本格的にやると、思いの外時間がかかります。, しかも勉強したからといって必ずしも未来を正しく予測できるというものでもありません。, しかし投資はテクニカル分析やファンダメンタルズ分析の細かい部分を知らなくても十分にできます。, 例えば先進国や世界の株のインデックスに分散投資をするETFや、投資信託の積立に絞れば、テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も必要ありません。, テクニカル分析は売買のタイミングを読むために使いますが、積立ならば細かいタイミングは関係なくなります。, ファンダメンタルズ分析も個別株を買うには役に立ちますが、最初からたくさんの企業がひとつのパッケージの中におさまっているようなETFや投資信託には必要ありません。, 普段の生活や仕事に追われる中で、個別株の動向やニュース、値動きを追い続けるのは現実的にはとても大変です。, 投資初心者だとテクニカル分析や細かいチャート分析などを覚えなければいけないのかと不安に思ってしまうかもしれません。, しかしテクニカル分析は「Aという動きをしたらBという値動きをしやすい」という経験則にすぎません。, 簡単なローソク足や出来高などを読めるようになれば、極端に高い価格で買ったり安い価格で売ったりせずに済むので、参考程度に使えれば十分です。, また細かい株を売買するタイミングを考えるのが面倒なら、中長期でインデックスファンドなどを積立てれば面倒なことを考える必要もなくなります。, このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。, 「長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です), 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。, 無料メールマガジンに登録すると、米国本場の情報が満載の「スペシャルフリーレポート」を閲覧することができ、定期的に米国株市況の情報が届きます。.