残業が少なく、施設によっては夜勤なしで働くこともできるので、子育てや介護などで家庭との両立が必要な人も働きやすいといえるでしょう。 看護師に向いている・適性があるのはどんな人? 看護師は、人の生死に直接向き合う仕事です。生命の危機を救い、病気を克服するお手伝いをすることもあれば、安らかな死に向けた終末期ケアを行うこともあり、非常にやりがいのある仕事です。 今後はそうした病院勤務での経験をもとに、入所されている方々の変化に気を配りつつ、きめ細やかに対応できる看護師として貢献したいと考えております。, 来年度に子供が保育園に入園するのを機に、復職したいと考え、志望いたしました。

試験までの5年間をケアマネ試験を受けるつもりで意識して知識を積み上げていくことが大切, 【評判あり】1日100名以上が登録!介護のお仕事が介護職員がおすすめするNo.1求人転職サービスである理由.

どんな人でも、看護学校を卒業して国家試験に合格することが出来れば看護師になることができます。ただ、その中には「看護師に向いている人、向いていない人」とさまざまな方がいらっしゃいます。 そのため、最近では、看護学校の入学試 …

病院勤務で培ってきたスキルを活かしながら、「子供に接するときのような細やかな気配り」ができる看護師として、長く勤めたいと思っております。, 健康ケアがメインとなる老健での看護師の仕事は、入所者一人一人とじっくり向き合いながら、細やかなサポートをすることが可能です。

私は総合病院で5年間、看護師として勤務して参りました。介護老人保健施設で働きたいと思ったのは、病院で勤務している際に、病気の再発を防ぐには日常生活の改善が大切であることを痛感したためです。そんなとき、入所者の方々とのコミュニケーションを大切にしながら、ご自宅での生活に戻るための橋渡しをしている貴施設について知りました。 看護師に向いてる人はどんな性格なの?職場によっての違いをまとめました; 特養で働く看護師の仕事とは?看護師の主な役割とメリット・デメリット; 助産師とは?看護師との違いについてまとめました! 老健で働く看護師の仕事と役割は? 募集中の看護師求人から希望を実現できる職場を探す, 回復が実感できるのがやりがいに繋がるという方は急性期病院がおすすめです。急性期病院は特に、生命の危機に瀕していた患者さんが元気に退院していく姿を目の当たりにすることができます。, 世代や性別を問わず、多くの方と接する機会の多い看護師。その中でも高齢の方と関係を築くことが得意であれば、療養型病院や介護施設がおすすめです。, また、こうした施設は需要が高く、注目されている職場です。少子高齢化で慢性的な人手不足が進む介護の現場で、あなたの能力はますます輝くことでしょう。, 看護師の仕事はイレギュラーな対応を求められる場面が多いです。ルーティンワークをコツコツとこなしていきたい場合は、ストレスを人一倍感じてしまうかもしれません。, そんな方には健診・検診の事業所がおすすめです。イレギュラーな出来事がないわけではありませんが、比較的マイペースに日々の業務をこなすことができます。, 生涯学習の理念を持ち、向上心を持っている方も多いのではないでしょうか。そんな方には急性期病院がおすすめです。特にその中でも、教育に力を入れた急性期病院であれば、研修費用の補助やサポートも充実しています。, 「資格支援制度」や「資格手当」が制度としてある病院ではさらにモチベーションを高く保つことができるでしょう。, 出産や育児の経験が活きるのも看護師という職の魅力かもしれません。産婦人科病院や産科・婦人科クリニックではこうした経験を活かすことができおすすめです。また看護師としての立場だけでなく、出産経験のある方は、先輩としての立場でも経験を活かすことができます。, 子どもと接するのが好き、仲良くなるのが得意な方には、保育園がおすすめです。子どもたちの健康状態の把握だけでなく、ケガの応急処置やアレルギー症状の管理など、看護を通じて総合的に子どもたちを見守ることができます。, 事務的な業務に興味がある方は、地域包括支援センターもおすすめです。地域住民の健康や安全、介護のフォローを行います。それに加え、舞い込んできた相談を管理・対応する事務業務も経験することができます。, 急性期から慢性期と一貫した医療に興味がある方はケアミックス型病院を検討してみるとよいでしょう。急性期から慢性期まで、一連の流れで業務を覚えることができるため、スキルアップやキャリアアップに役立ちます。, 看護学校を卒業し、せっかく手にした看護師の職。向いていないと判断し、異業種に転職するのは早計かもしれません。紹介したように、「看護師」という職はさまざまな種類があり、一口に語ることはできません。, もし「看護師に向いていないかも・・」と悩んでいるのであれば、全く別の職場でスタートを切ってみてはいかがでしょうか?, 人間関係、業務内容、働き方に悩んだらまずは職場に求める条件をもう一度考えてみましょう。条件が決まったらどんな求人があるか見てみましょう! 介護老人保健施設(老健)は、入居者さんの在宅復帰を支援する施設です。老健で働く看護師の役割や仕事内容、働き方、給料、やりがいについて解説します。, 介護老人保健施設(老健)で働く看護師の仕事内容・役割は、主に「入居者さんの健康管理」です。, 医療的ケアやADL(日常生活動作)の維持・改善に向けたサポートも、老健の看護師の大切な役割となります。, 老健は、医療(病院)と在宅(ご自宅・特別養護老人ホーム・有料老人ホームなど)の中間施設という位置づけです。, 在宅復帰を目標とし、医療ケアやリハビリテーションに重点が置かれているのが大きな特徴。, 医師の常駐が義務付けられ、リハビリスタッフも多く配置されるなど、介護施設の中でも「医療」に近い性格を持ちます。, 老健は医療法人や社会福祉法人による運営が多いです。病院に併設されている老健もあります。, 厚生労働省の2013年のデータによると、老健の入居期間は平均で311日でした(特養は1405日)。, 「終のすみか」となる特養や有料老人ホームに比べると短期間で入居者が入れ替わるのも老健の特徴です。, 食事や排泄の介助、清潔ケアなどは介護職スタッフがメインで担当しますが、看護師がサポートに入ることも多くあります。, 老健の特徴として、医師、リハビリスタッフ(PT:理学療法士、OT:作業療法士、ST:言語聴覚士)が配置されていることが挙げられます。, 多職種による医療・リハビリ・介護のサービス提供がスムーズに行われるように、看護師は調整役の業務も行います。, 高齢者に多い肺炎や尿路感染症などは、できるだけ老健の施設内で治療しようという流れが進んでいます。, 老健の医療機能や看取り機能が充実するのにともなって、老健で働く看護師の存在も大きくなっています。, 近年は、在宅復帰を支援する機能を特に強めた「超強化型」「強化型」「加算型」などと呼ばれるタイプの老健が増えています。, 「在宅復帰を支援する機能が高い」と認められた老健では、より短い入居期間でご自宅等に帰る、要介護度の高い入居者さんの割合が多い、喀痰吸引や経管栄養の実施が多いなどの実績が求められます。, また、リハビリの回数が多いこと、「施設や地域の公民館での健康教室」といった地域活動を行っていることなども必要です。, 入居者さんの状態やケア内容、入退居に伴う業務が多い・少ないなどにかかわるので、転職を検討する際は「どのタイプの老健か」「今後、強化型や加算型への移行を考えているか」も確認しておくと良いでしょう。, 同じ居住系の介護施設である「特別養護老人ホーム(特養)」「有料老人ホーム」に比べて、老健のほうが医療ニーズが高く、入居期間は短くなります。, 特養、有料老人ホームはオンコール体制で夜間対応するのが多いのに対し、老健は夜勤がある働き方が一般的です。, 連絡事項や記録の確認など、情報収集をして入居者さんの状態を把握します。夜勤スタッフから申し送りを受けます。, 入居者さんのバイタルサインチェックや、朝の内服の確認を行います。この日の入浴がOKかどうかも判断します。, 朝の入居者さんの状態を医師に報告。医師の診察の介助、医療処置(点滴、経管栄養管理など)を行います。, 合間に、排泄ケアや入浴介助など介護職スタッフのサポートに入ったり、リハビリスタッフとミーティングを行ったりすることも。, 嚥下機能が気になる入居者さんを中心に食事介助を行います。言語聴覚士と連携しながら、嚥下機能の評価やリハビリ計画に生かします。, 入居者さんのADL機能評価や新規に入居される方の情報共有など、多職種カンファレンスを行うことも。, おやつの時間も、入居者さんとのコミュニケーションを通じ、ご本人の希望や心身の状況を理解する大切な機会です。, 施設の規模にもよりますが、夜勤帯は看護師1人、介護職スタッフ3~4人が平均的な配置人数です。, 病棟の2交代夜勤と同じような勤務時間ですが、医療的なケアや管理、急変対応は少なく、病棟のような緊急入院も発生しないため、看護業務は比較的落ち着いています。介護職スタッフと一緒にトイレ介助などのケアにあたることが多いでしょう。, もしも急変などがあった場合は、救急搬送を手配する・医師の指示をあおぐなどの対応を行います。, 夜勤専従は、「夜勤手当が付いて労働単価が高くなる」「日中の時間を活用できる」といったメリットがあります。, 「夜勤専従」がある一方、老健では「日勤のみ常勤」という求人も増えています。老健の看護師さんの働き方は多様になってきています。, なお、日本看護協会の調査によると、病院の夜勤手当(2交代)は平均11,000円ほどです。, ※日本看護協会「特別養護老人ホーム・介護老人保健施設における看護職員実態調査」「2019年病院看護実態調査」, ※看護roo!「ナースなワタシのお給料」、求人相場、日本看護協会「特別養護老人ホーム・介護老人保健施設における看護職員実態調査」などから分析), しかし、老健では夜勤のある働き方が多く、夜勤手当が付くため、特養や有料老人ホームなどに比べると、やや高めの傾向です。, 老健では「日勤のみ可」「夜勤専従の常勤」といったタイプの求人も。こうした働き方の違いで、年収にも幅があります。, 都市部では比較的高いなどの地域差もありますが、おおむね上記の額が相場となっています。, 夜勤専従のパート・バイトではさらに高めに設定され、時給1700~2200円ほどが相場でしょう。, 看護師の働き方も、日勤・夜勤の2交代制で、ほかの介護施設より看護職員が多く配置されているなど、病棟勤務と共通する部分が多くあります。, また、医師が常駐するため、医療的な判断などで看護師にかかるプレッシャーも少なめです。, 老健の平均入居期間は約1年です。特養や有料老人ホームより短期間ではありますが、病院と比べると、1人1人にじっくり向き合った看護が実践できます。, 老健は「在宅復帰を目指す介護施設」であることが特徴です。「在宅で暮らす」という目標のある看護を提供することに、やりがいを感じる看護師さんも多いようです。, また、入居者さんのADLが維持された・向上したという指標が見えやすいのも、モチベーションや達成感が得られるでしょう。, 医師やリハビリスタッフ、介護職スタッフなど多職種と連携し、入居者さんが住み慣れたご自宅に帰られる姿を見守れるのは、老健の看護師ならではのやりがいです。, 「病院の夜勤がつらく、日勤のみの介護施設に転職したい」と希望している看護師さんには、あまり合わないかもしれません。, 一方で、「介護施設での看護に興味があるが、夜勤手当がなくなるのは厳しい」という方には、夜勤ありの老健がおすすめです。, 老健には「日勤のみ」「夜勤専従」といった求人も多くあります。自分に合った働き方を検討してみると良いでしょう。, 老健は、医療と在宅の中間という位置づけですが、基本的には病院での治療の必要がない入居者さんがケア対象です。, また、特養や有料老人ホームとは異なり、医師が常駐するため、医師の指示を受けて行動する機会が多くなります。, 安心感がある一方で、「医療職の中心として動きたい」「判断力を磨きたい」と考える方は物足りなさを感じることもあるようです。, 老健には医師やリハビリスタッフ(PT、OT、ST)、看護師、介護職スタッフと、多職種が配置されています。, 入居者さんの日常生活を最もよく知る介護職スタッフから、わずかな体調の変化についても情報を共有してもらい、リハビリスタッフに機能改善のレクリエーションについて相談したり、医師と連携して介護職スタッフに感染対策の指導を行ったりなど、看護師は医療と介護の橋渡しとなります。, 多職種連携のかなめという立場にやりがいがある半面、高いコミュニケーションスキルが必要となり、負担に感じる方もいるかもしれません。, 「希望にあう求人があるか知りたい」「サービスについて聞きたい」など、お気軽にお問い合わせください。, 看護roo!を運営する(株)クイックは、個人情報保護に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しています。, 看護roo!転職サポートは東証一部上場企業のクイックが、厚生労働大臣の許可を受けて運営しています。, 入居者さんの状態やケア内容、入退居に伴う業務が多い・少ないなどにかかわるので、転職を検討する際は, 同じ居住系の介護施設である「特別養護老人ホーム(特養)」「有料老人ホーム」に比べて、, です。特養や有料老人ホームより短期間ではありますが、病院と比べると、1人1人にじっくり向き合った看護が実践できます。, 入居者さんの日常生活を最もよく知る介護職スタッフから、わずかな体調の変化についても情報を共有してもらい、リハビリスタッフに機能改善のレクリエーションについて相談したり、医師と連携して介護職スタッフに感染対策の指導を行ったりなど、. これまで○○病院で8年間勤務してきて、入院している患者さまの中には退院後の生活をきちんと送れるのか不安に感じている方が多いことに気づきました。 ここでは、看護師の主な仕事内容について見ていきましょう。, 基本的には、介護職員とコミュニケーションをとりながら、入所者の健康管理および日常生活のサポートを行います。バイタルチェックや服薬管理、口腔ケア、食事介助、入浴介助、利用者の家族への対応などのほか、散歩やレクリエーション、行事への参加など、病院に比べて仕事内容が多岐にわたるのが一般的です。, 毎日の健康観察や急変時の対応など、高齢者と距離の近いケアが求められます。 病院見学の後はお礼状を出そう!失敗しない手紙とメールの基本マナーについて詳しく解説!, 病院見学をメールで申し込むには?書き方・返信マナー・当日の注意点について詳しく解説!. また、残業は少なめで、「夜勤なし」を選べるところもあるため、家庭と両立しながら働けます。, 病院に比べると入所者一人一人にじっくり対応できるので、しっかりコミュニケーションをとりつつ、自分で工夫しながら看護をできる環境があります。, 親しくなった入所者の笑顔を見られると、モチベーションアップややりがいにもつながります。, 老健での看護師の業務内容は病院に比べてカバー範囲が広く、介護士と重複するものもあります。そうした中で、介護職との関係性がうまく行かず、悩む人もいます。介護士など周囲のスタッフと上手にコミュニケーションをとって、互いの負担を増やさない働き方をすることが大切です。, ほとんどの施設では夜間に医師が不在となるため、緊急時は臨機応変な対応が求められます。医療処置が必要な場合は、医師に連絡して指示を仰いだ上で、救急搬送します。 看護師で老健に転職する人のために、老健の仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、注意点をまとめました。老健は介護施設の1つですが、「介護施設ならどこでも同じでしょ」と思って転職すると、「想像していたのと違った!」と後悔することになりかねません。 ケアマネの試験を受けたい人は老健に向いている人 平成30年11月現在、ケアマネの受験資格は基礎資格(介護福祉士とは社会福祉士とか看護師とか)を取得してから実務経験を5年積んでから受験できるよう … 看護師の就職面接対策はこれで完璧!新卒・既卒の【質問と答え方・服装・マナー】 【手術室看護師まるわかり】あなたはオペ室に向いてる人?向いてない人? 看護師の面接【質問と回答例】押さえておきたい3つのポイント © 2020 ミラとも転職 All rights reserved. 病院から老健に転職すると、どのようなメリットとデメリットがあるのか、ご紹介します。, 看護師が老健で働く最大のメリットは、ワークライフバランスのとりやすさでしょう。外部からの急患がなく、入所者は基本的に治療が不要で病状が安定しているため、施設によっては時間にあまり追われずに業務に専念できます。 短時間での的確な判断力が求められるため、人によっては責任の重さにプレッシャーを感じるかもしれません。, また、病院で勤務していたときに夜勤に入っていた人は、老健で夜勤に入らないと年収が低くなる可能性もあることを念頭に置きましょう。, 老健に転職する場合の履歴書には、どのような志望動機を書けば良いのでしょうか。 あなたの応募を待っている募集中の看護師求人はコチラ, 4.「看護師向いていない=辞めたい」はもったいない!一度、向いている職場の見直しを. 今回は、どんな人が老健で働くのに向いているのかということを考えてみたいと思います。, ご利用者が自宅に帰ることを応援したい人、そういった支援をしたい人は老健に向いている人といえますね。, 平成30年11月現在、ケアマネの受験資格は基礎資格(介護福祉士とは社会福祉士とか看護師とか)を取得してから実務経験を5年積んでから受験できるようになりました。, ケアマネの試験では、医療的な知識も求められますし、在宅支援のサービスや制度についても問題が出ます。, 在宅復帰するにあたり、ご利用者が在宅へ戻った後にどのように生活するのかをイメージしたり、実際に退所後のケアマネさんと相談したりして決定していきます。, そういった経験を5年間積むことで、在宅サービスの知識や介護保険の知識が身についていくので、これも試験で有利になります。, ただし、試験までの5年間をケアマネ試験を受けるつもりで意識して知識を積み上げていくことが大切です。, 老健でのケアマネの役割について知りたい人は【老健のケアマネにはどんな役割があるの?】を読んでみてくださいね。, ケアマネ試験の勉強方法については【ケアマネの試験は過去問を攻略することから始めよう】で紹介しています。, ケアマネ試験の難易度を知りたい方は【ケアマネ試験の合格率が低い理由|実際に受験した感想】が参考になると思います。, 老健で働くことを考えている人のために、現役の支援相談員として老健の特徴を紹介しておきます。, 自宅で生活していたけど身体的に弱ってきたからリハビリをしてから自宅への生活へ戻りたい人。, そういった人たちは、要介護3以上であれば特別養護老人ホームの申請をしていただくことになります。, では、要介護3に満たない人で、自宅へ戻れない人はどうすれば良いかという疑問が出てきます。, そういう方は、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、小規模多機能型、グループホームなどへ退所していただくことになります。, ただし、有料やサービス付等、費用が高い所もありますので誰でも行けるわけではありません。, 少し話はそれましたが、老健は中間的な施設としてご利用者にリハビリをしていただき、そのご利用者に適した次の場所へ退所していただくことを支援するのが特徴です。, 長期的な利用になって最期を老健で迎えることを希望される方、急変されて結果として最期が老健になってしまった方、色々な方がいます。, こういった職種の人たちや、施設によってマッサージ師がいたり、その他の職種がいたりすることがあります。, 老健の特徴は、在宅支援をしていることや多職種が連携して運営していることを挙げました。, いずれはケアマネも取得したいと考えている方も、医療知識や在宅支援について良い勉強が出来るのが老健の特徴といえます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 午前・午後ともにリハビリやレクリエーションがメインのスケジュールですが、特別養護老人ホームなどと比べると医療処置の環境が整っており、24時間体制で看護に当たるので夜勤もあります。, 老健では、入浴や食事など日常生活のケアを中心に健康管理を行いながら、リハビリを進めます。 看護師で老健に転職する人のために、老健の仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、注意点をまとめました。, 老健は介護施設の1つですが、「介護施設ならどこでも同じでしょ」と思って転職すると、「想像していたのと違った!」と後悔することになりかねません。老健への転職を考えている人は、この記事を読んでから求人探しをしましょう。, 看護師が老健に転職するなら、老健の仕事の特徴を知りましょう。老健は介護施設であること以外にも、3つの特徴があるのです。, 老健の仕事の特徴の1つ目は、病院と在宅へのつなぎであることです。老健は特養のようにずっと入所していられるわけではありません。, 在宅へ戻る中間的な施設であり、病院から在宅に戻るためのワンクッションを置くための施設ですので、老健に入所している人の目標は「在宅復帰」です。, そのため、3ヶ月に1度は入所継続か退所かの判定が行われて、退所という判定になったら、自宅(または病院)に退所することになります。, ただ、家族の意向や自宅の受け入れ準備が整わず、数年以上老健に入所している人も少なくないのが現実です。, ただ、老健は法律で「看護師は24時間常駐していなければならない」と決められているわけではありません。, 法律上は夜間は看護師がいなくてもOKです。ただ、老健は病院から在宅へのつなぎであり、比較的医療行為が多めの利用者さんが多いので、夜間でも看護師を配置しているところが多いのです。, 10年以上前の厚生労働省の調査でも、夜勤の看護師を全く置いていない老健はたったの2.8%しかありません。, 現在の老健は、10年前よりも利用者さんの看護度が高くなっていますので、ほとんどの老健で夜勤帯に看護師を配置していると思います。, 老健の仕事の特徴の3つ目は、最近になって利用者さんの看護度が高くなってきていることです。老健は治療を行わない介護施設ですが、利用者さんは人工呼吸器を装着していたり、末期がんだったり、ドレーンが入っていたり。, これは、厚生労働省が療養型病床の削減を進めていて、老健がその受け皿になっているからです。今までは療養型病院に入院していたような患者さんも、老健に入所するようになってきています。, そのため、少し前までは「この人は、介護施設じゃなくて病院に入院すべきでしょ」というような人も老健に入所するようになっています。, 看護師が老健に転職すると、どんなメリットがあるのでしょうか?老健に転職する3つのメリットを説明していきます。, 老健に転職するメリットの1つ目は、老年看護を身につけられることです。老健には、基本的に65歳以上の高齢者しか入所しません。, また、他の介護施設に比べると、入居者さんの看護度が高いため、老年看護のスキルを身につけていくにはピッタリの職場なのです。老年看護を専門にしたいという人は、老健に転職すると良いでしょう。, 老健に転職するメリットの2つ目は、ゆとりを持って働けることです。老健には介護士さんがいますので、オムツ交換や移動介助などの介護業務は介護士さんが行います。, そのため、老健の看護師は看護業務に専念することができますので、体力的に楽なのです。, また、いくら看護度が高い入居者さんが増えていると言っても、病院に比べると、全体的な看護度は低く、状態が安定している人が多いので、急変することは少ないため、精神的にもゆとりを持って働くことができます。, 病棟で体力的にも精神的にも追い込まれながら働いていて、疲れてしまった看護師さんは、老健に転職すると良いかもしれません。, チーム医療を実践できることも、老健に転職するメリットの1つです。老健では常勤の医師がいますし、介護士さん、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士、栄養士などの多職種が働いていますので、連携を取りながらチーム医療を実践できるのです。, しかも、老健ではそれぞれの職種と近い関係で働くんです。病院にはたくさんの職種の人が働いていますが、リハビリ系のスタッフとはほとんど交流がないということもよくありますよね。, でも、老健ではいろいろな職種と近い立ち位置で働けるので、病院よりももっと「多職種と連携して働いている」という実感を持ちながら、働くことができるでしょう。, イメージとしては1つの病棟に医師、介護士、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士、栄養士がいるような感じですね。, 看護師が老健に転職するデメリットは3つあります。どんなデメリットがあるのかを確認していきましょう。, デメリットに納得した上で老健に転職すれば、「老健になんて、転職しなければ良かった」と思わずに済むはずです。, 老健に転職するデメリットの1つ目は、夜勤中は医師がいないことです。老健には常勤医師がいますが、平日日勤のみの勤務ですので、夜間や週末は施設内に医師はいません。, つまり、老健は医師がいない時間の方が長いことになります。この医師がいるかいないかが、老健と病院のもっとも大きな違いと言っても良いかもしれません。, 医師がいない時に、利用者さんの急変があった場合、看護師が対処・判断しなければいけません。, 明らかに救急車を呼ばなくてはいけないという状態なら、迷わずに救急車を呼ぶことができますが、「翌朝に医師が来るまで、施設で対処できるかな?それとも、今救急車を呼んだ方が良いかな?」いう微妙な状況の時もありますよね。, そういう時は、どうすべきなのか看護師が判断しなければいけないのです。緊急時に適切な判断・対処をするためには、アセスメント力が必要になります。また、精神的にプレッシャーを感じたり、不安になったりしますよね。, 介護士との関係が面倒なことも、老健に転職するデメリットの1つです。老健では介護士さんがたくさん働いていますが、看護師と介護士の関係が良好な介護施設はそれ程多くないのです。, 介護士は仕事が楽なのに給料が高い看護師に嫉妬し、看護師は介護士を下に見ているため、お互いにいがみ合っていることが多いんですね。, ただ、老健での看護師の仕事は、介護士さんの協力なくしてはスムーズに進めることができません。また、意地悪な介護士が多い老健は、新しく転職してきた看護師をいじめの対象にすることもあるんです。, 老健に転職した看護師は、仕事内容に悩むのではなく、介護士との関係に悩んでストレスを感じる人が多いのです。, 人工呼吸器をつけている入居者さんが増えていることからもわかるように、老健では病棟ほどではありませんが、吸引や点滴、そのほかの医療行為をする機会が増えてきています。, そのため、「介護施設は医療行為がないから安心!」と思って転職すると、「え?人工呼吸器?無理なんだけど!」ということになりかねないのです。, 看護師が老健に転職するなら、どんな人が老健に向いているのかを確認しておきましょう。老健に向いているのは、次の2つのタイプの看護師さんです。, 老健の仕事に向いている看護師さんは、病棟と介護施設の良いとこどりがしたい人です。介護施設に転職すると、ゆとりを持って働くことができますが、看護技術を忘れてしまうというデメリットがあります。, 逆に、病棟で働いていると、看護技術を使う頻度は高いものの、時間的にも精神的にも体力的にも追い込まれることがあります。, でも、介護施設の中でも老健を選べば、比較的ゆとりを持って働けますし、医療行為もそれなりにあるので、病棟と介護施設の良いとこどりができるのです。, ゆとりを持って働きたいけれど、看護技術を衰えさせたくないという人は、老健に向いていると思います。, 老健の仕事に向いているのは、老年看護を専門にしたい人です。ドンドン高齢者が増えていく中で、老年看護の重要性は増していくことが考えられます。, 老健以外でも老年看護を学び経験することができる職場はたくさんありますが、老健は入居者のほぼ全員が高齢者であり、様々な自立度・ADLの人がいることから、老年看護を専門に学びたい人にはピッタリの職場なんです。, 看護師が老健に転職する時の求人選びの注意点は何でしょうか?求人選びの4つの注意点をまとめました。, 老健の求人選びの注意点の1つ目は、看護師と介護士の関係性が良いかどうかです。これは、気持ちよく働いていく上で、とても重要なことになります。老健では介護士の協力なくしては、看護師はスムーズに働けませんから。, そのため、看護師と介護士の関係性が良いかどうかは、とても重要なポイントなのです。自分の実力不足で仕事が上手く進まないのであれば、仕方がありません。自分が努力するのみです。, でも、介護士との関係が悪い、意地悪されるなどの理由で、仕事が進まないと悩むのはくだらないと思いませんか?精神衛生上、良くありませんよね。, 老健の求人を選ぶなら、看護師と介護士の関係が良いかどうかは、必ずチェックしてください。, もうひとつ大事な注意点があります。老健の求人を選ぶなら、利用者さんの重症度を確認しましょう。, 老健の利用者さんの重症度は上がってきてはいるものの、全ての老健で人工呼吸器をつけているような利用者さんを受け入れているわけではありません。, そのため、医療行為はできるだけ少ない方が良いという人は、重症な利用者さんがいない老健を選んで、看護技術を落としたくないという人は重症な利用者さんが多めの老健を選ぶようにしましょう。, 緊急時の対応マニュアルがしっかり整備されているかどうかも、求人選びの注意点の1つです。, そのため、もし医師がいない時に利用者さんの状態が悪化したり、急変したらどうすべきなのか、緊急時の対応マニュアルが整備されているかどうかはとても重要なポイントです。, 「緊急時は救急車を呼んでください」と言われても、緊急時ってどのくらいのこと?と不安になりますよね。, そのような老健に限って、いざ救急車を呼んだら、「そのくらいのことで、救急車を呼ぶの?もう少し様子を見ても良かったんじゃない?」なんてことを師長や事務長から言われたりするものです。, ですから、細かい対応マニュアルがあるかは必ず確認しましょう。なんなら24時間いつでも常勤医師に電話連絡ができるようなところが良いですね。, または、提携している病院があって、24時間いつでも受け入れてくれるような体制を整えているところもおすすめです。, 利用者さんを守るためでもあり、あなた自身を守るためでもありますから、この緊急時の対応マニュアルがどうなっているかは、必ず確認しましょう。, 老健を選ぶ時の注意点、4つ目はキャリアアップしやすいかどうかです。せっかく老健に勤めて、老年看護を専門にできるのですから、キャリアアップできるならしておきたいですよね。, 老健では老人看護専門看護師や認知症看護認定看護師、ケアマネージャー、介護予防指導士などのいろいろな資格が役立ちます。, 老健によっては「キャリアアップなんて必要ない」と雰囲気のところもありますが、質が高いサービスを提供するために、キャリアアップを推奨しているところもあります。, 老年看護を専門にしたい人は、キャリアアップしやすい環境かどうかもチェックしておくと良いでしょう。, 老健の仕事の特徴や老健に転職するメリット・デメリット、向いている人、注意点をまとめました。, 老健は介護施設でありながら、少しずつ利用者さんの重症度・看護度が上がってきていますので、「ただの介護施設」と思わずに、そのメリットやデメリットをきちんと知って、転職するかどうかを決めると良いでしょう。, 看護師転職サイトは、老健の求人をたくさん扱っていますし、担当コンサルタントが看護師と介護士の関係性や利用者さんの重症度、緊急時の対応マニュアルの有無、キャリアアップしやすい環境かどうかを調べてくれます。, 一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。, こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。.