二宮和也 | 60. ・1987年:天王戦で優勝する。 滝沢秀明 | 35. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 名前:羽生 善治(はぶ よしはる) 身長:172cm

松本幸四郎 | 6. 窪田正孝 | 87. 大野智 | 90. 中居正広 | 5. 阿部寛 | 88.

木村拓哉 | 10. 草彅剛 | 85. 堺雅人 | 80. 木村拓哉 | 53.

金城武 | 19. 亀梨和也 | 48. 田中圭 | 98.

妻夫木聡 | 42. 香取慎吾 | 44. 前名の九代目 松本 幸四郎(まつもと こうしろう)としても知られている。本名、藤間 昭曉(ふじま てるあき)。 Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).

江口洋介, 21. 織田裕二 | 13. 大野智 | 66. 羽生さんですら娘にキモたがられてたってこと? 世の中のお父さん、じっとがんばれ・・ 970 名無し名人 2020/10/09(金) 19:51:48.21 ID:LHoE0jTS ・1997年:長女の舞花が生まれる。 木村拓哉 | 16. ・2012年:A級順位戦全勝優勝する。, そこで調べてみると、羽生さんには娘さんがいて有名私立大学に通っていると言われているそうです。, 羽生さんは1996年に女優の畠田理恵さんと結婚をしているのですが、1997年に長女が生まれ、1999年に次女が生まれているのだとか。, 羽生さんのお子さんは二人とも一般人なのですが、長女が舞花さんで次女が桃花さんという姉妹で、雙葉中学校・高等学校に通っていたと言われているそうです。, 二人の娘さんは母親の畠田さんに似て美人姉妹とも言われているそうなのですが、それも納得ですよね。, そして、そんな二人の娘さんが通っている雙葉(ふたば)中学校・高等学校は都内でも名門中の名門と言われる学校で偏差値は73とも言われているのだとか。, なので、超進学校とも言えるのですが、将棋士としてトップクラスの活躍をしている羽生さんなので二人の娘さんもそんな羽生さんの頭の良さを受け継いでいるようですね。, ちなみに、雙葉中学校・高等学校は高橋真麻さんやいとうあさこさんなどが卒業していることが知られているそうです。, ただ、そのように雙葉中学校・高等学校に通っていたとされる羽生さんの娘さんなのですが、長女の舞花さんは東洋英和女学院に転校したとも言われているのだとか。, 東洋英和女学院は偏差値が61なのですが、雙葉高等学校に比べるとかなり偏差値は下になるようです。, しかし、学力がどうというよりも、雙葉高等学校の校風などがあまり合わずに転校をしたのかもしれませんね。, これは長女の舞花さんのことだと思われるのですが、慶応義塾大学の医学部に進むとなると将来は医者を目指している可能性が高いですよね。, ちなみに、慶応義塾大学の医学部は偏差値が74.5と言われているのですが、全国でもトップクラスの偏差値です。, ただ、これはネット上などで言われている噂ということで、本当に舞花さんが慶応義塾大学の医学部に進んだかどうかはわかっていないのだとか。, しかし、羽生さんの娘さんということで、それも実際にあり得そうだと言われているそうなのですが、羽生さんの娘さんの大学などの学歴がヤバイですよね。, 次女の桃花さんの進学先なども気になるところなのですが、今後は桃花さんの進学先なども明らかになっていくかもしれませんね。, 子供の頃からその将棋の強さが話題になっていたのですが、そんな羽生さんの若い頃の伝説や学歴に注目が集まっているそうです。, そこで調べてみると、羽生さんは15歳でプロの将棋士になり、これまでに様々なタイトルを獲得しているのだそうです。, 羽生さんは小学1年生の頃に将棋のやり方を教わって、そこから将棋クラブなどで活動をしていたのですが、様々な将棋大会に出場をして準優勝をしたり3位入賞をするなどしていたのだとか。, さらに、小学5年生の頃にはアマ名人戦の都下予選を史上最年少で通過するなどしていたのだそうです。, そして、その後も羽生さんはアマチュア棋士として活躍し、1985年にアマチュア四段となって中学生ながらもプロの将棋士になったのだとか。, また、そのようにしてプロの将棋士となった羽生さんなのですが、プロ入り1年目の1986年度には40勝14敗を記録して勝率0.741となるなどしていたのだとか。, プロ1年目からすでに大人のプロ将棋士と同等以上の活躍を見せていたのですが、1987年には天皇戦で優勝しているのだそうです。, これは史上二番目の最年少記録となるそうなのですが、その後も1988年のNHK杯で大山康晴さんや加藤一二三さん、谷川浩司さん、中原誠さんなどを破って見事に優勝しているのだとか。, すでに名人として知られた大山さんや加藤さん、中原さんを破って優勝するというのは凄いですよね。, また、1988年には連勝、勝利数、勝率、対局数などの4つの部門でトップとなり、わずか18才ながらも最優秀棋士賞を受賞しているのだとか。, そして、1989年には竜王位のタイトルを奪取し、こちらも最年少記録を打ち立てるなどしているのだそうです。, さらに羽生さんは1992年には王座、棋士の二冠を奪取し、1993年には五冠王、1994年には史上初となる六冠王になるなどし、1996年にはついに七冠独占をするなどしたのだとか。, これで羽生さんはすべてのタイトルを獲得したことになるそうなのですが、まさに将棋界のトップに立ったと言えますよね。, 東京都立上高等学校は偏差値が58と言われていて、それほど偏差値が高くないそうなのですが、天才将棋士と言われる羽生さんなので少し意外ですよね。, ただ、実は羽生さんが東京都立上高等学校に通うようになったのはプロの将棋士となって将棋の試合などで忙しくなってしまって学業と両立できなくなってしまったので、東京都富士森高校から転入をしたのだとか。, なので、仕方がなく東京都立上高等学校に転入したそうなのですが、天才将棋士の羽生さんならではのエピソードですよね。, そして、かつて羽生さんが通っていた東京都富士森高校は偏差値が53なのですが、こちらの方もそれほど偏差値の高い高校じゃないようです。, こうしたことから意外と羽生さんは偏差値が高い高校に行っていなかったということで話題になることが多いのだとか。, 羽生さんは海外でチェスの試合などに出場していることでも知られているのですが、海外でチェスの試合に出場するために英語を勉強してマスターしたとも言われているのだとか。, 将棋で日本一になるほどの羽生さんなので、英語くらいは簡単にマスターできたのかもしれませんね。, このように羽生さんは将棋以外のことも話題になるのですが、羽生さんの若い頃の伝説や学歴がヤバかったことがわかりますよね。, 現在もプロの将棋士として大活躍している羽生さんなのですが、今後も将棋士として様々な活躍をしてきそうです。, 娘さんが雙葉中学・高校から慶応義塾大学の医学部に進んだとして、その学歴などが話題になった羽生さんなのですが、小学生の頃からアマチュア将棋士として注目されて中学生プロ入りして一気にトップに上り詰めて七冠制覇し、英語も堪能な姿なども注目されていて、今後もそんな羽生さんに注目していきたいですね。. 木村拓哉 | 29. 田村正和 | 9. 田村正和 | 2. 血液型:AB型 木村拓哉 | 76. 豊川悦司 | 7. ・1999年:次女の桃花が生まれる。 大野智 | 74.

舘ひろし | 55. 53 成城① 中大附属① 法政第二① 開智① 52 城北① 法政大学① 明大中野① 専大松戸① ... 羽生善治・畠田理恵娘 、長島終身名誉監督娘、山崎努娘、麻木久仁子娘(早大からol) ★東洋英和★ ... 06/29 野波麻帆&水上剣星 第1子女児 06/? 羽生さんに葡萄ジュース全部飲まれた娘さんやな なお天罰が下ったのかこの直後羽生さんは立て続きタイトル2つ失冠した 仁義なき戦い( *`ω´) この葡萄ジュース が大好きな 善治先生と長女。朝大学に出かける時『わぁ 帰って冷え冷え楽しみ~』 江口洋介, 31. 松本潤 | 54. 草彅剛 | 93. 1981年、新人で開幕スタメン(遊撃手)出場を果たし、ロッテオリオンズの落合博満と首位打者争いを演じるなど1年目から活躍。長嶋茂雄以来の、新人打者として規定打席に達しての打率3割を達成し、新人王を獲得。, 以後、常勝ライオンズのチームリーダーとして活躍。巨人との「盟主決戦」と謳われた1983年の日本シリーズでは第6戦で1点ビハインドの9回裏1死満塁で同点打を放つなどの活躍。1986年は打撃三冠王の落合博満や高卒新人記録を次々と塗り替えた清原和博らを抑え、パ・リーグMVPを獲得。膝の故障(後述)もあり、1987年に遊撃手から三塁手へコンバートされるが、日本シリーズではセ・リーグ優勝チームの本拠地での試合の場合は指名打者が使えない事もあり、その後もたびたびショートを守る事になる。中日との1988年の日本シリーズでは全5試合で遊撃手としてフル出場。第1戦はセ・リーグ最多勝のタイトルを獲得した先発の小野和幸からソロ本塁打、第3戦は山本昌広からソロ本塁打・タイムリーヒット、日本一を決めた第5戦では初回小野からタイムリー2塁打、1点リードされた9回裏、リリーフエース郭源治からバックスクリーンへ起死回生の同点による昭和時代の最後の本塁打を放つなど活躍し、シリーズMVPを獲得。この年にパ・リーグの野手として初の一億円プレイヤーになる。, 現役時代の前半は主にトップバッターとして活躍していたが、辻発彦の成長、オレステス・デストラーデの入団などのチーム事情もあり、現役時代後半は三番や六番の打順を任されるようになる。ゴールデングラブ賞の常連でもあり、通算成績で200本塁打を放ちながら200盗塁・200犠打を決めているように走攻守三拍子揃った選手でもあった。, 1994年、球団が同じ三塁手のマイク・パグリアルーロを連れてきたのを石毛は「えっ」と思い、結果は石毛は111試合出場(101安打)、パグリアルーロは80試合出場(75安打)だった[2]。巨人との日本シリーズでは12打数1安打に終わり、チームも2勝4敗で敗退。シーズンオフ、辞任した森祇晶の後任監督を打診されるも就任を固辞した。石毛は「やればできるじゃんと自分で思いました。それなのに、引退して監督になってくれというのは冗談じゃない。三塁の守備だって鈴木健より上手い。監督は今じゃなくてもできるし、2000本安打も頭にありました。」[2]と述べている。FA権を行使して同年11月26日に福岡ダイエーホークスへの移籍が決まった。翌1995年は怪我で出遅れ年齢の衰えということもあり、打率2割、本塁打1、打点11と自己ワーストを記録。新人から14年続いていた年間100試合以上出場、年間100安打以上、規定打席が途切れ、オールスターゲームも西武入団からの連続出場数が14回で途切れてしまい落選。オフには年俸も50%ダウン、チームも5位と散々なシーズンを終え、翌1996年はチームが開幕早々に低迷してたこともあり若手主体になり石毛の他ベテラン選手の殆どが出番が少なく戦力構想から外れ、同年10月9日現役引退を表明。, 引退後もダイエーに籍を置き、1997年にロサンゼルス・ドジャースにコーチ留学。同年シーズン終了後の10月24日、福岡ダイエーホークスの二軍監督に就任するが、翌1998年10月24日にわずか1年のみで事実上解任される。1999年から3年間はNHK、スポーツニッポンの野球解説者。, 2001年10月9日オリックス・ブルーウェーブ監督に就任。しかし、正式発表前にNHKにメジャーリーグのポストシーズン解説を依頼され、断るためやむなく就任を打ち明けたところ、『NHKニュース』で報道されることになり、こうなっては仕方がないと、スポニチにも監督打診の話を打ち明けた。これが「内部機密を外に漏らすようなやつは信用ならん」とオーナーの宮内義彦の不興を買い、石毛も反発して「この話、白紙に戻しましょうや」と応じた[3]。結局NHKとスポニチに事前報道しないよう依頼し、いずれも自粛に応じた。最終的に監督就任は実現し、打撃コーチに立花義家を連れて行き[2]、2002年は球団では39年ぶり、オリックスでは初の最下位に終わった。翌2003年も開幕から低迷。20試合(7勝12敗1分け)を終了した4月23日に解任される。采配振りから監督としての資質が疑問視されたが、石毛は「イチローも田口壮もアリアスも加藤伸一もいなくなって戦力が足りなかった。」[2]と述べている。石毛によると、解任の引き金となったのは、新入団の外国人選手(ブラウン、オーティズ)が不振で、日本野球に慣れさせるため二軍に落としたことにあった。これが採用した球団社長の岡添裕への意趣返しと見なされ、解任されたという[4]。, 2004年、株式会社IBLJを設立し代表取締役に就任、四国アイランドリーグ(現四国アイランドリーグplus)を設立。2007年3月10日、IBLJ代表取締役を退任し、コミッショナー専任となる。同年12月31日、四国アイランドリーグとの契約満了に伴い、リーグ運営から完全に撤退。ただし、同社設立時(単独で全額出資)から現在も主要株主の中に名を残している。コミッショナー退任について、自身のブログで「自分から言い出したものではなく、リーグ側で契約の更新を行わないと決めた」と説明した。2008年1月、愛媛マンダリンパイレーツのシニア・チームアドバイザーに就任。, また、同年3月には関西独立リーグの構想を表明。2009年、関西独立リーグ発足後は最高顧問に就任。しかし、同年5月に発覚したリーグから球団への分配金の未払問題に関連して、リーグ発足後はほとんど運営にタッチしていないことが報じられた。リーグ運営から撤退した株式会社ステラに代わる運営会社の代表に就任した木村竹志は、5月28日に開いた会議後の会見で、「(石毛との)関係には区切りが付いたと考えてもらっていい」と発言し、新会社発足後のリーグ運営に石毛が関与しないことを示唆し、石毛は最高顧問を辞任。これに関して石毛は「オレは(リーグの)広告塔みたいな感じ(で参加した)」「(最高顧問なのに何もしてくれなかったという各球団の声に)立ち上げの前段階でいろいろやったのに、これまで礼もなければ報告も相談もなく、こうなってから『何もしてくれなかった』って言い方はない」と話す一方、「自分が悪者にされても、存続して(独立リーグが)広がってくれればいい」とも述べている[5]。, 2009年、古巣の西武ライオンズが主催する『ライオンズ・クラシック2009』のエグゼクティブプロデューサーに就任するとともに、始球式にも登場。9月1日付で、地元・千葉県に本部を置く城西国際大学の客員教授に着任。, 2013年、FOX SPORTS ジャパンによるNPB試合中継への参入を受けて、同局のプロ野球中継・情報番組『BASEBALL CENTER』のアナリスト(専属解説者)に就任。その一方で、プロ野球経験者による学生野球の指導に必要な研修会を受講した[7]。, 2014年、1月20日付で、日本学生野球協会から学生野球資格の回復を認定[8]。6月1日からは、駒澤大学時代の石毛の2年後輩・染谷希一が監督を務める千葉商科大学付属高等学校硬式野球部で、非常勤のテクニカルアドバイザーとして部員を随時指導している。ちなみに、NPB球団の監督経験者が母校以外の高校で本格的に野球を指導するのは、石毛が初めてである[1]。, 一方野球解説者としては2018年からは『サンデーモーニング』(TBSテレビ)のスポーツコーナー「週刊ご意見番」のコーナーに随時出演。西武OBとして2018年から文化放送のゲスト解説者として出演する傍ら、2019年8月22日は『テレ玉開局40周年記念ウィーク』としてスペシャルゲストとして出演。2020年からは本数契約としてテレ玉の野球解説者として活動する。, 石毛、前掲書 pp.97-98。皮肉にも、石毛の解任後、両選手は活躍するようになった。, オリックスに所属していたイチローは2000年、田口は2001年を最後に渡米しており、なお、田口は, ベースボールマガジン、2020年7月号 特集:オリックス ブレーブス&ブルーウェーブ 青波伝説、39頁、ベースボール・マガジン社, http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20140603-1311430.html, http://www.zakzak.co.jp/spo/200907/s2009073018_all.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/11/kiji/K20130811006392010.html, http://www.student-baseball.or.jp/charter_rule/rule/rule_tekiseishinsa_list.html, http://web.archive.org/web/20020405211855/http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200204/bt2002040315.html, コラム 栄光の80年代プロ野球 名選手列伝 石毛宏典 常勝ライオンズの中心的人物だった背番号7 【OCNスポーツ】, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石毛宏典&oldid=80198064, オリックス監督を解任された後、IBLJの設立を思いついたことについては「(監督が)3年契約で、残り1年8ヶ月分の給料はもらえる。どうせあぶく銭だし、活動資金になるなと思ってね」と述べている, 上記のこともあって最初は広岡の言うことを素直に聞かなかったが、石毛のライバル選手に広岡が手取り足取り教えるうちに「監督、僕にも教えてください」と教えを受け入れるようになっていった, 1000三振:1993年9月29日、対千葉ロッテマリーンズ23回戦(西武ライオンズ球場)、2回裏に, 200犠打:1994年4月10日、対近鉄バファローズ2回戦(西武ライオンズ球場)、8回裏に, 1000得点:1994年6月12日、対福岡ダイエーホークス11回戦(西武ライオンズ球場)、2回裏に, 日本シリーズ17試合連続安打:1985年第5戦 - 1988年第1戦 ※シリーズ記録, 1イニング2本塁打:1994年6月11日、対福岡ダイエーホークス11回戦(西武ライオンズ球場)、7回裏に.