ョンのための Google Workspace 活用法トップ 10, 会議中にチャット メッセージを送信, Datagram Transport Layer Security(DTLS)と Secure Real-time Transport Protocol(SRTP), コンプライアンス リソース センター, Google Cloud のエンタープライズ向けサービス. Google MeetingアプリGoogle Hangouts Meetを知っていますか?Googleがサービスしている遠距離でもGoogle Meetingのできるアプリです。今回はGoogle Hangouts Meetの使い方について解説します。 無料でオンライン会議(ウェブ会議、web会議、ネット会議、リモート会議とも呼ばれます)ができるクラウドサービスとして、利用者が増えている「Google ハングアウト(Google Hangouts)」の使い方を紹介します。, 同様のサービスに興味がある人は、「Zoom(ズーム)」「Skype(スカイプ)」「Whereby(ウェアバイ)」の解説記事もご覧ください。, Google ハングアウトは、パソコンやスマートフォン、タブレットでオンライン会議(ビデオ通話)ができるサービスです。名前のとおり、Google社が提供しており、Google アカウントがあればすぐに利用できます。https://hangouts.google.com/, なお、Google ハングアウトの上位サービスとして、G Suite利用者向けの「Google Meet」があります。, といった点から、特に理由がない限り、Google ハングアウトではなくGoogle Meetを使いましょう(両者の比較は、Google MeetとGoogle ハングアウトの違いは? 開発経緯も含めて解説【比較表あり】を参照)。, サービスの提供が完全に終了するまではGoogle ハングアウトを使い続けられますので、その使い方を解説します。, Google ハングアウトにアクセスしましょう。https://hangouts.google.com/, 利用にはGoogle アカウントが必要です(Googleにログインしておく)。もし登録していなければ、事前に登録しておきましょう。, 画面の真ん中あたりにある「ビデオハングアウト」をクリックしましょう。別ウインドウで、会議用のビデオ画面が立ち上がります。, Google アカウントでつながりのある人は、名前やメールアドレスが指定できます(入力しはじめると、サジェストが表示されます)。, カメラとマイクへの接続は、この段階でテストしておきましょう。(画面下部に、オンとオフの切り替えボタンがあります), もし切り替えたい場合は、画面右下にあるサムネイルをクリックすれば、その参加者が大きな画面に映されます。, 自分のパソコン画面を、ほかの人に共有できます。画面右上の「︙」をクリックし、「画面を共有」を選択しましょう。, デスクトップ画面や特定のアプリケーション画面が共有できますので、適切なものを選びます。, ミーティング中に、参加者にテキストメッセージを送れます。画面左下の「通話相手全員にメッセージを送信」にテキストを入力します。, ウィンドウを閉じるか、画面下部の「受話器アイコン(赤)」を押せば、ミーティングが終了します。, Google ハングアウトでは、画面左上のメニュー(三本線)から、設定が変更できます。メニューを開き、下のほうにある「設定」をクリックしてください。, Google ハングアウトにスマートフォンやタブレットで参加したい場合、アプリを利用するとよいでしょう。iOS版とAndroid版が無償で利用できます。, また、パソコンのブラウザとしてGoogle Chromeを使っている場合は、Google ハングアウトの拡張機能を追加しておくと、すぐにビデオハングアウトが開始できるので便利です。, Google ハングアウトには25人まで接続でき、時間制限もありませんので、通常の会議利用としては充分です。, Whereby もよいサービスですが、ラベルやボタンなどのインターフェイス、ガイドやヘルプなどはすべて英語です。少しとっつきにくさを感じる人や、参加者が戸惑いそうな場合は、Google ハングアウトを使うとよいでしょう。, もし25人以上でウェビナー(ウェブセミナー)を行いたい場合や録画機能を使いたい場合は、ZoomやSkype、上位サービスであるGoogle Meetの利用を検討しましょう。, Voista Media編集部では、メディア運営と並行して、「Voista(ボイスタ)」というAI(機械学習)を活用した音声録音アプリ(iOS用)を開発しています。, Voista公式サイト内のクローズドベータ版のユーザー登録ページからをお申し込みいただければ、順次招待します。なお、ベータテストにご参加いただくにあたっては、こちらの利用規約に同意したとみなしますのでお目通しください。, 宇都宮生まれ、餃子育ち
。本業はウェブ制作やウェブマーケティング。毎日欠かさず、インターネット番組でニュースや時事問題を聞く生活を5年以上続けている。最近、AirPods Proを入手し、クオリティ・オブ・ライフが急上昇。好きなインターネット番組は「虎ノ門ニュース」。心の師匠は山本夏彦。, 無料でオンライン会議(ウェブ会議、web会議、ネット会議、リモート会議とも呼ばれます)ができるクラウドサービスとして、利用者が増えている「Whereby(ウェア…, 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大で、日本でも大きなイベントの中止が相次いだり、小中高の一斉休校が多くの地域ではじまったりと、私たちの生活…, Googleのオンライン会議サービスには、Google MeetとGoogle ハングアウト(Hangouts)があります。 よく人から聞かれることに、「Goo…, 最近では取引先とのWeb会議も当たり前になり、ZoomやGoogle Meet、Cisco Webexなどさまざまなオンライン会議サービスを使うようになってきま…, Voista Mediaがおすすめする • 高解像度のビデオ会議に 100* 人まで参加できます ボイスレコーダー系のスマートフォンアプリをご紹介。, ボイスレコーダー(ボイスアプリやICレコーダー)を使って、生活を豊かにするコツをご紹介するメディアです。もっと便利で、もっと楽しいボイレコライフを送りましょう!. ホームページ等に埋め込まれているYouTubeの動画などをよく見かけることが多い昨今、埋め込み動画をダウンロードしたいと考えた人も多いでしょう。埋め込み動画のダウンロード方法... CD Manipulator(CDマニピュレーター)はCDのリッピングやコピー ができるフリーソフトです。CD Manipulator(CDマニピュレーター)ではCDのイメー... アニメを無料で見ることができた海賊版サイトAnitubeX(アニチューブX/あにつべX)が閉鎖しました。利用していた人はAnitubeX(アニチューブX/あにつべX)の代わり... Windows10にデフォルトで入っているアプリに「3Dビューアー」があります。この「3Dビューアー」とは3Dのモデリングデータを閲覧することが可能なアプリです。「3Dビュー... スマートフォンやテレビのディスプレイの画質などで2K/4K/フルHDなどという言葉をよく聞くと思いますが、その違いは解像度にあります。2K/4Kの解像度は一体どのくらいなのか... Windows10でマウスカーソルでクリックを自動でできる連打ツールはたくさんあります。この記事では、自動でクリック連打ができる連打ツール5選を紹介していきます。それぞれのツ... オンラインゲームなどで指定した場所を連打したい場合に便利なダウンロード不要のソフトウェアとして「連打くん」があります。この「連打くん」はどのようなソフトなのかや、使い方、自動... Windows10を利用している際、パソコンの動きが著しく遅くなる、メモリ不足のエラーが表示されるなどメモリ不足によってイライラすることも多くあります。Windows10のメ... WindowsでUSBメモリを入れた際「USBデバイスが認識されません」と表示されて認識しないときがあります。「USBデバイスが認識されません」と表示されてUSBメモリを認識... YouTubeで「何秒のところに注目」などという再生時間付きのコメントを見かけたことがある人も多いでしょう。しかし、このコメントの仕方が分からないという人も多いと思います。こ... Apple製品を複数所持している人の中には、「Apple ID」を複数持てるなら作成したいと考えている人もいるかと思います。Apple IDを複数作成する方法のほか、そのメリ... Windows10を利用していて動きが遅いと言うことになった時、メモリの解放を行うことで動作が軽くなることがあります。Windows10でメモリを解放する方法とはどのようにお... Google Chromeでタブをたくさん開いているとメモリを食います。そんな時、メモリ削減ができる便利な拡張機能に「OneTab」があります。メモリの削減だけでなくChro... LINEのプロフィール画像を変更したいと思っていても、LINEを始めたばかりの人は変更方法を知らない人が多いでしょう。この記事ではそんな人のために、LINEのプロフィール画像... ビジネスチャットツールとして最近特に注目されている「Slack」ですが、この英単語の意味を知らず利用している人も多いかと思います。「Slack」とはどういう意味なのか、ビジネ... オンラインストレージとして有名な「MEGA」をご存知ですか? 利用者も多く使い方も難しくないためオンラインストレージの中でも幅広い人におすすめです。この記事ではオンラインスト... PCのハードディスクドライブの使用状況を確認したいときはいつか来るものです。その際に便利なのが「DiskInfo」というアプリケーションです。「DiskInfo」でできること... スクリーンショットを手軽に撮影した上で加工なども行いたい、と考えた人も少なからずいるでしょう。それができるのが「Awesome Screenshot」です。「Awesome ... 複数の端末で同一のApple IDを利用していても、使用目的の違いからそれぞれ不要なアプリもあるでしょう。Apple IDが同じな場合アプリも同期されますが、そのアプリの同期... Googleマップをスマホから印刷したいと考える人は多いかと思います。特にPCが手元にない外出先で思う人も多いのではないでしょうか。そんな人向けに、この記事ではPCが手元にな... Google「 Hangouts Meet」の使い方!注意点も解説!のページです。AppliWorld[アプリワールド]はLINE/Instagram/Facebook/Twitter/動画配信サービスを始めとするスマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。, Google Hangouts Meet の簡単に参加できるビデオ通話を使用すると、移動の費用をかけることなく、どこにいてもお互いの顔を見ながらコミュニケーションをとることができます。G Suite で Hangouts Meet をご利用ください。.

Google ハングアウトの使い方を解説。Google アカウントがあれば、即利用可。最大25人まで!, Google MeetとGoogle ハングアウトの違いは? 開発経緯も含めて解説【比較表あり】, 無料オンライン会議サービス「Whereby」の使い方を解説。画面共有やチャット機能もあり!, リモートワークに不可欠なオンライン会議。おすすめの4つの無料サービスと注意点を知ろう. *G Suite Enterprise Edition でのみご利用いただけます, ‎「Hangouts Meet」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Hangouts Meet」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。.

Google MeetingアプリGoogle Hangouts Meetを知っていますか?Googleがサービスしている遠距離でもGoogle Meetingのできるアプリです。今回はGoogle Hangouts Meetの使い方について解説します。, Googleが提供するハングアウトサービス「Google Hangouts Meet」とは、どのような特徴を持つのか解説していきます。, Google Hangouts Meetとは、Googleが提供するビデオ通話サービスです。以前ハングアウトというサービスを行っていましたが、Googleハングアウトがサービスを強化し、Google Hangouts Meetを新たなハングアウトサービスとして開始しました。, Google Hangouts Meetの注意点は、3つの料金体系となっている点です。推奨されているのは、Businessプランです。Google Hangouts MeetのBusinessプランとは、無制限のストレージとアーカイブ機能の特徴があるプランとなっています。, Google Hangouts Meetの中でBusinessと比較し安価なBasicプランは、ストレージを30 GBまで利用できます。ただし、Businessには付帯している監視システムの一部がないことが注意点です。ビジネスに活用する場合はBusinessにした方がよいといえます。, Basicと比較してもBusinessと比較しても機能が大幅に強化されたプランがEnterpriseです。ストレージが無制限であるほか、他プランと比較し監視機能が高度化されており、Google Hangouts Meetをメインに利用する場合は、こちらの検討も必要といえます。, Google Hangouts Meetの前に、Googleはハングアウトアプリをサービスしていました。それでは、従来のハングアウトとは、比較してどの点が強化されたのでしょうか。Google Hangouts Meetの違いについて比較していきます。, Google Hangouts Meetとは、従来ハングアウトと比較しWEBブラウザからしかできなかったチャット送信機能が、どの端末からで利用可能になっています。また、ハングアウトと比較し参加人数が増加していたり、録画機能等も追加されています。, 従来のハングアウトと比較してきましたが、次にGoogle Hangouts Meetとはどのような特徴をもつのか解説していきます。, Google Hangouts Meetの特徴とは、アカウント無しで、誰でも会議に参加が可能な点です。通常必要なアカウント登録等が不要で、参加者にリンクを送るだけで会議を開くことができます。また、どの端末からもアクセスできるため、場所を選びません。, Google Hangouts Meetの特徴の一つに、チャット履歴の保存があります。チャット履歴とは会議中のやりとりの履歴であり、Gmailに保存されます。そのため、会議後でもチャット履歴を検索することができます。チャット履歴を無効にすることも可能です。, Google Hangouts MeetではGoogle アカウントを利用するため履歴などもアカウントに保存されます。そのためパソコンやスマホ等の端末を機種変更したときも、Google Hangouts Meet履歴やサービスを引き継ぐことが可能な点も特徴の一つです。, Google Hangouts Meetのもう一つ大きな特徴としては、Googleカレンダーとの連携ができる点です。GoogleSuiteの契約が必要ですが、Googleカレンダーに登録することで時間になると自動的に会議を始めることができ、時間の有効活用ができます。, Google Hangouts Meetの特徴と、ハングアウトとの比較と使い方について解説をしてきました。次に、Google Hangouts Meetを使用する事前準備について説明していきます。, まずはGoogleSuiteのアカウントの作成が必要です。アカウントは、Google Meetを検索し、Google Hangouts Meetページから作成を選択します。試用期間がついていることもあります。, 既にハングアウト等、Google Hangouts Meetとは別のビデオ通話サービスを利用している場合から、Google Hangouts Meetへ移行する方法と注意点について解説していきます。, 従来のハングアウトからGoogle Hangouts Meetへ移行する場合は、G Suiteの管理パネルへログインし、アプリの設定を開きハングアウトの設定画面でGoogle Hangouts Meetへの移行を選択することでGoogle Hangouts Meetへ切り替えができます。, Google Hangouts Meetは、同様の会議アプリであるZooomから移行することも可能です。Google Hangouts Meetに移行するには、ハングアウト同様にG Suiteの管理パネルへログインし、カレンダー・共有設定から、Zoomを選択することで可能です。, WebexからGoogle Hangouts Meetに移行するには、Pixipのダウンロードが必要です。最初は試用となります。, インストール後、Pixipの設定を開き、Meetとの連携を設定することで、Google Hangouts Meetへの移行が可能です。, 移行するには注意点があります。移行後、Google Hangouts Meetを主にWebブラウザで使用する場合、そのWebブラウザがGoogle Hangouts Meetのサポート対象となっていることが必要です。, Google Hangouts MeetのブラウザでサポートされているのはGoogle ChromeとFirefoxであるため、Google Hangouts Meetに移行する前に他のWebブラウザを使用している場合はサポートされているブラウザに切り替えてから移行します。, ここまでは、Google Hangouts Meetの特徴と他ビデオ会議からの移行設定方法と注意点について解説してきました。次に実際にGoogle Hangouts Meetの使い方と注意点について解説していきます。, まずは、ビデオ会議の開始手順について解説していきます。ビデオ会議は、Googleカレンダーから会議を設定することが可能です。, カレンダーでGoogle Hangouts Meetのビデオ会議を開始するには、まず、Googleカレンダーを開き、開催したい日程を選択します。, 次に、ゲストに招待状を送信しますか?と現れるので、送信を選択すると会議案内が相手に送信されます。受信者には、入力した予定の日時、内容とGoogle Hangouts Meetのリンクが記載されたメールが届きます。, 受信者は、設定された時間にHangouts Meet に参加を選択しウィンドウが表示されたときに、 参加を選択することでGoogle Hangouts Meetに参加することができます。, モバイル端末から開始するには、同様にモバイル端末からGoogleカレンダーを選択し会議に参加するを選択することで、ビデオ会議に参加することができます。, ここまでは、Google Hangouts Meetの基本的な使い方について解説してきました。次に、Google Hangouts Meetの参加方法と注意点について解説していきます。, まずは、カレンダーから参加する方法ですが、こちらは上述のとおりGoogleカレンダーから参加することができます。, 次に、Google Meetから参加する方法です。ウェブブラウザからGoogle Meetにアクセスし、スケジュール設定されている予定のリストから参加したい会議を選択し、次にミーティングに参加を選択すると会議に参加することができます。, もう一つは、会議のリンクから参加する方法です。たとえ相手がGoogle Meetに登録をしていなくても会議案内を送信しそのリンクを選択することで、会議に参加することができます。, 会議コードで会議を設定する方法もあります。こちらもウェブブラウザでGoogle Hangouts Meetsにアクセスし、ミーティングコードを使用を選択します。そしてミーティングコードを入力した後に参加を選択することで会議への参加が可能となります。, 映像なし、音声のみで会議に参加することも可能です。ただし、この機能はGoogleのSuiteのEnterprise版を利用している場合に限ります。カレンダーの予定(招待されている場合は会議の招待状)を開き、電話番号を選択することで参加が可能です。, Suite管理者が相互運用を有効化していれば、サードパーティ製のビデオ会議システムからの参加も可能です。その場合も、カレンダーの予定(もしくは会議の招待状)を開き、その他の参加方法を選択するとサードパーティ製システムを選択することができます。, ここまでは、Google Hangouts Meetの最初の使い方である参加方法について解説していきました。次に、コラボレーションの使い方と注意点について解説していきます。, コラボレーションとは、会議中にできる参加者とのコミュニケーションや招待のことです。Google Hangouts Meetでは会議中にいろいろな機能を使用することができます。, ビデオ会議中にゲストを参加させることができます。追加には、会議中に会議名をコピーして参加してもらいたい相手にメール等で送ることで、ゲストとして招待が可能です。削除するには、会議に参加している相手のアイコンを削除することで削除が可能です。, ゲストをカレンダーで追加することも可能です。カレンダーにアクセスして会議予定を開き新たにゲストのメールアドレスを追加することで、新たに参加するゲストに通知を送ることができます。, ビデオ会議中に、他のゲストにメッセージを送信することもできます。会議中にチャットアイコンを選択するとテキストメッセージの入力画面になります。ただし、このメッセージは全員に表示されるので個別に連絡したい場合は注意が必要です。, ビデオ会議中にプレゼンの資料などを参加者と共有することもできます。参加中に「固定表示する」を選択して共有する範囲を選択することで、特定の資料を固定することができます。, Enterprise版の契約をしている管理者に限り、会議の内容を録画することも可能です。Googleドライブに保存することができGoogleカレンダーと紐づけされるため、会議の議事録を取らずとも会議記録を残しておくことが可能です。, 会議中にノイズが気になる場合は、マイクをミュートにすることができます。自分のマイクの音声を消すには、画面下にあるマイクのアイコンを選択することで可能です。他の参加者の音声を消すには、その参加者の横に表示されているマイクアイコンを選択します。, カメラ、スピーカー、マイクの切り替えをするには、設定アイコンを選択後、全般設定から変更することができます。, 動画の品質を切り替えることもできます。設定アイコンから、ネットワークを選択し送信時の解像度、受信時の解像度を変更する設定をそれぞれ選択します。設定後、完了を選択することで切り替えが完了します。, スマートフォンなどから会議に参加する場合は、インカメラに切り替えることができます。(インカメラがついているスマートフォンに限り)インカメラへ切り替えするには、アプリから会議に参加後、カメラを切り替えるマークをを選択すると切り替えできます。, 月額費用は掛かりますが、Googleを最大限に利用することができるGoogle Hangouts Meet、個人ビジネスを展開する場合には、一度試用する価値はあると言えます。.