http://question.excite.co.jp/qa3160343.html 市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。 水槽は、普通、横の長さで表現する事が多いのですよ。タテ30センチ位との事なので、横も同じか少し大きいくらい、と思っていいですね。 死なれると、凄い悲しいです。僕のせいで死んじゃったと思うと……

メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありま...続きを読む, 45cm 水槽(42リッター)を立ち上げ、パイロットフィシュとしてグッピー2匹、ネオンテトラ10匹を入れバクテリアを増殖中の初心者の質問です。熱帯魚水槽に関するホームページの殆どに、水槽立ち上げ後にアンモニア、亜硝酸濃度を測定して、2~3日ごとに1/3程度の水を交換するのが好ましいという書き込みがあります。一方、あるホームページでは、亜硝酸濃度が下がるまで水替えをしない方がバクテリアの増殖が短期間で終了することができ、アンモニア・亜硝酸の毒性で死亡した熱帯魚も取り除かないで水槽に残すべきである旨の記載があります。現在、パイロットフィシュ右を入れて4日が経過し水の濁りも消えてきたので、どうしたものかと考えております。水替えをしないで、亜硝酸濃度が低くなるまで放置しておくとパイロットフィシュは全滅するでしょうか。水替えを躊躇しているのではありません。もし可能なら、バクテリアの増殖を短い期間でやり、一日でもはやく目的の熱帯魚を水槽で飼育したいと考えています。ご指導・教示をお願い致します。, 他の方もおっしゃっていますが、初~中級者向けの魚だけの飼育でしたら、細かく測定などしなくても、良いと思います。私は20年ほど熱帯魚やら金魚やら飼育していますが、試薬は使っていません。初心者の頃、やはり飼育本で見かけて、使ってみましたが、よく分からなかったのでその後は全く使っていません。 水道水には塩素が含まれているので、殺菌されて、バクテリアがほとんどいません。

よろしくお願いします。, 例えばこれが、水換え直後からパクパクするなら、 立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。 その水が出る側にディフューザーを付けてなおかつ障害物を置いて洪水にならないようにすれば可能かもしれません。 ・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。 そして濃度0.5%になるまで少しずつ塩を入れていきます(食塩浴)。 現在使用している、または使用したことがある、という方の意見を伺いたいです。

餌は、カロチンを中心にバランス良くビタミンが配合された物が色揚げ用として販売されていますが このままでは死んでしまうのではないかと気がかりです。 金魚を飼っていると、ろ過装置を つけているだけで酸素が 足りるのかどうか気になることが ないでしょうか。, そんな悩みに対して、 今回は金魚のろ過装置だけで酸素は 供給されるのかどうか 見ていきたいと思います。, ろ過装置だけで酸素を供給していると、 ぼこぼこしていることが少なくて、酸素を供給しているかどうか不安だと思います。, このように目立ちはしませんが、しっかりと酸素は供給されているので 不安はありません。, 特にエアーポンプを入れなくても、 ろ過装置があれば、酸欠などが 見られるということは ほとんどないでしょう。, 基本的にろ過器を置いている場合、 それで足りなくなるということは 比較的少ないと思います。, しかし酸素が水中に 少なくなってしまう要因が重なって、 酸素が足りないときは エアーポンプが必要になってきます。, 最もポピュラーな60㎝水槽タイプだと、 56Lほどなので5匹から 6匹が適正となります。, こう聞くととても少ないように 感じるかもしれませんが、 金魚は最大で30㎝ほどにもなる魚です。, 普段は酸素不足にならないという 水槽でも、夏場になったらどうやら金魚が酸素不足のように 感じるというのはこの 水温上昇の影響です。, やはり、特に夏場は気を付けないと、 思っているよりも水中に 酸素がなくなってしまいます。, 水温の下げ方は様々ですが、 水換えついでに少し水温の低い水を 入れてあげることも水温を下げる方法としてあります。, また、全体的に下げる方法としては、 扇風機を当てたり、 クーラーをつけたりなどが一般的となります。, しかし、水温の上昇や、 過密飼育などの条件があると どうしても酸素不足やひどい時には 酸欠になってしまいます。, 酸素は非常に金魚にとって 重要なもので、酸欠になってしまうと、病気などが発生してしまい 死に至ってしまうこともあります。, そのことについては 次の記事で詳細を書いているので よかったら参考にしてみてください!, 酸素は金魚にとって とても重要なので、ろ過装置だけで満足するのではなく熱い時などは エアーポンプなども 考えるようにしましょう!, (function(d,s,o,f,p,c,t){c=d.createElement(s);c.type='text/javascript';c.charset='UTF-8';c.async=true;c.src=o+f+'?i='+p;t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(c,t);})(document,'script','//client.contents-search-windows.com/','csw_cl_b.js','KGRBaaDaifGjQoUP').

これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

3日目には収まったのですが、出目金がじっと動きません。 腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、

水質に気をつけたいと思います。 「過酸化カルシウムCaO2」と「水H2O」を反応させて、「水酸化カルシウムCa(OH)2」と「酸素1/2 O2」を発生させます。

金魚セットみたいのが3000円くらいで売ってますから。

最初は眠っているのかなとも思いましたが二日もその状態が

今日もお疲れ様です.

消化吸収という面では、フレークタイプの方が優れている気がします。 (3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)

でも、当てっぱなしは駄目です。 バクテリアの大量死が起こり、これを起点として連鎖的に環境が悪化します。 大量の水草に、硝酸塩を吸収させる方法もありますが、12Lで金魚がいるならば、過大な期待はできませんので、水替えで対応して下さい。 エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。 マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、

イヤがっていると思ったら、もっと弱くしたり時間を短くしたり工夫して下さい。

酸素の出ない石になってることがままあります。メーカーによりますけど。, 例えばこれが、水換え直後からパクパクするなら、 これを生物濾過といい、ゴミを引っ掛ける物理濾過より遙かに重要です。 どうか皆様の知恵をお貸しください。, 詳しい状況が書かれていませんが、水作りは十分にやっているのでしょうか。昨日フィルターを買ったばかりで魚を入れるというのは、ひょっとしたら立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてたということでは?この後の記述はその前提ですが、もし違うなら、水槽の立ち上げやこれまでの飼育実績の状況、水質の状態などを詳しく書いてもらわないと、判断できません。 水槽、ろ過装置、エアレーションで、 けれど、また数日後にで横向きになりかかっていたので、再度バケツで塩浴中です。

というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。 金魚の色素、とりわけ赤色はカロチンを多く与える事で鮮やかになりますが、金魚は胃が無いので いままで元気に大きくなっていましたが、先日、100円ショップで、3個いり100円の酸素石を見つけ、購入し、入れてみました。

みんな傷はなく、特に異常なところは見当たりません。餓死でもなさそうです。 ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。 金魚初心者の私に、何かご教授下さい!, 主人の趣味で、金魚を買い始めました。 うちにも、丹頂、いますよー。頭のコブコブは大人になるに従って立派になってきます。うちのは、もう巨大化していますが、あのでぶちんな体型は何ともかわいらしいですよね。 水に色も付きますし...

元来、過酸化カルシウムは、水に溶けにくい性質があります。 現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。

酸素は、水に溶けにくい性質の気体です。

購入したお店が、容量の小さいぶくぶくが品切れだった為酸素タブレットを投入しておりましたが2日目夜頃から水面パクパクが始まりましたので今朝急いでホームセンターで店員さんに現在の状況を説明し容量の小さいぶくぶくを購入してきました。

・プラスチック、ゴムの保護剤。

腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、 http://www.jpd-nd.com/ill_09.html

水槽は買ってきて最初に水を入れる、すなわち立ち上げてから最低2週間から1か月くらいはフィルターを回して水作りをしなければならず、その間、目的の熱帯魚は入れてはいけません。なぜなら魚の住める環境が出来上がっていないので、すぐ死ぬからです。水合わせをするのは十分出来上がった水の場合に限られます。 水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

過酸化カルシウムと水の反応により、飼育水中に酸素を供給します。 むしろ、夜間にぐんぐん酸素を消費しますので、

・投げ込み式フィルターと言いますが、ろ材が黒くなってきたのは問題ではなく、喜ばしいこと。

ランキングに参加しています 応援クリックいただけると嬉しいです♪♪. それから、老婆心ですが、45cm水槽でしたら、今いる魚たちの量で十分かと思われます。目的の熱帯魚が何かは書かれていませんので何とも言えませんが、もし大き目の魚をご希望でしたら、今の魚たちが寿命を迎えるまで大切に飼育され(または、ある程度慣れてからもう一基立ち上げるなどされて)、先に駒を進められるとよいかと思います。 濾過剤を飼育水で洗ってまた入れたのですが、起動させた時にこんなにあたり一面白くなりました。

エサを与えると食べようとして上に上がるのですが上手く

えさは断ちます。2週間くらいはえさを断っても金魚は大丈夫。えさを与えると、消化器官に負担をかけて、さらに弱るのです。 池などと違って水槽は、届く太陽光が強烈なので過度のストレスになり得ます。 以上で充分です。 フルセット, 100人用スーパーボール(300個入).

ただ、そんなことをし...続きを読む, 半年ぐらい前から金魚を飼っています。 バクテリアバランスが回復した訳ではないのでしょうけど うちにも、丹頂、いますよー。頭のコブコブは大人になるに従って立派になってきます。うちのは、もう巨大化していますが、あのでぶちんな体型は何ともかわいらしいですよね。 帰宅後早速、ぶくぶくを設置してみたのですがぶくぶくが強い気がしてなりません……。。

まず、弱っている金魚は元気な金魚に攻撃されますから隔離します。飼育水の一部を他の水槽かバケツに移し、弱った金魚を移します。その際、金魚は水温の急激な変化に弱いので、十分注意してください。

自分としては水槽台の下に、傾斜に合わせて順番に角材かアルミ板を何本か入れて傾きを直す... メダカの水槽に突如こんな綿のようなものが発生しました。画像の左奥フィルターの下です。何かわかりますか?また、原因はなにと思われますか?, 水槽

餌は一日2回、ひとつまみくらいやってます。人が近づ...続きを読む, 早速に調べて頂いて、補足ありがとうございます。 膨らんだまま使用し続けても問題ないのですか? A:良好な状態の水槽では、微生物層(バクテリア含む)が作られ、その比率はほぼ一定で安定します。 現在使用している、または使用したことがある、という方の意見を伺いたいです。 -- (水ができてなかったのかもしれませんが)

特殊な高いライトを使っていない限りは、たいして酸素を出しません。

参考:

CaO2 + H2O → Ca(OH)2 + 1/2 O2↑

続いているので病気なのではないかと思います。 だいたい1週間ちょっとで孵化します。 酸素がでる石4個と、砂利と水草と置物?みたいのを入れていて、水槽の2/3近く水草でいっぱいです。 ろ過器は使いません。エアレーション(ぶくぶく)は必要ですが、なければとりあえずかまいません。簡易式のものを後で入手してください。 この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、

是非カルキ抜きをしてください。死なせたくないのなら。 ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む, 濾過バクテリアとは何物か?

問題ないのでしょうか? 

加えて、魚よりももっと弱い、硝化バクテリアも大きなダメージを受けます。

↑これでしたよね?

他の金魚数匹は元気です。 ↑↑ !しかし2日目くらいは口を上でパクパクしてました。3日目には収まったのですが、出目金がじっと ・5mg/Lです。

玄関のたたきに120×45×45水槽を置いて熱帯魚を飼いたいのですが、水槽に水を入れて仮置きしたところ、たたきに傾斜がついている為、約2センチ傾いてしまいました。この傾きを直す、簡単で安く済む良い方法は無いでしょうか? 飼う準備が家にまったくなかったのでとりあえず洗面器に入れているのですが、 一式高く無いので買ってあげてください。

3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。 もう一つは水です。 ・また、炭酸カルシウムは飼育水を硬水に変えてしまいます。 恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。 酸素が出る石には、酸素反応促進剤が表面に塗付されています。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

この状態で、魚を飼うと、硝化バクテリアの数が全く足りず、短期間で中毒死するのです。

魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。 過酸化カルシウムと水の反応により、飼育水中に酸素を供給します。 マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、

金魚さんもぶくぶくになれるものでしょうか? 水槽のサイズや設置場所のアドバイス換水のサインなど、色々調べている所にとてもわかりやすく回答頂けたのでBAに選ばせて頂きました。 酸素が出る石の主成分は「過酸化カルシウム」です。 が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。 まず、弱っている金魚は元気な金魚に攻撃されますから隔離します。飼育水の一部を他の水槽かバケツに移し、弱った金魚を移します。その際、金魚は水温の急激な変化に弱いので、十分注意してください。