ID: UNzsvhzNRx, 2020/10/14(水) 20:35:23 ID: mNw7AuFlPz, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%AB%E5%9E%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A2%93, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 「ガチャ爆死した気分になれるカードゲーム」が地獄の光景 使用済みプリペイドカードが手札に溢れてうわあああ, 世界初「タガメを使用したクラフトジン」登場 フルーティーな“タガメのフェロモンの香り”が楽しめるお酒, 進化した「半グレ」その犯罪の残忍な手口とは?〈暗号化アプリを活用、高齢者からセクシー女優まで標的〉, 「1億円のGT-R」から「軽自動車」まで何でもアリ! 「イタルデザイン」の正体とは?. 火垂るの墓とは、1969年に発表された野坂昭如による小説、及びそれを原作としたスタジオジブリ製作(高畑勲監督作品)のアニメ映画である。, 野坂にとって自伝的な要素を含む小説である。空襲により自宅や家族を失ったことや、焼け跡から食料を掘り出して西宮まで運んだこと、蛍が飛んだ思い出、妹を亡くしたことなどは全て作者の経験に基づくものである。, しかし、西宮の親戚の家に滞在していた時は食糧事情こそ悪かったものの小説とは違い、特にいさかいも無かったという。家を出て防空壕で生活したという事実もない。むしろ妹には冷たく当たってしまい、それを長年後悔していたという。, 高畑勲によって映画化された際、先述したようにとなりのトトロとの同時上映であった為、観客達は「ハートフルな描写に癒された直後にハートフルボッコな描写に凹まされる」というハードな体験をし、号泣しすぎて脱水症状を起こした人や落ち込みすぎて座席から立ち上がれない人などが続出した。 火垂るの墓ってのは見る年齢層で評価が変わる気がする ガキンチョの頃に見た時は戦争怖いとか可哀想っていう感想で 学生の頃は清太がエゴで節子を殺したから清太が悪いっていう考えになり 大人になって子供ができて思うことは 中学生の思春期真っ盛りの奴が正しい判断なんてできるわけ� ID: 9q/1jYFVGj, 2020/10/24(土) 01:24:17 だからといって兄妹が悪いのかというと、そういう訳でもない。 14歳と4歳の子供に一般常識を求めるのも、これまた酷な話である。, それまでの生活環境が突然、激変してしまい、兄妹はそれに順応できなかった。そして大人たちも、戦時下の厳しい状況ゆえに未熟な兄妹を気遣う余裕がなかった。要は「誰も悪くない、時代が悪い」という事だろうか。, 1945年の兵庫県神戸市・西宮市近郊を舞台とし、親を亡くした幼い兄妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わず悲劇的な死を迎えていく姿を描いた。, 2020/10/11(日) 12:10:17 火垂るの墓、毎年8月にロードショーで放映されています。火垂るの墓は誰もが見て最後は涙した事でしょう。しかし、近年ラストシーンが変わったと囁かれています。感動のラストシーンは本当に変わってしまったのか?火垂るの墓の最後で節子が居たのはなぜか? 火垂るの墓、毎年8月にロードショーで放映されています。火垂るの墓は誰もが見て最後は涙した事でしょう。しかし、近年ラストシーンが変わったと囁かれています。感動のラストシーンは本当に変わってしまったのか?火垂るの墓の最後で節子が居たのはなぜか?ラストシーンのビルの意味はいったい何なのか?について詳しく調べました。知られていなかった火垂るの墓の真相を究明する事でまた涙する事でしょう。, 毎年の夏の恒例でもありロードショーで誰もが一度は観た事がある火垂るの墓ですが、ラストシーンが変わったと囁かれて話題となっています。この話題はラストシーンで清太が神戸の三ノ宮駅で力尽きてしまうシーンがカットされているのではないか?といったものです。ですが、実はこのシーンはカットされている訳ではなく、火垂るの墓のオープニングのシーンなのです。, このシーンを最後のシーンと誤解している方が非常に多くこのような話題になったのではないでしょうか。そして、最後のビルのシーンについても数多くの方が不思議に思われたのではないでしょうか?この最後のビルについて考察していきたいと思います。, 火垂るの墓は野坂昭如さんが1967年10月に執筆された作品です。そして1988年4月16日に映画火垂るの墓を高畑勲監督により公開されています。ここではネタバレとなりますがあらすじを紹介していきます。, 冒頭「昭和29年9月21日夜、僕は死んだ」というセリフと共に主人公の清太14歳が神戸市三ノ宮駅の柱で力尽き最後を迎えるシーンから物語は始まります。力尽きた清太の服からドロップ缶が落ち、駅員がゴミとして投げ捨てます。その時ドロップ缶からこぼれ落ちた小さな骨が蛍となります。そして清太と4歳の妹、節子と一緒に走馬燈のように過去を振り返っていきます。, 終戦直前の神戸で清太は心臓を患う母と4歳の妹、節子と暮らしていた。父は海軍の上層部であり既に出征して家にはいなかった。昭和20年6月、清太と清太の母、節子の暮らす神戸が空襲を受けます。清太は母を先に避難させ家の貴重品をまとめてから節子をおぶい逃げようとします。想像以上の空襲で逃げ場を一瞬失うが難をのがれ母のいる避難所の学校へと急ぐのでした。, 小学校は病院代わりにされています。その小学校で男性に案内された部屋で上半身を包帯でぐるぐる巻きにされた母と対面します。清太は余りに急な出来事にその現実から逃げてしまいます。しばらくした後、清太は再び母がいる小学校に戻ります。, しかし、既に母は息絶えていました。その後、母はグラウンドに急遽作られたであろう大きな穴に放り込まれ焼かれてしまうのです。その大きな穴には母だけではなく、たくさんの人が犠牲になっていました。, 家も母も失った清太と節子が頼ったのは西宮の親戚宅でした。清太は焼けてしまった自分の家の庭に蓄えていた食料品の入った甕を掘り返しリヤカーに積んで親戚宅へ持ち帰ります。親戚宅のおばさんは清太と節子を迎えてくれましたが、次第におばさんは学校へも行かず防火活動にも参加せず当時タブー視されていたピアノを弾くなどする清太と節子に不満をぶつけるようになります。, そんなある日おばさんが母の形見である着物を売ってお米にしようと言いだします。必死で抵抗する幼い妹節子でしたがお米に変えられてしまいます。母の形見の着物で買えたお米でしたが、自分の子供達ばかりに食べさせる意地の悪いおばさん、2人に対する厳しい言葉、次第に耐えられなくなっていく清太の姿がありました。, 銀行に母が残してくれたお金7000円を手に清太と節子は自炊用具一式を買いそろえ、親戚のおばさん達とは別々に食事をする事にします。それを見たおばさんは清太と節子に対する厳しい言葉が日増しに増えていき我慢の限界を迎えた清太は節子を連れて親戚宅を離れ防空壕に住み始めます。, リヤカーを引いて池の横にある防空壕に住み始めた節子と清太。初めは自由な生活を手にしたかのようだったが厳しい現実に清太と節子は直面することになります。まだ中学生という事もあり、生活していくのには余りにも幼すぎたのです。やがて食料は底をつき食べ物らしい食べ物もなく、防空壕の周辺で取れるタニシやカエルなどを口にしていたのです。, ほかの食料品が手に入るわけもなく、電気もない薄暗い防空壕の中で唯一の光である蛍を集めて蚊帳の中で蛍を放つ清太の姿があった。蚊帳の中を飛び交う蛍の光をみて嬉しそうにはしゃぐ幼い妹、節子。翌日、綺麗に飛び交っていた蛍が死んでいるのみて火垂るの墓を作ります。その時、節子はお母さんもお墓に入っていると言うのでした。母の死を秘密にしていた清太でしたが、親戚のおばさんが母の死を節子に話してしまっていたのです。, 防空壕での生活で食料に困るようになった清太は空襲で無人となった家を狙い火事場泥棒をするようになります。農家の野菜を盗んだ時は農家のおじさんに見つかり派出所に突きだされ幼い妹節子を見て号泣するシーンは印象的だと話題になりました。皆生きるのに必死だったのです。, そんなある日、川辺で倒れている節子を発見し清太は病院に連れていきます。診断の結果は「滋養を付けるものを食べさせて下さい。」と言った事でしたが、清太が滋養を付けさせる物なんて何処にもないと言うシーンは戦時中ならではのシーンだと言われています。銀行の長い行列に並び貯金を下ろし節子の為に食糧を調達しようしている最中に日本が降伏して戦争が終わった事を知ります。, 清太は日本が敗戦した事実を受け止める事が出来ず、父が所属していたかつての大艦隊である連合艦隊はどうなったんですかと詰め寄ります。しかし連合艦隊も壊滅したと聞かされた清太は頼りにしていた父も失い大きなショックを受けます。, 食糧も調達でき節子に食べ物を食べさせようとするシーンでは衰弱した節子がおはじきをなめていたり泥のお団子を作っていたりと戦争の悲惨さを描写しています。そんな節子に食事を与えますが既に手遅れの状態でした。節子は終戦から七日後の8月22日に短い生涯を終えます。, 清太は防空壕を出ます。身寄りのない清太は神戸市三ノ宮駅で寝起きする戦災孤児の1人として最後を迎えます。無縁仏として納骨堂に納められます。