つまりZoomの無料ライセンス、40分制限がある状態では1回のミーティングに1回、もしくは2回の中断が入ってしまうことになります。 もしあなたの会社がZoomの無料ライセンスを使用していて、3人以上の人が参加する外部ミーティングを開催していたとします。 Copyright ©2020 V-cube, Inc. All rights reserved. 上記の通り、Zoomの無料プランでも数多くの機能を使うことができる。無料でも多くの場合は不便することはない。 無料プランで大きなデメリットがあるとすれば、以下の2点が挙げられる。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. Zoom ミーティングは、世界各国で75万以上の企業や組織で利用されているWeb会議サービスです。狭帯域のネットワーク回線でも途切れにくいこと、そして、無料版でも画面共有や録画機能などほとんどの機能が使えることが、世界中で愛されている理由といえるでしょう。しかし、無料版を使っているとどうしても気になってくるのが以下の機能制限です。, 有料版との大きな違いとなっているこれらの機能。どのような機能なのか、詳しくみていきましょう。, 主催者が無料版の場合も、2人までのミーティングであれば時間無制限で利用することができます。1対1でのサポート業務や打ち合わせにしか利用しないのであれば、無料版をとても便利に活用できますね。しかし、主催者が無料版で参加者が3人以上のミーティングでは、40分という時間制限がつきます。短いミーティングならよいですが、40分を超える場合は、再度ミーティングを主催して全員が入室し直すなど、かなりの手間と時間ロスが発生してしまいます。また、無料版でも100人まで参加することができますが、3人目が参加した時点から時間がカウントされますので、参加者が全員集まった頃には時間がなくなっていた!ということも。大人数でミーティングをしたい場合には注意が必要です。主催者が有料版であれば、こうした心配はすべて不要。100人まで時間無制限でミーティングすることが可能です。, Zoom ミーティングでは、ミーティング内容をそのまま録画することができます。録画ができると、あとで振り返ることはもちろん、録画した内容を欠席者に見てもらったり、研修やマニュアルとして活用したり、幅が広がりますね。, 無料版でも録画はできるのですが、録画先が自分のパソコンとなります。これがどういうことなのか、有料版との違いを2つのポイントで詳しく解説します。, 無料版の場合、ミーティング終了後に録画データの変換処理(エンコーディング)がスタートします。変換の時間は、パソコンの性能にもよりますが、会議時間と同じくらいかかります。それが終わるまで録画を見ることはできませんし、さらに怖いのは、パソコンのエラーでデータが飛んでしまい録画できていなかった!なんてことが起こりうることです。, 有料版であれば、クラウド(Zoomサーバー上)で録画を行い、クラウドで変換処理も行います。トラブルも起こりにくく、ミーティング終了後すぐに録画映像を見ることが可能です。, もうひとつのデメリットは、録画データ(映像ファイル)の共有が大変なことです。録画データというのは一般的にファイル容量が大きくなりがちなので、容量次第ではメールに添付して送れないこともあるでしょう。すると、ファイル転送サービスを利用したり、Youtubeにアップして共有したりと、他の手段を考えなければならず、大変な手間となります。, 有料版であれば、録画データは最初からクラウドにありますので、Zoomの「共有」ボタンをクリックして該当のリンクを送るだけ。とても簡単に共有できます。, Zoomにはホスト(主催者)という考え方があり、録画をしたり、ミーティング中の各種管理を行ったりします。ただ、主催者はミーティングの進行で忙しいことも多く、他の参加者に管理を手伝ってもらいたい場合もあるでしょう。こんなとき、他の参加者を「共同ホスト」に任命することで、ホストとほぼ同等の機能を持たせることができます。主催者が複数になれば、ミーティングの進行はぐっと楽になりますね。, もうひとつ、共同ホストが役立つケースがあります。それは、ミーティングの主催者が途中で会議を抜けるような時です。例えば、上司がチームメンバー数人を集めてミーティングを始めたけど、主催者の上司は次のミーティングのため途中で抜けなければならない。残りはメンバー同士で詰めておいて!と。こんなケースよくあるのではないでしょうか。このような場合、共同ホスト機能が使えないと、一度ミーティングを終了しなければなりませんが、有料版の主催者であれば、他の参加者へ主催者を引き継ぐことができます。, 投票機能とはその名の通り、ミーティング中に投票を開始し、参加者から回答を得る機能です。ミーティング中アイディアや意見を集約したり、オンラインワークショップの後に参加者アンケートをとったり、使い方次第で様々な活用ができます。また、結果の共有やデータダウンロードもすることができます。とても便利な機能ですが、無料版では使えず、有料版のみの機能となります。, いかがでしたか?無料版で充分と思っていても、機能制限のために必要以上の手間や作業が発生している方も多かったのではないでしょうか。ちょっとした手間や作業も積み重なると業務効率低下やストレスにつながります。思い当たる方はぜひ有料版の導入をご検討ください。, 少人数でとにかく始めてみるならプロプランが最適ですが、10ID以上のビジネスプランなら、ブイキューブが最低価格※で提供します。サポートが充実したプランもご用意しております。, 〒108-0072東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー16階(受付)、17階. Zoomで初めてホストを務めて40分間ミーティングを行うと、時間制限が解除されて延長可能になったり、次回のミーティングで使える時間制限解除のギフトがプレゼントされることがあります。 画面共有やレコーディングなどミーティングに便利な機能が豊富に搭載されており、多くの企業で導入が進んでいます。, そんなZoomにはビジネス向けの有料ライセンスの他に、無料で利用できるライセンスも用意されています。, ここでは、Zoomの無料ライセンスで利用できる機能と、有料ライセンスとの違いを解説。, Zoomは利用用途や人数に応じて、無料ライセンスからエンタープライズライセンスまで4つのライセンスが用意されています。, また会議室に機器を固定して利用する「Zoom Rooms」というオプションライセンスも利用可能です。, まずは、料金をかけずに利用できる無料ライセンスの特長と機能について詳しく見ていきましょう。, 試用期間などもないため、個人で利用するケースであれば無料版で十分という場合もありますが、企業や団体で商用にZoomを使用されるのであればZoomの無料ライセンスでは不十分。, またセミナーやオンラインサロンに利用される際も無料版ではデメリットの方が大きいように思えます。, そんな無料ライセンスでは利用できない機能や制限のない有料版ライセンスを比較しながら無料版と有料版の違いを比較しつつ確認していきましょう。, Zoomに有料ライセンスを取得すると、無料版では利用できない以下の機能が解放されます。, しかし3人以上のグループで通話を行う場合は、1回につき40分までという制限が付いてしまいます。, それならグループ通話も無料の他のサービスを利用した方が良いのでは?と感じるかもしれません。, しかし、完全無料の他のサービスはセキュリティ対策やサポートが不十分の場合があり、通信量も多いなど他の部分でデメリットが目立ちます。, Zoomの有料ライセンスであれば高いセキュリティの中で安定した通信を行えるため、大規模な会議でも安心。, また制限時間を気にすることなく、かつ質の高いミーティングをしたい、そして非常に便利な機能を使用したいという場合は有料版の利用がおすすめです。, 直接PCやスマホなどのデバイスに保存する「ローカル保存」と、サーバー上に保存する「クラウド保存」の2種類があり、無料版で利用できるのはローカル保存のみ。, ローカル保存の場合、他の人へ動画を共有する際にメールで送信したりYouTubeにアップしたりと別のサービスを介さなくてはいけません。, 一方クラウド保存であれば、保存先のURLを伝えるだけで共有できるため余計な手間をかけずに済みます。, サーバー上に記録されるので途中で録画が停止してしまう心配もなく、確実に録画を行いたいシーンでおすすめです。, クラウド保存は有料版のみの機能となっているため、利用したい場合は有料ライセンスを検討してみましょう。, 共同ホスト機能とは、ミーティングの主催者(ホスト)と別に、ホスト権限を持つユーザーを設定して運用する機能です。, 会議中の多数決やセミナー後の満足度調査などに活用できますが、こちらも利用できるのは有料版のみ。, 無料でZoomを利用する場合、上記の機能には制限があるという点を理解しておきましょう。, Zoomを利用する場合、ミーティングの主催者となるユーザーがアカウントを所有している必要があります。, 最後に、Zoomのアカウント登録とライセンス取得の流れについて詳しく見ていきましょう。, PCの場合はブラウザ、スマホ・タブレットの場合はブラウザまたはアプリをインストールしてから登録を行いましょう。, 有料ライセンスにはプロ・ビジネス・エンタープライズの3種類があり、それぞれ価格と参加人数の上限などが異なります。, 以下のようなケースに当てはまる場合は、無料版ではなく有料ライセンスの取得がおすすめです。, Zoomは無料版でもほぼ全ての機能を利用できますが、ミーティングの規模によっては不十分になるケースも。, 定例会議やセミナーなどにZoomの活用を考えている方は、有料版の利用を検討してみてはいかがでしょうか。, Zoomはミーティングやセミナー、研修など様々なシーンで活用できる便利なサービスです。, ※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。, SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら, 本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。, 本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を補償したものではありません。.

Zoomには、会議1回あたりの時間制限があります。無料版では3〜100人の会議で1回40分、有料版で24時間です。ビジネス利用の場合、無料版だと途中で中断して会議を作り直す手間がか … 「Hangouts」は10人、「Google Duo」は12人の最大参加人数に対し、「Google Meet」は100人までの大規模なビデオ会議も可能など、法人向けに提供されているサービスに近い仕様となっている。 Zoom無料版はアプリ利用がメイン、40分制限がある. 複数のアカウントを使い時間制限前に通話をおこないながらルームを切り替えれば、無制限と同じように通話を続ける事も可能です。, 3人以上の通話による時間制限を除けば、基本的にどの機能も一通り利用出来るのが大きなメリットと言えます。, 1ホストあたり月額2000円で利用可能で、制限時間が解除されるほかクラウドへのデータ保存が出来るようになる等、様々な機能が追加されます。, 時間制限の上限40分になる前に一度ホスト以外のユーザーを一人残して退出しましょう、, 時間制限が近づくと、突然画面に「Zoomからのギフトです」と表示されることがあります。, 通学出来ない学生または指導者に向けて、一部の教育機関では無料版Zoomでの時間制限を解除しています。, スムーズにおこなうためのガイドブックも作りこまれている為、現在の教育現場では必須のツールです。, メンタルヘルストレーニングやオンライン教育、遠隔医療などの現場でも取り入れられており、幅広い分野で柔軟なZoomのプラットフォームを提供しています。, Twitterのフリートの絵文字の使い方と絵文字巨大化のやり方、巨大化したら消えてしまう場合の原因と対処法をご紹介!, Twitterで「Fleetを送信できません。 問題が発生しました。やりなおしてください。」のエラーの原因と対処法を解説!. }); Zoom無料版と有料版の大きな違いは、時間制限とクラウド録画等の機能です。無料版を無理して使い続けることでかえって業務効率が悪くなってしまうことも。無料版と有料版の機能差をしっかり理解したうえで、最適なプランを選択しましょう。 zoom無料時間は? Zoomは基本的に無料で使えます。 もちろん有料プランもあります。 無料で使える時間は、 1対1のミーティング、 つまり2人での使用だと時間制限なし、 無制限で使えます。 3人以上のグループミーティングの時間制限は40分です。 if (scroll < 3000) { Google MeetとZoomの無料版機能を比べてみた。両社ともビデオ会議システムと強力な機能を提供している。, グーグルは法人向けに提供しているビデオ会議ツール「Google Meet」(旧・Hangouts Meet)を一般ユーザー向けに開放した。5月上旬から提供予定としていたが、筆者が5月6日に確認したところ、既に使用可能になっていた。Google Meet公式ページにアクセスしてGoogleアカウントでログインすれば、誰でも無料で利用できる。, Googleはこれまで、法人向けのソリューション「G Suite」のサービスとして、ビデオ会議ツール「Google Meet」とチャットツール「Google Chat」(旧・Hangouts Chat)を提供。, 一方、個人向けにはビデオ会議とチャット、両方の機能を備えた「Hangouts」を提供してきた。また別途、ビデオ通話アプリとして「Google Duo」も提供している。個人が複数の相手と顔を見ながら話せるツールは「Hangouts」「Google Duo」の2つだったが、そこに今回「Google Meet」が加わった形だ。, 「Hangouts」は10人、「Google Duo」は12人の最大参加人数に対し、「Google Meet」は100人までの大規模なビデオ会議も可能など、法人向けに提供されているサービスに近い仕様となっている。, 無料で利用できるビデオ会議ツールにはここ数カ月で「Zoom」が急速に知名度を上げているが、無料版のZoomでは3人以上のビデオ会議が40分までに制限されている。, また、ZoomではスマートフォンのほかPC向けにも専用アプリがあり、参加者がURLへアクセスすると専用アプリの利用を推奨される。ブラウザーでも会議の開催や参加が可能だが、その場合は一部機能制限がある。, 一方で発行された会議のURLにアクセスする際にユーザー登録などは不要で、名前さえ入力すれば簡単に参加できる。, Zoomのメリットは、一言で言えば「使いやすさ」と「通常の使用には問題ない程度の制限」にあると言える。, これに対してGoogle Meetは、無料版のGoogle Meetにも60分までの時間制限が設けられているが(Zoomの時間制限よりは少し長い)、9月30日までは制限なしで利用できる。また、PCではブラウザーでの利用が前提なため、Zoomと違って専用ツールのインストールは不要。ビデオ会議へ参加するための敷居がぐっと低くなっている。, Zoomとの大きな違いの1つは、Googleのアカウントが必須であることだ。完全な匿名で参加できる仕様にはなっていない。, (2020年5月12日16時追記)Google Meetもアカウント不要で参加できるケースは存在するが、それは主催者がG Suiteアカウントを利用してMeetのURLを発行した場合だ。実際に、グーグル広報にも仕様の確認を取った上この挙動を確認している。, つまり、MeetのURLを発行する際に、ログイン中のアカウントが個人向けGoogleアカウント(@gmail.comなど)なのか、G Suiteアカウント(会社や学校などの組織のドメイン)によって挙動は変わる。自分のアカウントがどちらかよくわからない場合は、アカウントにログイン済みのブラウザーでG Suiteのヘルプにアクセスし、表示される文言の違いで判断できる。, 個人向けGoogleアカウントの場合:「現在ご利用のアカウント xxxxxx(アカウントのアドレス) には、管理者は存在しません。 このアカウントは、企業、学校またはグループに関連付けられていない、ユーザー自身で管理可能な無料の Google アカウントです。」, G Suiteアカウントの場合:「ご利用のアカウント xxxxxx(アカウントのアドレス) は、(組織のドメイン名)の管理者により管理されています。管理者は、アカウントの権限も管理します。」, Google Meetの入室前の画面。この画面を表示するにはGoogleアカウントでログインする必要がある。, 専用ツール不要ながらレイアウトの自由度が高いのもGoogle Meetの特徴のひとつ。, 特定の人をピン止めして固定表示にできるほか、発話中または固定した人以外は小窓で表示する「サイドバー」、発話中または固定した人を表示する「スポットライト」、参加者をマス目上に並べる「タイル表示」の3つのレイアウトが選択可能。レイアウト選択を「自動」にすることもできる。, 参加ユーザーの一覧表示やチャット、字幕(英語のみ対応)などの機能が利用できるが、筆者が確認した限り、G Suite版のGoogle Meetで可能な「会議の録画機能」は利用できなかった。, 対応ブラウザーは「Google Chrome」のほか、「Mozilla Firefox」「Microsoft Edge」「Safari」をサポートする。その中でオススメは、Chromeだ。Chromeの場合は画面共有の際、開いているウィンドウだけでなく、Chromeのタブも共有することができる。ブラウザーでGoogle Meetを利用しつつ、別のタブで開いたサイトを共有できるのは便利だった。, このほか、Googleカレンダーを利用している場合は、カレンダーで予定を入力する際に「Google Meetのビデオ会議を追加」をクリックするだけで、会議のURLを発行、シェアできるのも大きな魅力。GoogleカレンダーやGmailからワンクリックで、会議に参加できるのもわかりやすい。, ビデオ会議を主催する際、参加者によって専用アプリだったりブラウザーだったり、環境がバラバラで画面表示も異なっているとサポートをするのが大変だが、みんながブラウザーひとつでアクセスでき、同じインターフェースで利用できるGoogle Meetは、そうしたホストの負担を軽減してくれるだろう。, 一方で、スマートフォンからの利用には専用アプリが必須となっていて、こちらはURLへアクセスする際にアプリストアへと誘導されるしくみ。残念ながらスマホでもブラウザーひとつで……とはいかないようだ。もっとも、スマホアプリ版もシンプルな外観やユーザー体験となので、使いこなすという点では何も問題はないはずだ。, 太田百合子:フリーライター。パソコン、タブレット、スマートフォンからウェアラブルデバイスやスマートホームを実現するIoT機器まで、身近なデジタルガジェット、およびそれらを使って利用できるサービスを中心に取材・執筆活動を続けている。, 【更新】Zoomだけじゃない。無料で使えるビデオ会議アプリ徹底比較……Teams、LINEのメリット・デメリットとは, 杉田氏「女性は嘘をつく」発言で「中傷始まった」。抗議無視する自民党へフラワーデモ参加者の怒りと涙, 火星にいる宇宙飛行士とチャットするのは難しい…よくわかる動画をJAXAの惑星科学者が作成, 障害者福祉の実力者が10年超にわたりセクハラ・性暴力。 レイプ未遂や暴言に女性職員ら提訴, 韓国「辛ラーメン」は「カップヌードル」「マルちゃん」を駆逐するのか。コロナ禍で見えてきた世界市場の行く先, トランプグッズと交換で食事を無料提供…ケンタッキー州のレストランオーナーが融和を呼びかけ, ブーケとウェディングケーキも"ドーナツ製"! ダンキンのドライブスルーで出会った2人が店で結婚式を挙げて話題に, 発売開始の「iPhone 12 mini」がProとの“差”をほぼ感じない3つの理由…日常性能は十分高い, 「ネットフリックス社員は“家族”ではなく“プロチーム”なのだ」ヘイスティングスCEOが語る「ノールール」の極意, バイデン氏は米中「新冷戦」をリセットする。習近平氏との「個人的関係」で日本はしっぺ返しも, 「人に興味がない」と悩む管理職。メンバーのケアが苦手でもリーダーが務まる3条件【森本千賀子】, バイデン当選でも、ワクチン開発成功でも変わらない、金融市場の先行きを示す「3つの本質的論点」, 経営陣や管理職に女性が多い企業はパフォーマンスが高い…ゴールドマン・サックスの欧州企業株価調査で, 1通あたり約2万円~? 新型コロナの偽造された"陰性証明"を扱うブラックマーケットが世界各地に出現, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. $(this).removeClass("active"); ac.jpドメインのメールアドレスで無料プランのアカウントを作成; 通常時は3名以上の会議が40分に制限されているが一時的に撤廃; 100名までの会議を開催可能 const windowHeight = $(window).height(); const position = $(this).offset().top;

} 投票機能とはその名の通り、ミーティング中に投票を開始し、参加者から回答を得る機能です。ミーティング中アイディアや意見を集約したり、オンラインワークショップの後に参加者アンケートをとったり、使い方次第で様々な活用ができます。また、結果の共有やデータダウンロードもすることができます。. Zoom APIの利用の始め方(無料) Zoomのアカウントを発行した上で、下記サイトにアクセス> develop > Build Appを押して、画面の指示に従っていくと、APIを叩くのに必要なtokenが簡単に取得できる。 $(this).addClass("active"); 制限時間を気にすることなく、かつ質の高いミーティングをしたい、そして非常に便利な機能を使用したいという場合は有料版の利用がおすすめです。, 無料の場合はグループ通話が制限されたり使えない機能があるので商用利用であれば有料版ライセンスがおすすめ. 大学生が無料Zoomアカウントで40分制限を解除して使う方法は以下の通りです。 ①自分の大学が対象となっているか確認する ②自分の大学のメールアドレスで登録する ③上記で使えるようにならなかった場合、Zoomにログインした状態でここをクリックして申請する. if (scroll > position - windowHeight) { }); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Zoomには、会議1回あたりの時間制限があります。無料版では3〜100人の会議で1回40分、有料版で24時間です。ビジネス利用の場合、無料版だと途中で中断して会議を作り直す手間がかかります。 無料版Zoomには多くの制限がありますが、無料版でも時間制限を解除する方法があります。この記事では、無料版Zoomの時間制限を解除する方法や裏技などを紹介しています。, 中でもユーザー数の多い「無料版Zoom」では、3人以上の通話に時間制限がかかってしまうため、ユーザー間では悩みの種でもあります。, しかし、一定の条件や使い方の工夫によっては、無料版Zoomでも時間制限なく通話をおこなうことが出来ます。, 無料版Zoomにて3人以上で会話をおこなう場合は、ミーティングルーム自体に40分の時間制限があります。, 40分の時間制限終了後に再度ミーティングルームを作成すれば、引き続き会話をおこなえますが、ルーム切り替え時に会話の熱が冷めてしまう事があります。, ですが、複数のアカウントを使い時間制限前に通話をおこないながらルームを切り替えれば、無制限と同じように通話を続ける事も可能です。, 時間制限について勘違いされている方も多くいますが、1対1の通話であれば無制限に通話が可能です。, Zoomは、3人以上の通話による時間制限を除けば、基本的にどの機能も一通り利用出来るのが大きなメリットと言えます。, 手間なく無制限にZoomを利用したいのであれば、「有料版へプラン変更」を検討してみるのもオススメです。, プランは個人向けの「Pro」から大企業向けの「Enterprise」まであり、使用環境により適切なものを選択しましょう。, 月額料金もProなら1ホストあたり月額2000円で利用可能で、制限時間が解除されるほかクラウドへのデータ保存が出来るようになる等、様々な機能が追加されます。, ミーティングルームの主催者が有料版Zoomを使用している場合は、3人以上のミーティングルームでも制限時間が無くなります。, ですので、無制限に会話を行いたいのであれば、ミーティングホストを有料版Zoom利用者にして開催しましょう。, 無料版Zoomの時間制限は3人以上の通話で発生しますが、無料版でも時間制限を無くす裏技が存在します。, 無料版Zoomは、1対1の通話でのみ無制限に会話できるようになっており、3人以上の通話だと40分の時間制限が発生してしまいます。, 上記の条件を利用して、制限時間が来るタイミングに1対1の通話にしておく事で、通話の制限時間を超えることが出来ます。, まず、3人以上でミーティングをおこない、時間制限の上限40分になる前に一度ホスト以外のユーザーを一人残して退出しましょう、, そして、再度40分を超えたあたりで他のユーザーを再入室させると40分を超えても会話を続けられます。, Zoomにより対策されている場合もあるため、全ユーザーが使えるわけではありませんが、1度試してみてください。, 「ギフト」が届くと、無料版Zoomを利用していても制限時間が無いミーティングを開催することが出来ます。, 3人以上のグループミーティングをおこない、時間制限が近づくと、突然画面に「Zoomからのギフトです」と表示されることがあります。, ここで、ミーティングをスケジューリングすれば、次回自身が開催するグループミーティングの時間制限を解除してくれます。, ランダムに配布されているように思われる「ギフト」ですが、「初回のグループミーティングを主催する」事が受け取りの条件です。, 世界的なコロナウイルスの感染拡大に伴い、通学出来ない学生または指導者に向けて、一部の教育機関では無料版Zoomでの時間制限を解除しています。, 具体的に対象となっている教育機関は、休校措置を受けた・幼稚園・小学校・中学校・高校3年生までの教育機関となっています。, またZoomは時間制限の解除だけではなく、教育機関の指導者から生徒まで使い方やリモートトレーニングにも力を入れています。, 数多くの生徒がいるオンライン授業を、スムーズにおこなうためのガイドブックも作りこまれている為、現在の教育現場では必須のツールです。, 大学でもZoomの利用制限を解除して利用出来る期間もあるので、気になった方は検索をかけてみましょう。, Zoomを利用可能な大学側が提供している授業では、時間制限が無いので100分間の授業がフル視聴可能です。, 高い技術やアクセス拡大、俊敏なカスタマーサービスを提供する事がZoomの企業や自身の責任と考え、様々なZoomサービスを無料提供しています。, 特に中国版Zoomでは、無料版アカウントの時間制限を解除したのが話題になっています。, これにより、Zoomの基本ユーザーは全て3人以上のミーティングを無制限におこなえるようになりました。, さらに、メンタルヘルストレーニングやオンライン教育、遠隔医療などの現場でも取り入れられており、幅広い分野で柔軟なZoomのプラットフォームを提供しています。.