ゴロ を打つ時は ... 少年野球における練習メニューの目的と練習方法 . リンク先の記事をブックマークしておくと、困ったときに便利ですよ。. 少年野球の練習メニュー、練習方法、指導方法の中から、ゴロ等の捕球練習について説明しています。このページでは、素手でゴロを捕球するについて説明しています。 高校でも手投げの子がたくさんいる現実 野球のバッティングで、インパクトの瞬間に手首をこねてしまう癖で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 バッティングでは、右バッターの場合、手首をこねてしまうと、どうしてもサードゴロ、ショートゴロになりやすくなってしまいます。 少年野球チームの選び方.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ しかし、多くの場合、『正面で捕ること』や『両手で捕ること』という手段が目的化し、広まってしまっています。 この動画のすごい所を箇条書きで伝えます。, 内野守備の基本の全てが詰まっている動画だと思っています。

その理由は簡単だ!子供目線に立ってみれば簡単な事で「怖いから」ボールが取れない事が多い。 enable_page_level_ads: true 少年野球の指導をしていて思うのが、手投げや手打ちの子供ってやっぱり伸びない。 投げる事に関しては恐... いよいよ息子が少年野球チームに入部!

股関節が硬いとお尻が下に落ちないし、足も開かないから速い球も投げられない…。体が硬いことは今後の野球人生で致命的になるから今のうちから体を柔らかくする柔軟体操を家で取り入れる事をすすめます。, 過去記事でも書いたけど、相撲の四股は野球に通じるものがあります。

しかし管理人は子供達の逆シングルはあまりお勧めしない。子供... キャッチボールで取れない 多くの場合は、下記です。, ゴロが速くても遅くても、バウンドが高くても低くても、それらに対してタイミングを合わせられるようになれば、ゴロは捕れるようになります。 また、ボールのバウンドは、上から見ると距離感を失いやすいので、出来る限り腰を落として、下から見るイメージが良いです。, 打球のライン(コース)がわかったら、そのコースに対して少し右側から入っていきます。イメージは、バナナのような形で楕円を描くような形です。バウンドに対しては、右利きの場合、右足(軸足)でタイミングを合わせます。, 最も捕りやすいバウンドはショートバウンド・落ぎわのボールです。出来る限りこれに合わせると良いでしょう。逆に捕りにくいのが、ハーフバウンドです。基本的にはショートバウンド・落ぎわのバウンドに合わせるという考え方でいきましょう。, 捕球時は体の正面で捕るのが基本です、なぜならそのほうが次のスローイングに移りやすいのと、もしも打球がイレギュラーして軌道が変わっても、正面であれば最悪体に当てて前に落とすことができるからです(後ろに逸らすとランナーを進塁させてしまいます)。しかし、正面で捕るのは絶対ではなく、アウトにするのが目的なので、送球に移りやすい位置や、捕れる位置で捕る意識でOKです。また、捕球時の注意点ですが、手を伸ばしきってしまうとボールの反応に対応できず、また、腕が伸びることで力んでしまうので、リラックスさせた状態で、自分の股下で捕るイメージが良いです。そうしないと急なボールの反応に対応できません。また、グローブは早めに、打球のラインに対して出して準備しておきましょう。準備は早ければ早いほうがいいです。, よく、確実に捕球したい気持ちで足をついてゴロを処理する選手がいますが、足や膝をついてはいけません。 2017年9月23日いよいよ小学校2年生の息子が少年野球チームに入部しました! 広島カープの内野守備練習のようなプレイをしたければ、反復練習と股関節の柔軟性を意識して指導者も見てもらいたい。. この考え方は基本になりますので、よく覚えておいてください。, 実は、構え方にも基本となる考え方があります。それは、ポジションによって異なります。, 守備範囲が広く、360度方向に動かないといけないので、スタートが切りやすいように、テニス選手のような動きやすい中腰の姿勢が良いです。また、打つ瞬間のスタート(1歩目)が重要で、その1歩目のタイミングの取り方は、人によって違います。

力士は股関節がめちゃくちゃ柔らかい!, 我が子や教え子に高校野球まで続けてほしい!と思っているなら股関節の柔軟性は絶対条件だとも言えます。, 内野守備でも股関節の柔軟性は必須!投手であれば130km以上のストレートを投げる為には股関節の柔軟性が絶対条件!, どんなに長い時間をかけても股関節は柔らかくしておいた方が良い。 みなさん、内野ゴロはどのように捌いていますか?なんとなく内野ゴロを処理していては上手くなれませんし、様々な打球への対応が出来ません。昔から迷信のように言われている、『体の正面で捕れ!』『両手で捕れ!』は、実は半分正解で半分間違いです。では一体どんな方法が正しいのでしょうか?今日はそんな内野ゴロの捕球の基本・コツを説明していきたいと思います。, ゴロを捕る目的とはなんでしょう?それはもちろんバッターランナーを『アウト』にすることです。なぜなら、1試合でアウトを27個取り(※9回の場合)、相手より点数を多く取れば野球は勝ちだからです。アウトにすること、アウトを増やすことは野球の守備の最大の目的なのです。 開くのには理由がある!

3チームの少年野球チームを体験してそのうちの1チームに入部。

プロ野球の試合で頻繁にみる逆シングルでの捕球。子供達も見様見真似で逆シングルの捕球をしているのをよく見る。 そして先に挙げた、ゴロ捕球がうまくいかないという原因も克服できます。

ーンが頻発します, “寝ている”グローブでは下を抜けてしまう当たりも、グローブを立てていればほとんどの場合グローブで止めることができます, 野球を続けるために必要な意識.

2014年の動画でちょっと古いけどその技術力は本当にすごい。, ダッシュしてバタバタっとタイミングを取って全員が送球しやすい体勢で捕球している。 少年野球において、スイングはできているんだけど全くボールに当たらない子供達というのはどのチームにもいると思う。

}); バットにボールが当たらない… 俊敏性や瞬発力を高めることで、守備では守備範囲が広くなり、ボテボテのゴロでもアウトにできる可能性が高まります。, また、走塁においても、スタートが速くなることで、盗塁の成功率を高めることが可能です。, このような、特に守備や走塁で必要な、俊敏性や瞬発力を高めるトレーニングは、サッカーやバスケットなどで多く取り入れられており、アジリティトレーニングと呼ばれます。, 今回は、アジリティトレーニングとゴロ捕球、ノックを掛け合わせた、野球で生きるアジリティトレーニングを紹介します。, このトレーニングを取り入れることで、下半身の強化と集中力を強化することができます。, 狭い場所や冬のオフシーズンのトレーニングにも最適ですので、ぜひ取り入れてみてください。, 内野手の動きの中では、短い距離で様々なバウンドに対応するため、細かなステップが必要になります。, 細かなステップを素早く刻んだ状態から、ゴロ捕球をすることで、俊敏性を鍛えることができます。, サイドステップの動きを入れながら、リズムを変えて動き、最後はゴロ捕球をすることで、下半身、特に内転筋を強化することができるトレーニングです。, スケート選手のような動きのジャンプをイメージして、徐々にリズムを速くしてみましょう。, 前後左右への切り替えは、非常に体力も必要になりますので、下半身を鍛えながら、集中力も養えるトレーニングです。, ラダー 6m トレーニングセット アジリティクロス 1本 [サッカー バスケ テニス 等に]【Fungoal】, 最後に、アジリティトレーニングで意識したステップの感覚を忘れないように、通常のノックの中で、動きを確認しましょう。, 引用:https://www.youtube.com/watch?v=_JIu1d0ee4B8, 野球YouTuber・トクサンです!帝京高校で甲子園出場→創価大学で全国4強(主将)でドラフト候補。SWBC JAPAN 軟式日本代表。.

野球で生きるアジリティトレーニングを動画付きで紹介しています。俊敏性や瞬発力を高めながら、ゴロ捕球を取り入れています。小学生はもちろん、中学生、高校生など冬のトレーニング、狭い場所でもできる練習方法です。 そんな子供達に共通しているのが「タイミング」を全く取っていない。... バッティングで体が開く子供! ゴロの捕球は野球の基本となります。まずはゴロの正面に入り、腰を落としておへその真下で捕ること、捕球から送球までのリズムを覚え、それからバウンドを合わせること、前に出て捕ること、グローブを立てて捕ることを身に着けましょう。 そうではなく、大事な考え方は、『アウトにするために最も良い方法は何か?』です。 ダブルプレーの練習方法と成功させるためのポイント.

© 2020 We Love Baseball All rights reserved. チームに入る前に.

少年野球の試合では、内野ゴロを確実にアウトにできるかが勝敗の決め手になります。ゴロの処理は基本を押さえることでエラーする確率がグッと下がります。今回は、ゴロ捕球の基本的な練習方法につい … しかし子供達へはあまり教えたくない… 【2019年最新版】プロ野球CS(クライマックスシリーズ)とは?日程や結果、アドバンテージなどの仕組みを徹底解説!.

実際に動画を見ると、どの選手も動きが同じ!同じというか基本が本当にしっかりしている!, この広島の守備練習は少年野球をしている子供達への教材になるんじゃないかと思えるほど基本に忠実だ。, プロ野球選手でも基礎中の基礎を練習しているというYouTubeの動画です。 ゴロの捕球と練習方法[2] 片手ノックに挑戦 守備力を付けることが、少年野球チームのレギュラーになる近道です。ゴロ捕球の練習方法を紹介します。片手ノックのやり方とは? バッティングの悪い癖の直し方 なぜなら、膝をつくことで動きが固まってしまい、イレギュラーが起きた時に対応できなくなってしまうからです。, あわせて注意したいのがこれです。捕球の時に、一度グラブの背中を見せてしまう癖がある選手がいますが、これもダメです。無駄な動きはミスの元になりますので不要です。また、捕球の瞬間は、グラブを立てても、寝かせてもダメで、大事なのはリラックスすることです。肘が張らないようにし、手首にも力が入らないようにしましょう。自然とボールがグローブに吸い込まれていくイメージです。グローブのポケットを自然と打球に見せるような、柔らかいハンドリングで、股下で捕球するのが理想です。, これらの練習方法としては、ゴロを転がしてもらい、今まで説明したことを意識しながら、足を使って、ボールの少し右側から入って正面でとる練習が効果的です。また普段の練習のノックでも意識しながら、足を使って回り込んで捕る癖をつけていきましょう。, 逆シングルで捕ることは全く悪いことではありません。基本的には、体の正面で捕る努力をし、間に合わなければ逆シングルにする、という考え方で良いでしょう。無理やり正面で捕ろうとしてエラーになるよりは良いです。, また、状況に応じた使い分けも重要です。例えば絶対に後ろにそらせない場面(内野を抜かれたら点が入って負けるなど)では、少し無理をしてでも正面に入るべきです。しかしそうでない状況であれば、自身の右側で遠い打球は、逆シングルの方がアウトにできる確率が高まるので、正面に入るのが間に合わなければ、逆シングルで捕るべきです。, 基本的には、正面で捕る場合と同じで、ショートバウンドで捕るのが理想です。ショートバウンドのタイミングに合わなそうであれば体を引いてバウンドを合わせましょう。また、これも正面で捕る場合と同じですが、打球の方向を線(ライン)で予測し、そこにグラブを合わせていくイメージになります。, 今までゴロの捕球の基本・コツについて説明してきましたが、ゴロ捕球がうまくいかない人にはどんな特徴があるのでしょうか? バウンドが合わないのは、, 上記の原因を克服する、バウンド・タイミングを合わせられるようになる練習は下記です。, 以上が、内野ゴロの捕球の基本・コツと練習方法でした。ぜひ参考にしてみてくださいね。みなさまの野球人生がより良いものになりますように。, 野球プレーヤーの皆様向けに、 通称”バンザイ”と言って、ゴロの”トンネル”と同様、野球エラーの代名詞ですよね。 「あっ、 あーあ~」って声が聞こえてきそうですよね。ですから、落下点への入りは!後方からが基本なんです!! 今回のまとめ. 野球は手でボールを持って手で投げる。手でバットを持って手で打つ。でも手じゃなくて足なんだよ... https://boys-baseball.net/wp-content/uploads/2019/07/yasuzoupitch.mp4, https://boys-baseball.net/wp-content/uploads/2019/07/16mhit.mp4. 野球における内野手と言えば、ゴロを処理する機会が多く訪れます。 打ち取った打球なので処理して当たり前のように思えるゴロですが、取るバウンドを間違えたり、途中でバウンドが変化しエラーしてしまう事があります。 私が監督時代に、甲子園常連校と練習試合をしている時でした。 相手チームのショートの前に高いバウンドのゴロが飛んでいき、これは内安打だと思ったところ、そのショートは捕った瞬間に投げたのです。