以前シンガポール~ニュージーランドの飛行機に乗ったのですが飛行時間の8割くらいシートベルト着用のサインが出ていて、実際にとても揺れました。それにくらべると国内線は殆ど揺れを感じませんでした。世界中でさまざまな飛行ルートが

冬は雪によって飛行機の欠航・遅延などが発生する場合があります。しかし、航空会社も整備をしっかりと行っています。また、欠航・遅延が起きたとしても振替便に変更できます。今回は雪で欠航・遅延が起きる原因、欠航・遅延した場合の対応についてまとめました。 ジェットスターの航空券検索

要確認!飛行機が遅延する原因ってなに?, 羽田空港発着の航空券検索 テレビ放送や配信サービスなど、お家で映画を楽しむための情報をお届けしています。 それでも、少しでも揺れを抑えるために運航やサービス面で様々な工夫がなされていますし、機材自体もどんどん進化しています。, 何より、乱気流に巻き込まれて事故に至ることはまずありません。シートベルトをきちんと締めてさえいれば「安全」なのです。, それでも「苦手」な方は、できるだけ心を落ち着かせて、席でじっとしているのが最善の方法です。可能な限り寝ましょう。. ©Copyright2020 SKY STYLE BLOG.All Rights Reserved. 国際線の飛行機でも揺れますか? 投稿日:2016-02-22; 回答: 7 件 締切済. 飛行機が揺れるのは風速ではなくて気流の乱れです。 風速より気圧配置を見ます。 天気図ですね。 航路にあたるところに強い低気圧や前線があると揺れることが予測できます。 しかしパイロットは乗客に不安を与えないようにできるだけ揺れ 飛行機の翼は、この終局加重を3秒間耐えなければ試験にパスしません。 「あれ?たった150% 危なくない?」 と思う人もいるでしょうが、そもそも制限加重すら、通常の飛行中に達することは. テレビや新聞の天気予報では、予想気温や降水量とともに風速も発表されます。とはいえ、その威力や大きさは数値で言われても、ピンときません。風速10メートルとは、いったいどれくらいの強さなのでしょうか? この記事では、風速の定義と具体的な体感についてお伝えします。, また、飛行機が欠航するときの基準の風の強さ、ディズニーリゾートのアトラクションと風の関係についてもお知らせします。, m/s という単位からみてわかるように、「風速」とは、1秒間に空気が移動する距離のことです。ただし、天気予報で使われる「風速」とは、観測時点までの10分間における風の強さの平均値を指します。, たとえば、午前10時発表の風速が、8m/sだったとします。これは、9時50分から10時までの平均風速が8m/sであるという意味です。, そして、3秒間の平均値(0.25秒ごとに観測しなおす)を瞬間風速と呼び、その最大値のことを最大瞬間風速といいます。最大瞬間風速は、10分間平均風速の1.5倍~3倍以上になることがあります。, つまり、風速8メートルと発表された場合、瞬間的には12m/s ~ 24m/s の突風が吹く可能性があることになります。, つまり、時速36km となります。一般道路を走る車の窓から受ける風と、同じぐらいの強さです。, 天気予報では、風速10m以上風速15m未満の風を“やや強い風” 、風速15メートルから20メートル未満の風を“強い風”と表現します。, まず、飛行機が欠航となるかどうかには、様々な要素がからんできます。離陸する場所、着陸する場所、飛行経路の天気、雲低高度(=雲のもっとも低い部分の高さ)、そして風速です。, 機長やディスパッチャー(=運行管理者)が事前の打ち合わせで協議して、出航か欠航を決めます。, また、台風などで翌日の欠航便については、航空会社が会議で決定することもあります。ただしこれらの判断基準は、機体の種類や重さによっても変わりますし、航空会社によっても変わってきます。, 飛行機の欠航に影響を与えるのは、離陸場所と着陸場所の風速です。いちど飛びたってしまえば、経路の途中に台風があっても上空を飛ぶなどして、避けることができるからです。, 一般的には、追い風成分(飛行機の真後ろから吹く風) が15ノット(風速:約8m/s)を越えると、離発着ができなくなると言われています。ただし、滑走路の状態にも影響されます。, 横風成分の場合、乾いた滑走路で38ノット(風速:約19m/s)を越えると、離発着が困難になります。雨や雪の影響で滑走路がぬれている場合は、この運航制限はさらに引き下げられます。, 横風成分の場合、ぬれた滑走路では25ノット程度(風速:約13m/s)でも離発着に影響が出ます。, しかし、風は必ずしも、機体の横側から吹いてくる訳ではありません。飛行機の進行方向に対して斜めから風が吹いてくる場合、三角関数を用いて横風成分を割り出します。, たとえば、風速18メートルだったとします。どちらの方向から吹いてくるかを調べて、その値を横風成分に直します。, ① 斜め30度前方から :  sin30 × 18 = 0.5 × 18 = 9(m/s), ② 斜め45度前方から : sin45 × 18 = 0.71 × 18 = 12.78(m/s), ③ 斜め60度前方から : sin60 × 18 = 0.87 × 18 = 15.66(m/s), ご紹介したように、雨や霧などで滑走路がぬれている場合は、風速13m/sが欠航の一つの目安となります。②③の風の向きだと、飛行機は欠航となる可能性が高まるのです。, しかし、飛行場の風向き・風の強さといった細かい情報を、わたしたち利用者が知ることはできません。大型台風が近づいている場合をのぞき、天気予報から欠航を予測するのは困難なのです。, 風がほとんど吹いていなくても、飛行機が欠航となる時があります。それが、台風の翌日です。, このようにスケジュールが組まれていた旅客機が、台風の影響でA空港からの便が欠航となったとします。すると、B空港には到着していないので、C空港へ向けてフライトできなくなります。, というのも、パイロットが操縦できるのは、1人1機種と決まっているからです。パイロットが操縦できる機種が空港に届いてなければ、運転はできません。このように、空港に機材(飛行機の機体)が到着していない場合も、運休することになります。, ディズニーランドのショーやパレードは、悪天候だと中止となる可能性があります。傘が必要なほどの雨が降ったとき、あるいは30℃を越えるような高温が続く場合には、ショーやパレードが中止となることがあります。, これ以上に開催に影響を与えるのが、風の強さです。ディズニーリゾートのある千葉県浦安市は、海に面している地形です。, 風速10メートルを越えると、ショーやパレードが中止となる可能性がきわめて高くなります。, また、中止とならないまでも、風速7メートルを越えるとショーやパレードが縮小バージョンとなることもあります(⇦ ダンサーの数が減ったり、時間の短いバージョンで行なわれます)。, はっきりとした数値が公式で発表されているわけではありませんが、おおむね風速15メートルを越えると停止する可能性が出てきます。, ※悪天候とは別に、機械のメンテナンスやリニューアルのため、アトラクションや施設が休止している場合があります。, これらのアトラクションは、一斉に運営中止になるわけではありません。そのアトラクションのあるエリアの雨風の状況によって、運転を見合わせるかどうかが決められます。, はてなブログ3年目。 このブログでは、ハワイ経験豊富なライターの実体験に基づくノウハウやお役立ち情報を惜しみなく公開しています。 台風の日に飛行機に乗る…飛行機に普段乗らない人は「本当に大丈夫なの…?」と心配になってしまう人もいるかと思います。, では、実際のところ 台風の日に飛行機に乗る、ということは 安全なのか危険なのか、 その点についてと 実際に悪天候時に乗った際の お話などを合わせてしていきたいと思います。, 本当に危険なときは航空会社側が 判断を行い欠航します。 飛行機が飛んでいるということは 大丈夫であると考えても良いでしょう。, 過去の事例から言っても飛行機が墜落する可能性と言うのは割合からすればとても低い割合になっています。交通事故よりも低い割合ですね。, 過去にも悪天候の日に 飛んだ飛行機はたくさんありますし 台風の日に飛んでいる飛行機もたくさんありますが それらはちゃんと離陸してちゃんと着陸しています。, 多くの場合、心配する必要はなく、 基本的には安全であると 考えて良いかと思います。, これは、台風の時に限った話でもなければ飛行機に限った話でもありませんが”絶対に安全な乗り物”というものはザンネンながらこの世に存在しません。, 車でも電車でも飛行機でもヘリコプターでも、事故を起こすときには起こしてしまいます。機器の故障や原因不明の事故もありますし、確実に安全な乗り物など存在しないのです。, なので、飛行機に関しても 「台風の日に絶対安全なのか?」と 言われれば決してそうではありません。 台風の日であっても、台風の日でなくても 100パーセントの安全など 存在しない、というのが答えになります。, 勿論、事故を起こす確率は とんでもなく低い数字ではあるのですが 絶対にありえない、ということではない、 ということは覚えておいた方が 良いでしょう。, これは、その時によります。 確かに、台風の日の飛行機機内の方が 揺れる可能性は高くなるでしょう。 場合によっては「怖い」と感じるようなことも 確かにあるかと思います。, ただし、必ずしも台風の日に 揺れが強いのかどうか、と言われれば 決してそうではありせん。 地上と上空の気候は異なりますし 上空でも同じように台風の影響を受けるとは 限らないのです。, そのため、台風の日でも飛行中はおだやかに済む場合もありますしそうでない場合もある、ということになります。このあたりは実際にその時に飛行機に乗ってみないと分からないことでもありますから何とも言えない、というのも事実になります, 飛行機が揺れても大丈夫なのかどうか。基本的には問題ありません。確かに、飛行機は時にかなりの振動に見舞われることもあります。, 私も実際に台風(直撃ではありませんでしたが)の時に 飛行機に乗った時には かなり揺れてました。 実はその時が初めての飛行機だったのですが 映画やドラマなどで見るような 穏やかなフライトとはまるで違う イメージを受け、恐怖心も あったものです。, ですが、飛行機はそう簡単には落ちません。確かに墜落のニュースは聞いたことがある人も多いと思いますし過去に実際に墜落しているのも事実ですが、車の交通事故やバスの事故、電車の事故などに比べたらはるかに数が少ないのも事実であると思います。, 確かに激しく揺れたりすると非常に怖い気持ちになりますが、多くの場合、墜落するようなことはありませんからその点は心配しなくても大丈夫かと思います。, 本当に危険な場合は航空会社が 予め判断して欠航になりますから その点はあまり心配する必要がないのです。, ただし、気流の関係や、悪天候の関係など場合によっては飛行機はかなり揺れます。酔ったりする場合もあるので不慣れな場合に関しては予め酔い止めなどを持っておくと良いかもしれませんね。, いざ、飛行機に乗ってみて酔ってしまうと大変ですから、初めて飛行機に乗る場合や悪天候の場合は、予め備えをしておくと良いかと思います。, また、飛行機に対して恐怖を抱いている人は 医師などと相談して必要であれば 抗不安薬などを用意しておくと良いかもしれません。 上空でパニックを起こしてしまったら それこそ大変なことになってしまいますからね。, 台風の日でも、基本的に飛行機が 墜落したりすることはないですから その点に関しては安心して良いと思います。, ただ、台風などの悪天候で欠航することはありますから自分が飛行機に乗るのであればしっかりと動いているかどうかは確認してから出かけるようにしましょう。, 動いていると思い込んで空港に 足を運んで、到着してから気付いたのでは 予定もだいぶ狂ってしまうでしょうから そこのところは注意するようにしましょう。, ただ「絶対」とは断言できません。これはどんな乗り物でも同じことです。急に機器の故障が起きる可能性もありますし、運転手(パイロット)に何か起きる可能性もありますし予期せぬ事態が起きることもあります。, これは、電車、飛行機、バス、タクシー なんでもそうですから 特別飛行機だからどうこう、と 気にする必要はありませんが 頭の片隅にでも入れておくと良いのでは ないでしょうか。, 台風の日でも 飛行機が飛んでいる場合 揺れたりする可能性は高まりますが 過剰に心配する必要はありません。, サイト管理人・自然災害から身を守りたい人 20代個人事業主 執筆関係の仕事をしています。, 台風の日にお店を利用したりすることもあると思います。が、どの業種でもお店を利用する際には台風ならではの注意点があります。そもそも、台風が直撃するような日には、お店がいつも通り営業していない可能性だってあるのです。そういったことも視野に入れておきましょう, 台風が直撃する夢や、台風によって怪我をしたりする夢を見た場合、その夢に何か意味はあるのかどうか、気にしてしまう人もいるかと思います。「台風の夢」の意味、そして注意するべき点をまとめました。必要以上に怖がる必要はない、ということは覚えておきましょう!, 台風の日にも壊れない傘、濡れずに済む傘というものはあるのでしょうか。台風の時に自分の身を守ることのできる傘についてご紹介していきます。どのような傘があるのか、どんな場所で買うことができるのかどうか、頑丈な傘を使う際の注意点は何か。しっかり覚えておきましょう!, 台風の日に帽子を身に着けることは非常に危険です。色々な危険な目に遭う可能性もありますからしっかりとそのこと理解しておく必要があります。台風の日に帽子をかぶることがなぜ危険なのか、そして、もしどうしても身に着けたい場合はどうすれば良いのかをまとめました。, 台風ではありませんが、台風と同じレベルで警戒が必要なのが「爆弾低気圧」ですね。暴風や大雨、雷、竜巻などを伴う可能性があり、非常に危険な存在です。では、この低気圧が接近している際はどのような点に注意すれば良いのでしょうか。注意点をまとめました。, もしも遊園地に遊びに行く日に、台風が直撃してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。遊園地側の考えられる対応と、遊びに行く場合はどのような点に注意をするべきなのでしょうか。台風の際に外出することは危険も伴いますから、しっかりと注意しましょう!. (乱気流のため飛行機が揺れた) That plane shook so severely that I was scared. 飛行機が大きく揺れる原因の一つがこれも良く知られたC・A・T(クリアーエアータービュランス)ですね。 山岳波とかジェット気流の乱れなどが原因となります。 確かに300km/hを大幅に超えるようなジェット気の乱れですと揺れる時は飛んでもなく揺れますが、意外と急激な落下や上昇な …

【更新の目安】よる8時 はじめてのハワイ旅行にあたって、ハワイまでの往復の飛行機が「揺れないかな?」と不安を感じていませんか?, 特に、ハワイ旅行が初海外旅行の場合は、国内線の飛行機と比較し長時間のフライトとなるので、より揺れがないか不安になりますよね。. 台風の日に飛行機に乗っても大丈夫なのかどうか?飛行機が大きく揺れたり、墜落してしまったりすることはないのかどうか、気になってしまう方もいるかと思います。実際のところはどうなのか、という点と実際に悪天候の日に乗った経験などをお話していきます。 台風の日に飛行機に乗っても大丈夫なのかどうか?飛行機が大きく揺れたり、墜落してしまったりすることはないのかどうか、気になってしまう方もいるかと思います。実際のところはどうなのか、という点と実際に悪天候の日に乗った経験などをお話していきます。 少し専門的な話しになりますが、夏は太平洋高気圧からの暖かく湿った空気が上昇していくことで積乱雲が発生します。積乱雲のなかでは雷や雹が発生しているため、パイロットは積乱雲には入らないように飛行しているんです。, >> 遅れや欠航の可能性!?雷が飛行機や空港ハンドリングに与える影響しかし、積乱雲の上昇気流により激しく空気が対流している影響で、たとえ積乱雲を避けたとしても、近づくだけで飛行機は揺れてしまいます。, 出発前のブリーフィングでも天気図の解析を行ない、積乱雲が発生する可能性が高いか低いかを入念に確認します。, 積乱雲が発生する可能性が高い場合は上空待機できるように、通常よりも燃料を多く搭載するといった対応を取ります, また、飛行中も逐一目的地の天候を確認しています。ディスパッチャーやオペレーション担当者は積乱雲の位置や大きさ、動きなどの情報を無線やACARS(航空機空地データ通信システム)を使用して、上空のパイロットへ最新の情報を伝えます。その情報を得たパイロットは上空で待機、または積乱雲の動きが遅く燃料がもたない可能性があると判断した場合は、DVT・ATBの対応を取ります。, CATとは航空業界の専門用語の一つで、Clear Air Turbulenceの略です。, CATには上空で強く吹いているジェット気流が大きく関係しています。このジェット気流、速い時には秒速100メートルにも達します。飛行機が離陸して上昇している際にジェット気流に近づくことで急激な風速・風向の変化があるため、飛行機が揺れるんです。, パイロットは飛行機の揺れに対して、とても神経を使っています。飛行前に天気図や風の情報、ジェット気流がどの地点を通っているかなどを入念に確認しています。, また、ディスパッチャーや運航支援者は自社便や他社便の最新の揺れの情報をパイロットに伝えることで、運航の手助けをしています。, 多くの人が運航の安全を守るために行動していますので、飛行機が揺れてもご安心ください!. Copyright© 2020❤️アジア格安ひとり旅ナビ助❤️ All Rights Reserved.

飛行機事故で死ぬ可能性は宝くじ3億円より低い…といわれており、頭では納得しているつもりなのですが、毎回揺れるたび「こんなに 仕事で月に4往復ほど国内線を利用しなければいけないのですが、その度、飛行機の揺れで身が縮む思いです。

台風や悪天候でも大丈夫!?飛行機が欠航になった場合の対処, 雪は飛行機の離陸時に影響をおよぼし、遅延や欠航になる場合があります。雪が降る地域だけではなく、羽田空港なども雪が降ると欠航・遅延してしまうことがあります。雪などの不可抗力な悪天候による欠航・遅延は一般航空会社、LCCともに振替便への変更・払い戻しができます。ただし、宿泊施設や飛行機以外の交通機関を利用した場合は、航空会社から補償されないことがあるので注意しましょう。, 冬の時期でも遅延・欠航することがないよう対策されています。北海道などの冬の旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?, 雪以外で飛行機が遅延した場合は次の記事を参考にしてください 初歩的な質問なんですが、国内線は高度の低いところを飛ぶので気流の悪いところや、乱気流に入って揺れるってあるって思うんですが、国際線でも同じように揺れることがあるのですか? That plane shook so severely that I was scared. (火)ブログ運営or雑学 飛行機は、(離着陸時だけでなく) 雲に入った場合でも揺れるのです。完全に揺れないフライトはあり得ません。 We had a rough flight because of turbulence. はじめてのハワイ旅行にあたって、ハワイまでの往復の飛行機が「揺れないかな?」と不安を感じていませんか? 特に、ハワイ旅行が初海外旅行の場合は、国内線の飛行機と比較し長時間のフライトとなるので、より揺れがないか不安になりますよね。 We had a rough flight because of turbulence. また、ブログ運営や雑学についても執筆します。 冬は雪によって飛行機の欠航・遅延などが発生する場合があります。しかし、航空会社も整備をしっかりと行っています。また、欠航・遅延が起きたとしても振替便に変更できます。今回は雪で欠航・遅延が起きる原因、欠航・遅延した場合の対応についてまとめました。, 飛行機は、雪の影響を受けて離陸できない場合があります。飛行機は主翼の上下面に風を通すことで飛行しています。その主翼の断面は揚力を発生させるために特徴的な形状となっています。その主翼に雪が付着した場合、主翼の断面の形が変わってしまうので揚力が発生しなくなり、離陸できなくなる場合があります。そのため整備士は、雪が降り始めると機体に除氷液をかけて雪が凍りつかないように対応します。, 羽田空港や新千歳空港のような大きな空港で雪が降り、気温が下がると除氷液の効果が切れることがあります。そうなった場合、飛行機はまた除氷液をかけるために駐機場に戻る必要があるので、出発時間が遅れてしまい遅延につながります。, 雪が降る地域の空港だけではなく、その他地域でも雪で欠航・遅延することがあります。羽田空港では、2014年2月15日に雪の影響による滑走路閉鎖で、午前の早い段階で出発便が326便、到着277便が欠航しました。また、目的地で雪が降っている場合も欠航することがあります。2017年1月22日は、太平洋や十勝地方で雪が降り、新千歳空港で約130便が欠航となりました。, 雪など悪天候による欠航・遅延の情報は、航空会社のWebサイトやtwitterなどで事前に確認できます。飛行機を利用する場合は、前日に確認しておくと良いでしょう。, JAL・ANAなどの一般航空会社はもちろん、ジェットスターやピーチ・アビエーションなどのLCC(格安航空会社)であっても雪などの不可抗力な悪天候で飛行機が欠航・遅延した場合、振替便に変更できます。その場合、取消手数料、払い戻し手数料はかかりません。また、予約変更も可能です。, 払い戻し・予約変更の手続きは、購入した航空会社のコールセンターかWebサイトで行えます。また、空港内にある各航空会社のカウンターからも可能です。払い戻しの期間は航空会社によって異なるので変更前に確認しておきましょう。旅行会社で予約した場合は、旅行会社に連絡しましょう。行きの便が遅延・欠航した場合は自宅に帰宅すれば問題ありませんが、帰りの便が欠航した場合、宿泊施設などの利用は自己負担になります。, 欠航・遅延したときの対処法の詳細は次の記事を参考にしてください 飛行機が揺れる理由についてご紹介しました。 パイロットは飛行機の揺れに対して、とても神経を使っています。 飛行前に天気図や風の情報、ジェット気流がどの地点を通っているかなどを入念に確認し … (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 結論から述べますと、ハワイ旅行の飛行機は揺れます。それも、グアングアン、めちゃくちゃに揺れます・・・と言うのは冗談で、飛行機が揺れるかどうかは、その時のフライト次第で全く変わります。私の実体験では、同じ時期のハワイ旅行の飛行機でもそこそこ揺れた経験もあれば、まったく揺れずに快適に過ごせた経験もあります。, この飛行機の揺ればかりは、自分ではどうすることもできません。なので、心構えとしては、「揺れる」と覚悟しておいて、「揺れなければラッキー」と言う心持ちで臨んだ方が安心です。, 逆に、「この時期はハワイまでの飛行機は揺れないって話だから大丈夫」のように安心していると、いざ突発的に揺れた時に、より怖い思いをすることになります。, つまり、「飛行機は揺れるもの、けど滅多に落ちるものじゃない」と腹を括って乗るのが、揺れの不安を少なくする基本です。, とは言うものの。「やっぱり飛行機の揺れが怖い」と言う人も多いと思いますので、その気休めとして。私のこれまでの実体験からすると、ハワイの往復の飛行機は、ほかの場所への飛行機と比較して、そのフライト時間の長さに対しては、あまり揺れないように感じています。, たとえば、これまで私が一番揺れた飛行機の体験は、3月頃に成田発、香港着の飛行機に乗った時でした。この時は乱気流に巻き込まれて、本当に怖い思いをしました。, どれくらい強い揺れだったかというと、周り乗客がその揺れの恐怖で失神するほどの揺れでした。窓からは雷が見え、風で飛行機揺れ、途中エアポケットに落ちたのかはわかりませんが、ジェットコースターで下るような感覚を何度も味わうことになりました。なので、失神する人がいるのも納得の揺れ具合で、本当に怖かったです。, その香港からの帰りの便では、その恐怖がトラウマになり、私は「船で帰れないかな・・・」と思ったくらいです。しかし、帰りの飛行機は順調そのものでした。飛行機の揺れは、このように行きと帰りで全然違う場合もありますね。, 次に、怖かったのは、9月末のロサンゼルス空港から成田空港までの帰りの飛行機でした。, この時は、日本に台風が近づきつつあるなかで、幸か不幸か、飛行機が欠航にならず、日本に向かって飛び立つことになったのです。この時は、日本に近づくにつれて飛行機は大きく揺れましたし、成田空港にはすぐに着陸できず、千歳空港で台風が過ぎるのを待つことになりました。詳しくは、次の記事でご紹介しています。, で、私のハワイまでの往復の飛行機では、少なくとも上で挙げた2つの例ほどの怖い揺れを体験したことはありません。機内で「揺れるな」と感じても、しばらく待てば収まることがことがほとんどの印象です。, 「どうしても飛行機の揺れが不安だ」と言う人は、ハワイまでの飛行機はJALかANAの日系の航空会社を選んだ方が、不安を少なくすることができます。その理由は、日系の航空会社では、フライト中の揺れが予想される場合、日本語でアナウンスがあるからです。, そのアナウンスは、たとえば、搭乗し出発前のタイミングでのCAからのアナウンスや離陸後の機長からの挨拶の中であります。「途中ところどころ揺れが予想されます」のような説明があるわけです。また、フライト中も、「これから揺れそう」と言うタイミングで日本語のアナウンスがある場合が多く、安心できます。, これが日系以外の航空会社の場合は、揺れの予想に関して、日系の航空会社ほど気配りがありません。またそのようなアナウンスがあったとしても基本は英語になります。, 日本語でのアナウンスは、たまたまその便に日本語ができるスタッフがいて手が空いている場合と考えていた方がよいです。つまり、日系以外の航空会社では、日本語での揺れ予想のアナウンスに期待できないと考えていた方が無難です。, なので、飛行機の揺れが心配な人は、日系の航空会社を選んだ方が、日本語ですぐに説明を聞ける分、安心感があります。, 実を言うと、私もあまり飛行機の揺れは得意な方ではありません。なので、正直なところ揺れると怖いです。, その怖さを少しでも紛らわすために、私が取る方法をご紹介すると、「機内エンターテイメントでアクション映画を見る」と言う方法をとります。, こうすると、飛行機の揺れがアクション映画のアクションシーンの良い演出となることがあり、飛行機の揺れを楽しい方向に転換することができます。, ただし、揺れが大きすぎると、そもそも機内エンターテイメントを見る気にすらならないので、この方法も通用しません。, 以上、ハワイ旅行の飛行機の揺れについて、その実際のところと、揺れの不安を少なくする方法をご紹介しました。, ご紹介した通り、私のこれまでの経験では、ハワイまでの往復の飛行機は、行き7時間前後、帰り9時間前後のフライト時間の長さの割には、それほど揺れないように感じています。, また、「フライト時間がハワイより短いから揺れが少ないだろうから安心」と思っていた香港行きの飛行機でとても揺れる経験をしたこともあります。その経験から飛行機の揺れはフライト時間の長さに関係がないことを痛感しました。, どんな時期であれ、飛行機は揺れる時は揺れますし、揺れないときは揺れないものです。そして、それを自分でコントロールすることはできません。なので、やはり、「揺れる」と腹を括って乗って「揺れなければラッキー」と言う心持ちで臨むのが、飛行機の揺れの不安を少なくする基本となります。, はじめてのハワイ旅行に向けて悩んでいませんか? 飛行機に乗ったことがある人なら誰もが一度くらいは経験したことがあるであろう激しい「揺れ」。まるでジェットコースターに乗っているかのように感じ、「ひょっとして (これ) 落ちるんじゃ?」とヒヤヒヤしたことも!?, トイレも睡眠も、食事さえもままならず、乗り物酔いになってしまった方もいるのではないでしょうか。さて、その激しい「揺れ」の原因は実は「乱気流」なんです。, まずはじめに、これだけは覚えておいてください。飛行機が揺れる原因のほとんどは「乱気流」によるものだということを!, その乱気流は「大気の渦」なわけですが、これがいつどこでどのように起こるかは誰にも予測できません 。パイロットでさえ、数分後に何が起こるのか予測不可能らしいのです。, 大きさ (サイズ) も様々で、小さいものは飛行機と同じくらいの渦。大きいものは数倍の大きさがあると言われています。, 発生する原因も様々です。ジェット気流によるものや、雷雨によるもの、山の上を通過するときの強風や山の反対側に移動するときの衝撃などなど。, つまり、雲の中や雲のすぐ近くを飛ぶときに揺れやすいわけなのですが、特に「積乱雲」(入道雲)の中では雨粒が浮かんでいられるほどの気流が発生しているため、激しい揺れが予想されます。, もちろんパイロットは乱気流ができるだけ発生しなさそうな空域を選んで飛行させていますが、(空気は目に見えないため) 大気の渦に突入してしまうことがしばしばあるのです。, ただこれだけは忘れないでいただきたい!パイロットは目覚めてからすぐに「いかに乱気流を回避することができるか」を考えてくれているという事実を。, 家を出る前には天気予報を必要以上にチェックし、空模様をこれでもかというくらいに観察してくれています。このように、「どのルートであれば乱気流に遭わないか」を常に検討してくれているのです。, そして、飛行中のパイロットは飛行機に搭載された気象レーダーの情報をもとに (積乱雲中の雨粒を観測することで) その空域を避けて飛行しているのです。また、機体を上昇あるいは下降させるなどして乱気流を脱出しようと試みてくれています。, 何千メートルという上空で突如襲われる飛行機の揺れ。「慣れろ!」と言われてもなかなか難しいですねー。でも、統計上は「揺れ」が原因でケガをしたという事例はめったにありません。, 数十年の歴史の中で、(シートベルトをしていなかったがために) 3人ほど死んだという話もあるにはあるのですが。。。, それはそれとして、私たちは乱気流の中にいるとき「機体が急降下している」ように感じるのですが、実は機体は急加速していたのです。あの揺れは、スピードチェンジが原因でもあったのです。, ですが、この状況を外から見ると機体はほとんどまっすぐ飛んでいるように見えるそうです。デコボコ道を走っているときの自動車よりも、乱気流を進む飛行機の揺れは小さい…ともされているんです (本当かなぁ?)。, ともあれ、気流の乱れている空域を飛んでいるときであっても、シートベルトさえしていれば心配ありません。, 飛行機は、構造上後方の席ほど揺れが大きくなるとされています。というわけで、「どうしても揺れが怖い!」という方はできるだけ前方の座席を予約することをおすすめします。, 後部座席では、飛行機の主翼が作り出すバフェッティングという細かい気流の乱れによっても小刻みな揺れが発生するので、主翼よりも前のシートをとると良いでしょう。, また、目を閉じて「揺れ」に集中してみることも恐怖を克服するための有効な手段とされています。騙されたと思ってぜひお試しください。, 飛行機の揺れの主な原因は、大気が渦を巻く「乱気流」です。飛行機は、(離着陸時だけでなく) 雲に入った場合でも揺れるのです。完全に揺れないフライトはあり得ません。.