4月2日、親父が脳梗塞を発症して、5ヶ月経ちました。8月の診察を最後に病院に来なくて良い、つまり、治療終了ということで、これまでの脳梗塞治療を振り返ってまとめてみました。, 脳梗塞が発症して、入院後は、血液をサラサラにする点滴治療を行います。その後、リハビリ治療となりますが、リハビリは、無理のない軽めのものを行います。, 親父の場合は、発症入院、1週間は、点滴治療、その後、2週間目からリハビリを開始しました。病院でのリハビリは、1日1時間程度で、平日だけでした。リハビリがない時間は、寝ているだけでした。これでよくなるとは思えませんでした。入院時、退院時は、車椅子でした。, より実践的なリハビリ治療を行います。1日3時間、朝から寝るまでは、リハビリとなります。ポイントは、食事とトイレの自立支援です。, 脳梗塞と診断された場合、回復期リハビリ病院に入院できるのは「発症から2ヶ月(60日)以内」となります。つまり、急性期病院での入院が2か月を超えると、回復期リハビリ病院への転院はできなくなります。, 親父の場合、入院後2週間、リハビリ病院の紹介を受けました。入院から1ヶ月後、リハビリ専門病院に転院となりました。リハビリ専門病院では、毎日、午前と午後の2時間から3時間のリハビリが行われました。いわゆるリハビリ漬けとなります。転院後、約1ヶ月で、これ以上入院していても、改善の効果が低いということで、退院しました。入院時は、車椅子、退院時は、杖。リハビリ病院は、入院期間の制限があり、いつまでの入院できません。医療費の削減のためなのでしょうか。もう2週間程度の入院治療をお願いしましたが、入院しても改善できないとの判断から、断られました。病院の担当者からは、費用に対しての効果がないと、患者に気持ちに全く寄り添っていないのでした。これ以上よくならないのかと思うと、正直ショックでしたね。, 脳梗塞を中心とした脳血管障害に対する病院でのリハビリは、脳血管障害では150日、 高次脳機能障害を伴った重篤な脳血管障害では180日と制限があります。, 維持期とは、日常生活を通して、回復した機能を維持とさらなる回復を行うことです。回復期リハビリ専門病院を退院した後は、本格的なリハビリを受けることができません。なぜならば、医療保険の適用から、介護保険の適用となるからです。したがって、デイケア、リハビリ特化型デイサービス、訪問リハビリを活用することなります。, 親父の場合、リハビリ専門病院を退院後、リハビリを継続したいという思いがあります。しかし、介護保険を利用する介護施設では、リハビリが十分できない。そこで、リハビリ特化型デイケアを探すことにしました。, 脳梗塞の治療とリハビリは、急性期、回復期で、医療行為としては、完了となります。国の医療では、最長6ヶ月ということのようです。, 脳梗塞の脳神経内科での診療は、8月末で終了し、今後は、かかりつけ医に引継ぐことになります。かかりつけ医は、専門が内科ですので、実際は、薬だけを処方してもらいことになるのでしょう。つまり、これ以上は、「改善しません、医療費が無駄だから、治療もしません、お引き取りください」ということです。, 主な症状としては、左右どちらか半身の手足や顔がしびれたり動かしづらい、ふらつく(歩きづらい、めまいがする)、嘔吐する、しゃべりづらい(ろれつがまわらない、言葉が出てこない)、他人の言うことがわからない、物が見えにくかったり二重に見える。, 治療と並行して、リハビリを開始すること。リハビリは、早い方がよい。入院後2週間過ぎたら、リハビリ病院を探して、転院の準備をすること。60日過ぎると、転院できなくなります。, リハビリ専門病院では、ひたすらリハビリに励むこと。リハビリ専門病院には、最大6ヶ月しか入院できません。, リバビリ専門病院を退院後、継続してリハビリをする必要があります。リハビリ専門病院を退院後は、介護保険でのリハビリ治療となります。介護保険申請後、ケアマネジャーに相談して、1日も早く、リハビリに特化したデイケアを探すこと。, 定年前1ヶ月に 親が脳梗塞で倒れしまった。65歳まで再雇用で働くつもりであったが、介護離職となった。介護、定年後の生活などについての実体験をこのブログで、日々綴っていきます。.

Copyright (C) 脳梗塞の再発予防を考えるサイト All Rights Reserved. 自分や家族が手術も含めて入院や治療をすると、高額な医療費がかかることになります。特に、脳梗塞になるとリハビリなども含め治療費の負担がかかってきます。しかし、治療費を軽減できる高額医療費制度があるため、ある程度の治療費は返金されます。

『脳梗塞の再発予防を考えるサイト』は、2019年10月時点の情報をもとに構成しております。最新の情報は各公式サイトでお確かめください。. 自分や家族が手術も含めて入院すると、高額な医療費が発生することになります。突然、高額な医療費がかかる知ったら、動揺するでしょう。しかし、高額な医療費の負担を軽減する高額医療費制度があります。, 支払った医療費が月単位の上限額を超えると、健康保険・共済組合・国民健康保険などの公的医療保険から支払った医療費が返金される仕組みを高額療養費制度と言います。, 同じ公的医療保険に加入している家族グループ世帯が、高額医療費でのポイントです。つまり同じ保険に加入している夫婦や子どもなどが対象で、グループとなるように考えます。, 高額医療費の限度額は、年齢と世帯所得で決定します。限度額については厚労省が定めています。また、限度額は「70歳以上」と「69歳以下」で分かれています。年収を5つの枠で区切り、医療費の上限額に差をつくっています。適用区分を決める限度額表を確認する場合に間違えやすいのは以下の項目になります。それぞれの言葉の意味を確認しておきましょう。, 住民税課税所得のの略です。毎年6月に市区町村から送付される納税通知書に記載されてある金額のことです。前年の収入から必要経費や住民税の所得控除を引き、算出されるものです。, 国民健康保険の世帯グループに「70歳以上」と「69歳以下」の対象の人がいる場合は限度額の計算方法が異なります。限度額は「70歳以上」と「69歳以下」で限度額が異なるため、それぞれにあわせて算出します。また、年収のカテゴリーでも限度額が異なりますので、それぞれに当てはめた限度額を見て、計算します。, 高額医療費制度で曖昧で知られていないのが、整骨院やマッサージ院も対象になるということです。整骨院やマッサージ院は保険治療が対象となる場合があります。このように保険対応での治療をした場合は、高額医療費制度が有効となります。, 高額療養費の申請で注意したいのが、申請する月です。申請可能な場合は、同じ月に支払った医療費のみです。月をまたいだ場合は、月に分けて別々に申請します。, 協会けんぽの場合は、高額療養費支給申請書を加入の健康保険の会社へ提出します。その際、医療費などがわかる領収書も一緒に送付。国民保険の場合は自己負担の上限額を超えていた月の3~4か月後に、市区町村から申請書が郵送されるので、その申請書に記入をして提出します。, 医療費が高額となり支払いが難しい場合に高額療養費が支払われるまでの期間、無利子で借入できるのが高額医療費貸付制度です。医療機関などからの診療報酬明細書を審査した上で、適用されるか決定。高額医療費貸付金貸付申込書へ必要事項を記入し、対象の保険協会に提出します。, 脅かしたいわけではないのですが、これは、脳梗塞の再発率の話です。通院やリハビリで体の健康を守るのはもちろん、万が一の備えでご家族の安心を守るのも、あなたにできる再発予防の一つなのです。脳梗塞発症後でも入れる保険はたくさんあります。もう二度と、家族を不安にさせないために、万が一の備えを始めませんか。, 脳梗塞でも入れる緩和型医療保険は、名前の通り加入条件は緩和されてはいるものの、月額の保険料が高くついたり、1年以内の給付金に制限があったりなど、それ相応の条件があります。そこで加入時から給付金を100%ともらえる脳梗塞でも入れる緩和型医療保険のうち、月額保険料の安い3つの保険を厳選してご紹介します。, 加入1年目から給付金を満額で受け取れる緩和型医療保険の中で月額保険料が最安です。保険料が安い分、予算に応じてがん一時金や通院保障など充実の特約の中から必要な保障をつけられ、お手頃な保険料でしっかりとした保障を受けられます。, お手頃価格で最低限の保障を受けられるプランをはじめ、入院日額5,000円のプラン、保障を手厚くしたプラン、死亡保険がついたプランなど4つのプランが用意されています。予算や希望する保障内容に合わせて選べ、コストバランスを取りやすいのが特徴です。, 健康割引特則をつけると契約から5年間で疾病入院・災害入院の日数がそれぞれ通算5日未満であれば、契約日の年齢や保険料率に応じて特約を含む保険料が安くなります。健康割引特則が適用されるのは1度のみです。, 【免責事項】