ファイル名にはレイヤー名がそのまま使われます。書き出し形式パネル内では変更できないので、事前にレイヤーパネル内で修正しておきます。 Photoshopでは保存するファイル形式にたくさんの選択肢があります。まずは、パターン別に「こんなときは 形式で保存するのがおすすめ」というケーススタディをしてみたいと思います。 1-1.Photoshopの編集データを保存したいとき ⇒PSD

今回の作業では以下のことを実現させます。 ・扱うソフトはPhotoshopのみ ・複数(任意)のレイヤーを一括で書き出し ・書き出しはWeb用に保存で容量を軽くする ・自動的に連番でリネーム これらの作業を自動でカンタンに実現します。 ※ここでは、ファイル形式jpg、ファイルネームimg1234_001.jpg以降末尾を連番(img1234_002.jpg、img1234_003.jpg・・・)にします。もちろんファイル形式もファイルネームも任意の … Why not register and get more from Qiita?

By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 「【Photoshop入門】Webデザインをはじめよう!第6回 完成したWebデザインから、画像やCSSコードを生成しよう」. そこで、Photoshop CCの「書き出し形式…」ダイアログを使ってみましょう。, 書き出したい画像レイヤーを選択します。その際、複数のレイヤーを選択して一緒に書き出すこともできます。, シェイプで画像をマスクするクリッピングマスクなどは、「レイヤーグループ」でまとめておくと良いでしょう。サンプルの3枚のレシピ画像はクリッピングマスクでサイズを決めてあり、それぞれレイヤーグループ化して、「im1」「im2」「im3」と名前をつけてあります。, 書き出したいレイヤーグループ(この例では「im1」「im2」「im3」)を選択して、[control]+クリック(右クリック)し、[書き出し形式…]を選択します。, [書き出し形式…]ダイアログが開きます。左側のリストには、選択した「im1」「im2」「im3」の3つの画像が表示されています。 左側の「すべてのスケール」には、2倍や3倍、0.5倍などを指定すると、複数の解像度のファイルを一度に書き出せます。右側のパネルではファイルフォーマットなどを指定します。, [すべてを書き出し…]をクリックすると、[(ドキュメント名)-assets]フォルダへ指定した画像が書き出されました。

PhotoshopのJavaScriptを使用して「WEB用 に保存」を実行したところ、大した画像でもないのにgifで書き出すとかなり荒い画像になってしまう。 var option = new ExportOptionsSaveForWeb (); //「WEB用 に保存」の設定 option . 最終的には以下のように設定した。.

PhotoshopのJavaScriptを使用して「WEB用 に保存」を実行したところ、大した画像でもないのにgifで書き出すとかなり荒い画像になってしまう。, 原因を調べるために、一緒に保存していたpsdファイルを確認すると、【劣化】の値に60が設定されていた。, そこでデフォルトで60の値を設定するプロパティを公式ドキュメントから探してみると、どうもqualityがそれっぽい。 高画素の写真をWeb … では、Photoshop CC 2014とPhotoshop CC 2015でのWEB用に保存する機能の違いを以下のように説明しています。 1999年に販売したPhotoshop 5.5に「Web用に保存」が搭載されましたが、これはImageReady(現在は販売終了)から移植された機能です。 この記事では、Web制作の現場で役立つ、PSDドキュメントから画像を書き出す方法をご紹介します。 (記事執筆時点ではPhotosohp CC 2017リリースが最新です), レスポンシブウェブデザイン(RWD)や高解像度デバイスに対応するために、サイズが異なる画像の書き出しが必要になることは“イマドキ”のWebデザインにはよくあることです。同じデザインが元になっていても、対応するデバイスによって求められる画像の種類も違うと、従来の「スライス」などの方法ではちょっと大変です。, そこで、Photoshopの書き出し機能の特徴を覚えて、場面に応じた使い分けをマスターしましょう。最新のPhotoshop CCには、スライスを使った書き出し以外にも、様々なファイルサイズをパーツごとに書き出せる機能や、アートボードごとに一瞬で書きだせる機能などが搭載されてます。, Photoshop CS6 から利用できる手法です。レイヤー名にファイルの拡張子を指定しておくと、自動的にアセットとして書き出してくれます。, まず、ファイルメニュー→生成→画像アセットにチェックを入れます。 また、「書き出し形式」では複数フォーマット(拡張子)の書き出しを一度に行うことはできないので、複数フォーマットでの書き出しが必要な場合は、アセット(生成)がおすすめです。, CSSで表現できる幅の広がりにより“イマドキ”は、画像として書き出さなくてはいけないデザインパーツは減少傾向にあります。デザインカンプやコーディングの方針によっては、必要な時だけレイヤーに名前を付けて書き出す形でも良いでしょう。, 書き出したいファイルを開いた状態で、[ファイル]メニュー→[書き出し]→[書き出し形式…]を選択して[書き出し形式…]ダイアログを開くと、アートボード(カンバス)単位での書き出しができます。, この場合、左側のリストは、アートボード(カンバス)単位で表示されます。レイヤーの時と同様に、「すべてのスケール」や「ファイル設定」、「画面サイズ」などを詳細に設定して、[すべてを書き出し…]をクリックすると、対象のアートボードを書き出すことができます。, 「クイック書き出し」は文字通り、クイックに(素早く)画像を書き出せる機能です。特定の決まった形式で書き出せれば十分という場合におすすめです。, ファイルメニュー→書き出し→PNGとしてクイック書き出しを選択するだけで、アートボードの数だけファイルが書き出されます。

次に、画像として書き出したいレイヤー名(レイヤーグループ名)を「Web用のファイル名」+「.」(ピリオド)+「拡張子」の組み合わせに変更します。たとえば「イメージ.jpg」などの日本語のレイヤー名でも書き出せますが、Webで使用することを考えると、あらかじめ半角英数で命名しておく方が良いでしょう。

でも、それってjpgとかで使用するやつなんだろうなぁと思って、半信半疑で設定してみると【劣化】に値が設定された。, ちなみに、【劣化】の値は0に近いほど画像が綺麗に書き出されるので、qualityは0に設定する必要がある。 you can read useful information later efficiently. Copyright © 2020 Adobe. Photoshop CC 2015 リリースの時点で、 ファイル/Web 用に保存 オプションは、新しい書き出しオプションとともに ファイル/書き出し/Web 用に保存(従来) に移動されました。 これらの新しい書き出しオプションの詳細については、「アートボード、レイヤーなどの書き出し Photoshop CC 2015 リリースの時点で、ファイル/Web 用に保存オプションは、新しい書き出しオプションとともにファイル/書き出し/Web 用に保存(従来)に移動されました。, これらの新しい書き出しオプションの詳細については、「アートボード、レイヤーなどの書き出し」を参照してください。, Photoshop の画像ファイルを人気の高い様々な種類の画像形式に簡単に保存することができます。, TIFF は、ほとんどすべてのペイントアプリケーション、画像編集アプリケーションおよび DTP アプリケーションでサポートされている柔軟なラスター(ビットマップ)画像形式です。, 合成画像データの圧縮方式を指定します。32 ビット TIFF ファイルを保存する場合は、プレディクタ圧縮を使用してファイルを保存するように指定できますが、JPEG 圧縮を使用するオプションはありません。プレディクタ圧縮では、浮動小数点数値の再配置によって圧縮率を向上させることができ、LZW 圧縮と ZIP 圧縮の両方で使用できます。, JPEG 圧縮を使用できる画像は、8 bit/チャンネルで、幅か高さが 30,000 を超えない、不透明な RGB およびグレースケール画像のみです。, TIFF ファイルを保存する際にチャンネルデータがインターリーブ(RGBRGB)されるか、チャンネルごと(RRGGBB)で編成されるか設定します。これまで、Photoshop は常にチャンネル順序をインターリーブで TIFF ファイルを書き込んでいました。理論上、チャンネルごと(RRGGBB)で保存されたファイルの方が読み取りと書き込みは高速にでき、圧縮率も少しだけよくなります。どちらのオプションも以前のバージョンの Photoshop との下位互換性があります。, ファイルを読み取ることのできるプラットフォームを選択します。このオプションは、ファイルが開かれていたプログラムがわからないときに便利です。Photoshop および最近のほとんどのアプリケーションでは、IBM PC または Mac OS のどちらのバイト順序のファイルでも読み込むことができます。, 複数解像度情報を保持します。Photoshop には複数解像度ファイルを開くためのオプションはなく、画像はファイル内の最高の解像度で開かれます。ただし、一部の画像サーバー等のソフトウェアでは複数の解像度を使用してファイルを開くことができます。, ファイルが別のアプリケーションで開かれるとき、透明部分を追加のアルファチャンネルとして保持します。ファイルを Photoshop で開くと、透明部分は常に保持されます。, レイヤー内のピクセルデータの圧縮方式を指定します(合成データの逆)。多くのアプリケーションは、レイヤーデータを読み込むことができないため、TIFF ファイルを開くときにレイヤーデータをスキップします。ただし、Photoshop は TIFF ファイルのレイヤーデータを読み込むことができます。レイヤーデータが含まれているとファイルのサイズが大きくなりますが、別の PSD ファイルにレイヤーのデータを保存して管理するという手間を省くことができます。画像を統合する場合には、「レイヤーを破棄してコピーを保存」を選択します。, Photoshop で複数のレイヤーを含む画像を保存するときにプロンプトが表示されるようにするには、環境設定ダイアログボックスの「ファイル管理」セクションで「レイヤー TIFF ファイルを保存する前に確認」を選択します。, 「別名で保存」コマンドを使用すると、CMYK、RGB およびグレースケールの画像を JPEG 形式(*.jpg)で保存できます。JPEG 形式では、選択的にデータを破棄することによりファイルサイズを圧縮します。ファイル/書き出し/Web 用に保存(従来)コマンドを使用して、画像を JPEG 形式で保存することもできます。, JPEG は 8 ビット画像のみをサポートします。16 ビット画像をこの形式で保存する場合は、ビット数は自動的に少なくなります。, 標準的な画質の JPEG を簡単に保存するには、ファイルに対して「JPEG 標準で保存」アクションを再生します。このアクションにアクセスするには、アクションパネルメニューから「製作」を選択します。, マットカラーの候補を提供して、透明部分を含む画像で背景が透明であるように見せることができます。, 画質を指定します。画質ポップアップメニューからオプションを選択するか、画質スライダーをドラッグするか、「画質」テキストボックスに 0 ~ 12 の値を入力します。, JPEG ファイルの形式を指定します。「ベースライン(標準)」を選択すると、ほとんどの Web ブラウザーで認識される形式が使用されます。「ベースライン(最適化)」を選択すると、カラーが最適化され、比較的小さなサイズのファイルが作成されます。「プログレッシブ」を選択すると、画像がダウンロードされる間、指定した数のバージョンが表示され、画像の詳細が少しずつ表示されていきます(Web ブラウザーによっては、最適化された JPEG 画像やプログレッシブ JPEG 画像をサポートしていないものもあります)。, 一部のアプリケーションは、JPEG 形式で保存された CMYK ファイルを読み込めません。同様に、Java アプリケーションで JPEG ファイルを読み取れない場合は、サムネールプレビューなしでファイルを保存してください。, 「別名で保存」コマンドを使用して、RGB、インデックスカラー、グレースケールおよびモノクロ 2 階調モードの画像を PNG 形式で保存できます。, ファイルが完全にダウンロードされるまでの間、画像が低解像度でブラウザーに表示されます。インターレースによりダウンロード時間は短くなるように感じられますが、ファイルサイズは大きくなります。, Photoshop CC 2015 リリースから、アートボード、レイヤー、レイヤーグループ、またはドキュメントを JPEG、GIF、PNG、PNG-8 または SVG 画像として書き出せるようになりました。レイヤーパネルでアイテムを選択して右クリックし、コンテキストメニューからクイック書き出しまたは書き出し形式を選択します。, 「別名で保存」コマンドを使用して、Photoshop ドキュメントをアニメーション GIF として 1 つ以上のフレームとともに保存できます。, ほとんどの DTP アプリケーション、ワードプロセッサーアプリケーション、グラフィックアプリケーションでは、EPS(Encapsulated PostScript)ファイルを読み込んだり配置したりすることができます。EPS ファイルをプリントするには、ポストスクリプトプリンターを使用する必要があります。非 PostScript プリンターでは、画面解像度のプレビューしかプリントできません。, 他のアプリケーションで表示するための低解像度の画像を作成します。EPS ファイルを Windows システムと Mac OS システムで共有する場合は、「TIFF」を選択します。8 ビットのプレビューはカラーになり、1 ビットのプレビューは表示がギザギザのモノクロになります。8 ビットのプレビューは、1 ビットのプレビューよりもファイルサイズが大きくなります。詳しくは、ビット数を参照してください。, 画像データをポストスクリプトデバイスに出力する方法を決定します。エンコーディングオプションについては後で説明します。, ハイエンドの業務用プリント向けにプリント仕様を設定します。これらのオプションを選択する前に、プリンターの仕様を確認してください。, 白色の領域を透明に表示します。このオプションは、モノクロ 2 階調モードの画像にだけ使用できます。, ファイルのデータを、プリンターのカラースペースに変換します。別の方法でカラーマネジメントされるドキュメントに配置する画像の場合、このオプションは選択しないでください。, CMYK 画像のポストスクリプトカラーマネジメントをサポートするのは、PostScript Level 3 のプリンターだけです。ポストスクリプトカラーマネジメントを使用して PostScript Level 2 のプリンターで CMYK 画像をプリントするには、画像を EPS 形式で保存する前に Lab モードに変換します。, ファイル内のベクトル画像(シェイプや文字など)を保持します。ただし、EPS ファイルや DCS ファイル内のベクトルデータを処理できるのは対応しているアプリケーションだけです。このファイルを Photoshop で再び開くと、ベクトルデータはラスタライズされます。このオプションは、ファイルにベクトルデータが含まれている場合のみ利用できます。, バイキュービック法を適用して、プリントする場合に、低解像度のプレビューを滑らかにします。, Windows システムからプリントする場合、またはプリントエラーやその他の問題がある場合にエンコードされます。, 作成されるファイルは小さくなり、元のデータも変更されません。ただし、DTP アプリケーション、業務用プリントスプールソフトウェアおよび業務用ネットワークプリントソフトウェアの中には、バイナリ Photoshop EPS ファイルをサポートしないものがあります。, 画像データの一部を破棄してファイルを圧縮します。JPEG の圧縮率は、低圧縮率(JPEG の最高画質)から高圧縮率(JPEG の低画質)までの間で選択することができます。JPEG エンコードを含むファイルは、PostScript Level 2 以上のポストスクリプトプリンターでのみプリント可能で、色分解設定で正常にプリントされない場合があります。, DCS(Desktop Color Separations)形式は EPS 形式の 1 つで、CMYK の色分解またはマルチチャンネルファイルを保存できます。, このダイアログボックスには、Photoshop EPS ファイルで使用できるオプションがすべて表示されます。さらに、DCS メニューでは、72 ppi の合成ファイル(複数のファイルの合成画像)を作成するかどうかを選択できます。合成ファイルは、DTP アプリケーションで配置したり、画像の確認に使用したりすることができます。, CMYK 画像のカラーチャンネルごとに 1 つのファイルが作成されます。5 つめのファイル(グレースケールまたはカラーコンポジット)を作成することもできます。合成ファイルを表示するには、5 つのファイルすべてが、同じフォルダーの中にある必要があります。, 画像のスポットカラーチャンネルが保持されます。カラーチャンネルを複数のファイル(DCS 1.0 と同様)として保存するか、単一のファイルとして保存するかを選択できます。単一ファイルのオプションを選択すると、ディスク容量を節約できます。グレースケールまたはカラーコンポジットを含めることもできます。, 汎用フォーマット形式を使用すると、異なるアプリケーション間やプラットフォーム間でファイルの読み込みと書き出しを行うことができます。汎用フォーマット形式は、Camera Raw と同じではありません。, (Mac OS)ファイルタイプとファイルクリエーターの値を指定します。または、初期設定値をそのまま使用します。, チャンネルをインターリーブの順序とノンインターリーブの順序のどちらで保存するかを選択します。, BMP 形式は Windows システム用の画像形式です。モノクロ(1 ピクセルあたり 1 ビット)から 24 ビットカラー(1,670 万色)までの画像を保存できます。, 1 チャンネルあたり 16 ビットの RGB 画像は、Cineon 形式で保存して、Kodak Cineon Digital Film System で使用することができます。, Targa(TGA)形式では、8 bit/チャンネルのビットマップおよび RGB 画像がサポートされます。この形式は、Truevision® のハードウェア用に設計された形式ですが、他のアプリケーションで使用することもできます。, リーガルノーティス