| Created by Softmachine.

6 talking about this. でも柔道に置き換えれば、伝統派が柔術で、フルコンが近代柔道と言えます。 空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。 空手発祥の地であると同時に観光地としても人気の島。 剛柔流公式サイト。剛柔流武術館は沖縄剛柔流(空手)を正統継承し、武道により健康管理、体力増強、精神統一、健全な心身育成、相手を尊重する心などに貢献することを目的としています。 格闘技として単純に強くなり、観客を興奮させたいならフルコンをお薦めします。, 伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。 空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。 パンチ力がいくらあってもそれをさばかれたら役立たずです。 「伝統空手の継承に向けて、ひたすらに真っすぐに突き進む」。沖縄剛柔流・泊手空手道協会の渡嘉敷唯賢会長(77)が見詰める中、門下生らが一心不乱に汗を流す。現在は、長男の唯夫氏(52)が館長を継いでいる。, 渡嘉敷唯賢会長(2列目右から4人目)、渡嘉敷唯夫館長(同5人目)と稽古に励む門下生=那覇市小禄(下地広也撮影), 渡嘉敷会長は17歳のころ、父と親交のあった泊手の大家、仲宗根正侑氏の道場に入門。さらに仲宗根氏の許可を得て剛柔流の福地清幸氏の門下に入り、修練した。1982年剛柔流と泊手を合わせた新たな流派「沖縄剛柔流・泊手空手道振興会(剛泊会)」を設立、4年後には流派名を「剛泊流」とした。「型はより実戦に近い」と渡嘉敷会長。, 千葉から移住して入門し34年になる青山泰夫さん(68)は「稽古すればするほど会長の存在が遠くなるほど、自分の未熟さを思い知る」。唯夫館長は「こんなにも素晴らしい型を絶やしてはいけない。後世に伝える責任は重大だ」と、日々の指導に励んでいる。(運動部・新垣亮), [求道 我が道]己と闘い 常に鍛錬 首里空手古武道保存会上間空手道場 上間康弘氏(75) 空手は人間形成。心の成長につながる 伝統の技 海外でも指導 [週刊沖縄空手](第190号), 空手の日(下) 技の神髄 魂熱く 記念演武祭 継承・発展へ決意新た [週刊沖縄空手](第189号), [師の教え](4) 「一にも二にも稽古」 上地完英氏 上地流空手道2代目宗家(1911~91) 受け・突き・蹴りを復習 上地流範士十段 県指定無形文化財保持者 高良信徳氏(90) [週刊沖縄空手](第187号), 技学び集中力育む 中部商業高で空手授業 響く気合 動きに切れ 生涯スポーツ科2年 [週刊沖縄空手](第187号), [木村草太の憲法の新手](140) 学術会議の会員任命拒否 侵害された「学問の自律」 首相答弁が重要性証明, [木村草太の憲法の新手](139)日本学術会議会員欠員 首相推薦要求 違法の恐れ 拒否撤回が是正への道, 毎日違う新鮮食材でヘルシーに 野菜ソムリエの資格持つ店主が提案する「おまかせランチ」, [ニュースナビ+プラス](128)首里城再建へ「SYURI NO UTA」 國吉博樹氏(沖縄セルラーアグリ&マルシェ社長), 水木しげるの本が導く? ネットオークションの出会い 遠い存在だった沖縄、思い出した級友の名前の由来, コロナ禍で求人数激減 パンフレットだけで決めた就職 高校生「社内の雰囲気分からず不安」, 儀間崇コラム ぎまぁタイムス(29)完全DIYのギマ倉庫 元はジャングル⇒着々と進化, ウーバーイーツ1週間で246㎞走破!いくら稼げた? 中年記者に降りかかった想定外の結末【(Uber Eats3)WEB限定】, 王府の役人でありながらも農民に寄り添った先祖誇りに 再建には「庶民の意見も尊重すべきだ」, howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。, 沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。, 空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。, おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。, 一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!, 世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。, 企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。, お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。. 剛柔流空手は沖縄出身の宮城長順(みやぎちょうじゅん 1888~1953)が開祖となります。 那覇手の達人であった東恩納寛量(ひがおんなかんりょう)から武術を学びました。 本土へ渡ったのち、宮城は那覇手に様々な研究を加えてひとつの体系を完成させます。 1930年、剛柔流と名乗りを上げ、1934年に大日本武徳会に登録。 ここに剛柔流空手が認知されるようになりました。

沖縄の伝統的な手法で指導訓練を重ねてきた武術的要素の強い沖縄の剛柔流で、自己鍛錬・生涯自己修養に重きを置いており、特に沖縄剛柔流と呼ばれています。, 沖縄空手界において最も由緒ある名門団体として、国内のみならず国際的にも認知されている。, 詳細は 沖縄剛柔流空手道協会ホームページ https://www.ogkk.jp/, 高弟(故)真玉橋景洋(まだんばし けいよう)先生から宮城長順先生に贈られ、宮城先生のご逝去後に奥様から宮里栄一先生に贈られて、現在も順道館に祀られている。, 中国福建省福州の南派少林拳の大家であったと伝えられている。確かな文献が残っておらず、その名前についても正しい表記や発音さえ定かではない。東恩納寛量先生が福建省で師事されている。現在も何人かの考証家により諸説あるが、その何れも不確かな言い伝えのみで確証無く、またそれぞれの諸説に矛盾点も多く、今も謎の人物である。東恩納寛量先生が師事した期間についても、3年説~15年説などあり今もって不明である。, ヒジャウンナヌタンメーと呼ばれ、当時沖縄で比類なき武士(那覇手の使い手)であった。新垣世璋先生とルールーコーに師事。(ワイシンザンにも師事したという説もあるが事実は不明である), その高弟に宮城長順先生(沖縄剛柔流流祖)、許田重発先生(東恩流流祖)、城間恒貴先生等がいる。, 那覇市東町1丁目11番地に生まれた。14歳の頃に当時沖縄に於いて実力随一とうたわれた那覇手の東恩納寛量先生に師事。, 昭和4年(1929)4月より沖縄県警察練習所と那覇市立商業学校に空手が正課として採用され、その師範として迎えられた。, 昭和12年(1937)5月5日大日本武徳会主催の武徳祭に於いて、空手を演武し、全国で初めて空手術の教士称号を授与された。, 昭和20年(1945)沖縄民政府が設けられ、警察学校の教官に任命され、警察官の指導に専念する傍ら、那覇市壺屋の自宅道場に於いて門弟の指導育成にあたられた。, 当時は食糧難の時代で、警察学校の体育官であった宮城長順先生から、空手を続けようと思うなら警察以外にないと警察官になることを勧められる。, 宮城長順先生ご逝去後は、宮城先生のご自宅道場にて門下生の指導をするとともに、宮城先生の後任として警察学校体育官に任命され警察官に武道指導。, 宮城先生亡き後、昭和29年(1954)4月に在沖縄の宮城先生の門下生のほとんどが集合した沖縄剛柔流振興会総会(仲井真元楷先生、真玉橋景洋先生、宮里栄一先生、田崎厚牛先生、八木明徳先生、等のそうそうたるメンバーが列席)で、宮里栄一先生が拳聖宮城長順先生の正式な後継者として、絶対的多数の意見により指名され、当初は固辞されていたが剛柔流の将来を思いこれをお受けされた。, 昭和44年(1969)に沖縄剛柔流空手道協会(会長宮里栄一、副会長伊波康進)を設立。, 宮城長順先生と宮里栄一先生の組手(警察体育館に於いて、琉球民政府広報室が写したもの。昭和24年), (故)上地善雄先生は貫手の名手。(上地善雄先生は石垣島の上地拳王先生のお父様です), 田中文雄と顧問の備瀬知信先生と二代目会長の(故)伊波康進先生(伊波先生と備瀬先生は共に宮城長順先生の直弟子であり、宮里栄一先生の弟弟子になる)。, 新垣良盛先生は新垣良伸先生のお父様で、豪拳でおそれられた突きの名手です。かって、空手経験者でもあった羽田孜外務大臣(副総理?)が沖縄訪問をされたおり、沖縄県のご案内により順道館に立ち寄られ、その時、羽田大臣に沖縄剛柔流の歴史などについてご説明されたのが新垣良盛先生でした。, 左が(故)知念真三先生、横が(故)宮里栄一先生、右が田中文雄(順道館時代に浦添市牧港の(故)大嶺芳重先生宅の庭にて撮影), (旧)沖縄順道館で宮里栄一先生の優秀な高弟。その天才肌で抜群の技術は沖縄で定評があった。, 特に三戦については、沖縄で鈴木昭彦先生の右に出る者は居ないと言われた程の三戦の名手でもあった。(そのほか沖縄で数々の逸話が、今も多数残っている。), 沖縄工業高等学校の体育教諭として約10年間奉職し、同高校の空手道部の創設者でもあった。当時、鈴木昭彦先生から空手指導を受けた卒業生が、現在は沖縄で空手界の重鎮として活躍している。, 特に大阪や京都では、鈴木昭彦先生の指導を受けた愛弟子が、沖縄剛柔流空手道の指導者として多数活動している。, 現在でも、西日本で鈴木昭彦先生の技量を超える沖縄剛柔流空手の指導者は、今だに見当たらない。旺盛な研究心とその技量は特に抜群であった。, (故)宮里栄一先生と(故)鈴木昭彦先生(昭和42年頃、那覇港にて田中文雄が写す。), 【忘備録】は、鈴木昭彦先生が沖縄在住時に、順道館で宮里栄一先生から剛柔流を学び、勤務先の沖縄工業高等学校で空手部員の指導用に、重要ポイントを覚え書きしたものです。, 準備運動・補助運動、立ち方と運足、三戦と転掌の指導要点、器具鍛錬の使用法、突き・蹴りの要点、受け払いの要点、形の要点と指導方法、カキェの指導要点、約束組手・一本組手の実際的指導法、巻き藁訓練の要点、など当時の順道館での鍛錬や、棒術(周氏の棍)、釵術(津堅志多泊の釵)などが子細に記されている。, この忘備録は指導書そのものである。今まで様々な指導書を目にしてきたが、これ以上のものを目にしたことはかってない。, 師である(故)宮里栄一先生が「関西で鈴木昭彦の右に出る者はいないだろう」と語っておられたのが、十分に頷けると改めて感服しています。, 心気力の一致、残心について、気合い、掛声について、隙について、呼吸について、機先について、間合いとは、打・突の機会、気位について、四戒、放心とは、不動心について、合気を外す、懸待一致について、虚実について、「起り」、「香」、「誘」、「色」、「用」、「体」、目附など多岐にわたる内容を記されている。, 【忘備録】と【武道考】は、田中文雄が、鈴木昭彦先生の奥様から遺品一切を拝受して所有している物の一部であるが、正に沖縄剛柔流の秘伝と言えるような内容が多数含まれているので特に門外不出としている。, 順道館の(故)可成健一先生と(故)鈴木昭彦先生(昭和42年頃、那覇港にて田中文雄が写す), 宮城長順先生追悼20周年記念演武大会(1973年沖縄タイムスホール)出場記念の手拭い, (故)国吉真弘先生、平良正次先生(現、沖縄剛柔流空手道研究会会長)、新城安勇先生(現、剛勇会会長)、田中文雄、幸喜源成先生(那覇市内、いづみ会館にて), 久米の五枝松は下枝を枕にしているけれど、私の愛しい彼女は私の腕を枕にして寝ているよ。, 内間保夫先生、島袋賢栄先生、久米島角力猛者の安村猛氏(角力の表彰状が多数掛かっている), 1、Be mindful of your courtesy with humbleness, 1、Train yourself considering physical strength, 1、Continue training with patience and steadiness, 沖縄剛柔流空手の基本であり、正しい姿勢、正しい呼吸が最も大切である。昔三戦だけで3~5年も稽古を積んだと言われ、剛柔流空手は三戦に始まり三戦に終わると言われる所以である。, 昭和16年宮城長順先生が初心者の為に考案され、上中下の攻防技を合理的に体系づけ、剛柔流の形の特徴を多く取り入れてある。, 撃砕第一と同様宮城長順先生が考案され、形はほとんど同じであるが引き受け、猫足、虎口の高度な技が含まれている。, 演武時間の最も短い形であるが、拳鎚打ち、双手突き、外し技、裏突き、蹴り、足運び等難度の高い技が多い。, この形だけは蹴り技が無く、裏拳打ち応用変化があり、また四股立ちが多く下半身を鍛える為の力強い鍛練形である。, 掌底押し、貫手指頭突き、逆関節技、裏掛け受け、縦肘当てなど開手の技が多く含まれている。, 足刀蹴り、追い蹴り、足取り、転身など実戦的な攻防の技が多く含まれていて弧受けの妙味をも教えている。, 裏拳突き、裏拳打ち、拳鎚打ちなど接近戦に対処する打撃技、外し技など効果的な護身術が多く含まれている。また高度な欺瞞の術も含まれている。, 交差受け、膝蹴り受け、ハンマー投げなど猫の様に素早い動きと粘りある動きが調和され極めにくい動作を一挙にして極めるところに特徴がある。, ゆっくりとした動作から素早い足捌きの動作に移り、突き受けの連続技があり、剛と柔が調和された変化のある形である。, 別名ぺっちゅうりんとも言う、上・中・下の三つの形で構成されていたと伝えられる。現在の壱百零八手は上で剛柔流の形で最も長く四方八方へ多彩の技を駆使し遅速緩急が多く非常に妙味があり魅力がある。剛柔流の奥義が伺える形である。, 宮城長順先生が大正4年に中国拳法を研究する目的で福建省福州を訪ねた際、南派少林拳白鶴拳の六合壱機手(略して六機手)を研究されて考案し閉手形とした。臍下丹田に力を集中し気息体の修練を目的とすることは三戦と全く同じである。正しい姿勢と呼吸によって開掌で各種の受け方、掌底の当て方などを体得する。. 馬鹿げた妄想を抱いている輩が沢山いるから困ったものです。 一撃に渾身の力を込めますから体を鍛え込んでいるフルコンと言えども 流祖の沖縄県外指導受講者で、山口さん以外のメイン受講者はどなた?の意味の質問でした。

... 沖縄空手剛柔流。 本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。  伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそうです。(友達談)けれどフルコンの間合いは伝統と比べると非常に狭いので、顔面への突きは「簡単にあたりそうな気がする・・。」そうです。どんなにがんばっても顔面を鍛えることはむずかしいですよね?フルコンの方は伝統空手をどう思われますか?実際に防具なしで伝統空手の人とやるとしたら、顔面への攻撃には簡単に対処できると思われますか?また伝統空手の顔面等への突きは脅威になりますか?どちらの空手を習えばいいか迷っています。フルコンの方、伝統の方、またどちらも経験のある方、ご意見をお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。, 友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?