今回は、そんな「街-運命の交差点」のレビューをしていこうと思います。いわば往年の名作ともいえるサウンドノベル界の重鎮であり、今更レビューなど遅れていること甚だしいのですが、どうしても書きたくなってしまいました。お時間があれば、是非読んでいってください。

戻る topへ. ゲー音Line ,

サターンのゲームは数多くプレイしている私がドハマリしたソフトの1つが『街 〜運命の交差点〜』 『街』は1998年に発売されたソフトですが、その当時では珍しいサウンドノベルというジャンルのゲームだった。 文章を読み進めるこ […]

PCゲームはSteamに、えっちなゲームはFC2ブログに書いています。細かい情報、URLはツイプロ(, 【感想?レビュー?】DIGITAL DEVIL SAGA アバタールチューナー1 「完成された」RPG. 29才 本名 黒川イタチ.

1992年登場の『弟切草』、1994年登場の『かまいたちの夜』に続くチュンソフト製作の, 『弟切草』がドット絵の一枚絵、『かまいたちの夜』がキャラクターはシルエットで背景は実写と、, リリースということや、プロモーションの失敗など、数々の失策により販売的には振るわず、, その流れに添い、容量やハードスペック(画質が悪いと、ある程度アップでないと顔の識別がしにくい)を, (1998年にリリースされた作品 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』『メタルギアソリッド』など), 冗談と思われるかもしれないが、街のプロットは100人の主人公を描くことを目標としていた。, 『かまいたちの夜』や『弟切草』の様に「~編」の様な形で話自体が分岐するわけではない。, ある意味、今までサウンドノベルのやってきたことを否定しているといっても良いだろう。, 同時進行で展開する「街」という奇妙なドラマ空間を共有するという、 「街 ~運命の交差点~」 のサントラに未収録である 鈴木結女 さん の楽曲を歌詞考察をしながらご紹介します。 なお、こちらの記事ではひとまず、オープニング曲の 「夜明けのうた」 のみを取り上げます。 ※ エンディング曲「One And Only」につきましては、こちらの記事をご参照ください。

2020 All Rights Reserved.

「街 ~運命の交差点~」のサントラに未収録である鈴木結女さんの楽曲を歌詞考察をしながらご紹介します。, なお、こちらの記事ではひとまず、オープニング曲の「夜明けのうた」のみを取り上げます。, ※ エンディング曲「One And Only」につきましては、こちらの記事をご参照ください。, 私は幸運にも10年前に「セガサターンヒストリー ヴォーカルコレクション」というアルバムに収録されているのを発見し、廃盤になっていなかったため、難なくCD音源を入手することができました。, こちらの方がまだ入手はし易そうですが、いずれにしても通常価格とはいかないようで、この素晴らしい曲が世に出回りにくい状況を残念に思っております。, 前奏のピアノからして印象的なのですが、夜明けの静寂や寒さ、幻想的な光景を感じさせます。, こうしたことから、まるで夜明けから朝へと移ろって行くような時間の経過を曲中でも感じ取られます。, 実際に歌詞を追って行きますと、その1番と2番では時間軸が異なっているのが分かります。, この曲に出てくる人物の若さだったり、もっと言えば幼さのようなものを個人的にはこうした表現から感じ取りました。, 渋谷という街で、この夜明けに空を見つめるような人というのは、なんだか様々な事情を抱えているように思います。, 例えば”迷子”という歌詞からストレートに想像するのであれば、家出をして行く宛のない少年少女でしょうか。, あるいは、仕事だったり、追い掛けていた夢だったり、恋だったり、とにかく何かに行き詰ってしまっている人でしょうか。, この段階ではまだ分かりませんが、ある事情を抱えたこの曲の主人公が夜明けの空を見つめているのかもしれません。, 交差点を様々な方向から一斉に人々が歩き始めるわけですが、その人波の中に飲み込まれそうで戸惑いを覚えるような心情を表しているかのように感じます。, もちろん、交差点というのは人が交わることを比喩的に用いているのだと思いますが、主人公キャラクターたちが時には交じりあいながら物語を生み出していく「街」というゲームを短い詞で美しく表現されているなと思いました。, この部分では「人と人とが交わることで新しい物語が始まるのだから、想いを閉ざす必要はない。自分の道をみつけなきゃ!」というメッセージ性を感じさせます。, 色んな世界に飛び込んで、色んな人と関わって、そこには答えが無かったとしても、その経験から未来が見えるようになり、自分の道というもの開いたりしていく。, 私自身も一人の人間に人生を大きく変えられた経験がありますので、こんな風に解釈しました。, なので、乾いた心も人と交わることで慈雨のような「愛」が注がれることもあるのだというメッセージ性を感じました。, 冒頭部の”最初の戸惑い”とわざわざ関連付けているような感じがするので気になります。, 自分の道を歩き始めると、迷子のようにたた歩いていたのとは異なり、自分の想い描いていたような風景が現実として現れます。, 例えばですが、いよいよ自分の道が見付かり、専門学校に通い始めたりすると、そこには同志が居たりするわけです。, 交差点ですれ違う人には、歩き始めたばかりの自分たちとは違って、既に大きな道を歩いている人が居るわけです。, そういう人に刺激を受けながら、挫折しながらも初心の魂のようなものを思い起こし、自分たちの道を歩き始めましょうというメッセージを感じます。, 同じ道を歩む仲間のことなのか、道は異なってもそれぞれの”自分の道”を歩む仲間のことなのか、あるいは鈴木結女自身が入ってきたのか、ちょっと分かりかねます。, 現実問題、冷たい人間も多いのだけれど、自分に「愛」を向けてくれるような人もたくさん居ますよ、というメッセージ性を感じました。, ”深い眠り”というのは迷子のように行く宛なく歩いていたときの異なる表現の仕方で、ただすれ違ってしまっていたような人と交わって行くことの大切さみたいなものを表現しているように思います。, 後半部分はおそらく「あなたの道はただ1つですよ、あなただけのものですよ」といった意味ではないでしょうか。, 次々と川を越えて向こう側へと歩み続けている人がいるので、僕らも初心を忘れずに、歩みを止めないで進んでいきましょう、という風に解釈しました。, そして、どんな日も「愛」を向けてくれるような人はいるので前向きに進みましょう、ということでしょうか。, 色々な人と交わり、時には愛を向けられる中で(熱心に優しく指導してくれるとか、そういう意味での「愛」だと思います)、昔聴いたメッセージソングの類が当時よりもより心に響くように感じている。, 実際、色々な経験をしていく中で同じ曲でも印象が変わったりしますので、私は若かりし頃に聴いていた曲を聴き返したりするのも好んでよくやります。, 「夜明けのうた」という曲は要するに「自分の道探し」の答えが出ることを「夜明け」と表現してそれを歌にしているのだと思います。, そして、そのためには様々な人と交わり、影響を受けたりしながら歩いていく必要があるのだということでしょう。, そういう風に捉えますと、1番の部分で「街」というゲームとリンクするような重要なメッセージは全て出ているように感じました。, そして、2番以降は怒涛のメッセージやエールといった形で若い人の背中をグイグイ押すような内容となっている印象です。, 第一印象は曲調の雰囲気から「なんだか格好良い曲だな」なんて頓珍漢な印象を抱いておりましたが、聴き返してみますと意外とメッセージ性の強い曲なのだなと思いました。, しかし相反するようですが、一方では人々の迷いながらも自分の道を進んで行けるという力強さのようなものもこの曲から感じました。, 非常に「街」のゲーム性や渋谷という街とのマッチング具合が濃いですし、「夜明け」という美しい表現や、メッセージ性の奥に感じる人々の力強さ、という部分も大変魅力的な曲だなと思いました。, 鈴木結女さんが「街」というゲームを理解した上でこの曲を完成させてというのも見て取れる、ゲームのオープニング曲として非常に素晴らしい曲だと改めて感じさせられました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ”懐かしくも新しい”感覚を生み出しているのはグラフィックやゲームシステムだけではない! コンポーザー:西木康智 ゲームのプレイ経験:1周、裏ボス倒すまで。 ゲームだけでなく、音楽も話題になったオクトパ …, レビュー「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」オリジナルサウンドトラック, かの有名曲はもちろん、機械的な音楽からの意外な広がりを楽しめるサントラ! コンポーザー:桐岡麻季、日比野則彦、本田晃弘、角田利之 ゲームのプレイ状況:未プレイ 前回の記事から引き続き「ZONE OF …, ボーイズソプラノで昇華される「この人の手を離さない」という言葉。 コンポーザー:大島ミチル、Pentagon(山崎耕一、村山光国) ゲームのプレイ状況:終盤まで 今回も「PRESS START」200 …, 選曲、演奏、アレンジの全てが素晴らしい名盤! 演奏者:江草啓太(ピアコン1号)、中山博之(ピアコン2号)、甲田雅人(ピアコン3号) 今回もピアコンシリーズのレビューを続けます。 植松伸夫さん率いるdo …, 豪華アーティストと勢揃いのナムコサウンドチームで彩られたお祭りサントラ! コンポーザー:三宅優、境亜寿香、遠山明孝、矢野義人、戸部田英樹、神田朋樹、大久保博、田島勝郎 ゲームのプレイ状況:エンディング …, レビュー「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond Live!」(配信版), レポート「4thアルバム『希求の丘』発売記念ライブ 3days」 / オオフジツボ, 「LIVE A LIVE A LIVE 2019 新宿編 ~25th Anniversary~」を振り返る。.

高校教師の小糸亜弓を突如口説いてきた"自称"米軍パイロットのパトリック・ダンディ。姿も言動もうそ臭く、しつこく迫るダンディを最初は疎ましく感じる亜弓だったが、だんだんダンディに惹かれていき、彼の言葉に踊らされていく。亜弓とダンディの恋の行方は? 今までのサウンドノベルでは絶対に出来なかった、, それでいて無関係な方向にドラマが展開されているはずの主人公同士の運命が交差しあう。, 操作をしながら、キャラクターを導く過程を含めて「物語」であるサウンドノベルであるがゆえに, 私の個人的な印象としては、『街』は勝手にそれぞれの方向へ向かって行くゲームだとすれば、, 『弟切草 蘇生編 公式ガイドブック チュンソフト編』 1999年発行 大日本印刷株式会社, アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期).

Copyright© Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 『街 〜運命の交差点〜』(まち うんめいのこうさてん)は、チュンソフトから発売されたアドベンチャーゲーム。, 『弟切草』(1992年)、『かまいたちの夜』(1994年)に続く同社のサウンドノベルシリーズ第3弾である。開発はチュンソフトが行い、製作は中村光一、原作・監修は長坂秀佳、総監督は麻野一哉、音楽は難波弘之、加藤恒太他数名が担当している。, 最初にリリースされたセガサターン版のタイトルは『サウンドノベル 街 -machi-』。その後システムを一部変更して新要素を追加したPlayStation版『街 〜運命の交差点〜』が『かまいたちの夜 特別編』、『弟切草 蘇生篇』と同時期に「サウンドノベル・エボリューション」シリーズとして1999年1月28日(廉価版は2002年4月4日)に発売された。また、2005年にはドワンゴから携帯アプリ版も配信されている。2006年4月27日には新たに2人分の秘蔵シナリオや、サウンドテスト機能が追加されたPlayStation Portable版『街 〜運命の交差点〜 特別篇』がセガとチュンソフトのコラボレーションで発売(廉価版のSEGA THE BESTは2007年8月30日発売)。2012年3月27日にはPlayStation Storeで、PSP版のダウンロード販売が開始された(PlayStation Vitaには配信当初は非対応だったが、現在は対応済み)。PSP版は一部シナリオで暴力内容を含んでいるためCEROレイティングでUMDが「18歳以上対象」、PS Store版は「D(17歳以上対象)」指定になっている。, 第3回CESA大賞においてシナリオ部門賞を受賞した他[3]、セガサターン版およびPlayStation版はゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」にてゴールド殿堂入りを獲得した。, 売り上げ自体はミドルヒットの域を出なかったが、熱烈なファンが多数存在し、根強い人気を誇っている。発売から10年以上に渡り、ゲーム雑誌『週刊ファミ通』の「読者が選ぶTOP20」ランキングに、毎号入り続けていた[4](現在、同コーナーは終了)。また同誌2006年3月17日号「週刊ファミ通 通巻900号記念企画 読者が選ぶ心のベストゲーム100」で5位にランクイン。2008年2月15日増刊号「週刊ファミ通 通巻1000号記念特集 読者が選ぶ未来に伝えたいゲーム大発表!」では38位。2017年6月22日号「週刊ファミ通 ゲームジャンル別総選挙 第5回 アドベンチャーゲーム総選挙」では5位にランクインした[5]。, 渋谷の街を舞台に、8人の主人公とそれを取り巻く登場人物たちの複雑に絡み合った物語を描く群像劇である。基本的にそれぞれの主人公に面識はないが、ある主人公が何気なく行った行為が原因で、別の主人公がバッドエンドに陥るなど重大な影響を及ぼす場合がある。それを回避するためには、各主人公の関連性を読み解きながら、ザッピングで主人公を切り替えて正しい選択肢を選びシナリオを読み進めていく必要がある。そして、主人公8人をハッピーエンドに導くことがゲームの目的である[6]。, 本作は実写を使用した作品であり、登場人物には俳優を起用している。発売当時は無名だった伊藤さおり(北陽)や窪塚洋介(当時の芸名・ヨースケ)、声優の谷山紀章なども出演。登場人物の数は400人、使用した静止画の枚数は6000~7000枚にもおよぶ[7][6]。, ある主人公が選択した行動が、他の主人公に影響を及ぼすシステム。各主人公は互いに面識はないが、渋谷という街の同じ時間帯に偶然居合わせるため、ある行動や事象(フラグメント)は他の主人公に影響を与えることがある[6]。, 例えば、主人公Aのシナリオで2つの選択肢がある場合、選んだ選択肢が自分自身だけでなく主人公Cのシナリオに影響を与えたり、それを受けた主人公Cの行動が主人公Bをバッドエンドに導いたりすることがある。バッドエンドになった主人公Bのシナリオは、その原因となった主人公Aの行動を変えることで軌道修正され、読み進めることができるようになる[6]。, 文章中に色の違う文字列が現れるが、これが「TIP(ティップ)」である。ボタンを押してそのTIPを選択することで別ページが開き、その語句の説明・解説が脚注形式で行われる。緑色(選択後は深緑)のTIPがこのゲームの登場人物に関する解説で、水色(選択後は青)は物や場所、一般に使用されている熟語・語句・事象の説明である[6]。, このシステムにより、本文中に余計な文章を織り込む必要がなくなると同時に、一般生活では用いられない難しい語句説明をその場で受けられるようになった。それだけでなく、主人公のシナリオに大きく絡まない登場人物や事象の細かい説明を、シナリオのテンポを崩すことなく付加している。, ある主人公のシナリオから、別の主人公のシナリオの特定の時間へ飛ぶ機能を「ZAP(ザップ)」と呼ぶ。そして、これを行うことをザッピング(主人公の交替)という。ZAPはTIPと同様に緑色の文字列で示されており、直接主人公同士が遭遇した際にその人物名がZAPになっている以外にも、特に関係のなさそうなTIPの解説中にお互いの状況の共通点を示すなどして仕組まれることがある。, シナリオを読み進めていると、画面に「つづく」と表示され、シナリオがそれ以上読み進められなくなってしまうことがある。この場合、別の主人公のシナリオを読み進め、そこで発見した「つづく」状態になっている主人公のZAPからザッピングすることで「つづく」が解除され、次のシナリオを読み進めることができる。, 本編のストーリーは10月11日から15日までの5日間[注 1]で構成されており、1日のシナリオを最後まで読み進めると「○日目へつづく」と表示される。主人公8人の同日のシナリオを全て読み終えれば、翌日のシナリオへ進めるようになっている。, ※以下のシナリオは、ある条件を満たすとプレイすることが可能になる。PS版ではNORMAL以上から遊ぶことができる。共に選択肢は存在しないが、他主人公の選択によりバッドエンドを迎えることがある。, 本作では様々な人物が登場し、複数のシナリオにまたがって登場する人物も多い。そのような人物は一番出番が多い、あるいは重要な役割を果たした主人公のシナリオに分類する。, 本作の開発の経緯は、脚本を担当した長坂秀佳が渋谷にある電話ボックスで電話をしていたところ、「早く出ろ」とドアを叩く者がおり、不快感を覚えたという。しかし同時に、「そいつにとっての俺は、電話を占領してるただのオヤジであって、脇役に過ぎないんじゃないか…と思ったんだ。逆に、俺の視点でのそいつは、やけにうるさいヤツだ、と感じるだけの脇役になっている。同じ状況でもそれぞれのドラマがあるんだ」と感じたと語っている[12]。, サウンドノベル第一作である『弟切草』の開発が終盤に差し掛かった頃、上記の体験から渋谷スクランブル交差点で行き来する人々に対し、それぞれが主人公であり脇役でもあるというアイデアを次のゲームの企画として検討していた[12]。, その後、構想としては100人分程のストーリーを作成。それが全てザッピングするシステムを考案し、実際に形になったのは20本ほどだった[12]。この「主人公100人構想」があったため、100人の主人公をグラフィックで描き分けるのが困難であるとの判断から、役者による実写画像が採用された[13]。, 作中の人物である海塚正治郎に関して長坂は「彼は従軍経験があったり、雲を動物にしたり、いろんな行動をとるんだけれど、すべて俺の経験に基づく話なんだ。俺の親父が南京に従軍してたし、雲を動物に変えるというのは、俺自身にそういう不思議な力があるんだよ」と語っており、『街 公式ガイド ZAP'S』の中に海塚を主人公とした小説「雲烟過眼」を上梓している[12]。, 長坂の発案を受けた麻野一哉は「『弟切草』の時も思ったけど、長坂さんのアイデアってゲームゲームしていないところが新鮮なんですよ。当時はホントにあんまりゲーム性を考えずに、ザッピングそのものがテレビよりもゲームに適しているのならば、面白いものができるんじゃないかなって思ってましたから。だから、あんまり『ゲームを作ろう』という意識は薄かったですね」と語っている[9]。, 撮影に関しては、期間は合計で120日、朝7時に渋谷に集合して夜12時まで掛けて行われ、後片付けがあると2時頃まで掛かり、次の日は5時に起きるようなスケジュールで行われていた[9]。, 作中には次回作への予告や伏線ともとれる内容が多数存在した。しかし、続編の企画は表れては消えるを繰り返しており、結果的に制作には至っていない(制作費を回収できるほどの売り上げがなかったことが主な原因であるという[1])。中村光一は『ゲームセンターCX』第1シーズンの第8回でのインタビューで、よゐこの有野晋哉から続編についての質問をされた際に製作への意欲を強く示したものの、当時出演した役者は現在では故人や引退した者も多く、再集結が困難なことも続編を作れない要因としてあげていた[14]。, 2008年12月にチュンソフトより発売された『428 〜封鎖された渋谷で〜』は『街』で登場した固有名詞がいくつか登場したり、10年前の出来事として本作の内容が語られるなど、両作の世界設定が繋がっていることがほのめかされているが、ストーリーに直接的関係はない。刑事を引退し探偵となった雨宮桂馬がスピンオフ登場する案もあったが、『街』との関連性が強くなりすぎることと、桂馬のキャラクターが『428』の世界観と合わないとの理由で没になっている[15]。, セガサターン版には小冊子「チュンソフトニュース」が付属しており、以下の募集があった。, セガサターン版発売直後に出版された『「街」 公式ガイド ZAP'S』では、新シナリオを一般公募する企画が掲載されていた。『かまいたちの夜』でも同様の企画が展開され、応募されたシナリオで『あなただけのかまいたちの夜』が出版されている。本企画も相当数の応募があったようだが、『街』の販売本数が伸びなかったこともあり、チュンソフトのホームページで一部の作品が公開されたのみにとどまった。その後、PlayStation版が発売された際には『「街」 公式ガイド ZAP'S 増補版』が出版されたが、公募企画は掲載されていない。, 制作予定だった『街2』のシナリオの第一稿はいくつか存在しており、その中でも完成に近かった2本がPSP版に追加シナリオとして収録されている[15]。, 『街 オリジナル サウンド トラック』は、ゲームソフト発売日の前日である1998年1月21日にリリースされた。, 一部を除き、ゲーム中のBGMをほぼ全て収録。ゲーム中に使用された音源をそのままの曲と、MIDIアレンジによる曲がそれぞれ収録されている。全58曲。, 2枚組となっており、スペシャルドラマ『ピンクなCD:青ムシSHOW』を収録した8センチCDがボーナスCDとして付属している。, 文化放送・ラジオ大阪のラジオ番組『佐竹・林原の無法塾』内で本作のラジオドラマ『第Qの男 〜QはquestionのQ〜』が放送された。全12話。のちに全3巻のドラマCDとして発売されている。本編では脇役であった小糸亜弓やパトリック・ダンディが主役となっているほか、ゲームでの主人公達も登場するが、ストーリーや設定が若干異なる。.