武漢作戦(武漢会戦) 国民革命軍の機関銃 : 戦争:日中戦争: 年月日:1938年(昭和13年)6月11日 - 10月27日: 場所:中国 湖北省 武漢とその近郊 : 結果:日本軍の勝利 : 交戦勢力 大日本帝国陸軍中支那派遣軍 : 中華民国国民革命軍 ソ連空軍志願隊: 指導者・指揮官 江北殲滅 - 江南殲滅 - 常徳 - 大陸打通 (衡陽 - 桂柳 - 南部粤漢) - 拉孟騰越 - 老河口 - 芷江 - 湘桂反転, 武漢作戦(ぶかんさくせん)は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。中国側の呼称は武漢会戦。または武漢保衛戦という呼称もある。, 日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広げる事になった日本軍は、天然の要害である首都重慶の攻略が困難な事を悟らされてそこで手詰まりとなり、以降は終結への道筋が付かない泥沼戦争に引きずり込まれた。, 徐州会戦後も蔣介石政権は日本に対し徹底抗戦を続け、事変解決へは至らなかった。この作戦は蔣介石政権の降伏を促すため、広東作戦とともに中国の要衝を攻略することを目的とし、日中戦争中最大規模の30万以上の兵力で行なわれた。また日本国内ではこの動員・巨額の出費のため、政府は1938年5月5日に国家総動員法を施行、同月近衛文麿内閣を改造した。, 武漢作戦は前線と後方連絡との関係から、安慶、馬当鎮、湖口を含む九江の占領までの第一段、田家鎮要塞を落として江北の蘄春と江南の陽新の占領までの第二段、武漢三鎮の攻略戦の第三段に分けて考えられていた。大本営は6月18日に武漢作戦の準備を命令。8月22日に目的は要地武漢三鎮の占領であるとし、通城と岳州を進出限界線として要地の占領とその間の敵の撃破を命令した。新たに編成された第11軍と、北支那方面軍から転用された第2軍により進攻が開始され、9月下旬に揚子江下流北岸の田家鎮と南岸の馬頭鎮の両要衝が陥落、10月17日に蔣介石は漢口から撤退、10月25日には中国軍は漢口市内から姿を消し第6師団が突入10月26日に占領した。また第27師団が11月9日に通城を、第9師団が11月11日に岳州を占領し、進出限界に達し作戦は終了した。, Soviet Fighters in the Sky of China(1937-1940), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=武漢作戦&oldid=79533646. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめての三国志は「ゆるく」「たのしく」「わかりやすく」をコンセプトにした歴史エンタメメディアです。(®登録商標:第5800679号). 1940-1942年 1964年の東京オリンピック後、1973年から4年間日本オリンピック委員会(joc)の会長を務め、1984年に死亡しました。 幻の1940年の東京オリンピック . 賓陽 - 五原 - 宜昌 - 百団大戦 - 江南 - 漢水 - 皖南事変 - 予南 - 錦江 - 中原 - 江北 - 一次長沙 - 二次長沙 - 浙贛 1943-1945年 1937-1939年

【大河ドラマ いだてん ロケ地 】大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』. 盧溝橋 - 北平 - 廊坊 - 広安門 - 平津 - 通州 - チャハル - 上海 (渡洋爆撃 - 四行倉庫) - 太原 - 南京 - 徐州 (台児荘 - 黄河決壊) - 武漢 (長沙大火) - 広東 - 重慶爆撃 - 南昌 - 襄東 - 贛湘 - 南寧 (崑崙関) - 冬季攻勢 - 翁英 1940年(昭和15年)は皇紀2600年に当たり、日本では数多くの壮大な国家イベントが予定されていました。 そのなかでもオリンピックは、万博と並ぶ大イベントと位置づけられたのです。 Copyright ©  はじめての三国志 All rights reserved.

1964年の東京オリンピックの誘致に成功したキーマンと言えば、田畑政治(たばた まさじ)です。1964年以前に1940年の東京オリンピックの誘致にも成功しました。しかし、1940年の東京オリンピックは日中戦争の激化と太平洋戦争勃発により開催中止となりました。よって、1940年の東京オリンピックは幻の東京オリンピックと呼ばれています。今回は、田畑政治と幻の東京オリンピックについて取り上げます。, 田畑政治は2019年の大河ドラマ『いだてん~オリンピック噺~』の主人公です。『東京オリンピックのキーマン田畑政治』によれば、田畑は1898年生まれで静岡県浜松市出身です。東京帝国大学卒業後に朝日新聞社に入社しました。新聞記者だけでなく、水泳指導者も務め、1932年のロサンゼルスオリンピックなどで日本代表監督を務めました。, 1940年の東京オリンピックの誘致に成功しますが、このオリンピックは戦争の激化により中止となりました。第二次世界大戦後の1948年に日本水泳連盟の会長に就任しました。1948年のロンドンオリンピックに参加することはできませんでしたが、1949年には国際水泳連盟の復帰に成功しました。, 1952年のヘルシンキオリンピックと1956年のメルボルンオリンピックで日本選手団の団長を務めるなどオリンピックの場で活躍しました。戦後間もない頃から東京にオリンピックを誘致することに力を入れました。その成果として1964年の東京オリンピックの招致に成功しました。, 1964年の東京オリンピック後、1973年から4年間日本オリンピック委員会(JOC)の会長を務め、1984年に死亡しました。, 1940年は日中戦争が続いていたことや第二次世界大戦が勃発していて激化していました。1940年の東京オリンピックは日中戦争の激化に伴い中止となりました。, この年は代替地としてヘルシンキでの開催も検討されましたが、第二次世界大戦の激化で実施できず、オリンピックの開催そのものが中止となりました。, 『東京オリンピックのキーマン田畑政治』では、1940年の東京オリンピックの招致に成功した経緯について取り上げています。1932年に日本代表はIOCに対して第12回国際オリンピック競技大会開催候補地として立候補しました。東京を含め10都市が立候補しましたが、東京・ローマ・ヘルシンキの3都市に絞られました。, 当時、アジアで日本のように独立国は少なく、国内にオリンピック委員会を持つ国も少数であることや当時のアジアは夏季の高温多雨や欧米から離れていて旅費・時間の問題が課題になっていました。日本に招致活動の点でかなり不利な状況でしたが、その課題を克服して大会招致に成功しました。1940年に東京オリンピックが開催された場合、当時アジア初のオリンピック開催ということで注目されました。, 今回は幻のオリンピックと言われた1940年の東京オリンピックについて取り上げました。2019年の大河ドラマで、東京へのオリンピック招致に成功した田畑政治について、どのような演出になるのか気になります。, 1940年の東京オリンピックでは、陸上競技・競泳・水球・飛び込みなど現代の競技とほとんど変わりません。ただし、サッカーについては蹴球と表記されています。カタカナ語が禁止されていた戦争の影響が残っているのかもしれません。, 今回は1940年の東京オリンピックの誘致について取り上げましたが、田畑は1964年の東京オリンピックの誘致にも成功しています。大河ドラマ『いだてん~オリンピック噺~』の中で、1940年と1964年のオリンピック招致活動において、違いがあれば注目したいと思います。大河ドラマだけでなく、歴史秘話ヒストリアなど他の歴史番組でも注目したいと思います。.