・年齢:56歳(2020年2月現在) 真矢みきさんは「21年ぶりに男装をしたけれど、やはり体は覚えているみたい」と語り、宝塚の男役トップスター時代を思わせるようなキレキレの演技を披露したことで大きく話題になりました。, 真矢みきさんは宝塚時代に数々の伝説を残してきた、レジェンド的存在として知られています。真矢みきさんの宝塚時代の伝説の中から、4つの伝説をピックアップしてご紹介します。, 真矢みきさんの宝塚時代の伝説1つ目は、長髪スタイルを取り入れたことです。一般的に宝塚の男役は従来の男性的なイメージの通り「短髪」でしたが、真矢みきさんは男役に就任後から長髪スタイルを取り入れ、斬新過ぎると大きく話題になりました。 真矢みきさんの卒業公演の一環として行われた武道館ライブは、観客総立ちで大盛り上がりだったとのことですが、現役タカラジェンヌが武道館ライブを行うことは異例の出来事であり、真矢みきさんの人気を裏付けることとなりました。, 真矢みきさんが宝塚歌劇団に在籍していた時代の同期には数々の有名人がいたとのことで、「黄金世代」と呼ばれていたようです。真矢みきさんの宝塚時代の同期についてご紹介します。, 真矢みきさんの宝塚時代の同期1人目は、黒木瞳さんです。黒木瞳さんは1960年10月生まれの現在50歳で、1981年に67期生として宝塚歌劇団に入団しました。黒木瞳さんは史上最速の入団2年目で月組トップ娘役となり、真矢みきさんの相手役を務めました。 LION presents コーラスライン 来日公演2018さん(@acl2018japan)がシェアした投稿 – 2018年 3月月22日午後8時04分PDT, 宝塚OGで司会業という分野に挑戦という、その「攻め」の姿勢は、現役時代からすでに確立されていました。, 今では非常にお美しい真矢みきさんからはちょっと想像もできないような超~~キザな男役時代を見てみたい!, というお声も多いようなので、宝塚に多くの伝説を残したという真矢みきさんの男役時代を詳しく振り返ってみましょう!, 真矢みきさんといえば、転勤族であったお父様の事情で中学校卒業までに合計8回も引っ越しをしたエピソードが有名。, ただでさえナイーブな思春期に8度も環境が変わるなんて、いろいろとご苦労もあったことでしょう。, しかし、新しい環境でいかにスムーズにクラスに馴染んで友達を作るか、そこでかなりの学びがあったようです。, きっとそれこそが、出演者全員に気を配りながらスムーズに進行ができるという司会業にいま活きているような気がしますね(*^^*), お母様が宝塚ファンであったことに影響を受け、真矢みきさんご自身も大地真央(だいちまお)さんの大ファンになります。, 授業をサボって大劇場に観劇に行ったり、大地真央さんの部屋の前でファンレターを持って待っていたこともあったとか!, 転校続きの生活のせいもあり、ふさぎがちになることも多かった真矢みきさんに、お母様が宝塚への入団をすすめたそう。, 日舞を習ってみたいという気持ちから、真矢みきさんは「宝塚コドモアテネ」(歌やダンスなどを子供に教えてくれる教室)には通っていましたが、母のツルの一声で突如人生が動き出します。, しかし、他の受験生のようにバレエ経験があるわけでもなく、受験準備をしっかり整えていたわけでもなかったので、入団時の成績は39人中37番。, ご本人は、受験番号が1番で面接もすべて一番最初というのが功を奏したと語っていらっしゃいます。, そこから最終的には伝説のトップスターになっていったのですから、このときの試験官に拍手!です。, 入学時は下位の成績でしたが、入学してからは必死の努力で最終的には21番まで成績を上げたのですから、やはり努力の人なのですね。, 音楽学校に入学した当初は、例のあの厳しいルールというものをまったく知らなかったのでかなり本科生に怒られたそうです(;^ω^), ’98の宝塚グラフ♡ 舞台ヒプステ第2弾「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-Rule the Stage -track.2」2020チケット先行は?上演日程や劇場は?キャストは? 大地真央さんは宝塚男役トップスターとして長きに渡って活躍した素晴らしい経歴を持ちますが、1984年に宝塚を退団して女優に転身しました。大地真央さんは舞台以外にも数々の作品に出演し、さらに現在ではバラエティー番組などにも多数出演しています。, 宝塚歌劇団に入団した真矢みきさんは男役スターとして活躍し、数々の伝説を残してきました。ちなみに宝塚歌劇団は女性しか入学できないため、必然的に女性が男性役と女性役の両方を演じる必要があります。 ・本名:西島美季(旧姓:佐藤) 真矢 ミキ(まや みき、1964年 1月31日 - )は、日本の女優。 元宝塚歌劇団 花組トップスター。 旧芸名・真矢 みき(読み同じ)。本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。所属事務所はオスカープロモーション。. アイスショー「氷艶hyoen2019月光かりの如く」オフィシャル写真集発売はいつ?予約方法や特典は? ・出身地:大阪府豊中市 真矢みき・宝塚の歴史に残る伝説の男役!『革命児』『異端児』と呼ばれた現役時代を振り返る, LION presents コーラスライン 来日公演2018さん(@acl2018japan)がシェアした投稿, 松本 悠里さん・専科生の退団発表、退団作は月組『WELCOME TO TAKARAZUKA 』.

涼風真世さんは宝塚歌劇団の中でも歴代トップクラスの歌唱力を持つことでも有名で、現在では女優兼歌手として幅広い分野で活躍しています。, 日航機墜落事故から今日でちょうど29年目。犠牲になったタカラジェンヌ、北原遥子さん。ご冥福をお祈りいたします。 pic.twitter.com/Xx6oxg12Lt, 真矢みきさんの宝塚時代の同期3人目は、北原遥子さんです。北原遥子さんは1961年4月生まれで、1981年に67期生として宝塚に入団して雪組の男役としてデビューしましたが、『暁のロンバルディア』で準ヒロイン役に抜擢されたことで娘役に転身しています。 そんな真矢みきさんは大地真央さんに憧れ、宝塚音楽学校に入学した当初から男役を目指していたため、日常の中で出会う男性の姿を見て「男性とはどういうものなのか」について研究をしていたそうです。, さらに真矢みきさんは宝塚歌劇団に入団後はバーで外国人男性と積極的に会話を交わすことで、自分の理想とする男性像を確立させていったことを明かしています。このことからも、真矢みきさんはかなりの努力家であることが改めてわかりますね。, 真矢みきさんの若い頃のエピソード3つ目は、現役時代にうつ状態に陥ったというエピソードです。真矢みきさんは宝塚歌劇団に入団した当初から新派男役として注目を集めていましたが、その裏では色んな苦労があったようです。 真矢ミキ舞台「正しいオトナたち」上演日程や劇場は? 真矢みきさんは若い頃に宝塚歌劇団花組の男役トップスターとして活躍しており、宝塚時代には数々の伝説を残してきたようです。真矢みきさんの若い頃の経歴や宝塚歌劇団男役トップスター時代の貴重な動画、宝塚時代の伝説的なエピソードについてご紹介します。, アテンションプリーズで共演した時に感じた亮ちゃん魅力を話してくれる真矢みきさん『僕、お芝居だけは誰にも負けたくないんですよ』亮ちゃんの演技への想い…届くといいな…#錦戸亮 pic.twitter.com/H2hzSV5rpF, ・愛称:不明 伊藤健太郎ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」あらすじネタバレは?キャストや主題歌は? 真矢みきさんの伝説についてはまた後述しますが、真矢みきさんは色んな斬新な試みを取り入れたことで「ヅカ(宝塚歌劇団ファンたちがタカラジェンヌを呼ぶ際の愛称)の革命児」と呼ばれるようになりました。, 真矢みきさんの若い頃のエピソード2つ目は、男性の魅力を日々研究していたというエピソードです。真矢みきさんは中学卒業後から女子校である宝塚音楽学校に入学したため、男性と関わる機会が極端に少なかったとのこと。 黒木瞳さんは真矢みきさんとともに宝塚の黄金時代を築き上げた立役者としても知られていますが、1985年に宝塚歌劇団を退団して現在では女優として幅広い分野で活躍を続けています。, 宝塚月組…パック懐かしいなぁ~。これめっちゃ良かった 涼風真世さんがトップになってから月組観劇減ってしまった。天海祐希さんがトップになってから月組観劇ちょっと増えた やっぱ剣幸&こだま愛ゴールデンコンビの月組が好きすぎたから♥️❤️ かな? pic.twitter.com/tLAr9fl74c, 真矢みきさんの宝塚時代の同期2人目は、涼風真世さんです。涼風真世さんは1960年9月生まれの現在59歳で、1981年に67期生として宝塚に入団しました。涼風真世さんは1990年に月組トップスターになりましたが、人気絶頂期の1993年に宝塚を退団しています。 雪組公演 ※公演スケジュール見直しのため、公演日程が変更となりました。 かんぽ生命 ドリームシアター ミュージカル・シンフォニア 『f f f -フォルティッシッシモ-』 ~歓喜に歌え!~ 作・演出/上田 久美子. 北原遥子さんは「宝塚一の美女」として知られ、1984年に宝塚歌劇団を退団した後もさらなる飛躍が期待されていた存在でしたが、1985年に起きた「日本航空123便墜落事故」に巻き込まれて24歳の若さで亡くなられました。, 真矢みきさんは宝塚歌劇団の花組男役トップスターとして長きに渡って活躍していましたが、当時の男役のイメージを覆すような試みを取り入れ、「ヅカの革命児」と呼ばれていました。 真矢 ミキ(まや みき、1964年1月31日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。旧芸名・真矢 みき(読み同じ)。本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。所属事務所はオスカープロモーション。, 4歳まで広島市で育ち、父親の転勤により各地を転々、中学校卒業まで8回転居した[4]。中学校の三年間が大阪府豊中市育ち。「日舞を習いたい」と中学時代から宝塚コドモアテネに通う。, 大地真央への憧れから豊中市立第二中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学。1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は21番。同期には女優の北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死亡)、黒木瞳(1982年 - 1985年まで月組トップ娘役)、涼風真世(1991年 - 1993年まで月組トップスター)、毬藻えり(1989年 - 1992年まで星組トップ娘役)、演劇プロデューサー、活弁士、日本舞踊講師の幸風イレネ、梨花ますみがいる。, 初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩み、特に1992年から1995年にかけては2番手ながらトップである安寿ミラとほぼ同等な扱いを受け、芝居・ショーともに活躍。安寿との男役同士のコンビは当時呼び物となった。1995年、安寿の退団により『エデンの東』で花組トップスターに就任。相手役には純名里沙。純名の退団後は千ほさち(現・森ほさち)を相手役に迎えた。, 長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしや、退団直前につんく♂プロデュースによる日本武道館でのソロコンサートの開催、篠山紀信撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみヅカの革命児とまで言われた。, 1998年10月5日、『SPEAKEASY』東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団。楽屋入りからサヨナラ公演。ファンに別れを告げる宝塚最後の一日が収録されたドキュメントVHS 「ザ・ラストデイ」が出されている。, 宝塚退団後に鳴り物入りで芸能界入りしたが、38歳のときに事務所から戦力外通告。どん底を経験する。