「特立」は周囲より際立って高く立っていること。, 対立している勢力のどちらにも側にもつかない、公平な立場をとること。 仏教の言葉で、「機に因りて法を説く」とも読む。, 相手に応じて、適切なやり方で教育、指導すること。 「独立」は他からの助けを受けずに、一人きりなこと。 三十歳の異名の「而立」の語源。, 美しい女性の容姿をいう言葉。 「企」は足のかかとを上げて、つま先で立つこと。 「佇みて思い機を停む」とも読む。, ひどく辛い悲しみで目を閉じたまま立ち尽くすこと。 「骨立」は痩せて骨だけになること。 「絶世」はこの世に並ぶものが存在しないということ。 「独立」は他人の力を借りずに、自身の力だけで生きていくこと。 中国の北宗の時代、游酢と楊時の二人は、程顥と程頤に教えを受けようと家を訪れたが、程頤は瞑想をしていたので傍で待っていたが、程頤が二人に気がついた時には雪が一尺ほど積もっていたという故事から。

「好機」は行動するのによい時期。 当機立断(とうきりつだん)の意味・使い方。機会をとらえて、素早く決断すること。 「機」は時機・機会の意。「当機」は機に臨むこと。「立」は即刻、直ちにの意。「立断」ですばやく決断すること。「機に当たりて、立に断ず」と訓読する。

立派な人物からよい影響を受けて、欲深い人も清く正しい心になり、意気地のない人も奮起して目標を持つということから。

「巍然として屹立す」とも読む。, 疲労で痩せ衰え、弱りきっている様子。 「当機」は機に恵まれること。

「懦」は物事を遣り通す気構えがないこと。 「懿公」は人の名前。 「応変」は変化に応じて対処すること。, 相手の事情や、能力に合わせて説法を変えること。 「標」は人目につくように、高い位置に持ち上げるという意味。 「正機」は人が悟りを得るための条件や資質のことで、悪人こそが往生するにふさわしい機根だとする浄土真宗の親鸞の基本的思想のこと。, 相手の能力や、その場の状況に合わせて仏の教えを説くこと。

「鶴企」と略して使うこともある言葉。, 立派な人物からよい影響を受けて、悪い人もよくなっていくということ。 「心機」は心の動き、気持ち。 「停機」は心の働きが止まること。

「局外」は状況の外にいること。 「立身」は社会的によい地位につく、「処世」は世の中で生きていくという意味。, とても狭い土地や空間のこと。

四字熟語「鶴立企佇」の意味。鶴立企佇とは、心の底から待ち望むこと。「企」は足のかかとを上げて、つま先で立つこと。「佇」は待ち望むこと。鶴が首を伸ばしてつま先で立つ姿を、人や物を待ち望んでいる様子にたとえたもの。「鶴企」と略して使うこともある言葉。 人の機嫌をとる振る舞いや、喜ばれるように働きかけることをいう。 三十歳の異名の「而立」の語源。 「停機」は心の働きが止まること。 ・二文字熟語・言葉 ・三文字熟語・言葉 ・四 文字熟語・言葉 ・五文字熟語・言葉 ・六文字熟語・言葉 ・七文字熟語・言葉 ・八文字熟語・言葉 ・九文字熟語・言葉 ・十文字熟語・言葉 ・十一文字熟語・言葉: スポンサーリンク 「立」を含む4字熟語、言葉や名詞など. 「新しきを標げ異を立つ」とも読む。, 経典に書かれている教義や教条だけではなく、体験によって伝えることが最も大切であるということ。 「伯夷の風を聞く者は、頑夫も志を立つる有り」を略した言葉。 ▶詳細検索, 稲が実る季節になっても実らず、青々としていること。また、そのような稲。天候不良や病気、虫害などが原因となる。, どんなに困難な場面に遭遇しても心を安らかな状態に保ち、どんな時にも惑わされずに天命をまっとうすること。 衛の国の懿公は、家臣や国民を大切にせず、動物の鶴を好んで爵位を与えて大切にしていたが、戦争になると兵隊は鶴に戦わせればよいと言って協力せず、懿公は身を滅ぼしたという故事から。, 清廉潔白な役人のこと。 「立断」はすぐに決断すること。, 物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。

発達障害、軽度の知的障害一番軽い3級 障害年金難しい、励ましてください。 医師に診断書を書くことを断られ、司法書士にも厳しいことを言われ落ち込んでいます。 でも両親も頼る身... gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 機会をとらえて、素早く決断すること。▽「機」は時機・機会の意。「当機」は機に臨むこと。「立」は即刻、直ちにの意。「立断」ですばやく決断すること。「機, 検索ランキング 孔子が自身の生涯を振り返って言った言葉。 白い雲の中にいる白い鶴のことで、心が清らかで、気高く立派な人物をたとえた言葉。, 強く待ち焦がれること。 漢字 「均等」は平等という意味。, 「機械」は巧妙な仕組みの器具のことから、たくらみや偽り、たくらみ偽る心のこと。 「自尊」は自身の尊厳や品格を落とすことなく維持すること。, 何者にも縛られることなく、誰からの助けを受けることなく、自分一人の力だけで存在していること。 部首

「独立」は他からの助けを受けずに、一人きりなこと。, 三十歳になって、自分の中の道徳観や学識が確立して、それが自信になって思想が固まること。 「中立」は二者の間にあっても、決してどちらの側にもつかないこと。, 天子に仕えて、建国の手助けをして功績を上げること。 「起居振舞」とも書く。, 極めて高く、まっすぐ立っていること。 「立」は目標を持つこと。 から始まる すべて または、山や建物が一際高く立っていること。 交戦中の国のどちらにも関係を持たず、どちらにも影響を与えないようにする公平な立場という意味から。, 禅宗の言葉で、思い悩み、心の働きが止まってしまうこと。 「商人と屏風は直ぐには立たぬ」ともいう。, 身近なところで、突然思いもかけないことが起きることのたとえ。また、急に思い立って物事を始めるようす。. 平和主義などとは違い、自国を防衛するための軍が存在する。, 心の底から待ち望むこと。 「機略」は状況に合ったすぐれた策略。 「立」は目標を持つこと。

「自存」は自分一人の力だけで生きていくこと。 一字を入れて四字熟語を完成して下さい。 漢検5級の四字熟語です。 よきリーダーはこれができるんですね。 決断できること。 必要だと思ったとき、 「今でしょう」と感じたときに・・・決断できること。 こたえは「 続きを読む 」をご覧ください。 「到来」はやって来るという意味。, 昇天することの出来る機会のこと。 「特立」は周囲より際立って高く立っていること。, 対立している勢力のどちらにも側にもつかない、公平な立場をとること。 「立身」と「出世」はどちらも社会的によい地位につくこと。, 社会に出て自立した生活をしていくこと。 立派な人物からよい影響を受けて、欲深い人も清く正しい心になり、意気地のない人も奮起して目標を持つということから。 一張りの琴と一羽の鶴の意。 「立命」は儒教の語で、天命をまっとうすること。, 他国間で戦争が起こっても介入することなく、自国の中立を他国から保障、承認されること。 「形銷」は痩せ衰えること。 「局外」は状況の外にいること。 「廉」は心に汚れが無く清らかなこと。 孟子が学問を投げ出そうとしたときに、孟子の母親は織り途中の機の糸を切断して「学問を途中でやめることは、この織物と同じようなものだ」と言って戒めたという故事から。, 禅宗の言葉で、思い悩み、心の働きが止まってしまうこと。 体が痩せ衰えて骨だけになるという意味から。, 片方に偏ることなく、どちらの敵にも味方にもならないこと。 「立居」は立つことと座ること。 「懿公鶴を喜む」とも読む。, 大切にすべきものを軽く扱い、くだらないものを大切にしたために身を滅ぼすことのたとえ。

で終わる

「特立」は周囲より際立って高く立っていること。, こめかみに青く血管を浮き上がらせるほど怒ったり興奮することから、激しく怒るようすのたとえ。, 屏風は折り曲げないと立たないように、商売も自分の感情や理屈を曲げて、客の機嫌を損ねないようにしなければ繁盛しないということ。「屏風と商人は直ぐには立たぬ」ともいう。, 屏風は折り曲げないと立たないように、商売も自分の感情や理屈を曲げて、客の機嫌を損ねないようにしなければ繁盛しないということ。 を含む 「機に対して法を説く」とも読む。, 物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。

「懦」は物事を遣り通す気構えがないこと。

「断機」は織りかけている機の糸を途中で切ること。 教育や経済活動についての出発点を等しくすることをいう。 「応変」は変化に応じて対処すること。. 「伯夷の風を聞く者は、頑夫も志を立つる有り」を略した言葉。 教えを受ける人の心得をいう言葉。 「機嫌気褄をとる」という形で使うことが多く、「機嫌をとる」や「褄をとる」という言葉を組み合わせた言葉。, 状況の変化に合わせて、思いのままに策略をめぐらして用いること。 「立命」は儒教語で天命をまっとうする、「安心」は仏教語で信仰により得ることが出来る心の安らぎの境地のこと。. 国内での外国の軍の行動を認めず、軍事的脅威には自国のみで解決する必要がある。

「独立」は自身の力だけで生きていくこと。

または、旅支度がとても簡易であることのたとえ。 「屹立」は一際高く立っていること。 「頑」は強欲なこと。 国内での外国の軍の行動を認めず、軍事的脅威には自国のみで解決する必要がある。 「立」は目標を持つこと。 孔子が自身の生涯を振り返って言った言葉。 「自存」は自分一人の力だけで生きていくこと。, 他人の力を借りることなく、自身が信じる道を自身の力だけで進むこと。 「命を佐けて功を立つ」とも読む。, 同じ力を持っている三人が並び立つこと。

「佇みて思い機を停む」とも読む。, 機会を逃さないように、即座に決断すること。 「安心」は仏教の語で、信仰により得ることが出来る心の安らぎの境地。 立派な人物からよい影響を受けて、欲深い人も清く正しい心になり、意気地のない人も奮起して目標を持つということから。 「屹然」は山などが高く立っている様子。 「巍然」は山がとても大きく高い様子。 または、仏教語で真理を得るための道のりが非常に険しいことのたとえ。 錐(きり)を立てるのが精一杯なほど狭い土地という意味。 と一致する 「千尺」の「尺」は高さの単位で、「千尺」は極めて高いことのたとえ。, 誰に頼ることもなく、一人で堂々と生きていること。 「撓」は枝がたわむということから、心が折れる、くじけるということのたとえ。, 礼儀作法に外れていて、失礼な態度のこと。 「当機」は機に恵まれること。 (11/16更新). 「頸を伸ばして鶴望す」とも読む。, どんなに困難な場面に遭遇しても心を安らかな状態に保ち、どんな時にも惑わされずに天命をまっとうすること。 または、同じ力を持つ三つの勢力が争いあう、三すくみの状態のこと。

「天を頂いて地に立つ」とも読む。, ひどく辛い悲しみで目を閉じたまま立ち尽くすこと。 「機嫌」と「気褄」はどちらも人の気分のこと。 「企」は足のかかとを上げて、つま先で立つこと。 「伯夷の風を聞く者は、頑夫も志を立つる有り」を略した言葉。 「独歩」は他人の力を借りずに自身の力だけで物事を行うこと。, 他の人から縛られず、自身の力だけで判断して行動すること。 「延頸」は首を伸ばすこと。 伯夷は、周の時代の隠者で、清い心を持った立派な人物とされている。, 山などが一際高くそびえ立っていること。 「立命」は儒教の語で、天命をまっとうすること。, 他国間で戦争が起こっても介入することなく、自国の中立を他国から保障、承認されること。 「佐命」は天命を受けた帝の手助けをすること。 「頑」は強欲なこと。 「立雪」は雪の上に立つこと。 中国の前漢の時代に、宮廷楽士の李延年が自身の妹の美しさを歌った詩から。, 普段の生活で行う、最も基本的な動作のこと。 「程門」は程一族の家の門。または、中国の宗の程顥と程頤の学問を受け継ぐ人のこと。 「神機」は神が考えたような素晴らしい策略。 結果・・・「 機に当たりて、立( たちどころ )に断ず」だそうで、意味は「機を失することなく、すばやく決断すること」です。 なるほど、チャンスを逃さない素早い決断ですか。社会人には是非とも知ってもらいたい四字熟語ですね。

「立功」は功績を上げること。 「安心」は仏教の語で、信仰により得ることが出来る心の安らぎの境地。

平和主義などとは違い、自国を防衛するための軍が存在する。, 心の底から待ち望むこと。 一般的には「立錐の余地もない」と用いる。, 天命に身をまかせ、心を安らかな状態に保ち、どんな場合でも乱れないこと。 「独立」は他と離れていて、一つだけ立っていること。 「跛立」は片足で立つこと。 「瞑目」は目を閉じること。, 弟子が師匠を尊敬し、心の底から教えを乞うこと。

鶴の長い首のように、長く首を伸ばして心待ちにするという意味から。 「鶴企」と略して使うこともある言葉。, 立派な人物からよい影響を受けて、悪い人もよくなっていくということ。 「時機」はよい機会のことで、時機が到来するということから。, 状況の変化に応じて対処する方法を適切にかえること。 「佇」は待ち望むこと。 仏教の言葉で、「機に応じ物に接す」とも読む。, 物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。 「立命」は儒教の語で、天命をまっとうすること。, 他国間で戦争が起こっても介入することなく、自国の中立を他国から保障、承認されること。 「懿公」は人の名前。 大切にすべきものを軽く扱い、くだらないものを大切にしたために身を滅ぼすことのたとえ。 三人が並び立つことを「鼎」にたとえた言葉。 「縦横」はたてとよことということから、思った通りにできるということ。, すばらしい機会がやってくること。