横浜市にある動物病院、ネコちゃんの避妊・去勢手術費用、どこが安いかなどを比較できるようにまとめてみました。飼い主のいない野良猫ちゃん、地域猫の不妊去勢手術にも対応している評判の良いおすすめ病院や殺処分ゼロ活動している病院など。 ※横浜市の動物愛護管理の事業報告書は、以下から参照ができます。 横浜市「健康福祉事業年報」 ※この記事でまとめた件数の推移は、上記を資料を元にグラフにしたものです。 横浜市 猫等苦情件数 推移 平成15~28年. 横浜市:保護猫カフェ・ブラン. 所在地案内. 横浜市コールセンター 電話:045-664-2525. 猫の殺処分を減らすために保護団体が活動をしています。野良猫の保護と譲渡、野良猫が増えすぎないようにtnrなどを行っています。また、保護や地域猫に関してのアドバイスも行っています。保護団体の活動について理解を深めてみましょう。

野良猫って警戒心が強いため、人の姿を見るとサッと逃げてしまいますが、夏頃からいる(多分この辺で生まれた)3匹の中の三毛猫がとても人懐こくて、私を見かけると自分から寄ってくるようになりました。 ※白ちゃんは亡くなりました。, じゃがいもを入れている発泡スチロール箱の上がお気に入りで、昼間はお昼寝をしたり、毎朝つつじに会いに来るようになりました。, うちの近所でクロ、白、三毛のノラ猫さんが3匹いるのですが、三毛ちゃんが毎日つつじに会いにきます。 pic.twitter.com/lbqY1cegwY, しばらく姿を見かけず心配していたところ、耳の先がカットされて帰ってきました。避妊手術をしてもらったようです。写真で比べるとこの2か月で大きく成長したのがわかりますね。, 野良猫の耳がVにカットされているのは、虐待を受けているわけではなく、避妊手術をしていますよというマークです。, わが家の周りでは、野良猫が増えないように町内自治会で募金活動をして「避妊手術」を行ったり、ボランティアで個人的にやってくれる人もいたりととても協力的。, 駐車場に住み着いているため、糞をするためのケースも置かれています。見かけたことはありませんが、餌をあげている方もいます。(車の下に餌入れが置いてあるので多分), ◆横浜市猫の不妊去勢手術推進事業 飼い主のいない猫を増やさないために、ネコの不妊去勢手術費用の一部(1件につき5,000円)を横浜市が補助しています。詳しくはこちら, 費用は病院によって違いますが、2万~3万円くらいといわれているので、自治体や個人ボランティアさんの完全個人負担。本当にありがたいですね。, 最近は寒そうに寄り添っていてかわいそうなので、ボランティアの方に「保護猫ハウス」の作り方を教わり、真似して作ってみました。, 発泡スチロールと段ボールの間に断熱材を入れてみました。私は不器用なので、次男作です。, スーパーでもらえればよいのでしょうが、2匹入れるような大きな箱がほしかったので、楽天で購入。レビューに保護猫用にちょうどよかったとの口コミも書いてあったので、これにしました。, 翌朝、覗きに行ったところ、出てくる黒ちゃんと鉢合わせてしまい、びっくりして悲鳴を上げたら逃げられてしまいました(反省)。, 中に入ったかどうかわからないのですが、入り口から毛布が半分出ていたので、多分入っているのではないかと思います。ただ、週末の台風で中が水浸しになってしまいました。なかなか難しいですね。, 窓を開けると黒ちゃんが逃げてしまうので窓越し撮影でわかりにくいのですが、三毛の上に黒が重なって寝ています(;’∀’), ここ2日間くらい姿を見かけず心配していたところ、ここにいました。気に入ってくれたようです。, 実は、黒ちゃんが入っている写真も撮ったのですが、真っ黒なので何が何だか(;’∀’), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, つつじ推定7歳の女の子 元保護犬いちみ1970年生まれ 横浜在住フリーランス主婦 大学・高校生2男児の母 ■詳しいプロフィールはこちら, つつじスペック 体重4.8㎏ レベル6 胴回り 食事療法食(ROYAL CANIN満腹感サポートスペシャル)でダイエット中。ダイエット日記はこちら, ◆ペットとおでかけ ・愛犬と楽しむドライブのコツ ・ドライブで気を付けること ◆ペットと泊まる ・「ペットと泊まれる宿ランキング10」 ・ペットと入れるお風呂検索 ・ペットと泊まる《宿泊マナー》 ◆ペットの防災 ・防災特集《ペットと同行避難》. 横浜市コールセンター 電話:045-664-2525. 横浜市猫の不妊去勢手術推進事業 飼い主のいない猫を増やさないために、ネコの不妊去勢手術費用の一部(1件につき5,000円)を横浜市が補助しています。 詳しくはこちら.

Catchu きゃっちゅ, 家庭で大切にされている猫も、野良猫や地域猫も同じ1つの命でありそこに違いは全くない, ただ生きていくために最低限の水とごはんを与えられるだけでなく、本当に幸せな猫正を過ごしていけることが大事である, 出張サービスなどはありません。保護猫の譲渡を受けるには事前に「譲渡前講習会(わん・にゃん教室)」を受講しておかなければいけません。こちらは予約不要なので当日いきなり参加です。それから「譲渡会」か「一般譲渡」どちらかを選びましょう, わん・にゃん教室…毎月第2・4金曜日10時から12時まで(受付は9時半から10時・時間厳守です), 譲渡会…毎月第3金曜日(祝日の場合は前日に変更します)・13時半から13時55分まで(わん・にゃん教室の受講証と犬猫の飼養環境事前確認書の提出が必要), 猫をおいかける・大声を出す・無理やり抱っこする・しっぽをつかむ行為は禁止されています, 利用料金…30分600円(ワンオーダー制)・延長は10分で200円・フリータイムなどのお得なセット価格もあります, 基本的に予約なしで来店できますが、平日のみ予約できる場合があります(予約は前日の20時まで)。出張サービスなどはありませんので、面会をした上で自宅に連れて帰ってトライアルに入ることになります, 営業時間…13時から20時まで(営業する曜日は不定期なので、ホームページにあるカレンダーをご覧ください), 住所…〒221-0802 神奈川県横浜市神奈川区六角橋6丁目29-16 エミネンス白楽208, 営業時間…平日は11時半から20時まで(水曜日はワークショップを予約した人だけ)・土日祝は10時から20時まで, 利用料金…平日の11時半から16時まではフリータイムで600円&16時から20時までは30分600円・土日祝はすべて30分600円(すべてワンオーダー制), 必ず現地に行かないといけません。事前に電話予約などはしなくて大丈夫です。まずARIGATOで猫とふれ合った上でスタッフさんに里親希望であることを相談してみてください, 住所…〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-40白亜館2階(詳しい道案内がホームページにあるのでご覧ください), 利用料金…30分600円・1時間1000円・2時間2000円(猫のおやつ付き)・3時間3000円(ワンドリンクと猫のおやつ付き)猫のおやつは150円で販売されていますが、1日に10個までとなっています(1人1個), 定休日…月曜日と木曜日(臨時球技場もあるのでホームページで随時チェックしてください), 電話予約などは必要ありません。ブランで猫たちとふれ合ったあと、お気に入りの猫がいる場合には店長さんに相談してみてください。譲渡条件は「ちばわん」で定められた内容になるので、しっかりと説明を受けましょう. 猫等の苦情件数 横浜市役所 〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10 法人番号:3000020141003.

長年見かけている野良猫なら、ご飯をあげなくても大丈夫。ボランティアが餌をあげているはずです。 私が住んでいる杉並区では、「杉並ルール」という野良猫に対する条例があり、地域猫を保護する団体への登録、不妊手術の助成金などを行っています。 :3000020141003, 月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分まで(祝日・休日・12月29日から1月3日を除く), ウェブサイトに関するご意見等, 横浜市コールセンター電話:045-664-2525, 「横浜市猫の適正飼育ガイドライン」を作成しました, 横浜市猫の適正飼育ガイドラインについて, 届出・証明(戸籍・住民票など), 横浜市猫の適正飼育ガイドライン(PDF:707KB), 人と動物との共生推進よこはま協議会. 横浜市旭区で飼えなくなってしまった、保護している猫がいる等、様々な理由で猫の里親を捜してる方は、「里親募集ガイド」をご覧下さい。 保健所に連れて行くと、数日の保護期間の後、窒息死による殺処分となってしまいます。 収容された動物の返還には、手数料等がかかります。詳細は、お問い合わせの際にご確認ください。. 所在地案内. 野良猫の保護団体もしくは保護の仕方を教えてください ... 横浜市、大和市、座間市、相模原市、近郊の一時預かりさんを探しています。より多くの犬猫たちが素敵な家族とめぐり会えますように... コン太の会 東松山で活動中の愛護団体です。 横浜市:保護猫カフェ・ブラン. ※横浜市の動物愛護管理の事業報告書は、以下から参照ができます。 横浜市「健康福祉事業年報」 ※この記事でまとめた件数の推移は、上記を資料を元にグラフにしたものです。 横浜市 猫等苦情件数 推移 平成15~28年. 月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分まで (祝日・休日・12月29日から1月3日を除く)

☆「野良猫の保護方法は? → 成猫の場合捕かく器を使い保護する ☆「飼えない時はどうする? → 動物病院に相談する、sns上で里親募集をする、保護団体に連れていくといった方法がある ☆「施設や保護団体って近くにあるのかな? → 動物愛護センター一覧の掲載、npo法人の検索の仕方を紹介 2014年11月にオープンした里親募集型の保護猫カフェ「ブラン」では、ただ野良猫たちを助けるだけではなく、一生を通して幸せに安心に暮らしていける家庭を見つけてあげることを前提として活動をしています。 q&aよくある質問集で調べる. 横浜市市民グループ作成「飼い主のいない猫(野良猫)Q&A」 横浜市でTNR活動を推進、支援しているグループから「住民向け.飼い主のいない猫(野良猫)Q&A」を作成したとお知らせいただきましたので … 開庁時間. 横浜市市民グループ作成「飼い主のいない猫(野良猫)Q&A」 横浜市でTNR活動を推進、支援しているグループから「住民向け.飼い主のいない猫(野良猫)Q&A」を作成したとお知らせいただきましたので … q&aよくある質問集で調べる.

2014年11月にオープンした里親募集型の保護猫カフェ「ブラン」では、ただ野良猫たちを助けるだけではなく、一生を通して幸せに安心に暮らしていける家庭を見つけてあげることを前提として活動をしています。 横浜市コールセンター 電話:045-664-2525. q&aよくある質問集で調べる. q&aよくある質問集で調べる. 月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分まで (祝日・休日・12月29日から1月3日を除く) これから猫を飼ってみたいと思われる方、ペットショップに行ってみようと考えている方は、まず保護猫のいる施設を選択肢に入れてみてください。, 神奈川県にもたくさんの保護猫が、新しい飼い主さんがやってきてくれるのを待っています。, 保護猫になったいきさつは猫によってさまざまです。人に慣れている猫もいれば、どうしても怖がってしまう猫だっているんです。, 最初は野生すぎる性格だった猫が、何度も人とふれ合ううちに少しずつかわいらしい猫になっていく。, とってもかわいくて、見ているだけでほっこりと癒される。そんな幸せな現場の目撃者になってみませんか。神奈川県で保護猫の譲渡を受けられる施設を5つご紹介します。, 保護猫を譲渡してもらうためには、毎月第3金曜日に開催される「譲渡会」と、「一般譲渡」があります。, 譲渡会では生後1年に満たない猫が譲渡されることになるので、条件に合う犬猫がいない場合には開催されません。ただ、子猫がいない場合に成猫の譲渡会が開催されることもあるので、センターにお問い合わせください。, 譲渡会は受付時間が13時半~55分、抽選開始が14時となっていますので、時間厳守でお願いします。, また、譲渡会ではすぐに直接猫に触れられるわけではなく、譲渡について具体的に話が進んでから触れ合うことができるので、この点は覚えておきましょう。, 神奈川県動物保護センターから保護猫を譲渡してもらうためには、「譲渡前講習会(わん・にゃん教室)」を受講している必要があります。, 開催される場所はセンターで、9時半から10時までに受付をして、10時から12時まで2時間程度の受講になります。, 事前に予約をする必要はありませんが、時間厳守なので余裕を持って会場に向かってくださいね。譲渡会には参加せず、講習会だけの参加もできますよ。, わん・にゃん教室を受講したら受講証がもらえます(5年間有効)。譲渡会や一般譲渡の時に提示することになるので大切に持っておきましょう。, 保護猫の一般譲渡を希望する場合には、事前に予約の連絡をしましょう。譲渡可能な成猫の情報は、ホームページから閲覧することができます。, 一般譲渡では、面会した当日に猫を引き取るのではなく、また後日決められた日時に譲渡を受けることになります(この場合、「わん・にゃん教室」と「動物の確認と説明」・さらに譲渡と最低でも3回センターに足を運ぶことになっているのでお気をつけください)。, 猫カフェれおん&にゃんくるグループは、神奈川と東京で保護猫とふれあい、里親になることができる出会いの場です。全部で5店舗も展開されているんですよ。, 横浜市にあるのは「猫カフェれおん」で、犬猫のレスキュー団体である活動の「リトルキャッツ」さんと業務提携して譲渡活動を行っています。, 猫カフェれおんを利用するためにはルールが定められているので、しっかり守ってくださいね。, 実際に猫カフェれおんで猫たちとたくさんふれ合った上で、家族として迎えたいと思う猫がいたらスタッフさんに相談してみましょう。, アンケートや確認する事項に記入(住所の確認をするので、保険証か免許証など身分証明ができるものの提示を求められます)。, その書類をもとに、リトルキャッツの担当者が譲渡できるかを審査します。譲渡可能の連絡がきたら、店舗に電話をして来店する日時を伝えましょう(スタッフさんが、この日までに準備しておく猫グッズについての説明をしてくれます)。, お迎えの当日(キャリーなどを持参してください)は、もう一度猫カフェでふれ合いを行ったうえで最終的な気持ちの確認をしてもらいます。, 誓約書にサインをしてから諸費用を支払いましょう(猫の医療費として24300円から31300円くらい)。, そこから1週間から10日ほどのトライアル期間を過ごし、問題なければそのまま正式な譲渡となります。, 横浜市でオープンしている保護猫カフェ「おむすび」では野良猫だった猫たちを保護しています。, だから、あまり人に慣れていなかったりする猫もいます。お店のにも「いやし系ではない、野性的なところなので休憩所としてどうぞ」との説明文があります。, 何時間いても1500円なので、時間を気にせずに居られるところも魅力ですよね。猫がいて、漫画もあってWi-Fiも飛んでいるのが嬉しいです。, 元野良猫だった猫ばかりでそれぞれ状況も違うので、人にどのくらいなついているか…なども差があります。, 色々なお客さんがたくさんやってくる保護猫カフェだからこそ、猫たちにとってはそれが訓練でもあり(決してあせったりはしなくていいんですけどね)大切な里親さんとの出会いの場でもあるのでしょう。, まずはおむすびに行って、元野良猫ちゃんたちとふれ合って仲良くなってみてください。おむすびにいる猫たちはみんな譲渡可能になっています。, 野良猫のカラーが強かったりして個性的な猫が多いおむすびですが、もしその中でビビビッとくる猫がいたら、ぜひ店長さんに相談してみてくださいね。, 横浜市にある保護猫カフェARIGATOでは、基本的にいつも里親さんを募集しています。, 保護猫から家族として迎えるという意識がもっと浸透していくように、保護された猫たちの幸せを考えた施設だと言えるでしょう。, カフェスペースではコーヒーはもちろんこと、本格的なインドカレーやチョコサンデーなどさまざまなメニューを堪能することができますよ。, そして猫と遊ぶスペースでは、猫関連の雑誌や漫画などが揃えてあるので、まったりと猫との時間を楽しむことができるでしょう。, 店内では猫のごはんの他にも猫柄がかわいすぎるグッズが所狭しと並べられています。猫好きさんにはたまらないですよね。見ているだけでも面白そうです。, ARIGATOで保護猫を譲渡してもらうためには、電話だけで申し込みをすることはできません。, 必ず来店して保護猫たちと対面・ふれ合いをした上で家族として迎えたい猫がいる場合には里親の申し込みをしてください。, スタッフさんと話し合いをして「里親希望申請書」を提出した上で、自宅まで猫を連れてきてもらうことになります(猫の飼育環境に適しているか、家の見学をしてもらうため)。, その時に譲渡金(生後2ヶ月頃は30000円・生後7ヶ月頃は20000円・生後12ヶ月頃は10000円)を支払ってからトライアル期間(1~2週間程度)に入ります。, 2014年11月にオープンした里親募集型の保護猫カフェ「ブラン」では、ただ野良猫たちを助けるだけではなく、一生を通して幸せに安心に暮らしていける家庭を見つけてあげることを前提として活動をしています。, この猫カフェにいる猫たちは、動物愛護をしているボランティア団体「ちばわん」から預りボランティアとして一時的に預かっています。, 猫たちはお客さんと遊んでもらったりしてふれ合うことで、人に慣れていくので同時にリハビリをすることができるんですね。, ブランは店主さんが1人だけで運営しているので、猫部屋スペースには15歳未満のお子さんは保護者同伴であっても入店できないことになっているので、ご注意ください。, また、猫スペースとカフェスペースは完全に分かれた状態になっていてどちらかだけの利用をすることも可能です(テラス席のみ、犬も利用することもできます)。, カフェスペースでは猫を見ながらコーヒーからハーブティ、スイーツなども楽しむことができるので、自分の好きな形で保護猫の支援をしてくださいね(猫スペースでの飲食はできません)。, まずは、ブランに行って保護猫たちと直接ふれ合ってみてください。ブランは11時に開店しますが、開店直後と閉店前の約2時間が比較的元気な時間帯になっています。, 譲渡してもらうための条件については、「ちばわん」で定められた条件に沿うことになるので、詳しくは営業時間内に電話にて問い合わせてみてくださいね。, 平成28年度に犬猫が日本全国で殺処分された数は、全部で59998匹にも上ります。数自体は昔に比べれば大分減ってきてはいますが、まだまだ不幸な動物たちはたくさんいるのです。, 家庭で大切にされている猫も、野良猫や地域猫も同じ1つの命でありそこに違いは全くないのです。, そして、ただ生きていくために最低限の水とごはんを与えられるだけでなく、本当に幸せな猫正を過ごしていけることが大事であることを忘れてはいけません。, これまで辛い思いをして来た保護猫だからこそ、これからは思いっきり幸せになってほしいのです。, だからこそ、里親になるための審査は厳しいものもあるかもしれませんが、それも全ては猫のためを思ってのことなんですよね。, まずは保護猫たちに会いに行くことから始めて、少しずつ里親になれる日を待ってみませんか。, ©