snsの誹謗中傷は被害者が泣き寝入りしやすい.

オンラインでの活動に必要な倫理観について,大学や地域snsの中でアンケート調査を行った結果を報告する。 また,匿名 性と個人情報保護という観点から,インターネットと信頼できるネットワークの違いについて議論する。 木村花さんを誹謗中傷した人たちの中には、ターゲットを変えて誹謗中傷を続ける人も少なくないでしょう。, 匿名の書き込みなどから多くの人に情報が拡散され、知らなくてもいいことまでも大勢の人が知ることになります。, 「他人を許せない」「非難せずにはいられない」という不寛容な感情を強く持った日本人が増えている, 他人を誹謗中傷することで、「自分の方が偉い」「自分の方が上だ」という気持ちになる心理, もし自分が誹謗中傷されたらどうすればいいか?という問題について、その解決方法をお届けします。, 【速報】コロナで「好調なビジネス7選」と深刻化する経済(帝国データバンクの速報調査結果), いよいよ緊急事態宣言!新型コロナウイルス対策で今からどんな準備や思考をすればいいのか?東京ロックダウン、預金封鎖はあるのか?(備蓄リストも紹介), YouTubeはもう古い!個人のSVODビジネスがこれから来る。メンタリストDaiGOの動きから予測, 関達也の日刊ラジオ『3分でわかる!ゼロから億を稼ぐマイクロプレナー®思考』のご案内. 日本財団が全国の17歳~19歳男女1,000人に実施した「18歳意識調査」によれば、snsの誹謗中傷について、全体の12%が「被害経験あり」と回答しています。 snsが欠かせない存在となった今、誹謗中傷は毎日当たり前のように行われています。なぜ誹謗中傷がなくならないのか。誹謗中傷をする人はどのような心理なのか。実際に誹謗中傷を受けた私がどのような対処をしたのか。どのような誹謗中傷内容だったのか。 All Rights Reserved. テレビや新聞、ラジオなどを通じて私たちは、政治や事件、事故などについて、さまざまな情報を知ることができます。 そして現代では、インターネットの普及により、さらに多くの情報を得ることができるようになりました。, 「知る権利」とは、国民が政治や行政、事件や事故などの情報を、何からも妨げられることなく知ることのできる権利のことです。, 上記の憲法21条1項で、知る権利は保障されていますが、はっきりと記載されていません。ですが、裁判などで用いられる際には、これを根拠に説明されます。, 21条の条文には、「表現の自由」という記載があります。  表現の自由とは、個人や団体(報道、出版、放送、映画など)好きな時に、好きな場所で、好きな方法で、好きな情報を外部に発信しても良いという権利です。, 情報を外部に発信する者がいるということは、その情報を受ける者がいるということになります。そこで、情報の受け手側の立場から、「知る権利」という概念が生まれました。  つまり、知る権利は、表現の自由をもとに誕生した新たな権利です。, 民主主義とは、国政ではなく、国民が主権を持つことです。  国会議員や地方議員は、選挙によって選ばれます。選挙は民主主義に沿った方法であり、国民は選挙で選ばれた議員を通じて政治に参加し、権力を行使します。, このように国民が主権を持ち、政治に参加するには、その動きを知る必要があるために、知る権利は不可欠なものとなります。, 「アクセス権」とは、情報を受ける側が、送る側に対して自分の意見や主張を行う場の提供を求める権利のことです。, 一般的に、情報の受ける側は一般人、送る側は報道機関という構図です。現在は、ネットの普及によって変わってきていますが、以前は「送る側」→「受ける側」への一方通行でした。  そのため、受ける側も情報を発信できるという権利を保証したものがアクセス権となります。, 国民が知る権利を行使するには、報道機関の役割は重要です。  なぜなら、政治などの情報を国民が知るためには、報道機関が発信する情報が不可欠なためです。国民の知る権利に奉仕するため、「報道の自由」という概念があり、憲法21条1項で保障されています。, 報道の自由とは、報道機関が国民に対して新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などを通じて事実を伝える自由を保障しています。, また、報道機関がニュースを発信するためには、取材活動を行う必要があります。そのため、「取材の自由」という概念も存在します。, 前項の「報道の自由」は、憲法21条1項で保障されるものお伝えしましたが、比べて「取材の自由」について裁判所は、「憲法21条の精神に照らし合わせ、十分尊重する」と述べるに留まっています。  つまり、取材の自由は、憲法21条1項で無制限に保障されるものではありません。  では、どのような部分が制限されているのでしょうか?以下でご紹介します。, 「取材の秘匿」とは、取材に際しての情報源(ニュースソース)である人物を特定できるような情報を他に漏らさないことを言います。  これは、取材を行い、情報を外部に発信する者として、厳守しなければならない事項です。, しかし、裁判の証人として出廷した記者が、情報源を証言することを拒絶したことについて、裁判所は「憲法21条1項は、証言の拒絶権まで保障していない」と述べています。  つまり、裁判にてニュースの情報源を求められた場合、証言を拒絶することは、取材の自由で保障されないということです。, また、裁判所がテレビ局に対して、取材フィルムを証拠としての提出を求めることは、「取材の自由」で禁止されることではなく、認められるとされています。, このように、取材活動で得た情報は無制限で自由になるものではなく、裁判所の要請などで自由が制限される場合もあります。, 世間を騒がせた事件の裁判が行われると、ニュース番組などで報じられることがあります。  その際に、法廷内の様子を映像や写真ではなく、絵で伝える場面を見たことがある人も多いことでしょう。, これは、傍聴人が法廷内で映像や写真の撮影、音声のみの録音が禁止されているためです。しかし、紙とペンでの筆記行為(メモをとる)、絵を書く行為は認められています。, そのため、法廷画家と呼ばれる人が、裁判中の様子を絵に書き、記者はメモをとってニュース原稿に移します。, この行為を禁止することも「取材の自由」を制限することにあたり、不当であるとの見解も一部で挙がっていることが現状です。, 現在、インターネット上には多くの情報が溢れています。  この情報は人々の暮らしを豊かにする一方で、さまざまなトラブル発生にもつながっています。, 例えば、過去に逮捕された人が、数年が経って出所し、更生してもなお、ネット上には逮捕された時のニュースが残ったままで、社会復帰に妨げるケースがあります。, これを巡って、過去に5年前に児童買春容疑で逮捕された人が、ネット上の逮捕歴の情報削除をGoogle社に求めた裁判がありました。  最高裁判所は、「検索結果は削除されない」という高等裁判所の決定を認めています。  その理由のひとつとして、「児童買春」という少年少女の成長に関わりる社会的影響が大きい罪での逮捕歴は、5年程度の時間の経過では、まだ世間がこの事件を「知る」必要があるという旨が含まれていました。, このように、現在のネット上では、「情報の削除」「誹謗中傷」と「表現の自由」「知る権利」が対立している構図があります。, 他人の悪口を匿名掲示板やSNSに書き込む「誹謗中傷トラブル」については、被害者が「削除」を求めても、「表現の自由」を盾にサイト運営者が削除を認めないという問題があります。, ネットの普及によって、世間に情報を発信するメディアのあり方が変化しています。この中で、「知る権利」をはじめ、「表現の自由」「報道の自由」などの役割の変化にも注目が集まりそうです。, 他人の悪口を徹底的に言う「誹謗中傷」が今、ネット上に蔓延っています。誹謗中傷の舞台は掲示板やSNSが多く、匿名で利用できることで、他人の悪口を書込み[…], スマートフォンが人々の暮らしの必需品となった現代。インターネットの普及によって生活が豊かになった一方で、ネット上のトラブルも急増しています。 その中で[…], 2019年8月、茨城県の高速道路で起きたあおり運転の事件については記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。 逮捕された男があおり運転を行った後、あお[…], インターネットの誹謗中傷トラブルは、誰もが当事者になる可能性があります。匿名で書き込みができるなどの理由で安易に他人の悪口を書いたり、誹謗中傷の被害[…], 会社員にとって一日の大半を過ごす場所は「会社」です。  会社は長い時間を過ごす場所だからこそ、時には人間関係に悩んだり、待遇に不満があったりすることも[…]. ネットやSNSで誹謗中傷する人が減らない6つの理由(他人事ではない) こんにちは!マイクロプレナー®関達也(@SekiTatsuya)です。 ひとり起業・副業で、ゼロから億を稼いだ経験を元に、日刊ラジオを発信しております。 2019年6月にスタートして、総再生回数 79,000回を突破!

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のなかで、特定の人を標的とする誹謗中傷が社会問題になっています。匿名性に隠れて相手の人格を傷つける行為は、加害者が想像している以上に被害者を追い詰める危険性があります。, テラスハウスに出演していた女子プロレス選手・木村花さんが亡くなった背景にも、匿名のアカウントによるSNSの誹謗中傷があったといいます。, こうした情勢に対して、法務省は、総務省と一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構と連携して、SNS利用に関する人権啓発サイトを開設しました。今後、SNSの誹謗中傷について、国家として対策する流れが強まっていくかもしれません。, この記事では、SNSの誹謗中傷の実情、被害の事例、逮捕例、対策などの概要をまとめています。今、もう一度、私たちはインターネット上での発言について考える必要があると思います。, 日本財団が全国の17歳~19歳男女1,000人に実施した「18歳意識調査」によれば、SNSの誹謗中傷について、全体の12%が「被害経験あり」と回答しています。つまり、10人いれば1人以上はSNSで悪口を言われた経験があることになります。, 物理的な暴力と違って、誹謗中傷が与える心の傷は目に見えません。そのため、第三者に心理的負担について詳細に説明しなければなりません。これは、被害者にとって重荷になることだと思います。, また、加害者に対して法的手段を取るためには、SNSの運営会社に情報開示請求を行ったり、刑事・民事裁判の準備をしたりなど、お金も時間も必要になります。, 以上のことからも、SNSの誹謗中傷は被害者が泣き寝入りしやすいといえるでしょう。インターネットは、だれでもアクセスできる開かれた空間です。, したがって、だれかを標的とする悪口やデマをつぶやけば、第三者は簡単に閲覧できます。それが相手の人生にどのような影響をもたらすのか。投稿する前に、少し考えてみたほうがよいと思います。, SNSの誹謗中傷で悩む人たちに対して「嫌なら見なければいい」という方たちもいるかもしれません。, しかし、SNSをはじめインターネットが生活必需品となっている以上、「見たくなくても見てしまう」といったことが考えられます。また、悪口やデマを見聞きした知人から内容を聞いてしまうといったこともありえるでしょう。, いずれにしても、被害者の行動を制約するかたちで誹謗中傷の対策を強いるのは非現実的なのではないでしょうか?, また、「表現の自由が認められているんだから、誹謗中傷も個人の自由だ」という意見もあります。たしかに、個人の言論が無闇に統制されるのは、憲法上の権利を侵害するおそれがあるので注意しなければなりません。, しかし、自由には責任が伴うはずです。もし、誹謗中傷の表現が個人に実害を与えるならば、民事訴訟を起こされたとしても文句はいえないと思います。, 果たして、SNSで誹謗中傷を投稿する人たちは、そうしたリスクを取る覚悟をもって発言をしているのでしょうか。, 結論からいえば、SNSの誹謗中傷で逮捕された人はいます。2020年7月21日までに、新潟を拠点として活動するアイドルグループNGT48のメンバー5人に対して、ツイッターで「覚醒剤使用のため、思考回路と人間の心が破壊されている」と投稿した男性が名誉毀損の疑いで逮捕されました。, また、民事裁判で訴えられることもあります。ジャーナリストの伊藤詩織さんは現在、ツイッターで誹謗中傷を受けたとして男性に損害賠償を求めて提訴しました。, これに関して、さまざまな意見が論じられていますが、伊藤さんの提訴には、「SNSの誹謗中傷がどこまで法的に裁くことができるのか」といった線引きを日本社会に提示する機会になると思います。, もちろん、事実を含めて司法の判断に結果は委ねられると思いますが、SNSの誹謗中傷が罪に問われる時代になってきたといえるでしょう。, こうした情勢のなかで、SNSの誹謗中傷に対処する専門家が増えています。Googleで「SNS 誹謗中傷 相談」と検索すると、リスティング広告の欄に、法律事務所などが検出されます。, もし、読者のみなさんがSNSの誹謗中傷に悩まれているのなら、思い切って専門家に相談してみるのもよいと思います。一人で悩んで精神的に追い詰められるよりも、だれかに相談して対処することが大切です。, SNSの誹謗中傷は、一人の被害者に対して集団で悪口が浴びせられるような構図になりがちです。だからこそ、一人になっていけません。だれかの力を借りて、現状を打開する必要があると思います。, SNSが情報メディアの主要ツールとなった今、これまでのように匿名を隠れ蓑にした無法地帯の言論は顧みられ始めています。, 私たちはデバイスを介して現実で生活する人間と繋がっています。物理的には、スマートフォンの画面かもしれませんが、言葉に宛先がある以上、だれかに届くのです。投稿する前に、自分の発言が他人に及ぼす影響を考慮することが求められています。, だれかを傷つけるためではなく、社会をよりよくするために話し合う場所として、SNSを活用することが大切だと思います。, PENDELION編集部はライター・構成担当・編集担当・グロースハッカーから成り立っています。専属のライターさんが執筆した記事に関しては、希望がある場合にのみプロフィールを掲載します。. snsが欠かせない存在となった今、誹謗中傷は毎日当たり前のように行われています。なぜ誹謗中傷がなくならないのか。誹謗中傷をする人はどのような心理なのか。実際に誹謗中傷を受けた私がどのような対処をしたのか。どのような誹謗中傷内容だったのか。 ネット上の誹謗中傷が名誉毀損に問われる条件や事例をお伝えした上で、名誉毀損に該当した場合にどのような対処ができるのか、ということを具体的にご紹介します。一刻も早くネット上から書き込みを削除したい方や、損害賠償請求を検討している方などは参考にしてみてください。 質問箱には匿名で質問がくるため、誰が書いたものなのか特定することができず、顔も名前も知らない相手からのバッシングは非常にメンタルにきました。, 今回その際に受け取った質問を紹介と回答しつつ、なぜSNSでの誹謗中傷がなくならないのか。, ご忠告ありがとうございます。 出来れば質問箱ではなくて、Twitterで直接言っていただけると助かります。 その方が時間の無駄ではない気がします。 #peing #質問箱 https://t.co/yp4nLWuW5f, おそらくフォロワーさんの中の私と同じくブログを書いている方が、私のブログを見て書いたのだと思いますが、なぜこのようなことを書くのか。, 万人受けするブログはこの世に存在しませんし、そもそも面白くないのならば見なければいいだけです。, それだけのことなのに、誹謗中傷ともとれる言葉を相手にあびせる行為はどうなのかと思います。, 後日答えます。 #peing #質問箱 https://t.co/E8s52KnWOF, TwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSは自分の思ったことや考えていることなどを自由に発信できる場所です。, 私がツイートした「ブログ辞めようかな」というツイートは誰かを不快にした内容なのでしょうか。, 不快に感じたのならブロックやミュートをすれば良いだけですし、そのための機能なのではないでしょうか。, 後日答えます。 #peing #質問箱 https://t.co/IgB4kmO8ek, 自分の経験や体験したこと、考えていることや感じたことなどをブログに書くのが1番良いと私は思いますし、私もそうしたいです。, ですが、誰しもが経験や体験を多くしているわけではありませんし、そうだったとしても限界があります。, 私はその点に早く気づいたため本を読み、知識を付け、書いてあったことを自分の言葉でこのブログから発信しています。, 本を読みたいけど時間がなかったり、必要な情報だけを知りたい人のために簡潔にわかりやすく書いていますし、これからも書き続けます。, 質問者の方も同じ本を持っているのなら、その内容を自分の言葉で発信すべきだと思います。, これらのように何かしらの不満やストレスなどを抱え込んでいる方や、ストレスのはけ口がない方などにとって、ネットを使った誹謗中傷は気持ち良いのだと思います。, そう思った時に、本当の顔も名前も知らない見ず知らずの相手に誹謗中傷をあびせるのだと思います。, 要するに、言いたいことが言えない人がネットを使って罵詈雑言や誹謗中傷をしているのだと思います。, それぞれ目指すべき目標やゴールは違うのに、自分と相手を比べ嫉妬してしまい陥れようとする。, 私は先程の質問内容を受け取った際に、とあるフォロワーさんから助言をいただきました。, その助言こそ誹謗中傷を受け取った後にとるべき行動だったのですが、私が未熟だったため、その行動をすることができませんでした。, 私の場合、質問箱という匿名で送られてくるものについて無視をしていれば自然と相手が名乗り出て、その後ブロックという流れに持ち込むことができました。, Twitterではツイートに対してリプライすると、アカウント名やアイコンなどが表示されますが、質問箱は完全に匿名なので身元バレすることはまずありません。, 質問箱にはブログに関することからプライベートなことまで様々な良い質問がきていましたし、それだけがくると思っていました。, Twitterを使用している方の中で、質問箱を活用している方はあまりいませんが、果たして質問箱は必要なのか。, 気軽に誰でも簡単に相手に質問できるところや、聞きにくいことが聞ける点などコミュニケーションをとるという点では優れています。, たまにくる質問に対し回答していますが、質問内容が誹謗中傷だったとしても回答しなければならないという使命感のような感情が湧いてきます。, 自分の考えや思ったことを世界中の人と共有できますし、同じ趣味や仕事仲間を見つけたり、お互いを高め合うことだって可能です。, 努力している人を馬鹿にしたり目標に向かって走っている人に対して、たった数文字で相手の全てを奪ってしまうことだってできます。, SNSが欠かせないものとなった以上、これからさらにSNSの使い方を見直すべきではないのでしょうか?, メールアドレスを記入して「購読」ボタンをクリックすれば、更新をメールで受信できます。 ※メールアドレスは管理人以外に知られることはありません。, 24歳の凡人サラリーマン。Fラン大学→地方の中小企業就職/マッチングアプリで出会った経験から、マッチングアプリ/汗っかきのため汗系について発信しています!週3日のペースでブログ更新中です。Twitterでも発信しており、フォロワー数3,550名を超えました。よろしければフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m, 利用者数No.1の国内最大級のマッチングアプリ。ユーザー数は1,000万人以上で、未婚男性の4人に1人は使ったことがあるほど、日本で1番人気のある大御所マッチングアプリ。, メンタリストDaiGoさん監修の心理学を用いたマッチングアプリ。定期的に開催されるイベント「性格診断」で、相性の良い相手を心理学から見つけてくれる。厳重な監視体制でサクラや業者もゼロ。, 完全審査制でサクラや業者が一切いない安心・安全なマッチングアプリ。運営と登録済みユーザーから50%以上の承認を得られないと登録ができないため、非常にクリーンで美女が多いマッチングアプリ。. 誹謗中傷を受けたり、他人のリア充投稿に一喜一憂するくらいなら、いっそのこと、snsをやめてしまうのも選択肢のひとつです。この記事では、snsをやめたことで得られる5つのメリットを紹介しています。 みなさんの人生にsnsは本当に必要ですか? 「ズバリ、本当です!」

憲法21条1項 条文 1項:集会、結社及び言論、出版、その他一切の表現の自由は、これを保障する。 2項:検閲は、これをしてはならない。通信の秘密はこれを侵してはおけない。 上記の憲法21条1項で、知る権利は保障されていますが、はっきりと記載されていません。ですが、裁判などで用いられる際には、これを根拠に説明されます。 21条の条文には、「表現の自由」という記載があります。 表現の自由とは、個人や団体(報道、出版、放送、映画など)好きな時に、好きな場所で、好きな方法で、 … 先日のクローズアップ現代プラスのテーマは「ネットのひぼう中傷」だった。 ネットのひぼう中傷 なくすために ~女子プロレスラーの死~ - nhk クローズアップ現代+2020年6月4日(木)放送。女子プロレスラー、木村花さんが自殺したとみられる問題。 掲示板やSNS、ブログなどネット上には様々な情報を提供することができますが、中には個人を特定した悪質な書込みをする方もいます。そしてネットは多くの方が閲覧することができますので、ネットを通じて自分の誹謗中傷に関する内容が第三者に知れ渡ることは不本意なことでしょう。, 誹謗中傷の中には、悪質なものもあり、内容によっては名誉毀損に該当する場合もあります。名誉毀損など法的に権利を侵害する書き込みに関しては、削除の申請や投稿者に対して損害賠償請求をすることができますが、名誉毀損に該当するのはどういった場合なのでしょうか。, 今回の記事では、ネット上における名誉毀損の知識や、誹謗中傷を受けた場合の対応方法についてまとめてみました。, 名誉毀損について理解するためには、ネット上ではどのような書き込みが、法的に第三者の権利を侵害するのかを理解しなければなりません。一般的に、ネット上の誹謗中傷による権利侵害には、名誉毀損以外に「侮辱」、「プライバシー侵害」があげられます。, ネット上の書き込みとはいえ、上記の内容に該当するものがあった場合、誹謗中傷の対象者は投稿者から法的に権利侵害されたことになります。, 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。, 第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。, 第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。, では、どのような時に名誉毀損に問われるのでしょうか。例えば、SNSのタイムラインや掲示板など他の人が見ることができる場所で、「〇〇は不倫していた」とか、「〇〇は過去に刑務所に入っていた」など名指しで誹謗中傷することは名誉毀損に該当します。この場合、実際に不倫をしていたのか、刑務所に入っていたのか事実であることは問われません。, 事実確認をすることができることが名誉毀損に該当するための条件であるため、本当に行われていたのかどうかは重要ではないのです。それに対して、「〇〇は嫌な奴である」、「〇〇は頭が悪いと思う」など、事実確認ができない誹謗中傷に関しては侮辱に該当します。, しかし、誹謗中傷の内容が、公的に利害が絡んだものであり(公共性)、利害を目的(公益性)としたものでかつ、真実である(真実性)場合は、名誉毀損は成立しません。例えば、会社の不正を暴露するようなケースです。もし、投稿者側が公共性、公益性、真実性を主張・立証できた場合、名誉毀損が成立しないということです。, では、ネット上で名誉毀損と受け取れる誹謗中傷を受けた時の、対応方法について説明していきます。, 投稿者へ交渉するのと同時に、SNSやブログサービス、掲示板など書き込みが行われたサービスを提供している会社へ削除の依頼を申出してください。申出をする際には、削除依頼する書き込みのどこの箇所が、法的に権利侵害しているのかを説明しましょう。削除依頼に応じてもらいやすくなるからです。, 申出を行うと会社側は、投稿者へ書き込みの削除に同意するのか確認を行いますが、この確認に対して投稿者から7日以内に返答が貰えなかった場合、投稿の内容は削除されます。反対に、投稿者が同意しない場合は、会社側の判断により削除するかどうかが決まります。, もし、会社側が削除依頼に応じない場合は、裁判所を介して会社側へ書き込みを削除してもらうための仮処分の申立を行ってください。, まず、誹謗中傷に関わる情報は、書き込みが行われた日付と共にスクリーンショット機能などを用いて全て保存してください。書き込みが削除されることもあるので、発見した段階で保存するようにしましょう。, TwitterやFacebookなどのSNS上のタイムラインや、アメブロやFC2などのブログサービスを通じて、誹謗中傷を受けた方は、メッセージ機能を介して、投稿者へ直接コンタクトを取って削除してもらえるよう交渉してみましょう。この際、「削除していただけない場合は警察・弁護士に相談する」、「法的手段も検討している」ことを文面に加えると削除してもらいやすくなります。, ネット上において名誉毀損とされる書き込みが行われた場合、投稿者に対して損害賠償請求をすることができます。では、どのように損害賠償請求をするのかその手順について説明していきますが、裁判を申し立てるためには投稿者の氏名・住所などを特定しなければなりません。, 投稿者の身元を特定するためには、まず実際に書き込みのあったSNS、ブログ、掲示板などを管理している会社に対して、投稿者のIPアドレスを請求します。請求する上で、「ネット上の誹謗中傷は名誉毀損に問われるのか?」でお伝えしたように、書き込みのどの内容が名誉毀損に該当するのかを説明するといいでしょう。, ケースバイケース、請求に応じてもらえない場合もあります。もし、対応してもらなかった場合は、会社に対して発信者情報開示請求の申立を行ってください。, 次に取得したIPアドレスを元に、プロバイダ会社を特定しますが、「IP SEACH」でIPアドレスを入力し、検索をするとプロバイダが特定することが可能です。プロバイダ会社が特定できたら、今度は、投稿者(IPアドレスの持ち主)の氏名、住所などの情報を特定するために、今度はプロバイダ会社へ発信者情報開示請求の申立を行います。, 投稿者の身元が特定できたら、今度は投稿者に対して名誉毀損による損害賠償請求を行いますが、まずは内容証明郵便を介して個人間で慰謝料に関する話合いをすると良いでしょう。内容証明郵便は、書類を郵送した事実を証明することを目的とした郵便であり、裁判を行う際に証拠として提出することができます。, 請求書には、「話合いがまとまらない場合は損害賠償請求の申立を検討している」などの文言を加えると効果的です。, もし、話合いがまとまらなかったら、今度は裁判所にて損害賠償請求の申立を行いましょう。申立後は、裁判所から投稿者へ答弁書を提出する機会が与えられますが、請求内容、答弁書の内容を元に裁判所は判決を下します。, 実際のところネット上の名誉毀損により損害賠償請求をするメリットはあるのでしょうか。損害賠償請求は弁護士に依頼することが一般的ですが、損害賠償請求が必要かどうかは、弁護士費用と慰謝料を比べた上で判断することが必要です。慰謝料の相場は、, 弁護士費用は各事務所によって異なる上に、慰謝料も状況によって異なります。そのため、どれくらいの慰謝料が見込めるのか、弁護士費用はどれくらいかかるのかは一度、弁護士に相談してみてください。, ネットの名誉棄損の慰謝料相場は、被害状況によって異なりますが、基本的には以下の通りです。, 原告の会社の従業員であった被告がSNSやブログで、原告が代表取締役を務める会社が反社会勢力と取引を行っている、タレントの娘のために各所を買収したなど投稿を行った事件です。, 被告は同内容を執拗に投稿しただけでなく、原告や関係者からの通知や警告などを無視し、より過激な内容の記事を投稿し、原告の釈迦的評価を著しく低下させた。また、原告の娘に対しても「殺す」などの穏便ではない表現を用いた記事を投稿したことなどから、100万円の慰謝料が認められました。, 参照元:令和元年9月12日 東京地裁 文献番号 2019WLJPCA09128009, 投稿者に対して刑事告訴を行いたい方は、警察に相談してください。この際に、手続きをスムーズに済ませるために、投稿者の身元が特定できた段階で刑事告訴を行うことをオススメします。, 刑事告訴をするためには、警察に告訴状、被害届のどちらかを提出しなければなりません。被害届とは、被害を受けたことを申告するための書類であり、警察が事件として扱ってくれるかは警察の判断次第です。それに対して、告訴状は、加害者を処罰させるための申立をする書類になりますが、被害届よりも告訴状の方が警察も事件として対応してくれる傾向にあります。, また、警察が事件として取り扱うにあたり、申立てる罪状が親告罪(被害者側の告訴が必要とする犯罪)に該当する場合は、告訴状が必要になります。名誉毀損罪は、親告罪に該当するため、ネット犯罪の名誉棄損罪で訴えたい場合は、警察へ告訴状を提出してください。, 告訴状には、被害内容と、名誉棄損罪に該当する理由について具体的に記載した上で、証拠と共に提出します。警察は法的に権利が侵害されていると認めなければ動いてくれないため、告訴状を作成する際は弁護士に相談すると良いでしょう。, 告訴状が正式に受理され、警察が事件として取り扱ってくれることが決まり次第、警察は投稿者を捜査し、逮捕の必要性があれば被疑者として逮捕します。逮捕後は、留置所に投稿者の身柄が確保されますが、逮捕から勾留期間は最大23日間です。刑事手続きでの起訴は検察官が行いますが、警察が捜査して集めた証拠を元に起訴するかの判断が行われます。, 起訴後の刑事裁判では、投稿者の有罪・無罪に関する審理が行われますが、有罪判決が出た場合の判決内容は罰金刑もしくは懲役刑のどちらかです。, 刑事告訴をする方は、刑事裁判によって慰謝料を受け取ることはできません。もし、金銭を請求したい場合は、示談交渉をする必要がありますが、示談交渉とは相手の罪状を軽くする代わりに示談金を支払わせるための交渉です。示談交渉は、相手側から申し出するケースも多く、金銭的な請求を望まれる方は示談交渉をしましょう。, ネット上の誹謗中傷でも、内容によっては名誉毀損に該当します。ネット上の書き込みに対して名誉毀損で訴えたい方が当記事を参考にしていただけたら幸いです。, A