闘志あふれるピッチング。「魂のエース」と呼ばれた、千葉ロッテマリーンズを代表するエースと言えば、ジョニーこと黒木知宏さんではないでしょうか。, とても男前な黒木知宏さんですが、話をするとなまりが出て、少し柔らかい印象になるのがとても魅力的。今回は、そんな黒木知宏さんを調査してみました。ジョニーと呼ばれている理由や、嫁や娘について。現在の姿なども調べてみましたので、最後までお楽しみください。, http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20180213-10, 小学生の頃はソフトボールの選手として活躍。ソフトボールを始めたのは、2歳年上の兄の影響だと言います。中学校へ進学後は、野球もしていたがボディビルに熱中し、パワーリフティングの全国大会で優勝をした経験をもちます。, 卒業後は、延岡学園高等学校へ進学。3年生の時に夏の甲子園大会に出場しました。高校卒業後は新王子製紙春日井に入社。1994年の都市対抗野球では、本田技研鈴鹿の補強選手として、優勝に貢献をしました。, 1994年、ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。1年目から先発、リリーフとして活躍。6月には、初勝利を初完封で飾りました。, その後も最多勝、最優秀勝率などのタイトルを獲得し、シドニーオリンピックにも出場をしました。この頃から右肩に違和感を感じていたという黒木知宏さん。, 2001年のオールスター後から1軍に姿を見せなくなりました。肩の違和感の正体は、肩腱板の内側靭帯を数本完全に損傷していたようです。, しかし、手術を選択せず自然治癒を選択し、ランニングやウェイトトレーニングをして過ごす日々が3年続きました。, 2004年6月に3年ぶりに勝利を挙げた黒木知宏さんですが、2005年に右肘を痛めてしまします。しかし8月28日に本拠地である千葉マリンスタジアムで勝利を挙げる事ができました。, 2007年、戦力外通告を受けましたが現役続行を宣言。しかし他球団からのオファーはなく、現役引退を表明しました。, 引退後は野球解説者として活躍。2012年から2017年まで北海道日本ハムファイターズの一軍投手コーチを務めています。, https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20181026/mog/00m/050/001000d, もしかしたら、黒木知宏さんはハーフなのかな?と思っている方も多くいるかと思います。しかしながら、そういう訳ではなくジョニーという名前がついたのは、社会人野球の頃にスポーツ刈をしていたという黒木知宏さん。, その姿が歌手の山本譲二さんに似ていたようで「ジョージ」と呼ばれていたそうなのです。しかし、後輩がジョージじゃなくて、ジョニーにしましょうと言ったのでジョニーになったそうです。, プロ初勝利のインタビューで「54番はジョニーですのでよろしくお願いします!」と訛りながら言ったら、話題となりジョニーが定着したようです。, 訛りながらというのが、とても面白いエピソードですが黒木知宏さんの訛りは、とても癒し系で個人的には大好きです。, 筆者の知人にも宮崎県の出身の人がいるのですが、話し方が黒木知宏さんとソックリなので、宮崎弁とはこんな感じなのだろうと思っていました。宮崎県の男性は、おっとりしているようなのですが、とても芯のある男らしい雰囲気を持った人というイメージがありますが、どうでしょうか。, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000026972.html, 2017年、北海道日本ハムファイターズのコーチを退任後、野球解説者として活躍しています。テレビなどでも姿を見る事も多くあると思いますが、現役時代と変わらず男前です。, また、野球解説者を務める傍ら「JOHNNY PROJECT」というプロジェクトを立ち上げ、野球指導を行っています。ただの野球指導ではなくコミュニケーションの大切さなど「心の教育」に重きを置いているそうです。, https://news.jsports.co.jp/baseball/article/20180329174512/, 黒木知宏さんの結婚相手は、延岡学園高等学校の1つ先輩で裕子さんという一般女性です。奥様も同じ宮崎の出身なので、どうしても家でも宮崎弁を使ってしまうそうで訛りがなかなか直らないという黒木知宏さん。, https://middle-edge.jp/articles/4SSdJ?page=2, 実は、長女の芽依ちゃんがZOZOマリンスタジアムでビールの売り子のアルバイトをしていたそうです。ダンスタイムには可愛いダンスも披露していました。, 黒木知宏さんの引退セレモニーで涙を流していたあの小さな女の子が、とても素敵な笑顔でダンスをしている姿をみて、お父さんの事が大好きなんだなと、とても温かい気持ちになりました。, 選手や野球の知識に加えて野球の技術的なこと等あらゆる野球ネタを記事にしていきます! Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved. 黒木: 宮崎県。①宮崎県東臼杵郡美郷町北郷黒木発祥。安土桃山時代に記録のある地名。地名はクロギ。同地に分布あり。カムロキは「神のやどる木」を意味する。宮崎県に興梠姓あり。興梠コウロギ参照。②鹿児島県薩摩川内市祁答院町黒木発祥。室町時代に記録のある地名。 当の黒木は淡々と投げ続けた。結局打線が逆転して開幕戦を勝利。 前半はとにかく勝ちまくり。その後怪我で現役もおしまい。 メジャーの本田吾郎に良いチーム メイト・近親者がいないとこうなる。 それにしたって黒木は最高のエースだ。

「ジョニーが家の中に入り込んでくる」「ジョニーが大量発生して気持ち悪い」、そんな会話を聞いてもほとんどの人は、なんのことだか見当もつかないだろう。jタウンネット…(2018年7月5日 6時0分0秒…

黒木 知宏(くろき ともひろ、1973年 12月13日 - )は、宮崎県 日向市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)・コーチ、野球解説者。. 当の黒木は淡々と投げ続けた。結局打線が逆転して開幕戦を勝利。 前半はとにかく勝ちまくり。その後怪我で現役もおしまい。 メジャーの本田吾郎に良いチーム メイト・近親者がいないとこうなる。 それにしたって黒木は最高のエースだ。 種田(横浜ベイ)は何で「マイケル」なんですか? この「ジョニー」という名前の由来ですが、社会人野球時代にスポーツ刈りにしていた時に、演歌歌手の山本譲二さんに似ていたことから、「ジョージ」と呼ばれていたそうです。 黒木(千葉ロッテ)は何で「ジョニー」なんですか?, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

昔千葉ロッテのジョニー黒木が、好きな言葉を「今頑張れ、今頑張らずに、いつ頑張る」と言っていました。 これは、本人の言葉ですか? それとも、他の人が考えた名言でしょうか? ボビー後任に“ジョニー”黒木氏が急浮上! [ 2009年1月5日 06:00 ] 08年2月1日 ロッテキャンプを訪れバレンタイン監督(左)と話す黒木氏

黒木 知宏(くろき ともひろ、1973年12月13日 - )は、宮崎県日向市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)・コーチ、野球解説者。, 闘志を前面に押し出したプレースタイルで、千葉ロッテマリーンズの「魂のエース」と称された。, 小学生時はソフトボールチームのエースとして活躍[1]。中学時代は野球よりボディービルに熱中しており、パワーリフティングの県大会で優勝した経験を持つ[1]。延岡学園高等学校では3年生時に夏の甲子園に出場するも、初戦の2回戦、8月14日第2試合で井手元健一朗擁する四日市工(三重県代表)に4-8で敗れた。延岡学園高時代の後輩に黒木純司がおり、投手・黒木知と捕手・黒木純としてバッテリーを組んでいたこともある。黒木純は2002年にロッテに移籍したため、再びチームメイトとなった。, 高校卒業後、社会人野球の新王子製紙春日井に入社、1994年の都市対抗野球では本田技研鈴鹿の補強選手として森昌彦(NTT東海から補強)と共に優勝に貢献した。, 1995年(1年目)は、先発、リリーフとフル回転し、6月30日の対日本ハムファイターズ戦で初勝利を完封勝利で挙げる。, 1996年には開幕こそ1軍入りはできなかったが早々に先発ローテーションが崩れたため先発に入る。終盤先発では不振の投球が目立ったためリリーフに回ったが初めて規定投球回数に到達すると、1997年には初の開幕ローテーションに入りチームトップの12勝を挙げ初の防御率2点台を記録(しかし敗戦数はリーグワーストの15敗を記録)。240イニング以上投げ[2]、13完投とともにリーグ最多となるなど、エースの小宮山悟と共にチームのダブルエースとして活躍する。, 1998年、チームは開幕から好調で4月を終えた時点では首位を走り黒木自身も4月は3勝負けなしと好スタート切った。しかし、守護神の河本育之が故障離脱しチームは低迷する。首脳陣はここまでチームトップの6勝を挙げていた黒木を抑えに配置転換し巻き返しを図ろうとしたが、黒木は連続で抑えに失敗(3試合で0勝2敗防御率21.6)し更にチームは負けが込み、16連敗を喫した。7月7日のオリックス・ブルーウェーブ戦では、二軍で先発に復帰するために再調整をして来た黒木が、連敗ストッパーとして先発登板。福澤洋一とバッテリーを組み、2点リードで9回2死まで打者を打ち取り、ハービー・プリアムを2ストライクと追い込んだが、同点2ランを浴びる。連敗脱出目前で同点を許した黒木はマウンド上に座り込み、悔し涙を流す。試合は延長で近藤芳久が広永益隆からサヨナラ満塁ホームランを打たれ、ロッテは日本プロ野球ワースト記録の17連敗となった。, この敗戦は「七夕の悲劇」と呼ばれる。後日談として黒木は小宮山から「なぜ、マウンドにうずくまった? まだ試合が続いていたじゃないか。あそこでマウンドにうずくまっちゃいかん。あそこでマウンドを降りちゃいかん。最後まで、全てが終わるまで、諦めちゃいかんよ、クロちゃん」と諭されたという[3]。後に黒木は自著にて「あの日から人は僕を『悲劇のエース』と持ち上げるようになったが、日本中でただ一人、小宮山さんだけが僕自身の甘さを喝破してくれた」と記しており、大変な感謝をしている。, 連敗を脱出した後は立ち直り、同年のオールスターゲームに初出場、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得するなど活躍した[4]。, 1999年もオールスターゲームに選出されシーズンでも自己最多の14勝を挙げるなど、長らく小宮山と共に低迷時代を支え、2000年に小宮山が横浜ベイスターズに移籍したことから正真正銘のエースとして期待されるが、キャンプにて右足に怪我を負う。無理を押して開幕に備えるも、開幕戦の福岡ダイエーホークス戦で秋山幸二に史上最年長記録となる初回先頭打者本塁打を打ち込まれると、そのまま引きずってしまい、前半戦の防御率は10点台と絶不調に陥る。その後、前年から決まっていたシドニーオリンピック野球日本代表に向けて二軍で調整し、五輪でも活躍。後半戦はエースとして活躍するも、右肩の違和感を持ったままの投球が続いていた。9月13日には1000投球回数を記録した。, 2001年3月24日、西武ドームで開幕投手として松坂大輔に投げ勝ち21世紀初の日本プロ野球公式戦勝利投手となり、以降も絶好調が続き前半戦だけで11勝を挙げオールスター前までリーグトップの勝利数だったが、前年の肩の違和感を引きずったままであり、ファン投票で選出されたオールスターゲーム、27日のオリックス戦に強行出場した後、後半戦からは姿を消す。この闘病のため「弁当の呪い」を受けた選手の一人とされている。, 右肩の違和感に関して、当初は棘上筋炎症という比較的軽い怪我だという診断をされるも、肩腱板の内側靭帯を数本完全損傷する重傷だったことが後に判明したが、手術を選択せず自然治癒を選択。単調なウェートトレーニングやランニングを繰り返す日々が続き、また投球フォームを肩に負担のかからないサイドスローに近いフォームに改造するなど、2004年に一軍へ昇格するまで3年という長い月日がかかっている。6月に3年ぶりに勝利を飾る。オフの契約更改では自ら申し出て球団提示額より1,000万円減で契約を更改した。, 2005年は右ひじを痛めて大幅に出遅れる。8月28日、千葉マリンスタジアムでの対オリックス・バファローズ戦で先発。3万人のマリーンズファンに支えられ自身1年2か月ぶり、本拠地では1,545日ぶりに勝利を挙げる。この勝利はロッテのパ・リーグプレーオフ進出と、10年ぶりのAクラスを確定するものだった。同年の日本シリーズでの登板機会は無かったが、アジアシリーズでは第3戦に先発し3回を自責点0で初代アジアチャンピオンに貢献した。, 2006年7月28日、降格から1か月半ぶりに一軍出場選手登録され、その日のスカイマークスタジアムでの対オリックス戦でプロ12年目で初セーブを記録している。全盛期には1億8,000万円だった年俸が、2007年には10分の1以下にまで下がったものの、マリーンズファンから絶大な支持があり、登板時には誰よりも大きな声援を送られた。当時、「復活のマウンドで勝利投手となりお立ち台に立つのが今の目標」とコメントしている。, 2007年は2001年以来の開幕一軍を得た。4月27日の対西武ライオンズ戦の7回裏2アウト一塁で登板し、G.G.佐藤を三振に仕留めた。8回も2アウト三塁のピンチを招くが、片岡易之をサードゴロで抑えた。この年はこの1試合のみの登板となり、4月30日に登録抹消されてからは一軍登録されなかった。, 2007年10月2日に戦力外通告を受けたが、現役続行を宣言した。しかし他球団からのオファーが掛からず、12月12日の記者会見で引退を表明した。記者会見で黒木は「1998年の七夕の日にグリーンスタジアム神戸(対オリックス戦)で9回裏同点本塁打を打たれた試合と、チームの18連敗が忘れられない想い出。こうした経験を基に、野球の素晴らしさ、怖さを伝えて行けたらと思っています」と語った。, 2008年3月15日、千葉マリンスタジアムの対東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦の試合後に引退セレモニーが行われた。オープン戦としては異例の前売り券25,000枚が完売、当日券も発売10分で売り切れるなど、28,926人の満員の観客を集めて行われ、同期入団のサブロー、同級生の楽天・礒部公一、最後は福浦和也と対戦し、サブローを三振、礒部を三塁ゴロ、福浦も三振に打ち取った。挨拶の後、ライトスタンド前で胴上げが行われた[5]。, 2008年3月15日、ニッポン放送の『師岡正雄のショウアップナイター編集部!』に出演し、ニッポン放送野球解説者として活動することが発表された。他にワールド・ハイビジョン・チャンネル、TBSテレビと本数契約で出演。, 2012年11月23日、北海道日本ハムファイターズ一軍投手コーチへの就任が発表された[6]。, 2017年10月9日、北海道日本ハムファイターズ一軍投手コーチから退任することが発表された[7]。, 2018年からはNHK-BS1・日テレNEWS24・J SPORTSに野球解説者として、本数契約で出演している。, 愛称の「ジョニー」は、髪型をスポーツ刈りにしていたときに山本譲二に似ていた際、後輩が「ジョージじゃなくて、ジョニーにしましょう」と言い出したことに由来する。その後、プロ初勝利のインタビューで黒木が「54番は、ジョニーですので、宜しくお願いします!」と答え、ジョニーの愛称が定着した[8]。, 背番号54は前任の石田雅彦より譲られたもの。本人は社会人時代に付けていた背番号である11を希望していたが、球団は54を用意。大きな番号に「俺は期待されてないのか」と衝撃を覚えたが、石田に「俺が54を温めておいたよ。だからジョニーはきっと活躍できる」と言ってもらったことで逆にこだわりが生まれたという[1]。, 中学時代は野球よりボディービルにはまっており、パワーリフティングの県大会で優勝した経験を持つ[1]。, この年以降で240と2/3回の投球回を超えた投手は2019年現在NPBでは現れていない, 尚、勝率.591での勝率タイトルはNPB勝率トップ最低記録(当時パ・リーグのみ13勝以上挙げないと勝率タイトルの対象にならなかった為。現在はセ・パ共通で13勝以上がタイトルの対象), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=黒木知宏&oldid=79071926, 初勝利・初先発勝利・初完投勝利・初完封勝利:1995年6月30日、対日本ハムファイターズ14回戦(東京ドーム). 益田直也(ロッテ)嫁/結婚相手は?フォームや年俸,子供や母親とのエピソードも紹介!! 黒木知宏 - 日本の野球選手のニックネーム。下記「ジョニー・ウォーカー」の主力製品「黒ラベル」や山本譲二などに由来するとされる。 人名以外. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); https://yakyuzuki.com/wp-content/uploads/2020/05/野球好き.com_.png. あだ名の由来を教えてください。 闘志を前面に押し出したプレースタイルで、千葉ロッテマリーンズの「魂のエース」と称された。 愛称は「ジョニー」で、「ジョニー黒木」名義でも活動する。