This is not how we speak(英語のネーティブスピーカーを使って実験するべきだと思う。私たちはこんな喋り方はしない)」といった指摘が相次いだ。, 更にはハッシュタグ「#thisisapen」などを使い、パロディのような動画が国内外ユーザーらによって次々と投稿されている。番組とは逆に、ティッシュに向かって「This is a pen」「これはペンです」と発音し、今度は日本語の「ペン」を強調するというものだ。言語に関係なく話者次第で吐きだす息の量を調節できることを示しているようだ。, ツイッターで話題になった実験動画は、大妻女子大学名誉教授・井上栄氏による説を、「アメリカ滞在歴9年の日本人女性」を使って検証したものだ。番組によると、井上氏は「例えば英語と比べると日本語は飛沫を飛ばしにくく感染症が広がりにくい可能性があるのでは」としたという。, パロディ動画でネタにするユーザーや、番組を批判する声は多い。一方で番組では実験の後、MCの恵俊彰さんが「『これはペンです』をどんだけ日常で使うかだけど...」と笑いを取り、医師の佐藤昭裕氏は「飛沫感染という面で見ると、インフルエンザとかマイコプラズマとか、そういったものも飛沫感染なので、もしこれが本当であればそういった病気も日本は少なくないといけないんですよ。ちょっとこれは私は存じないので...」と語っていた。このことから、実験について「これは番組内でも反論しています」など、拡散されている動画が一部を切り取っているとの指摘もみられる。, SMAP「Joy! 我が家のご支援をとお声頂いたものの、 これも、押さないと訪ねられません。。 ↑玄関の呼び出しボタン. Pen(ペン)のバックナンバー369点3000円以上で全国送料無料!新しい視点と美意識で、ほかにはない独自のスタイルを提案... 定期購読なら割引や送料無料も。日本最大級の雑誌専門サイト「Fujisan.co.jp」がお得!今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります。 新型コロナウィルスによって崖っぷちに立った人々を取材。それをノンフィクションで物語化し、ブログにアップ。そこから支援の輪を呼び起こすことが当プロジェクトの目的です。支援希望者には最大10万円を支給します。, https://ameblo.jp/pen-project/entry-12591612508.html, この度は、貴重な思いをご支援下さりありがとうございます。 担当して下さった女性の方からも 雑誌『Pen』の公式サイト。ファッションからアートやデザイン、映画や音楽などのカルチャーや日本の伝統工芸、さらには腕時計やカメラといったプロダクトまで。「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信します。 厳しい将来になるであろう社会へ 関西みらい銀行 鶴見支店 普通 0143863 トクヒ)ミラクル, https://mainichi.jp/articles/20200424/k00/00m/040/131000c, https://www.asahi.com/articles/ASN4Q35WZN4PUTIL00L.html, 2020年1月、パート先が中国などと取引する流通業で、新型コロナウイルスの影響が一早く出ました。, なぜなら、子どもたちのケガや病気で、子どもたちのそばを離れることができなかったからです。, しかし、Sさんが働いてきた業界は、どんどん新型コロナウィルスの影響を受けており、求人状況は厳しさを増していました。, 「3兄弟は風船1つで半日遊べる。一緒に狭い風呂も入るほど仲が良い」とSさんは話します。, Sさんは就職の見通しも立たない不安の中、3人の育ち盛りの子どもを育てている状況です。, 1口支援する毎に、洗って再利用できる「水着素材マスク(500円相当)」を3枚差し上げます。, なお、マスクを製造する縫子は、「新型コロナウィルスの影響で収入が激減した人たち」です。, pen.project2020@gmail.comまで【支援No.5マスク付】と件名に記入の上、, 上記支援(支援金及び物資)を検討されていらっしゃる方はpen.project2020@gmail.comまで【支援実行No.5】と件名に記入の上、連絡先とともにメールをお送りください。, 野球推薦で大学進学の道もありましたが、運動や人と話すことが好きということから、高校卒業後にはスポーツトレーナーになるために上京しました。, 特待生としてスポーツ専門学校に進学した若松さんは、ある居酒屋チェーンでアルバイトを始めました。, 「飲食店は楽しい!お客様も従業員も、みんなを元気にする!」と思わせてくれた人です。, 「いつか自分の店を持ちたい」と考えていた若松さんは、その人の右腕として1年半修業しました。, 26歳のとき。3つの大学が密集する学生街、東京都練馬区江古田で、雇われ店長として新店の現場を任されることになりました。, 一度店をたたんでから、学生以外の人たちを相手に価格設定し、新たにお店を始めようと決めました。, 江古田のお店を引き継いでくれる事業者を募集すると、数十件の問い合わせがありました。, その中から、「現在の店舗設備を40万円で買取り、不動産契約をしたい」という事業者Aと、3月10日頃に契約を結ぶことを口約束します。, 店を引継ぐ事業者Aと不動産会社が互いに連絡が取れない状況が続き、3月末でも未契約の状態でした。, 何度も悔みましたが、過去を悔やんでいても仕方がないと、若松さんは行政や民間に融資の相談に行きました。, 「あなたのその話ってただ経営に失敗してコロナウイルスでお金もらえると思って相談してきたんじゃないですか?」, 売上不振は2019年末頃からありましたが、お店の引き渡しはコロナの影響であることは明白だと若松さんは言います。, 若松さんは新店舗の契約金60万円、新店舗の備品や消耗品購入代金40万円、開店準備金(従業員給料や自身の生活費含む)60万円の計160万円を目標としたクラウドファンディングに挑戦しています(2020年4月末まで)。, 「自分を信じてくれている従業員、待ってくれているお客さんがいるんです」と言います。, 若松さんは「クラウドファンディングでは、お店の常連さんや大学を卒業した後も飲みに来てくれる子たちが支援してくれています。本当にありがたいです」と取材中に涙をこぼしました。, Tさんに相談すると、「行っておいで!私も後から行くから!」と背中を押してくれました。, お金も無かった若松さんを心配したTさんの両親が「戻るなら一緒に暮らさないか?」と提案してくれました。, 「まだちゃんとプロポーズされてない。ってよく奥さんに言われちゃうんですけどね!(笑)」と若松さんは照れ笑いをします。, 若松さんは、飲食店への情熱も、家族への愛情も、両方持っていますが、家族のためならどんな仕事もするでしょう。, 若松さんは今の逆境をしっかりと受け止めた上で、「なにくそ!絶対に今の状況を好転してやる!」。, 若松さんは新店の為に日々奮闘しています。しかし自身の生活でさえ追い込まれている状況です。別サイトで行っているクラウドファウンディングは新店開店用や開店までの生活資金です。しかし、今回は満額に達しそうにありません。そこで今回、ペン。プロジェクトでは、若松さんの生活基盤を整えるための支援を行いたいと思います。, pen.project2020@gmail.comまで【支援No.4マスク付】と件名に記入の上、, 「もし余っているおもちゃがあれば遊ばせてあげたい…」と若松さんは言います。もし、2歳女児が喜びそうなおもちゃがあればお申し付け下さい。, 上記支援(支援金及び物資)を検討されていらっしゃる方はpen.project2020@gmail.comまで【支援実行No.4】と件名に記入の上、連絡先とともにメールをお送りください。, ※若松さんは2020年4月30日に終了するクラウドファウンディングに挑戦していますが、その支援額が140万円を超えた分だけ、当プロジェクトの現金による支援分(最大10万円)を若松さんより返金してもらいます。返金してもらったものは支援して頂いた方に振込手数料を差し引いた額をお返しいたします。, http://alternas.jp/work/challengers/79999, https://www.sankei.com/region/news/200416/rgn2004160002-n1.html, ペン。プロジェクト~新型コロナウィルスに負けない100の物語~ 【ペン。プロジェクト支援を検討しておられる方へ】 関西みらい銀行 鶴見支店 普通 0143863 トクヒ)ミラクル, また、一生の思い出に残る卒業アルバムの作成も行っています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © 2020 政治知新. 政治知新では、政治ニュースをメインにマスメディアでは報道されない様なニュースを中心に配信しています。, 朝日新聞「コロナはイスラエルやイタリアの国民性が!」「コロナは痛快!!」 → 麻生副総理「民度が違う」 → 朝日・TBS他「失礼だぁああああ!!!」 → 国民?????.  そして、新型コロナウィルスが原因となる倒産、リストラ、閉業などにより、生活が困窮されている方は当プロジェクトのメールアドレス(pen.project2020@gmail.com)まで、【取材依頼】と件名に書き、本文に「困窮する前と現状」を記入の上ご連絡願います。「新型コロナウィルスの影響で、限界まで頑張ったけどどうしようもない。でも、僅かながらも明るい未来がこの先何処かにあるならば、そこに向かって生きていきたい」。そんな想いを持つ人たちを取材させて頂きます。私たちができることは取材依頼者に取材し、依頼者の状況と気持ちを一般の皆様に認知してもらうことしかありませんが、支援に繋がることを信じて全力でペンを握らせて頂きます。基本支援金は1案件につき個人又は事業者共に最大10万円を支給します。それに加え、事業者であれば自身の提供できるサービスをこのブログで紹介させて頂きます。 大変な人が救う Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved. は、手もとにあるものをさして、「これは~です」という言い方。 * This is a pen.(これはペンです。) * That is a pen.( あれは ペン です 。) 数えられる名詞(ものの名詞)で、それが1つのときは、名詞の前にaをつける。 国内での新型コロナウイルスの感染拡大ペースが海外と比べて緩やかだとされている一因について、番組では「感染拡大が緩やかなワケ 使用言語 しかし流石にコロナ禍で 今回は「【2020】Surface Pro 7 オススメ非純正のペン7選【コスパ】」を記事にしました。 ひとえにSurfaceのペンと言っても星の数ほど販売されているので、迷ってしまいますよね…。 お米を食べ盛り三兄弟へ買い求めさせて頂きました。

 2011年に起きた東日本大震災を国難と捉え、被災地の人々の願い事を100個叶えるプロジェクトを同年に実施。日本初のクラウドファウンディングサイトが立ち上がる前にブログを中心に資金提供を呼びかけ、700万円を集めた。その資金で100個の願い事を全て叶える。今回の新型コロナウィルスに対しても国難と捉え、1人でも多くの人々を支える活動を決意した。

All rights reserved. 皆がコロナ禍の影響を受け大変な中で  当プロジェクトは、新型コロナウィルスによって、崖っぷちに立った人々を主人公として取材するものです。どんな人でも人の心を動かす物語を持っているものです。その物語を広く皆様に読んで頂き、そこから主人公に対する支援の輪を呼び起こすことが、私のできることだと信じております。 それが自分たちにできる恩返しと信じて踏ん張り育て上げます。  2011年に起きた東日本大震災を国難と捉え、被災地の人々の願い事を100個叶えるプロジェクトを同年に実施。日本初のクラウドファウンディングサイトが立ち上がる前にブログを中心に資金提供を呼びかけ、700万円を集めた。その資金で100個の願い事を全て叶える。今回の新型コロナウィルスに対しても国難と捉え、1人でも多くの人々を支える活動を決意した。 」「コロナは痛快!!」 TBSひるおび「This is a penの発音が日本人は静か!!」 と発言 → こんな人たちに批判する資格あるの? 例えば、朝日新聞は、以下のような新型コロナ関連の記事を配信している。 「鎖国」即断、緩まぬ国民性 これがイスラエルの底力か 俳優・窪寺昭さんが死去 刀ステ「明智光秀」役など、事務所発表「あまりにも突然の出来事」, 嵐がカーテンから...「Party Starters」ダンス、TikTokで公開 「休止まであと50日切ってるなんて信じられない」「何回見ても松潤が誰よりもノリノリ」, 「鬼滅の刃カラー」人気の理由、美容業界に聞く トレンド抑え、3次元でも映えるファッション性, 「反政府運動」共同通信の記事に違和感噴出 見出し変更も「コメントする考えはございません」, 学術会議・任命拒否「問題だ」3割、SNS書き込み数も激減... このまま「フェードアウト」してしまうのか. ご尽力下さった全ての方の真心に大きく救われました。 現在の仕事にやりがいと情熱を持っています。, 鈴木さんの父が作った借入が1億円にもなり、貸し剥がしや貸し渋りなどでかなり厳しい中、今から10年ほど前に鈴木さんが跡を継ぐこととなりました。, 周囲からは、「自分の借金ではないのだから、父が責任を取るべき」と言われていました。, しかし、「借りたものは返す!」と全ての借り入れを父から引継ぎ、自らの経てた計画通り、着実に借金を減らしてきていました。, 「奈良県大和郡山市は自分の街だ。逃げも隠れもできない。借金も踏み倒せない。だから、継いだ」と鈴木さんは当時を振り返ります。, 自分の営業先に「鈴木さんの会社を退職した。私が新しい担当になった」と言って、鈴木さんの職場に在籍しながら個人事業主として営業先を開拓していったのです。, 役員、従業員合わせて7名の小規模写真館に1000万円以上のマイナスは明らかに赤字でした。, 鈴木さんはとにかく金融機関に頭を下げ、条件変更をしてもらい、利息だけ払う形にしてもらいました。, 従業員全員が、会社の厳しい状況を分かってながら、当時の売り上げへ戻す直前までと奮起してくれたのです。, 危機から5年が経った今年の5月から利息だけではなく、元金の返済を再開できるところまで売り上げを回復する事ができました。, 今年2月の時点で売上の大半を占める学校関係の卒業式から入学式、遠足、野外活動に修学旅行。, すぐに政府が発表した新型コロナウィルスの影響を受けた企業への貸付にを受けようと動きました。, 今までの借入額の大きさや、条件変更を行った事で、「新たな借り入れは無理」との回答が。, 再度、融資の相談の受けようとすると、アポイントは取れたものの「無駄足になることはありえますよ」と明るい返事はもらえていません。, その他、助成金などの行政のセーフティネットの申請は次々と行ってはいますが、「この先本当に助成金がおりるのか」。, 鈴木さんの写真館は「トキワ スタジオ」という名前で、「トキワ」という言葉が入ります。, 鈴木さんは「この4月から取引先の学校数が増えたことで、まだ状況は分からないが、7月末までを乗り切れば先は明るい」。, 新型コロナウィルスによって記念撮影ができなかった方々に以下のような写真のデータや現物をお届けします(※額縁除く)。, ・家族揃っての入学式や結婚式の写真などのデータを作成します。写真現物やデータをお預かりします。, どうしても晴れ姿を見せたい相手がいる、どうしても一緒に写真を撮りたかった相手がいる。, もちろん、写真素材(データ又は現物)が揃えば、家族や友人問わず、卒業式や入社式など大人数が揃ったような写真に加工することも可能です。, これら2つのサービスを希望される場合は電話0743-52-2530(平日10~17時 木曜定休日)又はinfo@tokiwa-studio.jpまでお問い合わせ願います。, 上記以外の方法でも支援を検討されていらっしゃる方はpen.project2020@gmail.comまで【支援実行№3】と件名に書いて、連絡先を記入の上ご連絡願います。, 2020年4月7日、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」にてペン。プロジェクトを取材頂きました。, https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000181191.html, 新型コロナウイルスの影響で苦境に陥っている人々を救おうと、あるプロジェクトが始まっています。支援の輪を広げることはできるのでしょうか。.